プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

化学基礎 イオン結晶について
下の写真の問題(2021セミナー化学基礎p39 64の(3)について)なのですが、Na+の方は分かったのですが、Cs+の方が分かりません。解説の三平方の定理を使ってるっぽい図は問題の図でいうと、どこを表しているのですか?画像に直接書き込んで教えていただけると嬉しいです!

「化学基礎 イオン結晶について 下の写真の」の質問画像

A 回答 (2件)

これで解るかな?


・立方体の1辺(縦)
・底面の対角線
・(立方体の)対角線=斜辺
を三辺とする直角三角形です。
「化学基礎 イオン結晶について 下の写真の」の回答画像1
    • good
    • 1
この回答へのお礼

天才やな

なるほど!!
すごくわかりやすかったです!
ありがとうございます✨

お礼日時:2021/08/24 20:03

体心立方の角の塩素からセシウムを通って対角線の反対にある塩素まで。


単位格子の1辺の長さを1として、底面の対角線の長さは√2です。
そうすると、塩素ーセシウムー塩素の長さは三平方の定理から
=√(1²+(√2)²)= √3
1=0.412としたので
塩素ーセシウムー塩素の長さは0.412*√3
塩素の直径は0.334nm
0.412*√3-0.334=2y=0.379nm
セシウムの半径は0.189nm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたに会えてよかった

ありがとうございます✨すごく助かりました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

お礼日時:2021/08/24 20:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング