ローカルディスク(C)やローカルディスク(D)とあると思うのですが、ローカルディスク(D)をまったく使っていないのにメモリ?が不足しているので開き領域を確保してくださいと注意されてしまいます。どうすればいいのでしょうか?一昨年買ったバイオで20Gほどの空きメモリがあるのですが・・・
類似の質問を捜したのですが、見つかりませんでした。既出の質問でしたらすみません。

A 回答 (5件)

Q/どうすればいいのでしょうか?



A/仮想メモリ領域が明らかに不足していますね。WindowsがインストールされているSYSTEMDRIVE(一般にボリュームC/ローカルディスクCがSYSTEMDRIVE)にハードディスクを最低でも2GB以上(推奨はC全体の15%以上)の空き領域を確保することを推奨します。

その容量を確保できない場合は、物理メモリがよほど大容量で(一般にスワップを使わないぐらいになるには1GBを超える容量が必要)空いてない限り、一部の機能が正常に動作しなくなる場合があります。物理メモリに空きが十分にあっても、SYSTEMDRIVEに空きがないと、休止状態など省電力機能に入れない場合があります。


Dドライブが空いているから仮想メモリが不足にならないというのは、設定をそうしていなければあり得ません。デフォルトでWindowsはCドライブにメモリ上に展開できない大きなデータを展開する設定になっています。この設定をDドライブに変更しない限りCドライブは最低でも2GB以上必要になり、快適な動作や他のアプリケーションに支障のない動作をしたいなら、Cには15%以上の空き領域を確保してください。

要は、Cドライブがwindowsにとって生命線の実際にソフトを動かすための情報が入っているドライブでDはwindows側にとってはデータ領域でしかないのです。そのため、Cの空きが十分になければコンピュータは正常に動作しなくなるのです。


どうしても、Cの空き容量が確保できない場合には、スワップ領域をDに変更します。システムのプロパティを開き(windowsキーとPAUSE/BREAKキーの2つのキーを同時に押すか、マイコンピュータを右クリックでプロパティ)ます。

windowsXPの場合は、「詳細設定」タブ→パフォーマンスオプションの「設定」→「詳細設定」タブ→仮想メモリ項目にある「変更」をクリックしてドライブDに仮想メモリを割り当て、Cの割り当てを解除します。これでDに仮想メモリが割り当てられます。

他のwindowsでも仮想メモリの項目がシステムのプロパティにあります。変更し再起動すると設定が変更されます。

ただ、この方法をとっても、Cドライブの空きが足りない場合は、CDへの書き込みなどの機能は使えない場合があります。また、他のCドライブにスワップを作成するソフトウェアは正常に動作しない場合があります。
もし、Dでメモリ管理をしたいなら正常に動作しないソフトウェアのスワップ設定をすべてDに変更しましょう。


お奨めするのは、早急にディスククリーンアップなどでディスクの空きを確保し、必要のないソフトやデータをすべてアンインストールもしくは他のディスクに移して空き領域を広げるか、大事なデータだけをバックアップしてパソコンを最初の状態にリカバリすることを強く推奨します。どちらにしても、システムが入っているドライブは、ソフトをインストールしたりする度に、いくらソフトをDドライブにインストールしてもレジストリなど基幹情報の記録にデータ領域が必要ですので、現時点で400MBしか空きがないことは、システムが不安定で危険な状態といえます。

まあ、一度Cの空きがゼロになれば、どうなるか分かるかな。ソフトの大半が正常に動作しなくなる。最悪の場合は、ブルースクリーンになり保護エラー(英語の文字がたくさん出る症状)が発生します。こうなると、電源ボタンを押して終了して、次に電源入れたらwindowsのロゴで電源が落ちて再起動の繰り返しということも希にある。回避策はCドライブの空きをしっかりと確保して、Dドライブがあるならそちらにデータを保存したり、ソフトをインストールしたり、仮想メモリを配置することです。通常仮想メモリはより高速に動作するドライブか、空き領域の多いドライブに確保する方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なレスありがとうございます。Win初心者なのでとても勉強になっています。
ドライブCの空き領域が少ないとトラブルの元になるのですね。知らなかったので、ドライブCを完全に埋めたらドライブDを使い始めるのかな?と実験をしてしまうところでした・・・(汗)
まだわからないことがあるのでもう少しお付き合いくださると嬉しいです。
使っているシステムはXPHomeEdition 2002です。
システムソフト関連はドライブCにし、データの保存だけは全てドライブDにするという設定ができるということでしょうか?実は、ドライブDは4MBしか使っていないのです。素で、なんでかわかりません(笑)
スワップ領域や仮装メモリの概念もわからないあほなので、お手数でなければ、そこから教えていただけますか?またドライブCの容量がいっぱいになってきたら同じ問題が生じるわけですよね?
音楽データなどを消せばとりあえず、ドライブCは1GB強は確保できるようです。

Dドライブを有効に活用する方法を教えていただけるととても助かります。

お礼日時:2005/03/04 23:46

No.3 です


Cドライブを大きく再インストールするのが一番ですが
今のままですと
1.ページングファイルをDドライブに作る
2.休止状態のサポートを止める
3.テンポラリーファイルをDドライブに作る
の3つです
1と2でメモリーの2.5倍の容量の空きがCドライブに出来ます

やり方はNo.4の方が説明されています
3については環境変数TEMP、TMPをDドライブに
TEMPとでも名前をつけたフォルダ作りそこを指定して下さい
    • good
    • 0

Cドライブの空きが少ないためです


音楽ファイルなどをDドライブへ移動して下さい
他にもデータファイルでCドライブに有るものは
Dドライブへ移動して下さい
Cドライブの空きが1G以上になれば解決します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すみません、Dドライブへデータを移す方法を教えてください(^_^;
Dドライブは空きが20GB近くあるのに使っているのはわずかに4MBなんです・・・。
今まで古いマックだったので、ドライブが2つあるなんて経験したことなくて・・・。

お礼日時:2005/03/04 23:34

CDライティングソフト使っての警告ならば、残りのディスク容量が無いという事です。



Cドライブ残り400MBという事ですが、ライティングソフトでの環境設定(作業用ドライブ設定)でCドライブにしているのならCドライブにCDに書き込む容量分の空き以上の空き領域が必要になります。

ライティングソフトの環境設定で、作業領域をDドライブにすれば解決するものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。作業用ドライブ設定をDに設定する方法があるということですね。
他の方のアドバイスなどと照らし合わせて考えても、ちょっと理解が不足しているのですが、作業はCドライブ、データの蓄積はDドライブと別けることが可能で、Cドライブの空き領域を確保できればこの方法を採らないでもよいということになるのでしょうか。
Cドライブの空き領域を確保できないときに、ライティングソフトの作業用ドライブ設定をDにすれば解決できるということですよね?
今まで凄いふるいマックだったので、右も左もわからず勘で作業しています。とても勉強になります。ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/04 23:31

あなたの言う「ローカルディスク」と、PCが言っている「メモリ」というのは、別物です。



もし、windowsを使用されているなら、「マイコンピュータ」を右クリックしてプロパティを選んでみてください。
そこの下のほうにある
○○MB RAM
っていうのがPCが言うメモリです。

それが足りないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
ローカルディスクのプロパティーを見てドライブCは空き容量が400MBドライブDが19.6GBとなっていて、それで、メモリが足りないといわれてなんで?と思っていました。
それで、保存されている音楽ファイルとかをCDに焼いたりして消去すると、できなかった作業ができたりしたので、関係していると勘違いしていました。
違うメモリのことを言っているのですね。
マイコンピュータのプロパティーは192MB RAMとありました。
主にCDを新しく焼いたりしようとすると警告がでるのですが、どうしたらいいのでしょうか。

お礼日時:2005/03/04 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qniceの反対語

goodの反対語はbadですよね。
それでは、niceの反対語は何でしょうか?

Aベストアンサー

状況によって
・bad
・unpleasant
・nasty
・horrible

などが当てはまりますね。

QローカルディスクCとローカルディスクDを一緒にするにはどうすれば?

えっと、僕のパソコンはローカルディスクCが2Gで、Dが36Gなんですが。

ローカルディスクC と ローカルディスクD を同じにすることはできないんでしょうか。
言い換えれば、統一することはできないのですか?
どなたかパソコンに詳しい方、教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

パーティションマジックなどの市販ソフトで結合
リカバリの段階で領域の設定を変更してリカバリ

どっちかです。

vaioが昔そんなばかげた領域設定をやってましたね。

Q恐怖の反対語って何ですか?

恐怖の反対語って何ですかね?反対語データベースにものってなかったので気になりました。快感ってのは聞いたことあるんですけどなんか違うような。。。。っていうか反対語はないのでしょうか?

Aベストアンサー

『A Dictionary Of Synonyms And Antonyms』(類語反語辞典)という本(英語)で、恐怖(fear)の反対語を調べてみましたが、十数種類の単語が並んでいました。
その中で、最もストレートな反対語は、fearlessness(恐れないこと。大胆)です。
文学的な表現なので、どの語が正しいというようなものはないのかもしれませんけどね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=fearless&search_history=%B6%B2%C9%DD&kind=je&kwassist=0&mode=0&ej.x=15&ej.y=10

QローカルディスクのCとDについて。

初心者的な質問、大変申し訳ありません。
ローカルディスクのCの要領が全くなくなってしまったので
あららと思っていたのですが、最近Dの存在に気づき、混乱しています。
Cが40Gに対し、Dが250G近くあり、この違いにまず戸惑い
またCに入ってる音楽データ・画像データ・動画データ等々を
こちらに移しても差し支えないのか分らず、首を傾げています。
ある程度調べては見たのですが、有力に情報にはありつけず
C→Dに移しても実際は要領は変わらない?のかも悩んでいます。
フォトショなどを起動したさいに、仮にDに画像データを入れていた場合
うまく作動しないかもしれないと言うようなことも聞きまして
ご存知の方にご助力をお願いさせていただきます。
分りにくい文章ですみません。
最後まで目を通して下さり有難う御座いました。

Aベストアンサー

完成品としての「音楽データ・画像データ・動画データ等々」であれば、移動しても差し支えありません。

>C→Dに移しても実際は要領は変わらない?

要領→容量で構わないでしょうか?^^;
単にドラッグすると、ドライブ名が違いますので、「コピー」になります。”コピー”ですから、ファイルはコピー元のドライブに残っていますので、Cの容量は変わりません。
右ドラッグで移動するか、コピー元のファイルを削除することで、Cの容量は変わります。

>フォトショなどを起動したさいに、仮にDに画像データを入れていた場合うまく作動しないかもしれない

作業途中のデータではそうなります。
例えば、Cにある画像データを読み込んで作業をしていて、途中経過をプロジェクトとして保存しているとします。
元の画像データをDに移動して、プロジェクトを呼び出した場合、そのプロジェクトは、初めにCから読み込んだ画像データを探します。
しかし、画像データはDに移動されているので、Cからは見つけられず、結果”うまく作動しない”ということになります。
ただし、大方のソフトは、「どこにあるか教えて」と聞いてきますので、そこでDにある画像データを指定してやれば、その後は”うまく作動する”ハズです。

私用しているソフト、使用法にもよりますが、大抵は移動しても致命的な問題は起こらないと思います。

ただ・・・くれぐれも、OS関係のシステムは移動しませんように・・・
特に”WINDOWS”以下のフォルダを移動してしまうと・・・・難儀します^^;;;

完成品としての「音楽データ・画像データ・動画データ等々」であれば、移動しても差し支えありません。

>C→Dに移しても実際は要領は変わらない?

要領→容量で構わないでしょうか?^^;
単にドラッグすると、ドライブ名が違いますので、「コピー」になります。”コピー”ですから、ファイルはコピー元のドライブに残っていますので、Cの容量は変わりません。
右ドラッグで移動するか、コピー元のファイルを削除することで、Cの容量は変わります。

>フォトショなどを起動したさいに、仮にDに画像データを...続きを読む

Q反対語を教えてください

1. 「すでに」の反対語は?


2. 「整然」の反対語は?


教えてください

Aベストアンサー

>1番のすでにの反対語ですが、「いずれ」「さきに」の二択の場合は
>どちらでしょうか・・・・・?

時間軸で考えると分かり易いと思います。
”すでに”は、始まっているということなので今よりも前のことです。

”いずれ”はこれから始まるであろうことで今より先のことです。(起こる起こらないは別の話ですが)
”先に”は今の時点からすると先に始まっていることなので、正解は”いずれ”になります。

 今回はソシーラス使ってませんよ、エライエライ(自分で自分を誉めてます)

QMyドキュメントをローカルディスクDの領域にしたい。

初心者の質問ですが、MyドキュメントはローカルディスクCの容量から使ってますよね。自分のパソコンはディスクCの容量が少ないので、ディスクDからの領域にしたいのです。どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

画像での説明がわかりやすかと思います。
参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/users/winxp/0503/02.aspx

Q中止の反対語は再開ではないようですが…

中止の反対語は継続や続行のようです。
では、再開の反対語はなにになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>再開の反対語は?

再開の反対語は存在しない。あえて、候補を挙げれば<休止>。

QPCのローカルディスクDの空き領域が増えない

PCが重くなる原因の一つに、ローカルディスクDの空き領域が極端に少なくなる事も関係しますか?
ローカルディスクDの全領域は61.5GBありますが、空き領域が33GBになっています。
ローカルディスクDを調べても7GBしか使用していません。
PCの自動バックアップデーターがローカルディスクDに出来ると、空き領域がKBになります。
するとPCが重くなり、バックアップデーターを削除(ゴミ箱含む)するとPCが軽くなります。
ためしに、外付けハードディスクにローカルディスクDの全データーを移動して、
(このフォルダーは空です)と表示されているのに、ローカルディスクDの空き領域は43GBです。
いったい何が、全領域61.5GB-空き領域43GB=使用領域18.5GB分なのかがまったく分かりません。
これを試して見たらと言う事があれば、お教え願いたい。
PCはNEC VN790/D
OSはウインドウズ7です。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

最近はHDDのアクセスランプを廃止した機種もあるので
それでわかりにくいかもしれませんが、簡単に言えば

空き容量が無くなったから重いんじゃなくて
空き容量が無くなるほどの、大量書き込みが行われているから重いと考えられます。

HDDアクセスランプがあるなら、それがひっきりなしに光っているはずです。


HDDは、パソコンにおいて、数少ない物理的に動く部品です。
物理的に動くものには、HDDの他にも、光学ドライブや冷却ファンなどがありますが
HDDだけは、動作速度に非常に大きな関係があるのです。

物理的に動くからには、経年劣化で不調になりやすく
また故障して、交換が必要になる可能性も高い部品ですが…
さすがに、新しい機種なので、問題はハードウェアの故障に類する問題では無く
OSか付属ソフトのバグに類する問題かもしれません。
メーカーサポートを利用すべき場面じゃないかと思います。


HDDは物理的に動くものなので、あるデータを読み書きし、次に別の読み書きをする間に
読み書きヘッドが、物理的に移動する必要があります。
(それが無いことがSSDの第一のメリットです)


ほとんどのパソコンは、標準では1基のHDDを内蔵していますから
それを分割してD:ドライブとして利用している場合…

ほぼ常時、間欠的にアクセスが行われるC:ドライブへのアクセスと
D:ドライブへのアクセスが、頻繁に行われれば
その間で、読み書きヘッドが行ったり来たりすることになるので、アクセス速度は低下します。
結果的に、動作が遅くなることがあり得ます。


僻地の小学校では、二学年を一教室で教えたりすることがありますが
先生が一人なのに、二つの教室を行ったり来たりしながら授業したら捗らないからです。

似たようなことが、HDDでも起きるわけです。


抜本的な解決方法は、メーカーに問い合わせるところから始まると思います。
結果的に、原因となっているソフトウェアを無効にする必要があるかもしれませんし
HDDを追加することで改善できる場合もあるかもしれません。
(ただし、同機は内蔵HDDが1基しか内蔵できない気がします)


Windowsには、NTFSが常用されるようになって10年以上経てなお
ファイルシステムの再生成に追い込まれることを想定して、HDDを分割して使う風習があります。

FAT32に比べれば、ファイルシステムのクラッシュは格段に減ったはずですが
異常を来したシステムを修復するために、リカバリーが必要になったりするため
依然として、パーティション分割で複数のドライブとして使う因習を持っています。


そういった発想が無ければ、本来HDDは分割しないで利用するのが、性能上の理想です。

読み書きヘッドの無駄な動作を忌避した結果、Windows特有とも言えるデフラグ文化があるのですが
フラグメンテーションが発生して生じる無駄な移動以上に
HDDを分割利用するための無駄な移動が行われているのですから、滑稽な話です。

デフラグは、教壇のまわりに生徒を集めて授業を効率化するような行為ですが
担当する教室が二つあったら、理想的な効率で受業ができないのはイメージできると思います。


ただ、パーティション分割には、HDDの消費量を制限する性質もあります。

D:ドライブの空き容量がKB単位まで追い込まれるのだとしたら
HDDを分割しなければ…
自動バックアップが使うドライブもC:ドライブとなり
その動作によって、C:ドライブが食いつぶされることもあるかもしれません。
(それはそのソフトのバグによる異常な動作かもしれませんが)

ですから、一概にパーティションを一つにすれば改善するというわけでもありません。

それだけの大量アクセスがあるのであれば、C:ドライブの中で完結しても
充分にシステムのHDDアクセスを阻害することができるでしょうし、容量不足が生じるなら
それがC:ドライブで起きることによって、より状況が悪化する恐れもあります。


一体型PCを忌避する人の主張の一つは、一体型PCは内蔵HDDが二つにできないことですが
現在では、SSD+HDDの構成が、省スペースのPCでも行い易くなってきたので
そういった構成のPCのほうが良いのかもしれません。

ただ、HDDの管理運用は、それに組み合わせられるソフトの特性や不具合などとの兼ね合いで
安易に、なにかを理想と説くことができないようです。


まぁ、Windowsを使わないことによって、問題を回避できる場合が無いわけでもありませんが…
それでもWindowsを使うのであれば、Windowsのことをもっと観察し、理解して使う必要があるでしょう。


ctrl+alt+delで呼び出せるタスクマネージャーでも動作状況がある程度わかりますが
ディスクアクセスの状況をドライブごとに、CPU負荷をコアごとに…と
細かい状況を表示できるモニタリングソフトもあるので
そういったソフトで観察することで、動作状況がわかりやすくなるかもしれません。

最近はHDDのアクセスランプを廃止した機種もあるので
それでわかりにくいかもしれませんが、簡単に言えば

空き容量が無くなったから重いんじゃなくて
空き容量が無くなるほどの、大量書き込みが行われているから重いと考えられます。

HDDアクセスランプがあるなら、それがひっきりなしに光っているはずです。


HDDは、パソコンにおいて、数少ない物理的に動く部品です。
物理的に動くものには、HDDの他にも、光学ドライブや冷却ファンなどがありますが
HDDだけは、動作速度に非常に大きな関係があるのです。

...続きを読む

Qtrapの反対語ってなんですか?

trap(罠をかける)の反対語ってなんですか?

また、英語の反対語が載っているURLなどが
ありましたら、教えてください!

Aベストアンサー

(↓)ではtrapの反意語はみつかりませんでしたが。
ほかにも、音がにている単語、類義語なども調べられます。

参考URL:http://www.rhymezone.com/r/rhyme.cgi?

QローカルディスクのCとDを一緒にするには・・・。

WindowsのVistaを使っているのですが、
ローカルディスクのCとDを一緒にする方法はないのでしょうか?

過去の質問にVistaならボリュームの拡張?でできるみたいなことが
書いてあったのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか?

パソコンに詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Dドライブの中身が消えていいのでしょうか?
消えて構わないのであれば、スタートメニューの「コンピュータ」を右クリックして「管理」をクリックしてください。
新しく開いた窓の「ディスクの管理」をクリックしてください。
Dドライブを右クリックして「ボリュームの削除」をクリックしてください。
指示に従って削除します。
その後Cドライブを右クリックして「ボリュームの拡張」を選択してください。
ウィザードに従ってサイズを希望サイズに増やしてください。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/577diskext/diskext.html

なおDドライブの中身を削除したくない場合は、市販の「Acronis Disk Director」などを利用してドライブを結合してください。

以上の内容はすべてCドライブとDドライブが物理的に同じHDDの場合です。
物理的に違うドライブの場合はこれらの方法は使えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報