痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは
名古屋城の金のしゃちほこの材質を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

江戸期のオリジナルはヒノキのしんに上に20金の薄板を貼ってありましたが、尾張藩が財政難の度に改鋳したので、1937年にウロコが盗難にあって、泥棒が鋳潰して延べ棒にして貴金属店に持ち込んだときには14金に落ちてました。


戦後に作られた現在のものは青銅のしんに18金の薄板を貼って作られております。
北側が雄で2.62m、南が雌で2.58mの大きさで、江戸期のオリジナルよりやや小さいですが、金だけの量は66kgあります。
    • good
    • 1

訂正


現在のものは江戸期のオリジナルよりやや大きいです。

盗難にあった時の泥棒が使ったるつぼなどは裁判の証拠として保管されており、現在市制資料館に展示されてます。
    • good
    • 0

NHKのニュースで聞きました。

張ってある金の厚さは葉書一枚分の厚さだそうです。
    • good
    • 1

参考URLの「構造は?」によれば、「木+鉛板+銅板+金の延板」のようです。



参考URL:http://www.museum.or.jp/nagoyajo/mame/4/1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名古屋城 金の鯱について

有名な話しかも知れませんが、ご教示くださいませ。

(1)名古屋城の金のシャチほこ・・・一体誰が何のために
金箔にしたんでしょうか?

(2)金シャチは、他の城でも採用されているのでしょうか?

(3)シャチを屋根上に飾る由来とは?

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>名古屋城の金のシャチほこ・・・一体誰が何のために金箔にしたんでしょうか?

天下普請の城+東海道中山道分岐点+徳川家康の孫との理由で、徳川幕府の権威を示す目的で、幕府直轄で工事を行なっています。
遠くからでも見える様に、鯱は若干「頭でっかち」の体型ですよ。

>金シャチは、他の城でも採用されているのでしょうか?

安土城・大坂城・伏見城・江戸城に金の鯱がありました。
安土城・大坂城・伏見城は落城、江戸城天守閣も落雷で炎上後は再建していません。
結局、名古屋城だけに金の鯱が残ったのです。

>シャチを屋根上に飾る由来とは?

当時の天守閣は、一般の建物(櫓)に比べて高さがあります。
つまり、落雷の可能性が高いわけですね。
落雷で火災が発生しても、当時は消火の手立てがありません。
そこで、「水の神」を建物の上にのせたのです。
一種の「おまじない」ですね。

余談ですが、今でも地方の民家にも「おまじない」が残っています。
「雨」の字を瓦に描いたり、屋根下に「青(水)」「白(雲)」でライン(波線)を引いています。

>名古屋城の金のシャチほこ・・・一体誰が何のために金箔にしたんでしょうか?

天下普請の城+東海道中山道分岐点+徳川家康の孫との理由で、徳川幕府の権威を示す目的で、幕府直轄で工事を行なっています。
遠くからでも見える様に、鯱は若干「頭でっかち」の体型ですよ。

>金シャチは、他の城でも採用されているのでしょうか?

安土城・大坂城・伏見城・江戸城に金の鯱がありました。
安土城・大坂城・伏見城は落城、江戸城天守閣も落雷で炎上後は再建していません。
結局、名古屋城だけに金の鯱...続きを読む

Q名古屋城のシャチホコについて教えてください。

名古屋城のシャチホコについて教えてください。名古屋城のシャチホコは「金のシャチホコ」として有名ですが、大阪城も、姫路城のもみんな金のシャチホコがのっているように見えるのですが、気のせいでしょうか?それとも名古屋城以外の城のシャチホコは、金が縫ってあるだけで、中身は金ではないということでしょうか?真相を教えてください。

Aベストアンサー

どの城も、金箔または金板を貼り付けたものです。
シャチホコ自体は、木製であったり瓦だったりしますが、中身は空洞ですよ。
名古屋城も例外ではありません。

では、何故名古屋上のシャチホコが有名になったのか?
他の城よりも、金含有量が多かったのです。
また、東海道有数の城下町であり御三家筆頭としてのプライド・面子でしようね。
然しながら、名古屋藩も他藩にもれず「財政破綻」した時代がありました。
当時の藩主は「ウロコを剥がして、薄い金で張り替えて、差額を財政とする」事を行っています。

何故か、盗難にも度々あってます。
江戸時代に(記録に残っているだけで)3回、シャチホコのウロコが盗まれています。
すべて、市中引き回しの上、貼り付け獄門の刑でした。
明治・大正・昭和にもウロコの盗難があり、各々10年前後の懲役でした。

Q鯱(しゃちほこ)について

こんにちは。

一つ気になったのですが、何故日本の城には鯱がついているのでしょうか?あれは何の意味があるのでしょうか?

単純な質問ですが、どなたか教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

 日本家屋には防火の意味を込めて、水に関係の深いものを配することがよくあります。例えば、瓦に「巴(ともえ)」の紋様がよく描かれますが、これは水の流れを象徴しています。また竜・雲・雷文などもありますし、またそのものずばり「水」と書かれることもあります。
 さてご質問の鯱ですが、これのモデルはインド神話に登場する「makara」という巨大魚です。仏教を通じて支那では「磨羯(まかつ)」と音写されます。
 一般的には体は魚でカモシカの頭と前足を持つとされますが、造形は一定していません。磨羯は大量の水を吹き出すとともに、またこの磨羯の頭の中には「cinta<長音>mani」という宝珠があるとされます。このチンターマニという宝珠は、玉ねぎ状の形で意のままに願いが叶う咒力があるとされます。漢字で「振多摩尼(しんだまに)」と音写され、また「摩尼宝珠」「如意宝珠」とも訳されます。そのため鯱には吉祥の意味も含まれます。
 なお、インド天文学における黄道十二宮では「磨羯宮」は山羊座に相当します。星占いなどの山羊座が、半身が魚で描かれるのも、磨羯の造形がギリシャ神話にも影響されているものと考えられます。

 日本家屋には防火の意味を込めて、水に関係の深いものを配することがよくあります。例えば、瓦に「巴(ともえ)」の紋様がよく描かれますが、これは水の流れを象徴しています。また竜・雲・雷文などもありますし、またそのものずばり「水」と書かれることもあります。
 さてご質問の鯱ですが、これのモデルはインド神話に登場する「makara」という巨大魚です。仏教を通じて支那では「磨羯(まかつ)」と音写されます。
 一般的には体は魚でカモシカの頭と前足を持つとされますが、造形は一定していません。...続きを読む


人気Q&Aランキング