英語圏以外の海外在住日本人医師はどれくらいいるのでしょうか?
また、現地での資格取得は英語では無理なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

普通に考えれば英語では無理でしょう。

日本で英語による授業を行っている学校ありませんよね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医師、歯科医師であれば講習だけで取得できる資格

タイトルの通りなのですが、医師、歯科医師で有れば
講習だけで所得できる国家資格があったと思うのですが
(合格率も割と低い)忘れてしまいました。
ご存じの方ご教授ください。お願いします

Aベストアンサー

貴方の考えておられるものとは何か違うような気がしますが、私の知っているのは、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理)資格でが、医療・福祉・衛生等どの様な系統の
資格でしょうか?

建築物環境衛生管理技術者講習会
http://www.bmec.or.jp/jigyou/koushu/kanrigijutu.html

東京都公害防止管理者
http://www.tokyo-kasei.ac.jp/~sotsuken/98/matsuki/10/kankyo/tokyoto_kougai.html

その他、医師、歯科医師なら無試験の資格も結構あります
衛生管理者・毒物劇物の取り扱い責任者等

Q医師免許取得

私は、幼少期から医師を志していました。
今でも、その闘志は消えません。
極端な話、35歳でも入学して医師免許
って取れるんでしょうか?教えてください。
夢では、終わらしたく無いんです。

Aベストアンサー

九鬼信夫さん(医師)の著書
「記者のち医者ときどき患者(朝日新聞社)」を読んでみて下さい。

現在「銀座内科診療所」の院長ですが、35歳までサラリーマンだった著者が(会社を辞めて)医師になる決意をして、受験勉強~医大生~国家試験合格~研修医~診療所開業 に至までの思いやエピソードなどをエッセイにしたものです。
研修医なのに(指導医より年上なので・・・)指導医と間違われた
普通じゃなかなか無い笑えるエピソードもあります。

>夢では、終わらしたく無いんです。
是非現実にしてください。

Q資格試験の一日の復習の時間はどれくらいですか?

よく、資格試験などでは、復習が大切といいますよね。

その日に勉強したところを翌日や1週間後に再び復習すると効果的などと聞きます。
そこで教えて頂きたいのですが、

1、例えば1日で2時間勉強するとします。
  そうしたら復習に充てる時間ってどれくらいですか?
  (今日2時間して翌日復習に2時間充てるとは考えにくいのですが)

2、復習をするのはどれくらいの間隔を開けましたか?
 (例えば、翌日して1週間後再びするとか)


ちなみに私は社労士を目指しますが、復習時間などはどの資格試験にも言える事だと
思いますので参考まで教えてください。

Aベストアンサー

これはその資格試験の内容とご本人の記憶力などによるので一概には言えないのではないでしょうか。
暗記が主体の○×試験と計算や論文が中心になる試験では勉強方法は全く違います。
私の知っているある女性は非常に優秀な記憶力で、講義で聞いた内容は大体その場で覚えられるといっていました。こういう人と普通の人では同じ勉強方法は意味がないですね。

私が経理関係の資格に挑戦していた時の勉強方法は、予習は殆どなしで、講義で出たことは次回の講義までにはほぼ理解できるまでの復習をする、それと平行して論文試験など必要なことの暗記事項は試験までの日数を見ながら覚えていく、計算問題は過去問題を机に向かうことができる時に繰り返しやっておくということでした。

すべては最後の試験本番に合わせて、いつごろまでに必要なことを覚えるのかということを念頭にいてやりました。あまり予習復習ということ自体には拘らなかったですね。

Q医師 注射 医師免許

こんばんは
注射について質問させていただきます

まずお聞きしたいのは
注射ができるのは
1.医師免許をもったひと     

なのか

2.1かつ2年の研修医過程を終えたもの

なのかどちらなのでしょうか

1の人を「医師」と言うのならば医師免許を持つだけで注射を行っても良いことになると思うのですが・・・

医師免許を取ったからと言ってすべての人が臨床医になるわけではないですから2の条件を満たさない医師免許所持者もいると思います

ちなみにここでいう注射とは動脈注射ではなくワクチン接種などの事です

Aベストアンサー

No2です。

現実に、臨床をする医師で研修医でないものはほとんどいません。

卒業後に初期臨床研修を受けない人は
1)病理学や解剖学など患者を直接相手にしない基礎医学に進む人
2)そのまま大学院に進んで研究する人
3)美容外科など自由診療の病院に勤める人
など

しかし、基礎に進む人も大学院に進む人もほとんどは初期研修を
修了します。
なぜかというと、そうしないとアルバイトが出来ないから。
特に大学院は生活費を稼がないといけないので、臨床のバイトを
しながら大学院に通う人がほとんどです。

また、美容外科なども最近は初期研修修了を雇用の条件にしているところ
がほとんどです。

つまり、よほどの変人でなければ全員初期研修を受けます。

初期研修は自動車免許の若葉マークのようなものです。
車の運転は免許を取ったからできるけど見習いです、というわけです。

Q医師免許所持者が医師国家試験を受けると・・?

タイトルのままなのですが、既に医師免許を所持していて医者として勤務している人が医師国家試験を受けた場会、
合格点であれば再び合格とされるのでしょうか?
もしそうなら、何か再合格にあたってメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の医師免許に関してでは有りませんが、

某国家資格者であるA先生が、その所持する某資格に対する試験を毎年受けていた所、資格者団体から『貴方が毎年試験を受けて合格すると言う事は、合格枠が決まっているから新たな資格者が毎年1名減ります。』との趣旨のお小言を頂いたのを記憶しております。

> もしそうなら、何か再合格にあたってメリットはあるのでしょうか?
このケースの場合、A先生は顧問先に対して、毎年の合格証書を見せて、己の知識が錆び付いていない(現行法に十分対応できる)事を証明しておりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報