プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

東アジアの大変動期である5、6世紀、朝鮮半島の加耶や百済などから、大量の渡来人が日本列島に移住してきたそうですが、言語が違いますが、どのように受け入れたのですか?
コリアンタウンなど村単位で、受け入れ先だったのでしょうか?

A 回答 (4件)

朝鮮半島で新羅が百済・高句麗・任那を滅ぼして半島統一したので、


これの支配を嫌がった人々が逃亡者となり、
多くが日本へ逃亡。

日本はこれを多く受け入れた。
桓武帝が多く百済系女性を妃にしたのは、その子孫たちですね。
    • good
    • 0

戦後に挑戦半島で戦争が開始。

それで、大量の何10万という半島からの逃げてきた人が、日本に居つきました。
    • good
    • 0

記録に残っている移民は、高句麗からで、人数も記録されてます。


https://www.city.hidaka.lg.jp/soshiki/shiminseik …
海を渡って、勝手に日本に来たひとの記録は有りません。
(戸籍の制度が無いですから)
奈良時代の朝鮮半島の南部と九州北部は言語の違いが小さいので、
意志の疎通は出来たようです。
現代人は平安時代の人とは、文字を間にしないと、話せないそうです。
それよりは話せたらしいです。
    • good
    • 0

弥生人が農業、漢字や言葉教えてくれたわけだ


逆だろ
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング