有名人などのコメントが「『~』と彼は語った」という形式で掲載されているサイトがあります。
この『~』の部分を引用して別のサイトに載せた場合、これは著作権法に違反するのでしょうか?
(大丈夫なのではないか、とは思うのですが)
また転載先のサイトが商用目的かどうかという点でも変わってくるのでしょうか?
よろしければご教授願います。m(_ _)m 

A 回答 (2件)

話したことであっても、その内容について著作物性が認められれば、話した人に著作権が発生します。


ただし、例えばインタビューの内容が記事の「素材収集」のために行われたような場合には、話した人には著作権は発生しないとする判決もありますが、この場合この記事は全部記事を書いた人の著作物ということになります。
したがって、『~』の部分が話した内容をそのまま載せているようであれば話した人に、加工を加えているようであればその記事を書いた人に著作権があることになりますから、原則として、いずれかの許諾をとる必要があります。
許諾をとらないで載せた場合には、著作権侵害となります。

転載先のサイトが商用目的かどうかという点は、この際関係ありません。

なお、引用するコメントが引用先の文章の中で「従」の立場であり、コメントと引用先の文章の間に明らかな区別がされていて、引用元などが明記されているような場合には、著作権が及ばないこととされる場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。m(_ _)m 

お礼日時:2001/09/12 00:06

違反しない。


ていうか、著作権を侵害しない。

>有名人などのコメント
とは、しゃべったことですよね

ただし、
>「『~』と彼は語った」
それ自体が創作である場合は、サイト製作者の著作権を侵害します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど♪
どうもありがとうございました。m(_ _)m 

お礼日時:2001/09/01 18:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上告書の意味と書き方を教えてくださいm(_)m

こんにちは。私は主婦です。裁判の事など全く縁がないので正直本当にチンプンカンプンで・・・。私の知り合いが上告書を書かなくてはならなくなりました。まず1つ本当にアホらしい質問(よくお知りの方、本当にすみませんm(_)m でも私は真剣なので許してください。)ですが上告書と上告理由書は同じことですか?前者はただ短くした言い方だけですか?あと、書き方は「憲法第○条」に基づき・・・とかで書かなくてはならないのですか?普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・困っています(><)どなたかこんな私でも解るように教えていただける方はいらっしゃいませんか?どうぞよろしくお願いいたします m(_)m 

Aベストアンサー

こんにちは

上告書の意味や書き方を「好奇心として」知りたいのでしょうか?
それとも「知り合いに書き方を聞かれてアドバイスをしたい」という
ことでしょうか?

前者であれば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%91%8A

後者であれば・・・やめましょう。
不可能です。その上、ネットで仕込んだ生半可な知識でアドバイス
しても百害あって一理ありません。

>普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・

だから勉強する(並大抵の勉強では無理です。相手は「法律のプロ」
ですから)か専門家(弁護士)に頼むのです。

Q(商用)サイトに載せる場合の写真のガイドラインについて

はじめまして。
とあるネット販売を主にしている会社でのページ作成に関わってる者です。

先日、上司から各地域のおすすめスポットを紹介するような企画ページの作成をお願いされました。
ページの構成的には、

(場所の写真)  場所名:説明

こんな感じになります。
その際、写真はネットで拾ってくれといわれました。(距離の関係で写真を撮ることが困難なため)
ですが、場所といっても山、川もあれば建物(たとえばTDLとか)もあります。

そこで質問なのですが、
1.建物(たとえばTDLとか)の写真の使用は平気なのか
2.googleの画像検索などに引っかかるような画像の使用は平気なのか
3.商用利用可の写真配布サイトなどにある建物や場所の写真の使用は平気なのか
以上、3つは可なのか不可なのか、場合によっては可なのかをお教えいただきたいです。
また、問い合わせが必要な場合は何処に問い合わせれば良いんでしょうか?
数が多いですがご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

写真には著作権が発生しますので、使用して平気というわけにはいきません。Googleの画像検索で出てきても使えるというわけではありません。

使えるのは、著作権者の許諾がある場合です。方法としてはその画像の権利者に直接確認することになります(JASRACのように集中管理してくれるところがありません)。

ただ、予めサイト上で利用可と明示してあるサイト上の写真であれば、そのサイトに示された利用条件に従って、使用することができます。

Q著作権・引用・転載・参照について

私的利用外の範囲で、書籍やHPから参照にして書籍を製作しようとしているのですが、他の書籍やHP等を参照にした場合の著作権について気になることがあります。

それは著作権では「数値やデータ、事実などは保護にあたらない」としていますが、「素地の選択に著者の一定の目的がある場合は著作編集物とみなし、保護の対象である。」とあります。

このことについて例えばある書籍を参考にして

ジャンルA
語句1 読み・意味は×××
語句2 読み・意味は×××

ジャンルB
語句3 読み・意味は×××
語句4 読み・意味は×××

ジャンルC
語句5 読み・意味は×××
語句6 読み・意味は×××

とあったのをこちらで(表示フォーマットは変えますが)

ジャンルA
語句1 読み・意味は×××
語句2 読み・意味は×××

ジャンルD
語句4 読み・意味は×××
語句6 読み・意味は×××

ジャンルC
語句5 読み・意味は×××

みたいに示すと(引用ではなく、全文このように示すと)こちらが示す語句が、参照する書籍等の示している範囲に含まれてしまっている場合は「素材選択の意図を盗用した」ということで、「著作権法違反」にあたるのでしょうか??

私的利用外の範囲で、書籍やHPから参照にして書籍を製作しようとしているのですが、他の書籍やHP等を参照にした場合の著作権について気になることがあります。

それは著作権では「数値やデータ、事実などは保護にあたらない」としていますが、「素地の選択に著者の一定の目的がある場合は著作編集物とみなし、保護の対象である。」とあります。

このことについて例えばある書籍を参考にして

ジャンルA
語句1 読み・意味は×××
語句2 読み・意味は×××

ジャンルB
語句3 読み・意味は×××
語句4...続きを読む

Aベストアンサー

質問の例からだけでは断定できませんが、
素材の選択自体に創作性が認められる場合には著作権侵害となりえます。
また、ジャンルの分類・選択に創作性が認められる場合も同様です。
ただ編集著作物は侵害についての判断が微妙になりやすいです。

QHP素材集ソフトやサイトでの『商用不可』の『商用』の定義は?

今度、自分の通信販売用のサイトを構築します。
絵心が全く無いので、HP装飾のイラストなどは拾ってきたものを使いたいのです。
あくまでも『演出』や『装飾』の利用を考えています。

たとえば、素材サイトや素材集ソフト(以下、素材集で統一)から見つけてきたライオンの絵があるとします。
しかし、その素材集は『商用禁止』または『商用要連絡』となっています。

この場合、ライオンの絵そのもののGIFデータやjpgデータを売買する行為が『商用』なのか?

それとも、顧客勧誘の為に、かわいいライオンの絵を用いて視覚的興味で、HP自身を目立てさせる行為が『商用』なのか?

前者のデータ売買はなんとなくわかるのですが、後者の場合がよくわかりません。
そして、多くのユーザーの使用目的も後者だと思います。

要するに、売りたい商品の写真の横で、ライオンの絵を使用することは『商用利用』か否か…を知りたいのです。そして、『注文受付御礼』の画面で、ライオンのアニメGIFがペコリと頭をさげるような事をしたいのです。

自分の利益の為にライオンの絵を用いることは『商用利用』に該当しますか?
もちろんデータそのものの売買なんて、考えてはいないのですが…。

法律にお詳しい方、是非ご教授願います。
よろしくお願い致します。

今度、自分の通信販売用のサイトを構築します。
絵心が全く無いので、HP装飾のイラストなどは拾ってきたものを使いたいのです。
あくまでも『演出』や『装飾』の利用を考えています。

たとえば、素材サイトや素材集ソフト(以下、素材集で統一)から見つけてきたライオンの絵があるとします。
しかし、その素材集は『商用禁止』または『商用要連絡』となっています。

この場合、ライオンの絵そのもののGIFデータやjpgデータを売買する行為が『商用』なのか?

それとも、顧客勧誘の為に、かわいいライ...続きを読む

Aベストアンサー

 自身が利益を得るために商用のサイトを立ち上げる。
その商売の道具として、商用使用不可の作品を利用する
という状況だと思います。

従って、ご自身が指摘している顧客勧誘が商用利用に
該当すると考えますが。

 別の例になりますが、最近のテレビ番組では
番組中のスーパー(字幕)を入れる際に
パソコンを利用する事が多くなってきています。
その際、入れるスーパーのフォントの利用許諾を
そのフォントの開発者から得ないと莫大な損害賠償を
請求されたり、後になってからその利用料を請求という
状況も発生しています。
それと同じ考えになるのではないでしょうか?

「商用要連絡」となっているのですから、まずは
先方に問い合わせるべきと考えますが。

Q著作権関係で、引用と転載の違い

著作権関係で、引用と転載の違いっておもにどういう違いなんでしょうか?

Aベストアンサー

「引用」は法律上の用語で、著作権者の許諾を必要とせずに著作物を利用できるケースの一つです。
法文上どのような場合が引用にあたるかは明示されていませんが、判例により最低限の要件が示されています(No.2さんの参考URLに詳細)。

「転載」は法律上の用語ではなく、一般に元の著作物を主体として、改めて出版物等に掲載することをこのようにいいます。
当然のことながら、著作権者の許諾を得ることが原則となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報