プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

日本人って宗教は信じないくせに何かに対する妄信が酷くないですか?

現実を突きつけたら調べもせず陰謀論だの騒ぎ立ててかき消そうとします

根拠がある事実だとしてもですよ
常識というお上の都合の良い価値観に反くものなら捨て身で争おうとします

目を塞ぎたい真実には蓋をして悪事に加担します
回り回って自分も損するというのに

女王バチに操られる働きバチなんですかね
こういう辺りまだ外国人の方が疑問を抱いたりしますね

何故自分で自分の首を絞めるようなことするんですか?

gooドクター

A 回答 (8件)

鎌倉時代の末法思想、江戸末期のええじゃないか踊り、国家総動員体制下での「非国民」心理、昭和のノストラダムス信仰など、これまでも集団催眠のように誘導されやすい傾向があります。



島国で他国との軋轢や衝突が比較的少ないという地の利もあって、同族の集団心理に染まりやすかったのだと思います。
また、その中で権力を独占しやすい地勢学的な要素もあったと考えます。
そのような背景の社会で、同調圧力が自然と強化されてきたのでしょう。

一方で、欧米先進国のような個人を尊重する人権闘争に一人ひとりが関与して獲得してきた実績はなく、いわば「棚からボタ餅」で明治維新の欧化政策の中で何がどうかわからないまま移入され、なんとなく受け入れ、深く考えないまま今に至っているので、人権についての理解も乏しく、自分の頭で物事を考え発言するという「主体的な自己」を形成しないまま、「周囲に流される怠惰な自己」でいいのだと安住して今に至っている者が少なくないのだと思います。

他国では人権侵害に対して大きな反対運動・抵抗運動が起きますが、日本では人権侵害や権力の暴走に対しても他人事のようにしか捉えていない愚鈍な見方が蔓延しているのは、そのような歴史背景があるのでしょう。

あるいは、政府も、本当に人権意識が高まると大正デモクラシーのように、政府に都合の悪いことが起こると考え、教育においても集団協調を基本として、個人の人権意識は教えないように計らったということもあるでしょう。
    • good
    • 1

人間って、話題にしたらおもしろい方に関心を持つからなあ。

まあ、それがよく知りもしない他者なら迷惑な話ですね。
    • good
    • 0

伝道の書 3:11 神のなされることは皆その時にかなって美しい。

神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。

マルコによる福音書:14章:30節 イエスは言われた、「あなたによく言っておく。きょう、今夜、にわとりが二度鳴く前に、そう言うあなたが、三度わたしを知らないと言うだろう」。
  http://bible.salterrae.net/kougo/html/
_

 おおきなのっぽの古時計 おじいさんの時計 百年いつも動いていた ご自慢の時計さ おじいさんの生まれた朝に 買ってきた時計さ いまはもう動かないその時計 百年休まずに チク タク チク タク おじいさんといっしょに チク タク チク タク いまはもう動かないその時計 何でも知ってる古時計 おじいさんの時計 きれいな花嫁やってきた その日も動いてた うれしいことも悲しいことも みな知ってる時計さ いまはもう動かないその時計 うれしいことも悲しいことも みな知ってる時計さ いまはもう動かないその時計


_




情況は、刻々と変化する。 世界の昼夜、光り と 闇も、廻っていく。
どこの、時計で行くのやら。 人の数だけ、時計がある。
過去の時計は、独裁大きくて、動かない。 引き摺り引っ掻き引き回しの鐘の音ともみえる。
どんな、時計となっていくのやら。 そのへんのあまたも、テンポある、機械時計と、みえる。 おおきな時計、今日も鐘である。

医療福祉の時計と、なっていくのかもしれないですね。

おじいさんの時計、そんな、ところかもしれない。


医療責任者の不足も叫ばれますが、コロナパンデミック、最終的に、PCR検査で、症状名を確定し、酸素ボンベでしょうか。
と、いうことは、それだけで、回転する、国民休暇村のような施設、その名誉村長のような肩書きがあってもいいのではないでしょうか。
パンデミックに押されたら、バンバン収容出来る。 暇な時は、盆栽民宿でも、やっていればいい。
周辺の裾野では、にわとり飼ったり、ブーちゃん飼ったり、獣医さんもいればいい。
パンデミックが、悪化したら、臨戦の療養所である。
一石二鳥かも、しれない。


治にいて乱をわすれず、 普段から、こつこつ地道すれば、国民休暇村なのかもしれない、ですね。


アメリカの東海岸とは、とりと丑三つ時程もちがう。結構コケコッコー、忙しい世相となるのかもしれない。


https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/ …




. .
Money As Debt
 たくさんの金利をローンにつけることは高利貸しと呼ばれ、かつては死刑を含む厳しい刑罰が課せられました。主要な宗教は みな高利貸しを禁止していました。習慣に関する議論の大部分は道徳的でした。
お金の目的は モノとサービスの交換を容易にするものと信じられていました。お金からお金をつくる行為は、泥棒あるいは寄生者の行為とみなされていました。しかし、商業の増大に信用貸しが必要になるに連れて、貸すことは貸し手にとって危険と損失を伴うのだから貸すことによって利益を得ようとするのは正当だとされました。今日これらの概念は奇妙に思えます。今日お金からお金をつくるという考えは、理想として目指すべき姿だと思われています。何故あなたは 働いてお金を稼ごうと働くのですか?しかし持続可能な未来を思い描くとき 利息を課すことは非道徳的で 問題があることは明らかです。

 『自分は自由だと誤って信じている者は 奴隷以下である』
--- ゲーテ ---

 私たちが民主主義や自由として教えられ信じてきたことは、実際には巧妙で目に見えない形の経済的独裁でした。
  http://rothschild.ehoh.net/material/animation_01 …
    • good
    • 0

人は正しいものを信じるのではなく、信じたいものを信じる傾向にあります。



特に最初に強く印象付けられたものは、後からなかなか払拭しにくいものです。



因みに、日本人は無宗教と思われがちですが、幼少期からの習慣により、法事の概念や参拝の概念、バチの概念その他を持ち合わせています。

ほとんどの日本人は、神様なんて存在しないというでしょう。
でも上記の習慣を止める人はほとんどおらず、法事は会社を休む正当な理由にもなります。

日本ほど普段の生活に自然な形で、宗教が浸透しているのも珍しいと思いますよ。
誰もが意識していないだけなんです。


そう考える私も、神様なんて、幽霊なんて存在しないと考えでは分かっていつつも、理由もなく何処かで否定しきれていないところはありますもん。
    • good
    • 0

根拠ある事実とは何?

    • good
    • 0

質問と提示された例が抽象的過ぎて、賛成しようにも材料が少なすぎるよ。



人に理解を促したり意見を聞きたいなら、ある程度相手が理解出来たり納得できる例が無いと、判断のしようがありません。
    • good
    • 0

偏見が酷すぎ。

情報は選べよ。
    • good
    • 0

支離滅裂で質問の意図がわかりづらいですが


無宗教は関係ないですね

ご都合主義なんだから「自分の首を絞めるようなこと」だって
「自分には被害がない」と判断するからで
質問者さんが自問自答していると思いますが?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング