さっき「今日出来」で車検証を偽造している人を取材したドキュメントが放送されていましたが,犯罪だとわかっていて取材するテレビ局側には何の問題もないのでしょうか?また警察はこの放送を見て取材に応じていた人の割り出しなどの捜査をすことはしないのですか?

A 回答 (2件)

放送した内容を証拠として利用することはありますが


未放送テープについての提出義務はありません。

これは民放連が各社に出しているガイドラインにあります。

また、下の方の参考URLを見ても、この線に沿っています。

さて、犯罪だから...ということになると、
別の問題が発生します。

それは、取材の自由がどんどん縛られてしまうと言うことです。

たとえば、今回の事例では
「車検証の偽造」という行為が行われているという内容は
充分報道するに値する物ですし、このことが報道されたことで
一般の人にとっては、車検証を盲信してはいけないという警鐘が、
また、行政にとっては、車検証の偽造についてなんらかの対策を
講じる必要がある
ということがわかります。

もしも、取材→証拠→逮捕 と直結していたら、
当然、この取材には応じてくれないでしょう。
とすると、行政が見て見ぬ振りをすれば、
もう、この犯罪について一般の人に警鐘を鳴らす事も
行政に対して対策圧力を掛けることもできなくなるわけです。

これが車検証の偽造ではなく、官庁や警察内部の
犯罪だったらどうでしょう。

話はもっとシビアになります。
なぜなら、話した時点で職務上の秘密をばらしたことになりますから、
だれも何も話せなくなるのです。
内部告発した人は皆捕まりますから、その官庁は大喜びですね。

たとえば、もしも報道取材がそのままその場で起こっている犯罪の
告発(または証拠)に使われたとしたら、
外務省で言えば、捕まえるのは、蓄財外交官ではなく、
職務上知り得た秘密を漏らした人間 で、
それは報道機関の取材が証拠になる という形になってしまうのです。
    • good
    • 0

 確かに、道義上は問題がありますが、職務を行う公務員以外は、犯罪が目の前でされても、告発義務はありません(刑訴239条2項)。

しかし、もし事件の捜査のため、警察の要請により裁判所が取材テープの提出命令をすれば、拒否できないとの最高裁判所判例があります。そのとき、原テープがなくなって、モザイクのみが残っていても、誰も罰せられません。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/kenpou23.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q捜査関係者への取材でわかりました、とは?

新聞やテレビの犯罪記事で、下記のことをよく冒頭に付けますね。
「捜査関係者への取材でわかりました。」
これは、報道機関が、捜査関係者に実際にあれこれ取材した結果、わかったのですか?  
あるいは、捜査機関が情報を内々に漏らしたのですか?

Aベストアンサー

> 報道機関が、捜査関係者に実際にあれこれ取材した結果、わかったのですか?
> あるいは、捜査機関が情報を内々に漏らしたのですか?

両方ありますよ。

メディア側の取材で「関係者」などと言う場合は、「情報源を明らかに出来ない」と言う意味で、本来は警察などが捜査情報を漏らしちゃダメだからです。

また、公式発表(公式見解)じゃありませんので、誤報も少なくありません。

「逮捕される前の容疑者の映像」なんてのが流れるのは、警察のリーク情報で、容疑者候補に取材を行った際の映像が殆どです。
警察の方も、記者の取材情報を聞いたり、あるいは取材を受けた容疑者候補の挙動を見ているなど、持ちつ持たれつやってます。

尚、「書いちゃダメだけど、教えてあげる」は、オフレコってヤツですね。
たまに、それも記事にしちゃう、掟破りの記者も居ますが、先々の関係には響きます。

一方、警察や検察が、敢えて情報リークする場合もあります。
コチラは「世論操作」が目的です。

東北の大物代議士が、政治資金法違反で強制起訴された事件では、検察がかなりリークし、国民に悪者と言うイメージを植え付けだでしょ?
裁判は大物代議士が勝ちましたけど、その後の選挙で大敗しまし、政治生命は断たれた格好です。

その代議士さんは、警察・検察の「取調べ可視化法案」を口にするなど、官僚に対し高圧的で、逆に官僚からは嫌われ者なので、裁判で有罪にすることよりも、官界が大物代議士を政界から抹殺することが主眼であったとも言われてます。

> 報道機関が、捜査関係者に実際にあれこれ取材した結果、わかったのですか?
> あるいは、捜査機関が情報を内々に漏らしたのですか?

両方ありますよ。

メディア側の取材で「関係者」などと言う場合は、「情報源を明らかに出来ない」と言う意味で、本来は警察などが捜査情報を漏らしちゃダメだからです。

また、公式発表(公式見解)じゃありませんので、誤報も少なくありません。

「逮捕される前の容疑者の映像」なんてのが流れるのは、警察のリーク情報で、容疑者候補に取材を行った際の映像が殆どです。
...続きを読む

Q一般人に長期密着した取材は取材費を払っているのでしょうか?

こんにちは。

特に宣伝を必要としていない一般人に長期密着して取材する時など、マスコミ側は個人に対して取材費を払っているのでしょうか。
それとも取材費は払わずに、記念品やお土産などを渡しているのでしょうか。
また、フリーライターや作家など会社に属していない職業の方が一般人に取材する時も取材費は支払っていないのでしょうか。

教えて頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

御礼はします、けれどもお金を払うことはありません。
ちなみに純粋な一般人を長期取材することはありません。
一般人とは名乗っていても、講演家であったり、何らかの活動を応援されてらっしゃったり…。
気になるならその方の名前を検索してみるとよろしいでしょう。
基本的に取材はギブアンドテイクです。

Q訴訟提起直後の被告側への取材は意味があるのか?

