最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

生活保護は仕事をしながらでも受給できるんですか?

gooドクター

A 回答 (3件)

できますが 支給額から 引かれます

    • good
    • 1

生活保護制度について


結論
仕事していても保護を受給することは可能です。
但し、あなたの収入で、国が定めた保護基準の最低限度の生活に不足するものを「現品給付(現金)・現物給付」を支給することで保護基準で定めた最低生活を保障します。
また、保護は、世帯単位で保護するため、世帯員の収入の合計で最低生活に不足するものを保護費で補うことで保護基準額にして保護をします。
ので、収入が保護基準を超えるていると保護はしません。

保護は、生活に困窮する者を保護をするため、国が定めた居住地の級地区分の保護基準以下であれば保護をします。
質問の仕事で得る収入で最低限度の生活の維持のためにあらゆうるものを活用しても最低生活に困窮し、最低生活に必要とする不足ものを保護費で補うことで最低限度の生活の維持ができるように保護をします。
医師等から就労不能と診断したものを除き軽度の就労等ができるものは仕事をしながら保護を受けることで最低限度の生活を保障されます。
保護の要件に、資産、能力その他あらゆるものを最低限度の生活の維持にために活用すること要件して保護を行う。言うことで、医師から就労不能と言われない限りは、何らかの収入を得るために就労開度をすることになります。
無職者で就労可能な者の就労活動は保護から脱却するためと保護から自立するために必要とします。
その為の支援等を実施します。
    • good
    • 0

程度によります。


生活保護は、あくまで自立を助長させるための制度なので、働けるのなら不要な制度となります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング