最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

木造二階建て在来工法で建築中の者です。土台敷きの際に防蟻処理は必ずするものなのでしょうか? もししていなければ問題でしょうか?

gooドクター

A 回答 (7件)

法律で決められているので最終的に完成までにしていなければ問題です。



近年は土台に使う材木は防虫処理済みが使われるケースがほとんどです。
しかし、自然乾燥材などは工場注入ではなく施工時に防蟻処理になります。

施工時というのは建前(土台据え付け)から床が塞がるまでになります。
(まあ塞がっても人通口を通って土台に処理して廻れば良いわけですが)

結果として
>土台敷きの際に防蟻処理は必ずするものなのでしょうか?

「このタイミングでされているかどうかは問題ではない」です。
    • good
    • 1

専門家ではありません。


「必ずするものなのでしょうか?もししていなければ問題でしょうか?」
ですが、必ずするものですし、もししなければ法令違反です。
ヤマトシロアリはほぼ日本全土が生息域ですから。
ただし、そのやり方はいろいろあります。
①材木に薬剤塗布するもの(緑色が多い)が多いですが、その効果の持続性には疑問もあります。しかし、建築後に再塗布することはほぼ不可能です。
あらかじめ塗布済みの材木が現場搬入されることも珍しくありません。
②木材をバーナーで焼いて炭化する方法が見受けられますが、表面を炭化してシロアリ対策になるか、疑問を示すデータもあるようです。
③シロアリ返しといった建築部材もあります。また、シロアリの進入できないメッシュ材を貼るというのもあります。
④個人的に一番効果が高いと思っているのは、家の周辺や水回りの、通気乾燥です。雨漏り、風呂場の床下・壁材ひび割れへの水の侵入、室内の結露・壁内部の結露など、目の見えない場所に水があるとシロアリの侵入に適してしまいます。我が家はシロアリが出たときに調査してもらい、風呂場からの水の侵入とカビがひどく、床下に乾燥剤と、通風ファンを取り付けました。備えあれば患いなしです。
    • good
    • 1

防蟻処理は建築基準法で決まっています。


やらないのは法律違反になります。

参考URL(防蟻処理(ぼうぎ)とは)
https://auiewo.com/blog/post-4125
    • good
    • 1

問題はないです。



安建築では出来るだけコストを下げる者ですし、そもそも東方区以北ではシロアリがいなかった者ですから、法的な問題は無いです。

でも、安くない買い物だから、ローコストを追求しない方が良いと思うよ。
    • good
    • 0

ヒノキ?

    • good
    • 0

>土台敷きの際に防蟻処理は…



土台敷きの際って、防蟻処理はもっと後ですよ。
束や大引けなど床下構造物が一とおりでき、床板を貼るまでの間です。

>もししていなければ問題…

シロアリなど絶対いない、今後とも寄ってくる可能性は絶対ないと言い切れるなら、しなくても問題はありません。
    • good
    • 0

土台を敷くときに大工が設置する基礎目次の裏面(下になる面)に防蟻材を塗って、基礎材を敷き終わったら上面と側面を防蟻業者が塗りに来るのが通常かと思います。



防蟻処理は義務化されていますので、していなければ問題です。
もしかすると基礎材を敷設後に薬剤散布や注入を一括で行うのかも知れませんし、あるいは現場であるお宅に持ち込む前に薬剤処理を済ませて持ち込んでいる可能性も。
1度御確認を。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング