プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

贈与税の存在を知らない、
知っていても払わない人が大半?

gooドクター

A 回答 (4件)

贈与税は一定の金額を贈与する場合に納める税金ですが、多くは家族への贈与です。


また、配偶者の場合は財産の半分の権利があるため、夫と妻の共有財産と考えられ、贈与とはならないことが多いです。
祖父母から孫に、親から子に対しての贈与がほとんどです。

贈与税は確かな履歴があると分かりやすいですが、現金授受の場合は証拠が掴みにくく、銀行振込のような履歴が残らないですし、名義投資や名義預金などもよくあるパターンです。

贈与の存在を知ってて払わない人は少なく、贈与税の質を理解した上で節税される方は多いです。
    • good
    • 3

知ってるけど バレるまでは支払いたくない人が大半じゃない

    • good
    • 1

この国はそんなのまでバカ真面目に払ってたらやってられない腐った国なので。

    • good
    • 1

だね、俺の同級生は親から500万円もらって贈与税未払いです。

7年経過したので時効です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング