【初月無料キャンペーン中】gooドクター

元々駅弁大学という言葉は各県の主要な優等列車の停車駅には駅弁が売っていて,その駅の街にある大学として戦後に各県に国立大学が出来た事をいう言葉であったのに,ネット内でしか使われず,地方国立大学を罵倒する意味でひとり歩きしてしまい,本来の意味で使われなくなっている。(駅弁は普通の弁当よりも一般的に高価で特別な時に食べるというのもあるし。)

これで駅弁などと侮辱するのはやめてとお願いしても,「戦後に出来た国立大学を指す言葉なだけで本来ばかにする意味ではないのです。そう思い込むのは君の被害妄想だ。」とのように言われる。

もちろん,駅弁と侮辱される大学だろうがその大学の教育の質,研究のレベルとは無関係であることは理解しています。

本来の意味を知りながら罵倒する意図で使っているのに,その用法が本来の意味でないのを良い事にして都合の良い時だけ本来の意味で使っているかのように振る舞う。

言い逃れというか,都合の良い逃げ道のようになっていませんか?

質問者からの補足コメント

  • つらい・・・

    大真面目な質問なので冷やかしとかはやめて下さい。

      補足日時:2021/08/18 06:04

A 回答 (7件)

私は60代ですが学生時代には少なくとも駅弁大学という言葉は聞いたことがなかった。



70代でそういうことを言っている人がいるとは残念です。
私は駅弁といわれる大学の出身で民間研、公設研、国研を経て大学教授になりましたが、その過程でいわば他流試合というか、指導経験を受けたことのない研究で知り合った旧帝大で博士号を取りました。

もちろん高3の時点では旧帝大に受かる学力はなかったけれども大学を出るときには旧帝大に負けているとは思っていませんでした。国家公務員I種試験では自分の地域では旧帝大出身者が全員落ちたのに合格しましたしね(技術系職種ですが)。

そんな出身大学のことで70歳以上の人がそのようなことを言うとは大変驚きですが、少なくとも私の周辺にはそんなことを言う人はいませんし聞いたこともありません。ネットスラングだと思っています。
    • good
    • 3

く だ ら な い。



こんな場所でいくら議論しても無駄です。
    • good
    • 0

旧帝大の入試難易度が自分の出身大学の難易度より高いのは当然理解していますよ。


しかしながら修士課程の段階で研究では全然負けていないと思っていましたし、国家公務員試験で、誰も地域の旧帝大から合格者がいないことを知ったときは自分なりに満足しました。2次試験の際は私以外は全員旧帝大でしたから。

とにかく、いい年して旧帝大だとか駅弁大だとかどうでもよいことでどうのこうのいう感覚が理解できません。

ちなみに私は二期校の出身です。
    • good
    • 2

「駅弁大学」を改めて調べてみたら「新制国立大学を揶揄した呼称」と言った説明が載っていました。

つまり元々の意味として「バカにしている」と言う意味合いが入っている事になります。そもそもの話、戦後に各県にできた国立大学といわゆる旧帝大が同格に見られるわけはないので、戦後にできた国立大学が格下呼ばわりされるのは仕方ない事だと思います。
    • good
    • 1

追記。


>「戦後に出来た国立大学を指す言葉なだけで本来ばかにする意味ではないのです。そう思い込むのは君の被害妄想だ。」とのように言われる。

これは、そう言い返してくる相手の詭弁に過ぎません。「駅弁大学」という命名のプロセスからして、バカにするとまでは言わなくても、国立大学が全国あちこちにできて希少価値が下がったことを揶揄する造語です。
その詭弁は、例えば「同じ趣味仲間を「おたくは~」という二人称で呼ぶのがキモい」という由来で蔑称として造語された「オタク」という言葉について、「二人称『おたく』は相手をバカにする意味ではない、だから『オタク』は蔑称ではない」と主張するのと同じようなものです。

まあ、ネットでそういう詭弁を弄するような手合いは、「地方国立大を駅弁駅弁とバカにするな!」と反応する相手を釣りたくて、わざと煽っているのですから、相手にしないことです。反応したら負けですし、あなたもわざわざ学歴コンプレックスの塊のような集団と同じ土俵に降りる必要はありません。
「駅弁だと侮辱しないでくれ」と言って素直に聞いてくれるような相手は、最初から「駅弁」などと呼ばずに「地方国立大」と呼びますよ。
    • good
    • 2

地方国立大を「駅弁大学」と揶揄するのは、ネット限定じゃないですよ。

少なくともいま70代前後の世代が使っていた(いる)事例を知っています。罵倒やマウンティングが極端に表現されるネット社会よりはもう少し穏やかな意味合いではありますが、旧帝大と比較して、それよりは格が落ちるという意味合いで使っています。
各県に新制大学ができる前は、国立の「大学」と言えば帝大しかなかったわけで、その時代が念頭にある世代からすると、地方国立大学は「駅弁がある主要駅の都市にある、つまり全国各地にたくさんある、ありふれた存在」なのです。同じ「大学」と名乗っていても、希少価値の高い旧帝大より格下というニュアンスで「駅弁」と呼んだのです。ネットが普及する前でも、「駅弁大学」という呼称は決して中立的なものではなく、ましてや「普通の弁当より特別で高価」というプラスの意味合いもなかったはずです。
現代のネットスラングとしての「駅弁」は、そのニュアンスをさらに過剰にさせた蔑称になっているようですが…。
質問者さんが考えているような、「本来の意味」は蔑称ではなかった、ということはありませんよ。

ちなみに「駅弁」以外にも、ある年代以上だと「一期校」「二期校」なんていう格付けもありますね。「駅弁でも一期校」なんて表現もあったり。
旧一期校も二期校も、「本来の意味」であれば単に入試日程による区分にしか過ぎないはずが、その結果としての大学ランクの目安の意味合いで使われているんですよね。
つまり、いつの時代も、大学をランク分けする呼び方は、本来の意味から転じて発生するわけです。「駅弁」の場合は最初から「全国にありふれている大学」という意味なので、元々から揶揄する表現ですけどね。
    • good
    • 4

駅弁なんて言うのはネットスラングの一種で現実世界で使ってる人を見たことがありません。


ネットで馬鹿にされただけでしょう?
便所の落書きにいちいち怒るようなものですよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング