色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

毎年医療費が10万円を少し超えるので、控除申請をしています。
超える金額は毎年2~3万円ですが、すべて還付されています。

ふと思ったのですが、医療費控除は
(該当年度に払った医療費の総額ー保険金などで補填される金額)ー10万円
が戻ってくるのですよね。
ということは200万円までは、10万円を超えた分はどれだけ支払っても還付されるということでしょうか???

ちなみに家庭内の所得は700万円ほどです。

よろしくご教示くださいませ。

gooドクター

A 回答 (9件)

こんにちは。



>還付されたお金が、事前に払った所得税の一部?だとしても、10万円を超えれば戻ってくるのですよね???
10万円を超えなければ税金として納めなくてはいけない(戻ってこない)のですよね??

 確定申告で医療費控除の申告をした場合の所得税の計算を、ごく簡単に書きますと…

(例)
・課税される所得…500万円
・所得税の税率…20%

【医療費控除がない場合の所得税の額】
 500万円×20%=100万円…(1)
【医療費が20万円かかった場合の所得税の額】
 {500万円-(20万円-10万円)}=98万円…(2)
【医療費が30万円かかった場合の所得税の額】
 {500万円-(30万円-10万円)}=96万円…(3)

 医療費が20万円の場合、「(1)-(2)=2万円」が医療費控除で還付される所得税の税額です。
 また、医療費が30万円の場合、「(1)-(3)=4万円」が医療費控除で還付される所得税の税額です。

>ということは10万円を超えたのなら無料で医療を受けられるのと同義ではないのでしょうか???(そんなおいしい話はないと思いつつ)

 上の例ですと、医療費が20万円の場合、超えた10万円により所得税が2万円還付されます。つまり、10万円超えたら10万円が還付される訳ではありませんので、無料ということにはならないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 16:50

確定申告書をよくお読みください。



医療費控除で還付されるのは10万円を超えた額に税率をかけた分です。

したがって、10万円を超えたら全額戻ってくるというわけはありません。

似たような制度に高額療養費と言う制度があります。
これは、一定額を超えた分が大部分戻ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/10/12 14:55

「10万円を超えたのなら無料で医療を受けられるのと同義ではないのでしょうか?」


ちがいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 16:50

医療費控除申請では無い。


書類のタイトルは見てないの?
確定申告書だから申告です。
ミスでも本来より少ない納税額にしたら罰を受ける確定申告。

所得税を減税する所得控除の中の一項目が医療費控除です。
配偶者控除や扶養控除や生命保険料控除と同じ仲間で、所得を少ない数字にする制度。
所得が少なくなれば所得税も少なくなる。

そもそも、税務署に確定申告書を提出したのを認識して無いの?
税務署は税金を扱う組織ですから、医療費を返すような業務をするわけは無いです。
そもそも、税務署は医療費を受け取ってないのだから返しようが無い。

目を覚まして。
お金の話になると理性と論理的思考を失うタイプの様ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 16:50

>超える金額は毎年2~3万円ですが、すべて還付されています。


そんなことはありません、2,3万円にあなたの所得税率をかけた額が還付される額です。
税額控除ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 16:50

例えば 医療費が15万だったとしたら 10万円を差し引いた5万円について所得税率を掛けた分 おそらく10%の5千円が還付されるだけです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/10/12 14:55

税金 (所得税・住民税) と医者代をごちゃ混ぜにしてはいけません。



10万円を超えたかどうかは、あくまでも医者代。

返ってくる (orこれから納める分から引き算される) のは税金。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 16:49

>が戻ってくるのですよね…



違う、違う。
お国が医療費を返してくれるわけではありません。

>医療費の総額ー保険金などで補填される金額)ー10万円…

が、課税対象から外されるだけです。
サラリーマンなら、取らぬ狸の皮算用で所得税を仮の分割前払いさせられていますので、この式に税率をかけ算した分だけ、確定申告後に戻ってきます。

戻るのはあくまでも「税率」をかけ算した分だけ。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

ほかに翌年分住民税も減税対象になります。
住民税の税率は 10% 一律です。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をどうぞ。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
理解力が乏しくてお恥ずかしいのですが、還付されたお金が、事前に払った所得税の一部?だとしても、10万円を超えれば戻ってくるのですよね???
10万円を超えなければ税金として納めなくてはいけない(戻ってこない)のですよね??
ということは10万円を超えたのなら無料で医療を受けられるのと同義ではないのでしょうか???(そんなおいしい話はないと思いつつ)
もしお時間がありましたら、再度お答えいただけないでしょうか。

お礼日時:2021/08/20 15:32

ざっくり言うと、所得税の課税対象額からマイナスされるだけの話です。


支払っても還付されたら、そりゃ無料と一緒になっちゃいます。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/08/20 15:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング