【初月無料キャンペーン中】gooドクター

左翼は米軍は要らないと言っているが、なぜアフガンは米軍撤退から三ヶ月でタリバンに制圧されたんですか?

gooドクター

A 回答 (16件中1~10件)

それがアフガンの国民の意思だったからでしょう。

軍の力で無理矢理にアメリカに都合の良い傀儡政権を作ってきましたが、それが無くなったら、本来のアフガン姿に戻っただけです。
アフガンでは左翼も右翼も大人も子供も米軍はいらないって意思を出しただけです。
    • good
    • 0

アフガニスタンに新米な人や、自由主義や民主主義が根付かなかっただけじゃないかな?



アフガニスタン政府の大統領すら
金もってトンズラするって事を考えたら

民集に指示されないのも、仕方ない話ですよ

撤退は完了してなかったから
問題視されてて

この質問はちと、事実誤認してますよ
    • good
    • 0

そもそもその話をするならトランプ大統領時代から離さないと成立しないのでここにコメントしてる人はほとんど役に立たない


トランプ大統領時代は テロリストと交渉することで 経済支援 行なって アメリカ軍も徐々に撤退させる代わりに 支配地域の拡大をちょっとでもしたら72時間以内に今までないような事やってやると脅してました
それをバイデン大統領になった次の瞬間には 条件なしでて撤収すると発言したから今回の事になっただけ
c国の 支援も重なって 武器の調達なども楽になったから今回の事になったという話
最も民主党政権としては大国の墓場をc国に押し付けられたから良かったぐらいに思っている人間もいるかもしれませんがね
    • good
    • 0

前政権の兵士が戦う意思がなかったからです。


戦う意思があったら、米軍が撤退しても数年は持ちこたえたでしょう。
    • good
    • 0

結果から見たら、


アフガンの国民は戦う意思が無かったようです。
多数の国民、女性は制圧された今、
ようやく自分達のマズイ立場を認識できたようです。
民主化を望む反タリバンテロが始まるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

ロシアや中国が関与してきたので、明け渡したというのが良い線かな。


ぶり返さなきゃ良いけどとは思っているけど、古いしきたりでも彼らのバイブルはイスラム教の教えにあるので、民主を押し付けても解決しないことのが多そうでしょ。報復とか、民族紛争とか、国連が動くような事態が再び起こらなければ、タリバンは戦後復興を始めるのかなって思ってますけど
    • good
    • 0

やる気の問題。


日本でも幕府軍は簡単に薩摩軍に圧倒されましたね。

アフガン政府は腐っていたのです。
    • good
    • 0

米軍は9月11日までにアフガニスタンから撤退することになっており、まだ撤退してないけど?

    • good
    • 0

左翼が誰を意味するのか不明だけど、もともとアフガニスタン政府なるものはアメリカの援助をかすめ取るだけの存在で、大部分の援助資材、武器はタリバんに流れたのでしょう。

バイデンさんが自国のために戦わない軍を支援するために米兵を死なせるのは忍びない、というのは分かります。しかし、手を引けば早期にタリバンが全土を支配するようになるのは予見できたはずで、トランプ氏が結んだタリバンとの撤退協定を仕切り直す必要があったはずです。この仕切り直しで人権尊重、男女同権に関して、これに貢献する事業、学校、病院などの設立などには援助を惜しまない ことを表明すべきでした。
 時すでに遅しですが、日本はアフガニスタンの民主化につながる援助の機会があれば積極的に乗り出すべきでしょう。放置すると、またもやテロの温床となります。
    • good
    • 0

日本人はアフガニスタン人と同じになっているのではないかと考えるべきときに来ているのです。



アフガニスタン政権は、アメリカ軍が撤退をタリバンと合意撤退した途端、戦わずして大統領自ら外国に金だけ持って逃走しました。
バイデン大統領が「アフガン軍が戦う気がないのに、アメリカ軍人がタリバンと戦って死ぬことはない」と発言しました。

安倍前政権は、何度も安倍総理自ら訪米して、尖閣諸島が日米同盟防衛の対象になることを確認しました。菅内閣になっても、アメリカとの外交交渉の機会があるたびに、アメリカの大統領が変わるたびに確認している有様です。
人が住んでもいない、絶海の岩礁にすぎないところを、アメリカに守ってくれという感覚、まさにタリバンに攻められたら、慌てて逃げだしたガニ政権と同じ感覚です。
アメリカにしてみれば、表向きは日本側の要望に沿う回答をしていても、腹のなかでは、そんなところぐらい自分で守れよ、が本音でしょう。

このサイトでも感じるのですが、アメリカに防衛を頼りすぎていないかということです。
こんなことを言えば、だから日本は改憲して、核兵器を持つ必要、空母を持つ必要があるという考え方に、すぐに行き着く貧弱な頭の人が多すぎるのですが、そうではないのです。

世界中の小国の歴史をみれば、大国に睨まれた厳しい状況に置かれたときに、日本人にみたいに勝てるわけもない戦争を仕掛ける馬鹿だった国はむしろ少ないのです。
外交で、ついているようでついていない曖昧な立場を貫く、大国を相手に翻弄し、大国同士の対立を上手く利用して生き抜く外交の知恵を持っていたのです。
日本人も、そろそろそれを、本物の外交戦術を学ぶ必要がありそうです。

中国はアメリカと覇権で対立していますけど、アメリカにとっても、中国にとっても互いに重要な市場です。経済的には相互依存関係なのです。
日本は、はたして中国と、またはアメリカと経済の相互依存関係を十分に築けているのか、アメリカが中国よりも日本を選ぶだけのものを築けているのかを真剣に考える必要があります。
アメリカと、ソ連中国の共産主義国が対立していた時代の日米同盟の有り様と同じ感覚で、現在も日米同盟にしがみついていて本当に大丈夫なのかを考えるべきときに来ています。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング