とくに幕末の、最高権力機構がどうなっていたか知りたいのです。参考書ではたとえば老中阿部正弘が徳川斉昭の進言を入れ、老中松平乗全、松平忠優を罷免した。とか、元老中の堀田正睦が再任し、阿部正弘にかわって首座となった。などと書かれています。
老中の任免や外交など重要事項の決定はどのようになされたのでしょうか。老中首座(今の首相との説有り)が老中の全体会議(今の閣議との説有り)で発議し、将軍の裁可で決定されたのでしょうか。老中会議は多数決でしょうか、首座の専決でしょうか。また、大老と老中の関係はどうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>老中の任免や外交など重要事項の決定はどのようになされたのでしょうか。老中首座(今の首相との説有り)が老中の全体会議(今の閣議との説有り)で発議し、将軍の裁可で決定されたのでしょうか。老中会議は多数決でしょうか、首座の専決でしょうか。

任免について。
(1)江戸幕府は、全てと言って良いほど、家格によって、決められた役職に就くことがほとんどでした。

(2)極端に言えば「蛙の子は蛙」であって、決して「牛」などにはなれない仕組みでした。確かに、家格が良くて出世をしても凡庸な人材もいました。しかし、この「凡庸」こそが、徳川幕府を300年近く支えた、と言っても過言ではない。
つまりは、無理な改革などをせず、平々凡々としていた方が自然の流れとしては良かった場合もあります。

(3)将軍直属として、「大老」「老中」「若年寄」「奏者番」「寺社奉行」「京都所司代」「大阪城代」が並列しています。
    |―大老
将軍 |―老中 ――江戸町奉行など
    |―若年寄
    |―奏者番
    |―寺社奉行
    |―京都所司代
    |―大阪城代
(4)まず、2~3万石位の譜代の大名家より、20歳代の若者が選ばれ「奏者番」の役職に就きます。定員は20名。

(5)役務としては、年頭や五節句(礼式日と言います・後述します)などで諸大名が将軍に謁見する取次ぎ役、献上物を披露する役目、将軍に替わって代参や見舞いなどに出向いたりして、諸事政務の見習い役です。

(6)ここで頭角を現した者が、寺社奉行を兼務します。寺社奉行は定員4名。

(7)江戸町奉行、勘定奉行、寺社奉行を三奉行と言いますが、実際には「寺社奉行」は、奏者番の兼務で将軍直属。
江戸町奉行、勘定奉行は老中配下です。

(8)奏者番から寺社奉行の兼務を仰せつかった者は、やがて、大阪城代や京都所司代などに出世をし、さらに、若年寄や老中などになりました。

(9)この「奏者番」に選ばれるかどうかで、その人の出世コースが決まりました。

(10)任免権は、もちろん、将軍にありましたが、家格や老中たちの年長者の推挙で「老中」になりました。また、「老中首座」も、やはり、家格が一番物を言いました。

(11)「老中」は定員4~5名。
月番制と言って1ケ月交替に諸事の受付窓口を担当しました。
政務は、原則的に「合議制」でしたが、老中すべてが「同格」かと言うと、そうではなく、やはり、「先任老中」として古参の者が、主に「主導権」を握っていました。
また、「お掛り老中」として、担当も分かれていた時期もあります。
意見が分かれた時は、「老中首座」が決断しました。

(12)では、「老中首座」とは・・・これは、原則的には、古参の老中がその任に就きましたが、幕末も近くなると、若くても家格が上位の者が「大抜擢」されることもありました。

(13)あなたの言われる通り、「老中」は現代の「首相」にあたります。現代では、1ポストに1人制ですが、江戸時代は、1ポストに1人というわけではありませんでした。
なお、「老中首座」だけが「首相」ではなく、「老中自体」が「首相」の役目をはたしました。

>>参考書ではたとえば老中阿部正弘が徳川斉昭の進言を入れ、老中松平乗全、松平忠優を罷免した。

(1)安部正弘の人物像などはWikipedia等でお調べください。
安部正弘は12代将軍徳川家慶に若干24歳で老中に大抜擢された「切れ者」でした。そして、幕府の独裁をやめて「公武合体派(尊王派)」の水戸の徳川斉昭や薩摩の島津斉彬などと親交しており、彼らの意見を幅広く取り入れました。その結果、当時、ペリーなどが来航した折、海防掛りであった牧野忠雅と松平乗全、松平忠優(ただます)らの「開国派」を一時弾圧し、安政2年(18855)に老中を罷免しました。しかし、老中首座の安部正弘もやっと「公武合体」を推進しつつ「開国」も止むを得ない、との判断から、松平忠優は忠固(ただかた)と名を改めて、同年には老中に復帰しました。

(2)安部は、米国総領事のハリスと「通商条約」締結に向けての話し合いの最中の安政4年(1857)6月17日に39歳という若さで急死してしまいました。

>>元老中の堀田正睦が再任し、阿部正弘にかわって首座となった。などと書かれています。

(1)堀田正睦は家格が格段に高い地位でした。家系としては、3代将軍家光の「お側衆」から「老中」になった堀田正盛(まさもり)の血を引き、正盛は家光が死去した際、殉死までして、その名を知らしめました。

(2)そして、安部正弘や松平忠固らと共に「公武合体」を進めつつ、「開国派」でもありました。安部が死去した後、ただちに、堀田が「老中首座」になりました。

(井伊直弼)
(1)井伊直弼は、安部正弘の死去を受けて、自ら「自分なら諸外国とうまくやっていける」と、13代将軍家定に直訴をし、安政5年(1858)4月23日に「大老」に就任しました。

(2)「大老」は「老中」と同じく、将軍直属で、いわば、「名誉会長」のようなものでしたが、発言権は「老中」より若干上位でした。
また、余談ですが、井伊家は徳川家康が三河にいた頃からの直臣で、徳川家(将軍家)とは縁もゆかりもなかったが、上席家格を持ち、井伊家が幕府の役職に就くのは「大老」だけ、との決まりがありました。

(3)井伊は就任早々の5月1日には、家定に次期将軍を紀伊家徳川慶福(よしとみ=14代将軍)とすることを承認させた。
この背景には、大奥も大いに関わっていた。一橋慶喜は水戸の出身で英才でもあると同時に「倹約家」でもあり、慶喜が将軍になると、大奥の粛清が図られる、との噂が先行していいため、実権を持たない家定よりも大奥を敵に回すことは、自らの「保身」にはならない、と考えた。

(4)井伊直弼は「尊皇派」で、阿部正弘から引き継いだ米国との交渉を慎重に進めていた。しかし、6月16日、ロシアの軍艦アスコルド号が下田に入港したのを受けて、米国との交渉担当であった岩瀬忠震(ただなり)と井上清直(きよなお)は、米国の、
「時間はきわめて切迫している。我々と手を結べば、日本と友好的に行動することを誓約する」
との説得で、直ちに、老中堀田正睦(まさよし)に報告。堀田は同じ老中の松平忠固(ただかた)らと夜を徹して話し合いが行われ、二人は「即時条約断行論」を唱えた。そこで、井伊は、とりあえず、
「調印の延期ができるかどうかを打診せよ」
と、岩瀬と井上をポーハタン号に6月19日に送った。
ところが、二人は井伊の命に反して「調印」をしてしまった。

(5)井伊は、しかたなく、6月22日、江戸在中の諸大名を登城させ、条約調印を発表すると同時に、即時調印断行を唱えた堀田と松平の二人を老中から解任し、井伊と対立する一橋派の攻撃を交わそうとした。
一橋派は、これに対して、翌23日、登城し、
「同じ尊王論者であるのに、なぜ、調印をしたのか」
と、責任の追及をした。
この事件は「一斉不時登城」と呼ばれ、登城日でないにもかかわらず登城をし、この時登城したのは、水戸斉昭、慶篤(よしあつ)親子や尾張慶恕(よしくみ)、松平慶永(春嶽)らで、井伊よりも家格が上位であったため、井伊はひたすら平身低頭する以外に道はなかった。勢いに乗った一橋派は、24日にも不時登城をし、井伊を吊るし上げようとしたが、井伊は、
「将軍後嗣に、朝廷の承認がおりて、紀伊慶福が正式に決まった」
と、切り出し、一橋派の出鼻をくじいた。

(安政の大獄)
(1)怒り心頭に達した井伊は、安政5年(1858)7月5日、水戸斉昭に「急度慎(きっとつつしみ)」、尾張慶恕と松平慶永に「隠居・急度慎」、一橋慶喜と水戸慶篤には「登城停止」を将軍家定の名で命じた。
これが、世に言う「安政の大獄」で、尊皇攘夷派や一橋派の大名、公卿、志士(活動家)ら、連座した者100人以上にのぼったと言われている。この時、吉田松陰や頼山陽、橋本左内らも投獄、処刑された。

(2)さらに、井伊は、7月6日に家定が死亡したことを隠したまま、7月8日には、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダの五カ国との「修好通商条約」を締結した。
家定の死は8月8日に発表され、即日、14代家茂が将軍となった。 

(3)安政5年(1858)8月8日には孝明天皇の勅諚(戌午の密勅=ぼごのみっちょく)が水戸藩に下された。その内容は、米国はじめ英・露・蘭との修好通商条約調印を批判し、水戸・尾張両藩主らの処分の影響を心配し、幕府は徳川三家以下諸大名と群議して、国内治平、公武合体、内を整えて外国の侮りを受けぬ方策をたてるようにというのであった。この勅諚は、幕府にも下されたが、水戸藩に対しては、徳川三家はじめ列藩にも伝達するようにとの添書がついていた。
なぜ、朝廷は水戸藩へ勅諚を送ったか。それは、一つには、斉昭の正室が有栖川宮織仁親王の九女・吉子女王(よしこ)であったためと思われる。

(4)朝廷から、政治的な勅諚が幕府抜きに、直接藩に下されることは、前例がない。幕府は水戸藩に勅諚返納を命じたが、藩内の改革派、特にその過激派は、あくまでもこれに反対した。他方京都では勅諚降下に反対した親幕府の関白九篠尚忠(ひささだ)が辞任に追込まれた。さらに、8月10日、長州、薩摩など13藩に勅諚が伝達された。このことに広く深く公卿や尊攘志士等が関わっていることを知った井伊は幕府の危機と考え、安政5年(1858)9月頃よりは、井伊による「安政の大獄」が一層強化され、翌安政6年(1859)の年末まで続いたという。吉田松陰は特別に批判が厳しかったので逮捕された。

(礼式日)
「元旦」
元旦・・・これは、もちろん正月1日
「五節句」
人日(じんじつ)・・・正月7日(七草粥の日)
上巳(じょうし)・・・3月3日(雛祭りの日)
端午(たんご)・・・・5月5日(端午の節句)
七夕(たなばた)・・7月7日(七夕)
重陽(ちょうよう)・・9月9日(菊の節句)
「八朔」
八朔(はっさく)・・・8月1日
この日は、家康が初めて江戸へ入府した日で、元旦とならぶ重要な日とされました。

これらの「礼式日」には、江戸在中の大名たちは、総登城しました。

少し長くなりましたが、あなたの回答になっていたでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロシア歴史年表

日露戦争前後(1850~1950年位)のロシア年表を見たいのですが、ほとんどのサイトが日本側の視点での年表ばかりで、ロシア視点の年表が見つかりません。

ロシアを中心にした年表が載っているサイトを知っていたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

年表gsあるか分かりませんが、↓が参考
になりませんか?

「ロシア・歴史関連リンク集」
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/rlink.html

Q春分・秋分の日の閣議決定

10年分のカレンダーを作る必要があり調べていて、ふと疑問におもったのですが・・・

祝日法では、春分・秋分の日は天文学的な『春分・秋分』とは指定がなく、
「閣議で決定し前年の2月の官報で発表する」とありました。

と言う事は、天文学的な春分・秋分の日以外の日付が指定される事があるのでしょうか?

例えば、秋分点通過が9月23日午前0時1分で火曜日であった場合、
「1分の差だし、22日を秋分の日にすれば連休になるから」とかで
変更するような閣議決定をするものなのでしょうか?

