プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

「事物の動作・作用・状態・存在などを時間的に持続し、また時間的に変化して行くものとしてとらえて表現する語。」の「持続」は自動詞ですか?他動詞ですか?

質問者からの補足コメント

  • 「」の言葉は「動詞」の意味です。

      補足日時:2021/08/24 05:03

A 回答 (5件)

「事物の動作・作用・状態・存在など」という目的語があるので他動詞です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 06:26

この言葉は「広辞苑」に書かれた「動詞」の説明ですね。



『どう‐し【動詞】
(verb)品詞の一つ。事物の動作・作用・状態・存在などを時間的に持続し、また時間的に変化して行くものとしてとらえて表現する語。多くの言語で述語の主要成分としての機能を果たす。旧称、作用言・活語。』

 この中の質問は「持続」が「自動詞」か、「他動詞」か、と言うのが質問ですね。「持続」は名詞ですが、「持続する」は『サ変複合動詞』です。サ変動詞は、「自動詞」としても使われ、「他動詞」としても使われますが、
使い方によって答が違ってきます。
 この場合は、『事物の動作・作用・状態・存在などを時間的に持続し』の例を対象として考えれば、「事物の動作・作用・状態・存在などを」という「ヲ格」を対象としているので、「他動詞」と判断していいでしょう。
 大変しんどい質問でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 06:26

「持続」は名詞で、「持続する」がサ変動詞です。



〘名・自他サ変〙 ある状態がそのまま長く保たれること。また、保ち続けること。
「効果が━する」
「臨戦態勢を━する」
【明鏡国語辞典】

で、自他同形です。英語などと異なりあまり気にすることはありません。■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 06:26

「 」の部分は何について書かれたものか分かりません。

動作・作用は動詞の普通の働きですが、状態・存在は自動詞の表すことと考えられます。継続はしばしば「ている」で表されます。そうすると他動詞も中にふくまれます。「見ている」「食べている」の「見る」や「食べる」は他動詞です。
「時間的に変化して行くものとしてとらえて表現する語。」の具体例がが書いて無ければ、「自動詞」か「他動詞」かを区別することは困難です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 06:27

自動詞

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/24 06:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング