日産とルノーの関係と比較して、三菱はどうなんだろうと疑問の学生です。
自動車業界の方に質問したいと思います。
率直に、三菱自動車は今後どうなると思いますか。
ダイムラーのやり方は、多少学びました。(いかにもドイツ型という経営、周りを身内で固める民族であることなど・・)
そんなダイムラークライスラが三菱に入り込むことで、三菱はよくなるのか、否か。
生々しい事情などもありましたら教えてください。

A 回答 (2件)

初めまして!


HAL3800さんも仰ってますが、最近のディーラーの対応は目を覆う物ばかり
という状況が増えています。(札幌では)
私も他のレスでも書いてますが、私の周りでは被害者続出です。
あまり未来は明るくないと思います。
(ディーラーフロント経験者としては、信じがたい対応ばかり・・・)
メーカーが出す車の質はもちろんですが、私の考えでは
「現場の対応が悪ければすべて水の泡」です。
いくら「良いもの」を作っても「ムダ」になります。
車も売れなくなり、悪循環が繰り返される事になります。
そして「このような事態」に陥ったのです。
振り返って考えれば「自業自得」なのです。

>ダイムラークライスラーが三菱に・・・
多少勉強されているようなので、あえて深く申しません。
「アメリカのクライスラーを見て下さい」
クライスラーの人事はガタガタです。
クライスラーも危ないかも知れませんが、ダイムラーそのものの経営状態も
なんだかオカシクなってきています。
シュレンプ会長も今期中(少なくても来期中?)に「結果」を出さないと
彼の後援者である「ドイツ銀行のお偉いさん」から「解雇通告」を食らうかも
しれません。
(たしか「フォーブス」の記事だったと思いますが・・・)

ご存知のように、ダイムラーとしては「三菱のプラットホーム」を小型車クラスに
採用したいようですが、あれだけ「欠陥」を出されては「二の足」を踏んでいる
ようですし、相当イライラしているようです。
本音は「三菱の事など構っているヒマはない!」といった所のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
なるほど・・。三菱はダイムラーから見てもイライラの対象なんですね(笑)。
フォーブスの記事も参考になり助かっております。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 09:34

日産はきっと良くなるでしょう。


なぜならば、ゴーンさんが心から日産をよくしたいと思っていると思われるから。実際、親会社のルノーとの関係も対等になりつつあります。

三菱は、今分岐点に有ると思います。三菱に関係する全ての人たちが、今までの悪かった点を心から反省し、本当に良くなりたいと思っているので有れば、決して実力のない会社だとは思わないので、時間はかかってもきっと良くなるでしょう。しかし、決定的事件が合った後1年たった現時点でも、旧態依然とした悲しい話が聞こえてきます。このweb内にも何点か非難の声が挙がっているんじゃないでしょうか?また、更に残念な事に、ダイムラーの三菱に対する態度も気になります。(必ずしも”三菱”として救いたいという思いが伝わってこない)
新品質システムの導入によって、きっと品質は以前の様なことは無いと思います(そう信じたい)。が、10年後三菱が三菱として存在しているか否かは、今後2年のがんばり次第だと思います。同じ業界に生きるもとしては、これ以上は書けません。(仮に書けるとしても私が直接知っている内情は、事件以前の話ですし。。)
もしあなたが、三菱車を購入しようと考えているのなら、今後の新型車について吟味の範囲とお答えしておきましょう。あなたが、就職のために検討しているので有れば、人生の掛かった話ですし、よく吟味して下さいと申し上げておきます。
ちなみに、現在成功している自動車メーカーは多かれ少なかれ、善し悪しは別にしてカリスマ的存在の指導者が強引に作り上げた成功ですし、西欧的やり方や日本的やり方はいずれ何らかの分岐点を迎えるでしょう。今だけを云々するのではなく、会社の文化や個性の様なものをとらえられる様になれば、長い視点で判断できるでしょう。(いかにすばらしい経営システムでもその会社の個性や分化に合わなければ、結局は失敗します:逆に技術の良さを生かした上で、文化まで踏み込んで変えてしまって成功したのが日産かもしれません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
このweb内にある三菱への批判も読んでみました。
日産と三菱の比較として大変参考になるお話ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 09:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