清涼飲料水っていったいなんなんでしょうか?
お茶でも清涼飲料水って書いてあるし。
清涼飲料水っていうと体に悪いイメージがあるんだけど、
どうなんでしょう?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

清涼飲料水は法律用語です。


食品衛生法で「アルコール分1%未満のすべての飲料で、容器に入ったもの」はすべて清涼飲料水と規定されています。
ただの水も、お茶も、果汁飲料も炭酸飲料もスポーツドリンクも、ぜんぶ法律的には清涼飲料水なんです。
    • good
    • 0

清涼飲料水とは、一般的には、サイダー、レモン、コーラなどの炭酸飲料、果汁入り飲料、コーヒー飲料、ウーロン茶飲料等の茶系飲料、ミネラルウォーター等又は、フルーツシロップの総称として使用しています。



食品衛生法では,清涼飲料水とは,乳酸菌飲料,乳及び乳製品を除く酒精分1容量パーセント未満を含有する飲料を云うと定義されています。

詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.beverage-j.co.jp/FAQ/SDfaq.html
    • good
    • 0

アルコール飲料以外を「ソフトドリンク」といいますよね。


それと同じような位置付けかなぁ、、となんとなく思っていました。
私の考えでは、ノンアルコール飲料は清涼飲料水。という感じです。
自信はなしです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q清涼飲料水の「清涼」って何?>

 定義付けされているんでしょうか?。
 清らかで涼しげな水って何かすっくりこないんですが・・・。

Aベストアンサー

食品衛生法で定められています。

参考URL:http://www.beverage-j.co.jp/faq/

Qソルティライチが好きな人におすすめの清涼飲料水って?

今年の夏現在、普通のお店に売っているペットボトル(500ml)で、ソルティライチが好きな人なら美味しいと思うんじゃないかと思うものはありませんか?
炭酸飲料ではないものでお願いします。微炭酸もダメです。
おすすめを教えてください!

Aベストアンサー

アセロラドリンク♪
お試しあれ。

http://www.suntory.co.jp/softdrink/nichireiacerola/product/index.html

Q清涼飲料水の果汁表示

清涼飲料水の表示で「果汁5%未満」「果汁10%未満」等の表示をよく見かけますが、この「未満」と書かれてる場合の飲料には実際にはどれくらいの果汁が入ってのですか。
「果汁10%」よりも「果汁10%未満」の方が果汁が少ないことは想像は出来るのですが実際に入ってる量の違いが分かる方、どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

果汁含有率の表示は、公正取引委員会の果実飲料等の表示に関する公正競争規約によるものです。この規約では、果汁含有率10%から100%までのものについては、「果汁○○%」と果汁の使用割合を表示します。ただし、果汁含有率が5%以上10%未満のものについては「10%未満」と表示することとし、5%未満の場合には、「果汁3%」、「果汁1%」などと具体的な数字を表示してもよいし、「無果汁」と表示してもよいことになっているそうです

Q名称:清涼飲料水の飲料水の原材料表示

コンビニ等で市販されている、ペットボトルに充填された飲料水で表示欄の名称が「清涼飲料水」となっている商品(例:”酸○水”など)は、原材料名が「水、酸素」、「水(純水)」、「水、酸味料(クエン酸)、ビタミンC」等とされています。
・原材料名に「水」を表示する場合、単なる「水」でよいのでしょうか?どれとも「水(○○)」などのように出所も表示する必要があるのでしょうか?
・あるいは、水以外の原料も配合されている場合は、単なる「水」だけで出所の表示は不要なのでしょうか?

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考は日本ミネラルウォーター協会で関係法規>に基準が書かれています。
また厚生労働省と農水省の「第19回食品の表示に関する共同会議」ではこのような記載がありました。
『(略)我が国の加工食品品質表示基準には水の表示についての規定がないことから、ミネラルウオーター等を除き一般的には原材料として水の表示は行われていないのが現状である。
 水はなくてはならない原材料であるから表示が必要という意見もある。一方で、水の表示が消費者の選択にどれほど役に立つのかという意見等もあり、水の表示に関しては賛否両論の意見がある。(略)』
参考になりますでしょうか

参考URL:http://www.minekyo.jp/sub2.htm

Q人の”名前”って、いったいなんなんでしょう。

名前ってなんなんでしょう。
人は人を、姓と名を組み合わせた”名前”で区別しますよね。わたしはこれはいろいろな場面で不都合が生じてしまうと思っています。必要ないのでは?と思うときさえあります。

例えば病院。診察のとき名前で確認されたり、薬に「お名前を必ず改めてください」と書かれてるのを見たりして、同姓同名がいたらどうなるんだ?と思うときがあります。
もう”姓名”はやめにして、全国民にひとりひとり違う”番号”をつけ、病院や学校、職場など人をしっかり管理・区別しなければいけない場ではそれを使うようにすればいいと思います。そして家族や友人などの人付き合いでは、親や自分が考えた”愛称”で呼ばせればいいのです。例えば自己紹介するとき、「GR07512です。ユウと呼んでください」など。その方がシーンにあった使い方ができるし、他人と違う確固たる”自分”を認識しやすいのでは。

こう考えるのも、私が姓名ともありふれた名前を持っており同姓同名を非常によく見てきたからです。なんでこの人は自分と全く違う人間なのに、同じ名前なんだろう?不快感ではありませんが奇妙な感じがしました。物だって、性質や特徴によって皆違う名がついているのに。もちろん親がつけてくれた名は大事に思っています。でも本名と全然ちがう愛称で呼ばせている人もいる・・・では本名とは何?苗字だって先祖代々受け継がれてきた大事なものという考えはわかりますが、同じものはいくらでもあり受け継ぐかどうか本人が決めれないのは少しおかしいのでは・・・

このような考えは危ないですか?
友達に話したら、結構ひかれました・・・
みなさんは、どう思われますか?

名前ってなんなんでしょう。
人は人を、姓と名を組み合わせた”名前”で区別しますよね。わたしはこれはいろいろな場面で不都合が生じてしまうと思っています。必要ないのでは?と思うときさえあります。

例えば病院。診察のとき名前で確認されたり、薬に「お名前を必ず改めてください」と書かれてるのを見たりして、同姓同名がいたらどうなるんだ?と思うときがあります。
もう”姓名”はやめにして、全国民にひとりひとり違う”番号”をつけ、病院や学校、職場など人をしっかり管理・区別しなければいけない場で...続きを読む

Aベストアンサー

 残念ですが、名前は自己のためにあるではなく、他者のためにあるものなのです。
 あなたは、名前が自分の本質と連動したものなら、個の名前だけ名前を用意すれば、名前と(自分が思うところの)本質のずれが解消され、『私=私の名前』で『他人=他人の名前』で『私の名前=他人の名前』なら『私=他人』という奇妙な錯誤が生じなくなるのではないだろうか、とお考えでしょうが、名前は個を構成するあまたの属性の一つにすぎません。
 もし、『名前=本質』ならば、あなたが恋人と父親の双方から同時に「**ちゃ~ん」「**」と、呼びかけられた途端、あなたは分裂してしまうということにはならないでしょうか。
 また、スーパーでトマトを買う際に、あなたは緑の硬いトマトと熟れた赤いトマトを区別して買ってはいないでしょうか。あなたの考えだと、双方のトマトはまるきり同じものとなってしまいませんか。逆に、トマトの一つ一つに異なったラベルをつけて売っている店はありませんよね。
 この例のように、名前は幅を持っているもので、ピンポイントで特定のなにかを指し示すようなものではないのです。
 まさか、「面積の**パーセントが波長**ナノメートルに色づいたリンゴだよ~」なんて八百屋さんはいませんよね。科学技術の世界ではピンポイントで対象を示さねばならないからこそ先のようなものいいになりますが、日常世界においてはあいまいさを含ませておいたほうが効率的だからこそ、『姓+名』という個人の識別法を多くの人類が古来から採用してきたのではないでしょうか。

 #2さんがいささか酷いものいいをしていたようですが、あなたのように『名前=本質』としてしまう錯誤はさほど珍しかったり異常なものではなく、そうした錯誤の延長線上に、言霊信仰や民話などに見られる「本当の名前を知られたので絶対服従せねばならない」という物語類型があることを考えると、こうした錯誤は言語を使用するヒトの脳のクセといったものなのかもしれませんね。
 
 余談。
 チャールズ・シュルツ氏の『ピーナッツ』シリーズに、父親が家族全員の名前を番号にしてしまった『55555』というキャラクターがいるのをご存知ですか?

 おまけ。
 記号と記号の意味するものの関係については、Wikiの『シニフィアンとシニフィエ』の項をお読み下されれば、よろしいのではないかと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8


 

 残念ですが、名前は自己のためにあるではなく、他者のためにあるものなのです。
 あなたは、名前が自分の本質と連動したものなら、個の名前だけ名前を用意すれば、名前と(自分が思うところの)本質のずれが解消され、『私=私の名前』で『他人=他人の名前』で『私の名前=他人の名前』なら『私=他人』という奇妙な錯誤が生じなくなるのではないだろうか、とお考えでしょうが、名前は個を構成するあまたの属性の一つにすぎません。
 もし、『名前=本質』ならば、あなたが恋人と父親の双方から同時に「*...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報