プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

スッキリ感という感覚は、ドーパミンと関連性がございますか??

A 回答 (3件)

リストカットするとエンケファリンやエンドルフィンという物質(脳内麻薬)が分泌されてスッキリします


ドーパミンは、高揚感や幸福感に近いです
    • good
    • 0

書き漏れをしたので追加です。



リスカなどでスッキリするのは、死にたい、生きていたくない、自傷したいなどの思いがぶつぶつ湧いてきて、他のことに集中できない状態になってしまったときに、リスカすることで「この案件には区切りをつけた。はい、おしまい」と、一時的にしろ、「死にたい、生きていたくない、自傷したいなどの思いがぶつぶつ湧いてくる」のを抑止できたことによるのだと思います。
金銭感覚のバランスがとれず、借金返済、ローン返済に頭を悩ましている人が、一時的にしろ高利借金で、さしあたりの返済をした直後のようなものでしょう。 さしあたりの返済をしただけで、後日にはもっと困る状況が起こるとしても、今このときには、頭の中を「返済、カネ、カネ」が飛び交うのをなくして、食事や入浴や仕事や遊びなどしたいことだけに頭を使える状況になったのが、スッキリ感なのだと思います。
    • good
    • 0

リストカットするとスッキリという人もいるでしょう。



下記のような場合にもスッキリするという人もいます。
汗ばんだ身体にシャワーを浴びて  散髪して  よく眠って、  
便秘してたのを出して、 排尿して残尿感が残らなくなって
むかむかして胃の中のものを全部吐いて 制酸剤を飲んで、  
大声で怒鳴って  口を漱いで口内のねばねばが消えて  お茶を飲んで   ミントの香りで  鼻のつまりが消えて  思い切り泣いて       
窓の汚れが消えて 室内の散らかりがなくなって 白内障の手術をして
借金を完済して  山積していた案件が片付いて 長年の抗争に決着
誤解が解けて   謝罪をちゃんと済ませて   恨みを晴らして
複雑に要素が絡んだ事柄の秩序だった理解、   イライラが消えて
原因不明のトラブルの原因が解明できて     わだかまりがなくなって

下のような場合にスッキリしたという人は少ないでしょう。
試合で好成績がだせて  満足できる成績を試験で獲得できて
会社で昇給昇格して   あの人と結婚できて  記憶力が良くなって
旨い酒・旨い料理を楽しんで   世間での評価が上がって来たので
人気があがって来て   懐具合が良くなって  財産がどんどん増えて 
元気溌剌でポジティブな気分が高まって

たぶん、昂揚感、自己効力感、満足感、幸福感のようなものと、スッキリ感は単純な相関関係はないのです。
ドーパミンの量や濃度、ドーパミンの量や濃度の変化などとも、あまり相関はないのです。

なんとなくですが、「感覚や認知の脳内処理に関連する中枢神経への入力情報のS/N比が良くなる ノイズ入力が減る」ことに関係していそうです。

ところで、こうした質問をして、何かスッキリした体験がありますか。
あるいは、この質問をしたときにどうだったらスッキリ感が得られるだろうをご自身では想定していましたか。
質問にどのような回答があろうが、スッキリ感は得られないと想定してましたか。

私の場合は、例えば、理解の糸口さえも見つからない状態から、このあたりに突破口があるに違いないと思い、関係ないことと思考検討の対象から除外することの整理がつくだけでも、すこしはスッキリ感がでます。 ノイズと信号の弁別がつくこと、有意信号を明確にし、無意味なノイズを脳内で抑制できれば、それがスッキリ感の元だと思っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング