オジー・オズボーン(バンド名ではなく人名)は何か楽器をできるんでしょうか?

A 回答 (3件)

DVDの「The Black Sabbath Story Vol. 1」でBlack Sabbathの初期のマネージャーが色んなエピソードを話していますが、その中で「Ozzyは楽器をできなかったから・・・」という話がありました。



ただし、Black Sabbathの1stの2曲目に「The Wizard」という曲が収録されていますが、この曲のブルーズハープはOzzyが吹いていたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお。有力情報ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/07 20:59

ブリザードオブオズ時代に、オジーの鼻歌を基にランディーがスコア化する(嫌がりもせず)作曲法を採ったと色々な雑誌に書いてあったので、おそらく天性のメロディメイカーではあるが演奏能力は持ってないのでしょうね。


Mr.クローリーなんか永遠の名作なのに、あのメロディーをフンフン♪って創ったのかと思うと、チョット笑っちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ランディー大変ですね。やはり楽器はできないのですか…。ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/05 19:34

オジー・オズボーンは、ブラックサバスに居た時代でも楽器を弾いている所を見たことはないですね~


多分、ヴォーカルのみだけではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなんですかね~?ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/05 18:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、Zakk Wylde(The Ozzy Osbourne Band)は観客に背を向けてギターを弾いているのでしょうか?

Ozzy OsbourneのライブDVD[Live at Budokan (2002)]で、ギタリスト Zakk Wylde が時々観客側に背を向けて(舞台後ろのアンプ(?)に向かって)、弾いているのですが、何か理由があってそうしているのでしょうか。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

Ozzy Osbourneですか
私は当時ランディーローズにドップリ漬かっていたギター小僧でした。
そのDVDは見た事がないのですがおそらくハウリング効果を出している時ではないかと思います。
定かではないですけど・・・

Qオジー・オズボーンに似た名前のジャズ・アーティスト

お世話になります。

昨夜、相方と一緒にお風呂に入っていた時に
丁度いつも聞いているラジオ局がジャズ・タイムだった様で、
ずっとジャズの曲ばかり流れていたのですが、
それを聞きながら相方が、
「やっぱりジャズは、ええな~」と唸り出したので、
私が「じゃあ、今度ライヴ行ってみる?」
なんて事を話していたのですけど、
その時に相方に「誰のライヴだったら生で見てみたい?」
と聞いてみた所、
「そうやな~、オジー・オズボーンがええな~」
と言ったので、私は絶句・・・・

暫く考えてから、
「もしかして、サラ・ヴォーンと間違ってるとか・・・?
 ジャズでオジー・オズボーンって有り得へんもんね・・・^^;」
と切り返してみたところ、
「サラ・ヴォーンではない事は確かやけど、俺もようわからん、
 でも何となくジャズはオジー・オズボーンが良かったいう記憶が残ってる」
との事・・・・(本人がこう言い張るのだから仕方が無い・・・)

相方は元々アーティストのみならずTVでよく見かける様な芸能人の名前ですら、
一向に覚えようとしない人なので、
ハッキリと覚えていなくて当たり前と言えば当たり前なのですけれど、
それから「一体、誰と間違えているのだろう・・・」と
私自身モヤモヤとしてしまって夜もロクに眠れませんでした・・・。

そこで質問なのですが、
オジー・オズボーンに似た名前のジャズ・アーティストで
「もしかしたらこの人と間違っているのでは・・・?」
みたいな感じで思い当たる方が居ましたら教えて頂けないでしょうか。

私自身ジャズには詳しくないので、なかなかパッと名前が出て来ないのですが、
何となく似た名前のアーティストが居た様な記憶だけは朧気に残っていて、
それで昨日からモヤモヤとしてしまっているんですね。。
相方本人が「オジー・オズボーンだ!」と言い張っている以上は、
正しい答えが出せない質問なのかも知れませんが、
この私の中に在るモヤモヤだけでも解消したくて質問させて頂きました。
恐らく私の様なジャズに詳しくない者でも知っているアーティストなのだとは思います。

何か思い当たるアーティストが居ましたら是非宜しくお願い致します。
情報お待ちしております。

お世話になります。

昨夜、相方と一緒にお風呂に入っていた時に
丁度いつも聞いているラジオ局がジャズ・タイムだった様で、
ずっとジャズの曲ばかり流れていたのですが、
それを聞きながら相方が、
「やっぱりジャズは、ええな~」と唸り出したので、
私が「じゃあ、今度ライヴ行ってみる?」
なんて事を話していたのですけど、
その時に相方に「誰のライヴだったら生で見てみたい?」
と聞いてみた所、
「そうやな~、オジー・オズボーンがええな~」
と言ったので、私は絶句・・・・

暫く考え...続きを読む

Aベストアンサー

デビット・サンボーンではないでしょうか。
○○ボーンとつくと、たしかにオジーを思い出しますね。

Qozzy osbourneのcrazy train ギター

ozzy osbourneのcrazy trainについて質問です。
今crazy trainを練習しているのですが2分30秒くらいからの三連符がたくさんある所が弾けません!
ピッキングのアップとダウンの順番をどうすればいいのかを教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

2分30秒くらいからの三連符? crazy trainといったあとの?

これプリング・オフじゃないの?だったらダウンからのアップ。

Qオジーオズボーンのアンダー・カヴァーのギタリスト

最近、ボックスセットの4枚目がボーナストラックを追加して単体で「アンダー・カヴァー」として発売されましたが、このアルバムのギタリストは誰なのでしょうか?
ザックワイルドですか?

Aベストアンサー

ギタリストは元ALICE IN CHAINSのジェリー・カントレルじゃないでしょうか。
このアルバムにはザック・ワイルドは参加してないみたいです。

QS is worth ~ing について

It is worth while to と S is worth ~ing
についてなんですけど何故、主語の部分を反対にして
S is worth while to や It is worth ~ing
などにはならないんですか?

Aベストアンサー

#1 の補足です
It is worth ~ing. は、It が形式主語で、~ing が真主語なのは事実ですが

”worth は目的語なくとも使うこともあります”

ですから、この形は文法的に間違いといえません。
「worth という形容詞はすぐ後に目的語を取ることの”できる”希な形容詞」というべきです。

従って、テストで
It is worth × watching(ただしto watchはダメ) this TV program.
とwhileをakiko924さんが”うっかり”抜かして書いてペケをもらっても先生に堂々と抗議できます(>0<)
(googleなどで検索してもit is worth -ingの形はいくらでもヒットします)

S+is +worth +-ingの文は
本来
It is worth reading this book.
「この本を読むことは価値のあることだ」
のthis bookが文頭に来て、主語になった(難しい言い方では「tough-移動」といいます)
結果
This book is worth reading.
の形になったとも考えられます。

その他、仮主語を使うit is -の方は以下の形も正しいとされます。

it is worth reading this book.
(ただし、*it is worth to read this bookは不可)
it is worth while reading this book.
it is worthwhile(一語!) reading this book.
it is worth while to read this book.
it is worthwhile to read this book.
it is worth your/our(所有格を入れる) while reading/to read this book.


一方
S is worth -ingの方は、この形しかありません。従ってS is worth while toはなんとしてもペケです。(理由は#1の方のいわれる通り、目的語が2つになるからです)

#1 の補足です
It is worth ~ing. は、It が形式主語で、~ing が真主語なのは事実ですが

”worth は目的語なくとも使うこともあります”

ですから、この形は文法的に間違いといえません。
「worth という形容詞はすぐ後に目的語を取ることの”できる”希な形容詞」というべきです。

従って、テストで
It is worth × watching(ただしto watchはダメ) this TV program.
とwhileをakiko924さんが”うっかり”抜かして書いてペケをもらっても先生に堂々と抗議できます(>0<)
(googleなどで検索してもit ...続きを読む

Qオジー・オズボーンの歌

昨日の夜、たまたまラジオを聞いていたらオジー・オズボーンの歌が
かかったのですが、その曲はビートルズのカバー曲「インマイライフ」でした。
すごくいい曲だなと思ったのですが、その曲は新しく発売になった
生産数限定のアルバムか何かに入っていると紹介されました。
このインマイライフだけのシングルまたは生産数限定ではない
アルバムに入って売っているということはないのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん・・・調べてみたのですが他のアルバムには入ってないようですね。アルバム高いっすね・・・。

参考URL:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfSearchResults.jsp?keyword=ArtistId&entry=174674&SEARCH_GENRE=ALL&GOODS_SORT_CD=

QIt is worth -ingについて

いつもお世話になっております^^
ええとずばり質問は

It is worth visiting the British museum.
のような文章での
itが形式主語であるのかということです。

この手の構文をまとめると以下のようになります.

[形式主語(?)]
○It is worth visiting the British museum.
×It is worth to visit the British museum.
○It is worth while visiting the British museum.
○It is worth while to visit the book.

[目的語→主語]
○The British museum is worth visiting.
×The British museum is worth to visit/ to be visited.

まず後半の目的語→主語の解釈では
worthを前置詞と考えれば
worth visitingで訪れる価値があるでO.K.となり.
worth to←は前置詞が2個重なるので不適格であろうと思います.

ところで疑問に思うのは上のほうでして
下のworth whileは不定詞でも動名詞でもとっています。
これはwhileが名詞なのでworth while(worth spending time)で形容詞要素と判断して,あとはto/動名詞の形式主語構文でこれは納得できます。ジーニアス大辞典にはwhileが省略と考えられるらしきことがかかれていましたが。そうであればto不定詞が使えないことに矛盾しているような気がしますし、なによりも、worth 名詞(a visit)のように使えることからさらに形式主語とう説明は変であると思います。

とすると、worth visitingというのは
形式主語ではなくて、worth whileは形式主語であろうが、worth -ingについては別物であって、itは非人称なのではないかと私は思ってしまいます。
worthは元々は形容詞ということ(OEDは形容詞分類)ということを考えれば (worth doing)でひとかたまりということになるかと思います。
となれば、それを無理やり分離してitをdoingだと捕らえるのは若干無理があるような気がしてなりませぬ。

このへんの歴史的経緯をご存知の専門家の方や、それを学習されて知っていらっしゃる英語の研究者の方がおられましたら、是非ご教授頂きたいなぁと思っております。

最後に私の質問をまとめると
Itは形式主語なのかどうなのか?教えてくださいということです。
歴史に基づく経緯が知りたいです。
現代のネイティブの感覚がどうであるかは興味がありません、それが質問ですのでよろしくお願い致します。

いつもお世話になっております^^
ええとずばり質問は

It is worth visiting the British museum.
のような文章での
itが形式主語であるのかということです。

この手の構文をまとめると以下のようになります.

[形式主語(?)]
○It is worth visiting the British museum.
×It is worth to visit the British museum.
○It is worth while visiting the British museum.
○It is worth while to visit the book.

[目的語→主語]
○The British museum is worth visiting.
×The British museum is ...続きを読む

Aベストアンサー

It is worth visiting the British museum.

この意味が It is worth while visiting the British museum. と同じであるならば、 worth の目的語がないという文法違反ではあるものの構造的に仮主語構文と見るしかないのではないでしょうか。

It is worth | visiting the British museum.
価値がある | 大英博物館を訪問することは

「目的語を持たない worth」という本来の誤用が受け入れられてきたということです。

It is | worth visiting the British museum.
? | 大英博物館を訪問する価値がある

このようなつながりと見れば非人称か、it が何かを受けているように見えますが、It is worth while visiting the British museum. と意味の相違があります。

worth は古英語で weorth / wurth の形で使われており、ゲルマン系では共通して古層からも見られる語です(古ノルド語 verdhr、ゴート語 wairths、現代オランダ語 waard)。それ以上の語源は不詳で他語族との関係は不明です。(語源が古英語というのは少し変な表現で、古英語からすでに用例があると言うべきです。途中で意味用法に変化がある場合もあります)

また、若干の違いはあれど目的語(属格・対格)をとる点も共通しており、古英語では属格を(派生語の worthy が of を伴うのもその影響か)、ドイツ語でも「価値がある」という意味では必ず目的語を必要とします。

Was ist der Wagen wert?「その車はどのくらいの価値があるのか」
Das ist der/die Muehe wert.「それは労苦に値する」
Ich bin ihrer nicht wert.「私は彼女に値しない」

It is worth visiting the British museum.

この意味が It is worth while visiting the British museum. と同じであるならば、 worth の目的語がないという文法違反ではあるものの構造的に仮主語構文と見るしかないのではないでしょうか。

It is worth | visiting the British museum.
価値がある | 大英博物館を訪問することは

「目的語を持たない worth」という本来の誤用が受け入れられてきたということです。

It is | worth visiting the British museum.
? | 大英博物館を訪問する価値...続きを読む

Qオジーオズボーン ライブ前に流れるオペラ調の曲

80年代、オジーのライブ前に流れるオペラ調のあの曲、
(今オジーのライブで流れているかはわかりませんが)

は何ていう曲でしょうか。

また、TBSでの格闘技中継のオープニングにも使われていたと記憶しています。

誰か教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
もしかしたらカール・オルフの「カルミナ・ブラーナ~おお、運命の女神よ」でしょうか?
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。(1曲目)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8A

http://www.kanshin.com/keyword/844642

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/486070

Q( ゜∀゜)? It is worth ~ing

It is worth climbing the mountain.
の書き換えについてなのですが

It is worth while climbing the mountain.

It is worth while to climb the mountain.

The mountain is worth climbing.


The mountainが前に出るのはなんとなくわかるのですが
whileとwhile toが付く意味とこの時のwhileの訳は何になるのでしょうか?

分かりやすいアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3420832.html

ここで議論になったのを覚えています。

It is worth climbing the mountain.

という表現は文法的には破たんしており,かつては英米でも誤りとされていました。
今では慣用的に正しい英語とされています。
上の質問でも私が回答したように,
The mountain is worth climbing. という本来の用法と,
It is no use ~ing のような用法が混同されて定着したのでしょう。

だから,It is worth to climb the mountain. という不定詞を使った形式主語は
いまだに認められていません。

worth は意味的には形容詞で「価値がある」なのですが,
文法的には後に ing が続きます。

これを正確な理解としては「目的語をとる形容詞」となるのですが,
現代英語では普通の考えでない(like, near など一部には成り立ちます)
ので,ジーニアスでは前置詞としています。

しかし,S is worth 的な感覚からは前置詞より,形容詞とした方がいい,
という考えも根強いです。

ただし,「価値がある」と言っても,
important とか precious のように,普通に
The mountain is worth. のような言い方はできず,
どんな価値があるか,という語が必ず続きます。

それが while で,この場合,「時間」さらには「労,骨折り」という意味で,
かつての英語では普通に使ったのですが,今では worth while に残るのみです。

すなわち,worth while で「労をかけるに値する」で
セットでまるで,important 的な形容詞となることができ,
worthwhile と一語で綴ることにもなったのです。

worth while (worthwhile) であれば,普通の形容詞のように
It is worth while to 原形 という形式主語が可能になります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3420832.html

ここで議論になったのを覚えています。

It is worth climbing the mountain.

という表現は文法的には破たんしており,かつては英米でも誤りとされていました。
今では慣用的に正しい英語とされています。
上の質問でも私が回答したように,
The mountain is worth climbing. という本来の用法と,
It is no use ~ing のような用法が混同されて定着したのでしょう。

だから,It is worth to climb the mountain. という不定詞を使った形式主語は
いまだに認められて...続きを読む

Qオジーオズボーンの名曲

The Ozzman Comethと言うアルバムを手に入れたのですが
一般的にオジーの名曲と言うか有名曲とは
どの曲にあたるんでしょうか?
曲自体はもちろん全部聴くのですがよろしければお願いします。

Aベストアンサー

80年代を意識したHR曲としてCrazy TrainやShot in the Dark
様式美を意識した70年代からの伝統路線でMr.Crowley
メロメロのバラードのGoodbye to Romance

アルバムの名作はDiary of a Madmanとも言われたりしますが有名曲はBlizzard of Ozzに集中してますね。

以下のランキングは参考になるかと…

参考URL:http://www.hvymetal.com/artist/340.html?340


人気Q&Aランキング