推測、願望でもかまいません。
間違っていても笑って済ませられる程度のカレンダーですから、
おヒマでしたらお付き合い下さい。

Aベストアンサー

もともとの質問に戻りまして,
>天文学的な春分・秋分の日以外の日付が指定される事があるのでしょうか?
ということでしたら,現時点の制度ではまずありえないと思います。
春分・秋分の日の決定の元になる資料は,国立天文台が作成する「暦象年表」という文庫本サイズの薄い小冊子です。
この冊子は非売品ですが,これのダイジェスト版が前年の(つまり2003年版だったら2002年の)2月1日に,「暦要項」(れきようこう)として掲載されます。(これがご質問の文章にあった官報発表です。)
また,前年11月末ごろに出版される『理科年表』のはじめのほうに,そっくりそのまま載っています。
で,これらの資料には,24節気(小寒,大寒…から冬至まで。春分・秋分もある)の日付・時刻,そして国民の祝日の日付の一覧表が既に載っています。
閣議ではこれらの数値を形式的に承認するだけですので,まずひっくりかえることはないでしょう。

ただ,未来永劫ずっとそうであるかどうかは分かりませんが,もし変わるとしたら,閣議で小泉首相が「連休のほうがいいんじゃないか」といって他の大臣が「そうしよう」と同意する,といったレベルではなく,「国民の祝日に関する法律」そのものを改正することになると思います。
(少なくとも,「国民の祝日に関する法律施行令」か何かを作って,「連休の観点から閣議で日付をいじることがある」旨を明記することになるでしょう。)
そういった法改正がないかぎりは,今後も天文学的な春分の時刻に基づいて制定されることになると思います。

ちなみに,キリスト教のイースター(復活祭)は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」となっていますが,この春分の日は,天文学上の春分の時刻とは関係なく,便宜上3月21日に固定しているそうです。
カレンダーを作る立場からいえば,たしかにそのほうが計算が楽でしょうね。

もともとの質問に戻りまして,
>天文学的な春分・秋分の日以外の日付が指定される事があるのでしょうか?
ということでしたら,現時点の制度ではまずありえないと思います。
春分・秋分の日の決定の元になる資料は,国立天文台が作成する「暦象年表」という文庫本サイズの薄い小冊子です。
この冊子は非売品ですが,これのダイジェスト版が前年の(つまり2003年版だったら2002年の)2月1日に,「暦要項」(れきようこう)として掲載されます。(これがご質問の文章にあった官報発表です。)
また,前年11月末...続きを読む

Q年表を縦書きに!!

エクセル2013で歴史年表をつくりました。
日本の歴史年表なので、縦書きにしたいのです。
方法を、教えて下さい。

Aベストアンサー

>行列を入れ替え、セル書式設定で縦書きにしました。
>右から左になるような方法は?
コピー元の年代が昇順になっていると思われます。
コピー元の年代を降順に並べ替えてから
行列を入れ替えてコピーすれば、右から左になります。

Q公務員の任免権について 閣議決定?

公務員の任免権について教えて下さい。

内閣総理大臣は国務大臣の任免権を持つことは知っているのですが、
それ以外はさっぱり分かりません。
主な公務員の任免は閣議決定に従うそうですが、
出来たら、具体例を交えておしえてもらえますか。

たとえば、ある省(法務省)だったらどうでしょう?

法務省には
内部部局として 
 大臣官房
 民事局
 刑事局  他

審議会として
 司法試験委員会
 他

特別の機関として
 検察庁
 他

外局として
 公安審査委員会
 他

があると思いますが、
それぞれ人事の任免権はどうなっているのでしょう?

Aベストアンサー

閣議案件とは、基本的には、内閣として意思決定を行うことが必要なものであり、所管が複数の省庁にわたる場合は必要ですが、所管大臣のみ権限がある場合は、閣議案件にはなりません。
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/kakugi-200603109.html

法務省人事についていうと、検事長以上の階級は認証官(内閣の任命⇒天皇の認証)であり、内閣としての意思決定が伴いますので、閣議案件になります。

しかし、それより下の階級の幹部人事は、法務大臣以下の権限ですので、閣議案件にはなりません。

実際は検事長以上の異動に伴い、その下の階級の異動もあります。ですので、「政府は法務省人事を○日付けで閣議決定する」などと報道されることがありますが、規則上は区別されます。

検察庁の組織や人事についての規則は、これをご参考になさってください。
http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji13.html

Q歴史 一覧できる年表

公務員試験で、世界史、日本史、日本経済史などの、巨視的に一覧できる年表がほしいのですが、年表などは本になっていたりして見つかりません。知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

私もかつて探したことがありましたけれど、情報の総量から考えて、かつ現代史があまりにも早く更新されていくことを考えると、おそらくどの出版社も手がけていないだろうと、すぐに諦めてしまいました。

粗い方法ですが、一時的な掲示・ご使用で済むのでしたら、既に出版されている年表を「個人利用」の範囲で複写し、貼り合わせるほうが早いと思います。

ちなみに私の場合、総覧が欲しかった理由が”歴史に題材を求めたフィクション”の時代分布を俯瞰するためだったので、暇を見つけては表計算ソフトを使って(Excel) 総覧を作成し続けています。それなりの労力が必要ですが、テーマとインターフェースを自分好みにできるのが唯一の利点です。

試験勉強 おつかれさまでございます。寒い季節の勉強はなおさら骨身に沁みるかと存じますが、御自愛ください。

Q阿久根市の市長が専決処分した議会未承認の条例等一覧について      

阿久根市の市長が専決処分した議会未承認の条例等一覧について                            
 報道を見ていますと、市長の専決処分を頻発していることについての記事を見かけます。また、6月議会が開会されていないらしく、議会で未承認の案件が多数あると思われます。

 議会未承認の専決処分の一覧(全文または処分概要が添付されていると幸いです)がございましたら是非拝見いたしたく思います。本来は阿久根市に出向くべきでしょうが、私は九州在住ではなく、時間的・金銭的に困難です。インターネットのサイト等で、載っているところがありましたら、教示いただけますと幸いです。インターネットのサイト以外でも、図書館等にありそうな全国発売の雑誌等の特集等で、一覧が書いてあるものがございましたら、その情報でも結構です。

 阿久根市役所ホームページ(「例規集」等)を拝見しましたが、専決処分の内容が書かれた部分を見つけることができませんでした。

Aベストアンサー

阿久根市長が改革案出しても議会の妨害でつぶされることに「カチンと来て」(たぶん、推測です)
専決処分で決めていくといったのは2010年5月10日くらいです(この日、幹部に意向伝えていることが報道された)
「専決処分は、議会の審議・議決を経なければならない案件について、首長が地方自治法に基づいて議会に諮らずに決めることで、竹原市長は、市執行部だけで施策を進めていく方針とみられる。」(5月8日付け読売新聞による) 6月議会を召集しないという観測出る。
6日の課長会でしめす。これに先立ち、4月27日「市花火規制条例」を専決処分で制定。

あの市長は市議時代、議員報酬下げようという提案したことあるが、他の議員が「あいつだけいいかっこしやがって」と否決に回った。

5月28日の南日本新聞エリアニュースによれば
「阿久根市の竹原信一市長は28日までに、市長と市議、市職員の夏季、冬季ボーナスを半減する条例改正を専決処分した」
「勤務評価などから算出する勤勉手当は据え置きされる見込みで、ボーナスの総額はほぼ半減となるとみられる」

6月18日 議員報酬を日当化(委員会などに出れば1日1万円)
47NEWS
「鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は18日、7月1日以降の市議の議員報酬を日当制にする条例改正を専決処分で決め、同日告示した。2009年度と同程度の出席日数だった場合、議員1人当たりの年間支給額は約40万円に減額されることになり、月額26万3千円の報酬が保障されていた議会側の反発は必至だ。」

7月26日の毎日新聞
「鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は25日、愛媛県警の裏金問題を内部告発した元巡査部長の仙波敏郎氏(61)を、専決処分で副市長に選任した」(本来これは「議会の同意を得て選任する」らしい)

8月3日の西日本新聞
「鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が議会に諮らず専決処分で副市長に選んだ元愛媛県警巡査部長、仙波敏郎氏(61)が2日、市役所に初登庁した。仙波氏は就任式や記者会見で、竹原市長が昨年7月に懲戒免職処分にした元市係長男性(46)を3日から副市長付係長として復職させると明言」

8月15日 南日本新聞エリアニュース
「阿久根市の竹原信一市長が専決処分で副市長に選任した仙波敏郎氏は9日の会見で、伊藤祐一郎県知事に面会を求めたが拒否されたことを明らかにした。
 仙波氏や県によると、市側が4日、知事公室に面会を打診したところ、同室は6日「知事は会えない」と回答した。
 仙波氏は、臨時市議会招集の方針や、自身の着任あいさつを面会の理由としていた。県から面会拒否の理由について告げられなかった。
 伊藤知事は9日、記者団に「副市長とは通常、首長と一緒に面会している。副市長だけと会う動機はない」と話した。」
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=25745

阿久根市長が改革案出しても議会の妨害でつぶされることに「カチンと来て」(たぶん、推測です)
専決処分で決めていくといったのは2010年5月10日くらいです(この日、幹部に意向伝えていることが報道された)
「専決処分は、議会の審議・議決を経なければならない案件について、首長が地方自治法に基づいて議会に諮らずに決めることで、竹原市長は、市執行部だけで施策を進めていく方針とみられる。」(5月8日付け読売新聞による) 6月議会を召集しないという観測出る。
6日の課長会でしめす。これに先立ち、4月...続きを読む

Q歴史年表について...

中学1年女子です。今回が初投稿となります。
今は夏休み中です。
話は変わり、わたしは社会(特に歴史)が苦手です。
そこで、歴史年表を探しています。
少しでも苦手から得意にするために歴史年表を見ようと思います。
検索なども実際、してみました。
ですが、なかなか良いのが無く皆さんに質問することにいたしました。
※少しでも、『分かりやすい』歴史年表をお願いします※
※ちなみに、『歴史のできごと』についてです※
・長くなってしまい申し訳ありません。

Aベストアンサー

歴史の苦手意識解消に年表はどうかな?

何の関係性も無い事柄の羅列を眺めたところで、嫌気が増すだけでは?

折角の夏休みなので、例えば『学研まんが 日本の歴史』の様なマンガ形式のモノを読んでみたら?
必ずしも1巻からの必要はないので、興味のある時期からでOK

登場人物や時代背景など平易に書かれているので入門としては良いと思う。
そんなの低レベルと思うかな?

Q「日本商工会議所」と「商工会議所」は別の組織ですか?

日商簿記の検定を受けようと思いネットで調べていたのですが
「日本商工会議所」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E6%89%80
「商工会議所」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E6%89%80
これは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 都道府県等を単位として設立されるのが商工会議所。その商工会御所の連合体が日本商工会議所。
 弁護士会に例えれば,都道府県ごとに設立された「弁護士会」の連合体が「日本弁護士連合会」であるのと同じです。

Q歴史年表と、アホ政治家

人間、政治家にまでなると、歴史に名を残す事が、名誉となるようですが、やはり、鳩も初代民主党党首として、その名を歴史年表に残すのでしょうか?数々の英雄や、見識者、学者がその名を残す歴史年表に!!それだけは絶ー対に阻止せねばと思うのですが。

Aベストアンサー

歴史に名を残すことと、後世の評価は別物です。

たとえば隋朝の第2代皇帝煬帝は稀代の暴君とされていますし、暴君で有名な古代ローマ第5代皇帝ネロはギリシャ文化好きの馬鹿(ジャイアンなみにリサイタルが好きだった)だと言い伝えられています。

また、後代の評価というのも時代によって違います。現代日本で評価の高い坂本竜馬も司馬遼太郎氏の小説以前はほとんどの人がその名を知らない人物でした。

ですので、名が残るということだけでは別にどうということもありません。もしかしたら永遠に「アホ政治家」というレッテルで名が残るかもしれない、ということです。

Q12/11総務省顧問任免

総務省のホームページの新着情報の報道資料覧に「12/11総務省顧問の発令」がありました。
発令内容は橋下大阪府知事が総務省顧問を免じた内容でした。
任命された時はニュースにでも報道されましたが、今回の免じられたことについては、報道されていないような気がします。
報道されないのは、なぜでしょうか?

また、なぜ免じられたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの回答は10月30日の地方分権改革を担当する非常勤顧問に任命されたときの記事だと思います。

12月11日に総務省顧問を免じた件は、
地域主権戦略会議のメンバーになったため総務省顧問を解任されました。

この件に関しても報道されていますよ。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200912/2009121100377
http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY200912110457.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報