民事訴訟を提起した人が記者会見をした後、マスコミは提起された側(被告側)にもコメントを求める様子をよく見ます。決まって「訴状を見ていないのでコメントは控えさせていただきます」という内容です。
当サイトの別カテゴリーで「訴状が届くのはいつごろか」と質問させていただいたところ、2~3週間は掛かることが分りました。
とすれば、確かに、訴訟提起直後にコメントを求められても、被告側としてはコメントのしようがありません。
手掛かり(つまり訴状)が全くない状態よりも、きちんと訴状が届いてから被告側の考え方を取材した方が、よっぽど被告側の言い分や裁判に対する方針などが聞くことができて有意義だと思います。
どうして、馬鹿の一つ覚え(失礼!)のように、マスコミは訴訟提起直後に被告側にコメントを求める取材をするのでしょうか?

Aベストアンサー

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こされた際、訴状のコピーを作って被告の会社に持って行って渡し、「こういう訴状が○○地方裁判所▽▽支部に出されました。X時間後に会社としてのコメントをお願いします」と取材したことがありましたが、会社の担当者は相当困惑していました。

このように訴状のコピーまで渡すかどうかは別としても、報道機関の立場としては、現実には「提訴内容を詳しく被告側に伝えて、できるだけ中身のあるコメントを取材できるように努める」ほかないと今も考えています。被告側に裁判所から訴状が届いてから提訴そのものを原告・被告双方の主張を入れて報道すればよいというのも、ひとつの考え方ではあると思いますが、提訴の事実を知った以上、ニュースとして伝える価値があるものを、報道機関として何日も報道せずにおくわけにはいきません。また被告側のコメント(主張)だけを後日別に伝えるというのも現実的ではないと思います。

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こさ...続きを読む

Q震災時のテレビ局の取材

今回の大震災、テレビ局が各局現地に入り、取材していますが、
救援物資など少しはもっていったりしているのでしょうかねぇ?
テレビで私たちが薬が欲しいなどの声を聞いても何もできないですが
テレビ局の取材ヘリで運んであげることはできるのではないかと思えてしまいます。
貴重な燃料を使ってヘリを飛ばしているのならそのくらいのことをしてもいいのでは。と。
その辺の事情をご存知の方、見えましたらぜひおしえてください。

Aベストアンサー

マスコミは基本取材だけです。

取材車やヘリで少しでも運べば貢献しているように見えますね。
でもマスコミのヘリは大型機ではありません。
わずかな物資を運んでも、
現地では混乱や不公平な配給によってトラブルの元です。

マスコミのヘリは、飛ぶ高さを制限されています。
低空は救援・捜索ヘリ優先です。
またどこでも簡単に離着陸出来るものではありません。
かなりの技術がいります。
ヘリポート・空港での一般的離着陸と飛行がメインの一般の
パイロットで低空飛行は大変難しいのです。
いろんなヘリが不規則に飛ぶのも事故を危険がありまです。
投下も、牽引して飛ぶのが難しいのです。
ヘリのパイロットは皆、自衛隊や消防の救難隊と同じ事は出来ません。

マスコミは、取材して状況を報道する事で、支援側も判ることがあります。
タダ過剰な取材もあります。そこはドンドン非難すべきデス。

みなさん同じ事を指摘し批判しますが、そこで行動が止まるから、
マスコミも何も変わらないのでしょう。
怒っているだけでなくて組織立って要望すべきですね。

でめて医薬品など少量でも必要な緊急物資は、
取材先へ取材車で行くなら、運んでほしいです。

マスコミは基本取材だけです。

取材車やヘリで少しでも運べば貢献しているように見えますね。
でもマスコミのヘリは大型機ではありません。
わずかな物資を運んでも、
現地では混乱や不公平な配給によってトラブルの元です。

マスコミのヘリは、飛ぶ高さを制限されています。
低空は救援・捜索ヘリ優先です。
またどこでも簡単に離着陸出来るものではありません。
かなりの技術がいります。
ヘリポート・空港での一般的離着陸と飛行がメインの一般の
パイロットで低空飛行は大変難しいのです。
いろんなヘリが不...続きを読む

Q朝日新聞の優れた取材能力 取材記録は何処に?

70年前~100年前の日本軍の悪行を事細かに記事にするには、相当な取材能力があると思います。
特に東アジア圏、取り分け中国と朝鮮で行われたとする事件事故の記事が中国政府と韓国政府が発信する事案について、全て正しいと解釈できる記事を書かれています。
歴史的な事案を扱うものですから客観的な事実として朝日新聞が取材で得られた証拠とする資料の記事が見当たりません。日本の優秀な新聞社で有りますから証言だけで全国記事にしているとは思えません当然、色んな側面から取材をされて裏図けの元に記事を書かれているかと思います。
質問ですが、朝日新聞がよく取り上げる南京大虐殺と慰安婦に置ける取材で得られた資料または
記事の掲載は、どこで見れますか?また、いつの記事で見れますでしょうか?
これと同じ文面で朝日にメールを8月16日にしましたが返信、返答がまだありません

Aベストアンサー

記事は「聞蔵II」という記事データベースで探せると思います(有料契約)。

取材の記録や資料は,公になっている情報や資料であったり情報提供者が公開に同意したりした場合は見ることができますが,そうでない場合は取材源秘匿という原則があるので見ることはできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報