色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

女性宮家を創設し旧皇族男子を婿養子に入れる案が出ていますが、女性宮家に否定的な人がいるようです。
しかし養子縁組には賛成のようです。

これは女性皇族と婚姻が条件の婿養子ではなく、天皇と子供ということで天皇と旧皇族男子を養子縁組をして、一般女性と結婚させ、生まれた子供を天皇にするということですか?

そうすると、今の天皇の血は途絶えますが、旧皇族の血に入れ替えるという事ですか?

質問者からの補足コメント

  • 天皇や皇族が本当に望んでいる事なのですか?

      補足日時:2021/08/12 23:25
  • だって完全に、女子しか生めなかった天皇皇后両陛下の血統を否定してるじゃないですか。

      補足日時:2021/08/12 23:27

A 回答 (4件)

これを避けるウルトラCが一つだけあって、それは「愛子妃が自ら進んで旧皇族の男性と結婚し、男児を産むこと」です。



これができれば、次の天皇は「男系女性天皇」の愛子妃で、その次は愛子妃の産んだ「父の皇統と母の皇統の両方を受け継ぐ後嗣」になれるわけで、愛子妃は伝説になるでしょう。

残念ながら、
今の皇室典範では皇位は女子禁制。男子独占。

女性天皇はあくまで過去の例では臨時で男性適性天皇登場までの繋ぎ。
愛子様が天皇といっても、その時は生涯独身通せ宣告になる。
まあ、愛子妃実現中に夫薨去で、皇子が幼ければ、成長繋ぎに
愛子天皇実現となるかもしれぬが、
まだ秋篠宮文仁親王・悠仁親王と控えているので、この後に
というのが順序。

その頃には愛子さんも立派な年齢。

悠仁親王も即位充分年齢に行く可能性大。

だから、愛子様は悠仁天皇の後に来るべき候補。

でも皇室典範が現段階では除外です。

改正せねば無理。

旧宮家の皇族復帰も皇室典範改正せねば無理でしょう。

これに本気で国が取り組むかですね。

悠仁天皇と愛子皇后のカップル実現は無理かなあ。

そこで親王誕生となれば、未来安泰か。

内親王だとまた苦労増える。

女性宮家はだめです。
女性皇族の宮主は
先の桂宮廃絶の二ノ舞の可能性大。

宮家の宮主は女子禁制にすべきです。

皇室に男女平等はありません。
    • good
    • 0

>女性宮家を創設し旧皇族男子を婿養子に入れる案が出ていますが、女性宮家に否定的な人がいるようです。



女性宮家と旧皇族男子との婚姻または婿養子は全く別の話です。

女性宮家は「高齢化した皇族の職務を継続するために、若い女性皇族が結婚しても臣籍降下せず、宮家として残るようにする」もので、それと旧皇族男子との結婚は同じところにはありません。

>しかし養子縁組には賛成のようです。

上記のように女性宮家と養子縁組は別の話だからで、旧皇族男子を皇族に復帰させる方法のひとつとして養子縁組が考えられている、ということです。

>これは女性皇族と婚姻が条件の婿養子ではなく、天皇と子供ということで天皇と旧皇族男子を養子縁組をして、一般女性と結婚させ、生まれた子供を天皇にするということですか?

その通りです。

>そうすると、今の天皇の血は途絶えますが、旧皇族の血に入れ替えるという事ですか?

その通りですが、日本国として「神武天皇以来の万系一世は保たれる」わけです。

で、これを今上天皇が望んでいるかどうかは疑問ですが、しかし「天皇」と言う地位と仕事、継続性を考えれば、今のままでもいずれ悠仁親王が即位するわけです。

これを避けるウルトラCが一つだけあって、それは「愛子妃が自ら進んで旧皇族の男性と結婚し、男児を産むこと」です。

これができれば、次の天皇は「男系女性天皇」の愛子妃で、その次は愛子妃の産んだ「父の皇統と母の皇統の両方を受け継ぐ後嗣」になれるわけで、愛子妃は伝説になるでしょう。
    • good
    • 0

男子直系

    • good
    • 0

継体天皇みたいな方式。


現在の女性皇族と旧宮家御曹司を結婚
させ、皇族復帰

生まれた男子に帝王学修得させて天皇にする。

以後は一般女性でも女性皇族でも
いいですが、后に迎えて
皇子を産ませて
天皇制存続。

女性宮家ではありません。

女性皇族が宮主ではありませんので。

女性は常に后です。
親王の妻なら妃ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング