はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

春宮と東宮は意味が同じというのに、なぜ「春」であり「東」であるのですか。

A 回答 (3件)

古代中国の五行思想で、つぎのような対応があると考えたところがもとです。



┌水┐  ┌黒┐  ┌北┐  ┌冬┐
金土木  白黄青  西中東  秋○春
└火┘  └赤┘  └南┘  └夏┘   
                   ○は土用、四季に配分

木=青=東=春
火=赤=南=夏
土=黄=中央=土用
金=白=西=秋
水=黒=北=冬

No.405751の回答、特に#2もごらんください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=405751
    • good
    • 1

 参考になるかどうか分かりませんが、東宮と春宮は現在は同じものを指しますが、昔は東宮は皇太子の教育を担当し、春宮は皇太子の生活上の世話を担当していたのだと思います。



 皇太子に奉仕する職員の確実なる初見は、697年持統天皇が軽皇子(文武天皇)の立太子に当たって任命した東宮大傳(ふ)、東宮大夫(だいぶ)、春宮亮(すけ)であるが、律令では、東宮傳・東宮学士および春宮坊が置かれた。傳・学士は皇太子の補導教育を任とし、春宮坊は皇太子の家政機関である。春宮坊には、大夫・亮・進・属の4等官を置き、舎人・主膳・主蔵の三監(げん)および主殿以下六署を管轄した。また、光仁天皇の宝亀七年(776)初めて春宮坊に帯刀(たちはき)舎人十名を置いたが、後増員して三十名を定員とした。東宮に侍衛し、非常を警備するのを任とし、後には武士を選任することも多くなった。
 
 明治維新後の新官制では、春宮坊に傳・学士および大夫・亮などを置くことを規定したが、明治二十二年嘉仁(よしひと)親王(大正天皇)の立太子に当たり、東宮職官制を定め、東宮職に東宮大夫・東宮亮および東宮侍従長・東宮侍従・東宮武官などの職員を置き、更に二十九年東宮侍講を任じ、三十三年皇太子成婚後は東宮女官を置いた。

 (参考)帝国学士院編『帝室制度史』第三巻(皇位継承)。

 
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青い春、○○の夏、白い秋・・・?

うろおぼえなんですが、春夏秋冬を人生になぞらえて
色で表現したのが、漢詩かなにかでありましたよね?
青春ってよく使われますが、
それ以降ってどうなってましたっけ?
確か、北原白秋もそこからとっていたような。
出典とそれ以降の組み合わせ、
またそれぞれの意味など教えてください。
う~~ん、長年の悩みなんです。誰に聞いてもわからない。
よろしくお願いしますっ。

Aベストアンサー

熟語としては通常「朱夏」でしょうか。菅野美穂さんの別名(というかドラマ「愛をください」の中での役名)が「蓮井朱夏」でした。
中国の五行思想に由来していて,万物は5つの元素(木・火・土・金・水,もっかどごんすい)からなっているというもので,これを方角や季節などに配当しています。
木=青=東=春
火=赤=南=夏
土=黄=中央=土用
金=白=西=秋
水=黒=北=冬
と対応します。
いろいろなところで出てきますので,特定の漢詩が出典とはいえないように思います。

春夏秋冬のそれぞれ最後の1週間が土用です。うなぎを食べるのは春の終わり(というか夏の始めというか)の土用です。
都の南側にある大きな門を「朱雀門」と言ったりしますが,朱雀は南をつかさどる鳥とされています。奈良時代の年号で朱鳥というのがありますが,これも同じです。

ちなみに冬は玄冬。玄は黒っぽい色のことです。玄人(くろうと)っていいますね。
北をつかさどる亀が「玄武」です。

>どうして、あかいんだろう?
素人考えですが,「火を思わせる暑い日差しが照りつける夏」というあたりから古代の中国の人がイメージしたのかな。

熟語としては通常「朱夏」でしょうか。菅野美穂さんの別名(というかドラマ「愛をください」の中での役名)が「蓮井朱夏」でした。
中国の五行思想に由来していて,万物は5つの元素(木・火・土・金・水,もっかどごんすい)からなっているというもので,これを方角や季節などに配当しています。
木=青=東=春
火=赤=南=夏
土=黄=中央=土用
金=白=西=秋
水=黒=北=冬
と対応します。
いろいろなところで出てきますので,特定の漢詩が出典とはいえないように思います。

春夏秋冬のそれぞれ...続きを読む


人気Q&Aランキング