芸人が音声解説 「オレたちの甲子園」

こんにちは。

3年ほど前、母が石段から落ちて入院しました。
何度か手術をし、退院しましたがほとんど歩けない状態で、弟ひとりで面倒を見ていたため、徐々に状況が悪化し、最近では10分ぐらいしか座ってられずトイレも行けないのでオムツです。
そんな状態の母を置いて弟は仕事に行くのですが、朝は時間がなくて、昼は留守、夜は仕事の帰りのお弁当といった状態で、母は骨と皮のような状態になってしまいました。
私は2歳半の子供がいて実家にはあまり行けず、さすがにこのままでは母が餓死とまではいかないものの、悪化することはあってもよくなることはないと思い、先週、ここに連れてきました。
1週間経って、少しは状態がよくなってきたように思います。
寝ていても消費するカロリー以下の食事だと痩せていくのは当たり前で、弟も弟なりにがんばってはいたと思いますが、やはり1週間でここまで変わるのなら、きっとすぐに自分でトイレに行けると思います。
そこで、少しでも早く筋肉をつけられるように、食事のアドバイスをお願いしたいのです。

高カロリーで太るのはわかりますが、無意味な太り方では逆に体重を支えきれないということで歩けないのでは?と思います。
とにかく、今は小さくなった胃を徐々に大きくし、栄養のあるものを食べさせて体力をつけ、その後、筋肉をつけるようにし、足を動かす練習などすればいいかなぁと思ってます。

とりあえず、1週間経って多い目の一人前の食事の量を2歳半(よく食べます)の子供と母で食べています。
以前は私が上記のような食事で子供と食べてましたが、食べ終わったあと少し物足りなさを感じる量です。
たぶん、腹八分目といったかんじです。

健康的にできるだけ早く太らせる(筋肉をつける)方法をお願いします。
こんな状態なので栄養剤も飲ませたほうがいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.3です。



bluemoon-2さんが、大変な中でがんばっておられることは、わかりました。

ただ、状況がよくわからない状態で、できるアドバイスは限られていると思います。文字だけのやりとりでは、例え専門家でも間違ったアドバイスになる可能性もあります。

一応、髪が大変だと書かれているので、その点について知っていることをお答えすると、ドラッグストアなどに売っているドライシャンプーを使えば、水を使わずに、ある程度の汚れを落とすことはできます。

また、ホームヘルプサービスなどで、寝たきりの方の洗髪をするのに、新聞紙を棒状にまるめたものを輪っかにして、45lのゴミ袋をかぶせ、その中に頭を置いてお湯を使って洗髪する方法があります。汚水は、ゴミ袋の端から、ベッドサイドのバケツに導きます。ただ、文字だけで書いてもよくわからないだろうし、慣れないとむずかしいかもしれません。余裕があれば、介護関係の本を図書館で借りるなどして、勉強されてはいかがでしょうか。

食事は、タンパク質のほか、ミネラルやビタミンを積極的に取れるようにしてあげたほうがいいと思います。食事量が減っていると、ビタミンやミネラルは不足しがちです。寝たきり状態では、おそらく筋肉のほかに骨がかなり弱くなっていると思われます。カルシウムのほか、大豆製品に含まれているイソフラボンが、骨を強くします。

脂肪と炭水化物も摂る必要がありますが、カロリーが増えすぎないようにしたほうがいいでしょう。不足している栄養素がはっきりしていれば、サプリメントでおぎなう方法もありますが、とりあえずはしっかりと栄養バランスが取れた食事にするのが大切だと思います。

身体については、まず、全身をやさしくマッサージすること。それから、動かす必要があります。ただ、力をこめてしまうと先にも書いたようにケガをする恐れがあるので、ごくゆっくりと、やさしくにしてください。

弟さんも一生懸命やられたのでしょうし、お母様のプライドもあったのでしょうが、早く専門家に相談すれば、お母様が寝たきりになることは、なかったはずです。いまの世の中はどこも小家族ですし、近所の助け合いも減っていますから、家族だけでおいきれないのが当然なんです。自分だけでがんばろうとせずに、早めに外部の助力を求めることが、とても大切です。ゆっくりでいいので、専門家に相談していってください。サービスを利用しなくても、アドバイスを求めるだけで、ずいぶん違うと思いますよ。

この回答への補足

ふと読み返して気づきました。

母がオムツを使い始めてから1年ほどだと思います。
ケガをしたあと、退院して、家事もしていましたし、歩くのを補助する器具も使ってました。

当時の質問です。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=243928

母を連れてこようと思ったときの質問です。
ここでも福祉やサービスなどの利用をすすめられていましたが、とりあえずは福祉やサービスの件は抜きで回答が欲しかったのです。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1022034
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1023805

もちろんずっと福祉やサービスを利用しないということではなく、その件はまた別に私は考えてますので、気になる別の件の回答が欲しかったのです。
なかなか思ってることが伝わらず、苦労しました。

弟も母が寝たきりになるとは思ってもおらず、2~3日寝込むかもしれないけど治ると思ってたようです。タイミング的に仕事が忙しい時期だったため、どうすることもできなかったようで、気がつけばこんなことに・・・というかんじです。
毎日見てると痩せたことに気づきにくいのかもしれません。弟もすごく痩せてしまってますが、母は弟がすごく痩せてること(こんなに痩せた)に気づいてませんでした。
いちばんいいのはきちんと生活できるようになるまで入院してもらうことなのですが、弟も私も経済的に不可能でした。
つい最近、保険の見直しとかで治療費が先にいただけるようになったようですが。

補足日時:2005/03/07 15:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

髪ですが、汚れてるせいもあるのですが、毛玉になって固まってました。
洗ってほぐすことよりも切ってしまったほうが楽だということで坊主に・・・
マルチーズやペルシャネコを飼ったことがあればわかるかと思うのですが、そんな毛玉です。
洗髪に関しては子供用の小さなビニールのボートを母の首の下に入れ、お風呂からホースでお湯を持ってきて、母に持っててもらい、洗濯のポンプで汚水を外に汲み出す・・・ということを夏に実家でやりました。
私も実家は神戸にあり、阪神大震災にあいました。そのときドライシャンプーは使いましたが、カラーリングしてる私の髪に使ったら色が全部落ちてしまいました。もしかしたら強力すぎるのかも?と思い、皮膚も弱ってそうな母に使いませんでした。

介護や便利な道具に関してのアイデアは他の人よりもあるほうだと思います(仕事で食品の製造工場にいたとき仕事が早くできる道具をいくつも作りました)
今も母が自分で手を洗えるように部屋の窓を開けたところにベビーバスを脚立に乗せて、庭の水道からホースでベビーバスに水を入れて見ましたが、手元で水をとめたり出したりできる方法に悩み、先ほど別のカテゴリーで質問させていただいたところです。

栄養に関してですが、ふと高野豆腐はどうだろう?と思いました。
以外に栄養が多く安いと思うのですが。
毎日この1品は食べたほうがいいというようなメニューがあれば教えていただければ助かります。
1週間経って、そろそろメニューのネタが尽きようとしています。
安くて栄養満点のメニューをネットで探しまくってる毎日です。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 15:38

#4です。



>病院や福祉に関しての回答は申し訳ありませんが今回は求めていません。
>そういうサービスを今後も一切利用しないとも言っていません。

何度も、皆さんが福祉サービスの利用を勧めている理由を
きちんと理解されていないようです。
ご希望の回答とは違う、と言うことですが、再度書かせて下さい。

「そのうち使う」ではなく、「一刻も早く使う」事が大切なのです。
「今後落ち着いたら」、ではなくて、「専門家と相談しながら
ベストの方法を見つけて下さい」と言っているのです。

私は、ケアマネージャーです。
質問者様と同じように、自分で出来る限りの努力を
して、さんざん苦労してからようやく相談に見える方も
いらっしゃいます。
皆さん、「こんな事なら、もっと早くに相談すれば良かった」
とおっしゃいます。また、介護保険などを使えば、金銭的には
かなり負担が少なくて済みます。
(例えば、ポータブルトイレだって、介護保険から9割の
お金が出ますので、4万円の物が4千円で買えます)

市町村の福祉サービスで、「おむつ給付サービス」が
ある所も多いです。
領収書と所定の書類を提出して全額もしくは一部が返金
されたり、あらかじめ必要な数を申し込み、専門業者が
自宅まで届けてくれたり、と地域によって多少違いますが、
多くの地域で実施されています。
(私の地域では、毎月8000円程度分のオムツの支給が
受けられます。)
質問者様が、裕福とは言えない状況の様ですから、なおさら
そういうサービスを利用する事をお勧めしているのです。

また、私も、「お母様の事よりも、ご自身の保身が大切
なのかな」と感じました(ごめんなさいね)

>儀父母に知られたくないというのは母の願いです。
これは、「表面的な願い」ですよね。
さらに、掘り下げて考えてみましょう。
「元気になって、自分の事は自分でやりたい」
「元気な姿で、きちんと挨拶をしたい」
という事こそが、本当の願いではありませんか?
福祉サービス、介護サービスなどの提供者には、「プライバシーの
守秘義務」がありますから、他の家庭に、情報が漏れる事は
あり得ません。ご心配でしたら、最初にその事情も話し、
「絶対に知られたくない」と伝えて下さい。
快く承諾し、あなたの希望に沿った関わり方をしてくれるはずです。

>弟も母が寝たきりになるとは思ってもおらず、
>2~3日寝込むかもしれないけど治ると思ってたようです
その状況を、専門家の目で見たら、「寝たきり予備軍」と
判断されたかもしれません。
今回も、専門家への相談を強く勧められているのは、
そういう事ですよ。

大変な状況の中で、がんばっていらっしゃると思います。
おひとりで気負いすぎず、笑って介護できる環境が
整いますよう、お祈りいたします。

この回答への補足

私はちっとも苦痛に感じることなどありません。
毎日笑って生活できています。
ご心配いただいてるようなことはありませんので、どうかカテゴリーにあった回答をお願いします。
このままでは締め切れませんので・・・

よろしくお願いします。

補足日時:2005/03/08 15:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

母はみなさんが思ってるほど重度ではありません。
ただ、気持ちの問題でやる気がないだけです。
とっさのことには対応できてますので甘えてる部分が多いと私は思ってます。
弟は母の言われるままで干渉はしないのでこうなったと思います。
少なくとも私の前では今までみたいに1日中寝たままでなにもかも手元に置いて動くことなく生活するなどできません。
あえて私は遠いところにテレビのリモコンなどを置いています。
最初はリモコン取ってと言っていた母も自分で取りに行ってますし、毎日着替えやシーツを替えて掃除するのでそれだけでも違うと思います。
福祉やサービスの利用は今すぐには無理です。
こちらの都合もあるので、出来る限り早くということぐらいは私にもわかっていますが、どうすることもできないのです。
ただ、少しでも実家の暮らしよりはいいはずだと思って連れてきています。
儀父母の件に関しても、儀父母が知ったら押しかけてくるはずです。
それが困るのです。ここに連れてくることになり、主人と母を迎えに行ったのですが、実家の前が急な坂で主人が車をすってしまい、主人が機嫌を損ねケンカになりました。
だったらもう私はここに残るから、子供と帰るか一人で帰るか決めてというようなことになりました。
そのことで母が自分のことでもめるようなのであれば行かないと泣きました。
母だってわかってます。儀父母の承諾なしに自分が世話になるとあとで気を悪くするぐらい。
私は母と儀父母の性格を考えた上でこういう方法を取りました。
介護サービスは両隣が利用してるようで車をよく見かけますが、知り合いなのか仲が良くなったのか知りませんが関係ない私までもがそちらの状況を知るような状態です。

オムツの件は自分からオムツをしたいと言ってし始めたので証明のようなものもなく、弟は支給の制度など気にはしてなかったようです。
私がこっちで買った分に関してはレシートを取ってますので、遡っていただけるのなら、手続きをすると思います。
母は介護保険に入っておらず、明日の食費もどうしようという現状では今日明日にでも・・・というわけにはいきません。
だから、少し落ち着いてから・・・なのです。
年明けにパソコンが壊れてから私は仕事をしていませんでしたので、そっちも急ぎでやらないといけません。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/08 15:11

No.3です。



何年も寝たきりの場合は、関節が固まってしまっている可能性が大きいです。食事だけの回復は無理で、マッサージや筋トレが必要ですが、素人が無理に動かせば、悪化したり、骨折させたりする危険があります。素人による回復は、無理だと思いましょう。

前回はあえて書きませんでしたが、弟さんがお母さんを放置した行為は、もし、万一そのまま餓死するようなことがあって発見されれば、虐待行為として、刑事責任を問われても仕方がない行為です。あなたがお母さんを医者や理学療法士に見せないのも、同様ですよ。医者に診せる必要がある人を放置しているのは、虐待行為です。例え本人がイヤだと言ってもです。

人を家の中に入れたくないとか、本人がいやがるのは高齢者介護ではよくあることで、それはなるべく尊重するべきです。でも、高齢者介護の専門家は、そういう人の説得や、その人の意向を尊重した問題解決に慣れています。本当のプロであれば、けっして無理やり押しかけて、勝手に何でも決めてしまうようなことはありません。あなたが真剣にお母様のことを考えて相談すれば、力になってくれるはずです。

専門家の助けを借りなければ、お母様は、おそらく一生歩けないままだと思います。あなたの家に長期間いられないとすれば、弟さんの家に戻るしかなく、そうすればまた餓死の危険にさらされます。でも、専門家の助けを得られれば、数ヶ月で回復して、自分で家事ができるようになり、弟さんと暮らせるようになるかもしれません。お母様にとっても、あなたにとっても、どっちが望ましいかは、明らかだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

回答いただいた事に関して、ごもっともだと思いますが、この質問はそういったこと以外のことをお聞きしています。
私がここで何をすればいいのか?ということです。
もちろん、少しずつ、病院に連れて行ったりはしますが、今すぐというのは無理です。
まだここの生活にも慣れてなく、私自身、母の部屋に必要なものを用意して母を呼んだつもりでしたが、実際に母が来てみると、変更したほうがいいものがいくつかあり、予定では母の部屋に私用のテレビを運んで接続すれば見れる予定でしたが、実際は接続しても映らず、母の部屋からいちばん離れた部屋の差込口からケーブルを20m引き、壁にアンテナ線を固定し・・・という作業で1日潰れ、あまりにも母の髪がすごい状態で手に追えず坊主にしたりといろいろ想像していなかった用事があり、まだそこまでいかないのです。
とりあえず今は母にこの家で快適に暮らしてもらうための準備をしています。
毎日の生活の中で、普段と特に変わらず、母になにかできればと思った質問です。
病院や福祉に関しての回答は申し訳ありませんが今回は求めていません。
そういうサービスを今後も一切利用しないとも言っていません。

弟は放置したのではなく、弟も一生懸命やっていました。
ただ、結果的にこんな状態になってしまっただけなのです。
今まで何もしたことがない弟が母がこんなことになり、私もいなくなり、急にはなにもできませんし、やっていたとしても、今まで何もしたことがない男のすることなので、気づかない点も多いと思います。
母があまり食べないのは気を遣ってだったのかもしれませんが、弟は気づかず、寝てるから食が細くなったとかそういうふうに捉えてたのかもと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 12:51

#2で回答したものです。



お母さんの体のことより、どうしてもそのお母さんのことがご主人側のご両親に知られたくないという意思が強いという気持ちが私には分かりません。
私だったら、一度離婚も・・て考えたぐらいなら、お母さんの体を第一に考えますが・・・・

>意外なとこで思い出されると後々困るっていうのは、私の感覚で言うとある意味衝撃的な感じを受けました。
自分の親を、自分たちの都合で隠し続ける・・・・
お母さん可愛そうですね。自分の子どもに隠されながら生きていくのって・・
福祉を受ける権利があるのに、受けさしてあたらないなんて・・・
なんか、あなたの言うことが、単なる偽善に思えて仕方がありません。
きつい言い方をして申し訳ありませんが。あなたの文面を見て、あなたのお母様の気持ちを考えたら、顔も知らない私でも涙が出てきます。

リハビリというのは、素人が簡単に出来るものではありません。ヘタすると悪くする可能性もあるからです。
それでも、どうしても病院の力を借りないのなら、あなたが一度病院に出かけて、専門の方のアドバイスを受けたらどうですか?



筋肉がついたら、座れるものではなくそれまでにも長いリハビリが必要なのです。

この回答への補足

儀父母に知られたくないというのは母の願いです。
こんな惨めな姿を人に見られたくない。
ましてや、自分の娘の結婚相手の親になんて・・・というようなことなのです。
自分からあいさつに行きたいが、こんなんじゃ行かないほうがいい、死んだほうがみんなのためではないか?みたいなことを言いました。
私の妊娠と母のケガがほぼ同時で、当時はかなり悩みましたが、母が退院したときに主人と結婚して養ってもらって、私の稼ぎを母の入院費や治療費に当てると言って婚姻届にサインをもらいました。
その後、母は私が何の不自由なく、幸せに暮らしてると思い、何度も私に弟ひとりで支払が大変だからと泣きながら毎日のように仕送りの要求をしてきました。
その時はもうおなかも大きくなり母に会いに行けない状態で主人は浮気し、給料のほとんどは自分の趣味や携帯代に消えてしまっていて、私は母のために自宅で仕事をし・・・という生活でした。
本当につらかったです。ですが、母に妊娠を告げると、自分がこんなことになったから・・・と自分で自分を責めるのが見えてましたので隠し通しました。
産後2週間で母に子供を見せに行きました。
このとき母は再入院していました。

ここで何度も母のことを相談しています。
私なりに一生懸命できる範囲でがんばってます。

補足日時:2005/03/07 12:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

かなり誤解されてしまったようで、読んでびっくりしました。

私は母のことをいちばんに考えていますよ。
そうじゃなかったら、あんなつらい妊娠期間に電話とはいえ、幸せに暮らしてると嘘は言えません。
母からの電話のあとはいつも何時間も泣いていました。本当につらかったんです。
私自身も何度も自殺を考えました。
それでも母のことが気になるのでできませんでした。

意外なとこで思い出されると後々困るっていうのは、たとえば義母が福祉の方からうちに母がいると知った場合、気を悪くすると思うのです。
なぜ私たちに言わないの?と。
たしかにそうなのですが、母の精神的な面を考えると、ある程度の身だしなみを整えてから紹介してもらいたいという気持ちを重視したいと思っています。
今すぐに病院に行かないとどうにかなるという状態とは違って、まだ余裕があると思うのです。
ここに連れてこなければ、もっと状況は悪くなってたと思いますし、とりあえず、以前よりは、食事もおなかいっぱい食べれますし、洗濯も掃除も私は毎日やっています。
その分、以前よりいい環境になったと思っています。
その中で、病院や福祉のお世話になること以外で私にできることがないか・・・ということで質問させていただきました。リハビリは私がやるつもりはありません。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 12:17

#4です。



投稿し終わってから、あらためて#1さんへのお礼を
読み直し、「義両親に現在の状態が知られる事」をとても
心配していらっしゃるようなので、追加です。

在宅支援センター等に相談される時に、「できるだけ、
近隣に知られたくない」という事情をお話すれば、
考慮はしてくれるはずです。
(例えば、センター等の名前入りの車を自宅近くに
乗り付けない、等)

まだ60代とお若い様ですので、適切な治療やリハビリ
をすれば、回復は早いと思います。ただ、3年間の
寝たきりに近い生活、と言うことですので、関節が
堅くなったり、変形したり、という症状があることも
考えられます。無理に動かす事で、再度の骨折を招く
事もありますので、リハビリの専門家の指導を受けて、
運動等行った方が良いです。

介護保険を使わなくても、医療保険で訪問リハビリを
行っている医院もあります。
その辺りも、在宅介護支援センター等で情報をもらえる
と思います。

小さなお孫さんとの生活でしたら、精神的にも「がんばろう」と
前向きになりやすい、よい環境だと思います。
上手にサービスを利用して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

福祉やデイサービスの利用は今のところ考えてはいません。
主人の祖母が利用してるので義母に見つかる危険が高いのです。
あと担当の方が主人の祖母のところに行って、うちにも・・・ということもあり、他人からこういうことを耳にするとやはり気を悪くすると思うのです。
とりあえず、30分程度、儀父母とあいさつをするぐらいの時間、座っていられるような状態になって、あいさつを済ませてから、そういったサービスの利用や病院の利用をと思ってます。

私は主人といろいろあり、そのことでいろいろ儀父母に私の考えや思ってることを伝えたのですが考え方の違いやわが子に対する贔屓目などもあり、意見が合わず義父は離婚賛成らしいのです。
義母はどっちつかずのようなのですが。
そんな状況でここにいても必要とされていないのなら、私を必要としてる実家に戻ろうと思ってましたが、主人が離婚したくないと言い、私は母のことが心配で、こんな母にしたのは私だと言ったところ、母をここに連れてくることとなったのです。
でもこれは主人と私とのあいだでのことですので、儀父母は知りません。
母がほぼ寝たきりなのであいさつはできないということで母を除外してやってきたようなところもあったので、今更あいさつに?と思うかもしれません。
儀父母の中ではすっかりうちの母の存在は消えてしまってますので、意外なとこで思い出されると後々困るのです。
とりあえず表向きは、このまま暮らしていくにしても、離婚するにしてもあいさつはしなくてはいけないので来たということになってます。
主人にも母がここにいるのは少しの間でとりあえずあいさつができるようになるまでは誰にも言わないで欲しいと言ってます。
そしてここに連れてきた主な目的はあいさつだということにしています。

うちの子が母の前で大暴れするので、おちおち寝てられないようで、今まではいつ寝て起きてるのかもわからないような状態で生活してたようですが、今はきっちり夜になったら寝て、朝になったら起きて・・・とリズムが戻ってきたようです。

いろいろありがとうございました。

お礼日時:2005/03/06 23:02

こんにちは。

大変ですね。

まず、他の方も書いている通り、「介護保険」の利用を
お勧めします。住民票を動かす必要はありません。
主なサービスは、ご本人がどちらにいるかに関わらず
利用できます。ただし、申請先は、住民票がある市町村
になります。遠方の子どもさんの所でお世話をされている、
という事はよくありますので、申請の時に事情をお話
して下さい。
同時に、お近くの在宅介護支援センターや、居宅支援事業所等
(住民票地域ではなく、現在お住いの地域で大丈夫です。)
に相談し、事情を話してケアプラン作成をお願いしましょう。

まずは、入浴サービスや訪問リハビリの利用が必要な
状態だと思います。
万一、要介護度がでない場合は介護保険が使えず、費用は
全額自己負担となりますが、おそらく介護度はでると
思いますので、すぐにサービス利用する事もできるでしょう。
(その辺りは、ケアマネージャーとご相談下さい)

>無意味な太り方では逆に体重を支えきれないという>ことで歩けないのでは?と思います。
お察しの通りです。
リハビリをしていく必要があると思います。
また、往診や、訪問看護などの利用も検討した方が良い
状態に思えます。ケアマネージャー(在宅介護支援センターや、
居宅支援事業所に相談すればケアマネージャーが相談に
のってくれます)が、必要なサービスを紹介してくれます
ので、一緒に考えて貰ってください。

なお、食事は、カロリーの高いものではなく、タンパク質の
豊富な物が好ましいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
買い物に出ていてお礼が遅くなってすみません。

せっかくみなさんが介護保険の利用をすすめてくださってて申し訳ないですが、今回の質問はその件以外でお願いします。

食事は今、ごはんを多めに食べてもらってます。
必ず、肉、魚、鶏のどれかと野菜を3種類以上使うようにしています。
今日の夕食はオムライスとサラダ(トマト、キャベツ、きゅうり)とオニオンスープにしました。
普段はごはん、おかず(肉、魚、鶏)とみそ汁ともう1品程度です。
少し質素かなぁと思って出すのですが、母は「うわぁ~こんなにいっぱい。おかすようさん(たくさん)あるわ~とちょっと困ってます。
今までいかに粗食だったか・・・というかんじです。
やはり男では気がつかない点が多々あり、母も遠慮しておなかが減ってないなど言ったりしてたと思うのでここまで痩せてしまったように思います。
おかげでオムツも弟から1日に3~4枚と聞いてましたが、今は2時間おきぐらいに替えてるようで、この件については大慌てです。


ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/06 22:41

高齢者ですし、いったん寝たきりになった方の筋力をアップするには、素人が生半可な知識でやるのは危険です。

医師の診断を受けましょう。近くに往診してくださる医師はないのでしょうか。

それから、65歳以上であれば、介護保険を受けられます。近くの在宅介護支援センターに相談してみてください。介護保険を使って、在宅や出張での入浴やリハビリのサービスを受けられるはずです。在宅介護支援センターは電話帳に載っていますが、よくわからないときは、市町村の役場に電話すれば教えてくれるでしょう。

ただ、介護保険を利用するには、一時的にでも住民票の移動が必要かもしれません。

本来であれば、弟さんの家におられる時点で、介護保険を使ってホームヘルプサービスや出張リハビリを受ければよかったのになあと思います。年齢もまだ60代ですし、ほかに病気もなければ、専門家のアドバイスで根気よくリハビリをすれば、日常生活に困らない程度に回復できるのではないかと思います。

世の中には介護やリハビリの専門家がいるし、サポートしてくれる制度もあります。まず、そういう専門家を探してきて相談するのが、あなたの役割だと思います。相談はたいてい無料なので、安心して相談しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
買い物に出ていてお礼が遅くなってすみません。

主人の祖母が今年になってボケてしまったらしく、デイサービスや福祉のお世話になっています。
近くの病院もリハビリ科があるようですし、この家は元々、おばあさんが住んでいて、いろんなところに手すりがあったり、お風呂が低くなってたり、呼び出しブザーが付いてたりしています。

実家で母は2階の部屋にいましたので、福祉などのサービスを利用するにはカギを渡さないといけないということで、母も弟も利用しませんでした。
弟は見知らぬ人が家に入ってくることに抵抗があり、手続きも面倒だったりしたみたいです。
母は見知らぬ人にそういったお願いをするのが嫌みたいで、私にさえポータブルトイレの使用を拒みます。
そんなこともあって、そういったサービスの利用をしなかった、当時は母も歩いて食事の準備ぐらいはしていた・・・ということなんです。
あるとき急に動けなくなり、それ以降、もう二度と・・・という感じで、弟もまさかこんなことになると思ってなかったようです。
私も当時は子供が小さく、母も弟も私に気を遣ったのか、こんなことになってるなんてまったく気づかなかったんです。

他の方のお礼にも書いたように、今回の質問は私自身のできることとして、なにか教えていただければと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/06 22:24

介護保険とか使えませんか?



一度お住まいの市役所などで相談して見られたらいかがでしょうか?

私の親は、寝たきりでしたが、デイケアサービスを利用したり、巡回お風呂のサービスを受けて家でお風呂にいれてもらったり、病院の先生が見に来てくれたりとしてくれました。

どうしても個人だけの力で介護をしていくのは大変です。
そういった専門の方に相談して、栄養のこと、リハビリのこと、これから先のこと、決めていかれたらいいかと思います。

回答にはなっていなくて、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
買い物に出ていてお礼が遅くなってすみません。

介護保険やデイサービスのことは知っていますが、今回はそれ以外のことで私ができることについて、なにか教えていただければと思っての質問です。

母がここに来てあと数時間で丸1週間になります。
連れて来た当日から1週間でずいぶん変化が見られます。
特に何をしてるわけでもありませんが、これだけ違いがあるのであれば、もう少しなにかできることがあるのでは?と思ったのです。

病院や福祉に関しては少しずつ必要であればやっていこうと思いますが、子供が小さいことと、私が在宅で仕事をしてること、主人の給料だけでは支払で終わってしまうなどありまして、なかなか思うようには進みません。

当初の予定でのオムツ代と1週間経ってからのオムツ代が3倍になってしまいこのままでは大変なことになるのでは?と思っています。
とりあえず体力をつけて自力でトイレまで行けるようにと思ってます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/06 22:12

小さいお子さんを抱えお母様のお世話もと頑張っておられるのですね。

お母様も安心された事でしょう。

お母様はおいくつなのでしょう。まだお若いのですか?「骨と皮」という状態は痩せ細ってしまったということですか?

>少しでも早く筋肉をつけられるように、食事のアドバイスをお願いしたいのです。
3年も寝たきりであれば筋肉はすっかり落ちてしまっていることでしょうね。でも筋肉は食事療法でつくものではありませんし、運動が必要です。骨折、寝たきりであったのなら専門の方の指導のもと、リハビリが必要です。
ご心配な栄養状態については内科でアドバイスをもらうのがいいでしょう。年齢によっても必要な栄養素は違ってきますし、弟さんのところでそんな状態だったのなら、一度診てもらった方がいいと思いますよ。

その際、リハビリを始めて良いかを確認した上で、整形外科など、リハビリ科がある病院を見つけて相談されてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。

まず、病院に行くための体力をつけないといけないのです。
母はたしか67ぐらいになると思います。
母食事の10分~15分座ってるのが限界で、病院に連れて行くつもりで保険証を持ってきましたが、病院で待ってる時間が耐えられそうにもありません。
ここから病院に連れて行くのも現状では無理で、実家からここまでは主人にお願いしました。
実家から車に乗せるのにも一苦労で、弟と私がふたりががりで家から車に運びました。
車から家に入るのは主人と私でやりました。
自力でしがみつくこともできません。

そんな状態の母なので、お風呂も歯磨きもずっとしていません。
早急に何とかしたいと思うのですが、あまりに無理をさせて本人の気分を害するとあとあと面倒なことになると思って。

正直、汚い状態の母なので、主人の親にはまだ言ってません(でき婚で、母が入院してたのでまだお互いの親はあいさつしていません)
主人の親の性格上、座って話が少しできる状態になるまで内緒にしておきたいのです。
そうは言っても、数件隣というかなり近いところにいるので、できるだけ見つからないようにしたいのです。
まずは少し元気になり、主人の親にあいさつをして、それから病院、リハビリとやっていきたいと思ってます。
それから、一応、夏まで数ヶ月という期間、うちにいることになってます。
長くても年末までです。
母をここに連れてくる表向きの理由は主人の親にあいさつということですので、あまり長くはいられません。
その短い間にできる限り、状態をよくしたいのです。
経済的にもうちは苦しいのでそんな状態で母を預かるなんて主人の親はきっと反対すると思います。
とにかく急いで回復してもらわないと・・・という状態です。


ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/06 14:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q寝たきりの老人は食事をしても太れない?

私の祖父は70歳です。
2週間ほど医療施設にお世話になり、家に帰ってきた直後に肺炎になっている
と言うことで2ヶ月ほど病院に入院をしました。
病院では、体を動かすことも無くずっと寝たきりでした。
退院する頃には体重が減り、骨と皮だけになってしまいました。
家に戻って、食事は日に2回していたのですが、体重が回復するどころか
又減っています。
食事の量や栄養が足りないのでしょうか。
寝たきりだからなのでしょうか。
或いは両方なのでしょうか。

Aベストアンサー

恐らく寝たきりのせいでしょう。
寝たきりが長いと消費カロリーが少ないため、消化機能が低下します。
それ以外では消化器系の病気や全身性の消耗性疾患が考えられますが、それについては入院していた病院で検査済みですよね?
少しづつベッドサイドで運動をはじめれば、場合によっては回復して歩行が可能になる場合もあります。
仰向けで徐々に足を上げたり、寝返りを打つ練習をしましょう。
年齢的にはまだ十分回復が見込める年齢です。
出来れば一日少しづつでも運動すれば食べる量や消化機能が戻ってくるのではないでしょうか。
痴呆が出ていないのなら、話し合いながら薦めてみてはいかがでしょうか。

Q84才の父が食事を食べなくて衰弱する一方

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エンシュアという液体栄養物質も嫌がって口にしませんし・・。
父親が言うには、圧迫感があるというのです。
それだけで、食欲は無くなるものなのでしょうか?

聞くところによると、老衰の症状として、衰弱と食欲の減退から食事を取られなくなり、更に衰弱が進行し、死に至るケースが老衰であるという考えがありますが、どうなのでしょうか?(このケースは老衰によるものなのでしょうか)

医師も初めてのケースらしく戸惑っております。(処置する方法が見つからない) 頑なにここまで食事を拒むケースは見たことが無いようです。精神面からアプローチすべきか?  老人性痴呆を疑ってみるほうが良いのでしょうか?医師も病院を出て行ってほしがります。正直この状態で出て行けば、必ず死が目の前です。

身体は、がりがりで、生きているのが不思議な状態です。栄養経路を断絶し、このまま、家で見取って最後を迎える方が本人の為なのか、わかりません。

どうぞ、お知恵をお貸しください。

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エ...続きを読む

Aベストアンサー

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに肉や皮が盛り上がって外部と胃の内部が栓付きチューブでつながった状態になって内出血も無ければ10日~2週間位後(はっきり覚えていない)包帯をとって退院OKがでて、ホームへ一ヶ月以内に戻れました。
医療や介護が家族でできない以上、他人の医師や看護婦や介護士に任せるしかありません。できるだけ頼み込んで要望を入れてしまうしか無いですね。腹を立てていてもお父上の飢餓状態と命の危険が進むだけです。飢餓状態になると脳に十分なブドウ糖や酸素や血流量が確保されずお父上の正常な脳機能(判断能力)が無くなってしまい、栄養失調状態が続けば脳萎縮などが進行して痴呆が進行しないとも限りませんので、まず飢餓状態から脱出するために、早急な胃ロウ手術が必須となります。できるだけお父上の手術に絶えるだけの体力があるうちに手術をされた方がいいと思います。僕の母の場合が、手術病院から胃腸科医院に迎えにきてもらい、手術に耐えるだけの体力を確認して1~2日経過を見てから手術を行いました。
貴方のお父上の場合、お父上の体力があるうちに、胃ロウ手術をされた方がいいような気がします。精神科の治療は時間がかかりますし、飢餓状態が続くほど脳も萎縮して痴呆が進むのではと思います。
精神科は元気で十分な体力と痴呆もなくまともに精神科医師との会話が成立することが前提で、治療に半年以上かかるかと思います。その前に飢餓状態が進めば、命が危なくなってしまう恐れが十分あります。
飢餓状態を回復するには、精神科より、栄養を確保するための便法としての胃ロウ手術の方が良いかと思います。飢餓状態になるとお父上がまともに意思表示さえできなくなってうつろな状態になって、精神科どころでないと思います。
まず、生命を維持できるだけの栄養を身体に取り込むことが必須だと思います。精神科が必要なら命の危機がなくなったそのあとでよいのではないでしょうか?
胃ロウの手術できる病院の医師に一度お会いになって説明を受けたり、手術概要を書いたパンフレット(説明書)を貰ってこられたら如何でしょうか?

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q酸素濃度が85%(救急車の中で)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿しているのにトイレに行こうとしたりして危険なので7日は縛られていたそうです。
私は縛られていたせいで祖父がそうなってしまったのではないかと思いましたが、叔父は「救急車の中で測ったときに酸素濃度が85%だったから、脳細胞がやられたからではないか」と言います。
脳細胞がやられるのに2日も要するのでしょうか。
ほかには何が原因と考えられるのでしょうか。
また『酸素濃度が85%』というのはどのような影響を及ぼすのでしょうか。
祖父は食べることが一番の楽しみのようで、いつもおいしそうにモリモリ食べていたから、食べるときにも目を閉じたままというのはとても気になります。
(吐血は噴門部からのもので検査の結果はまだ出ていません。)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると安静時でも85~86%になって、身動きすると、本当に苦しくなります。
この位になると主治医に、このまま泊まっていきなさい(=入院しなさい)といわれて、酸素チューブで酸素を鼻からすって、しばらく病院にごやっかいになります。

今まで一番低かった酸素飽和度は、大発作をおこして、真夜中に救急車で運ばれていた時で、70%台だったと思います。さすがにチアノーゼといって体中が真っ青になっていました。意識もちょっと朦朧としていて、数値を思い出すことはできません。
救急車内で、すぐ酸素マスクをさせられましたが、それでも85~86%。この時は、病院でも一晩酸素マスクさせられました。(マスクはチューブより酸素吸収率が高いのです、息苦しくて大嫌いですが。そしてもっとひどい呼吸困難者は、酸素テントに入らされるはずです)

この時は高濃度の酸素を長期間吸いすぎると、二酸化炭素が体内から排出されにくくなるからと、安静時でも94~95%になる程度の酸素量しか許してもらえませんでした。

……などとえらく自分語りをしてしまいました。

ま、つまり酸素飽和度が一時的に85%になったからといって、それで脳細胞がやられてぼけたと言われると、じゃあ今の私は、何なんだ?ってことで。実際、倒れた次の日は元気そうだったんですよね?

あと入院をよくする者の経験談として……

入院すると高齢者の方は呆けることが多いです。特に個室に入った人などで身内の付き添いさんがいない人は、ぼけやすいです。
もともと認知症(痴呆)の治療として、最近は老人ホームでも身の回りに思い出になるものを置き、小さな家具などは家で使っていたものを使用することが望ましいといわれるくらいです。
それがいきなり、無個性な病院の、見知らぬ部屋、見知らぬ人(医者・看護婦・入院患者など)、窓の外の身知らぬ風景、そんな中に入れられるのですから、ぼけやすくなるというもの。
しかも、もともとかなりの高齢で痴呆もあったんでしょう?痴呆が一気にすすんだとしても仕方がないかも知れません。

できれば、細かいものでもいいので、家で普段使っていた思い出に繋がるものをどんどん持参し、ベッド周りに置くとか、短時間の見舞いではなく、なるべく長い時間いて、色々横で話してきかせるとか、してあげた方がいいですよ。
そして、病気も心配でしょうが、退院してよいとなれば、早く家に連れて帰ってあげてください。思い出の家で生活すれば、改善の余地があると思います。

かつて、同じ大部屋の入院して一気に呆けたおばあちゃまが、退院して次の通院時に、私のいる大部屋に遊びにきてくれたら、まともになっていて、驚いたこともあります。

ではでは、どうか、大切にしてあげてくださいね。

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると...続きを読む

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。

Q食事が取れなくなった場合どれくらい生きられるか?

私の父68歳になりますが、4年前に脳梗塞になりずっと寝たきり状態です。
先週から食事が喉を通らなくなり、栄養素を点滴で補っている状態になりました。
現在は特別養護老人ホームにいるのですが、そこの方からもう長くないので覚悟しておいてくださいみたいな事を言われました。
確かに、以前より小さくなり骨と皮の様になってしまい、体力も持たないだろうなぁと感じました。

そこで、こんな事聞いて恐縮ですが、覚悟をするのは以前からしているのですが、この状況でどれくらい持ってくれるのかというのがおおよそでも目安があればなぁと思い質問させて頂きました。

ホームの方に聞いても体力と気力次第ですので何とも言えませんとしか言ってもらえなかったので、、、
栄養分は点滴のみで4年も寝たきりなので体力もあまり無いと言えます。気力も私の事もわからない状況なので、気力も無いかと感じています。
その状況だと保ってどれくらいなのか教えて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

正直なところ、本当にわからないと思いますよ。
寝たきりになると、また点滴での栄養摂取は、五臓六腑が動かなくなり、血液の流れも限られるので、極めて回復の可能性が少なくなります。

この状態だと、維持は出来るのですが、アウトの時期が読めません。
臓器が動かないので、よくなる事はありません。
本当にその人のポテンシャルに掛かっています。

4年間寝たきりだと、臓器、血液の流れなどかなり悪化していると思われます。 
ただ、寝たきりでも無意識でも、家族の声は聞こえます。
深呼吸をするように、毎日語りかけてください。ゆっくり。ゆっくり。
そのうちに、呼吸をするようにもなります。 

脳が機能しなくても、本能的に生存に対して敏感ですので、家族の励ましで何とでもなります。
あきらめないで、毎日、根気よく。 ただ、初日から負荷をかけるのは無理です。 最初は会話できたらいい程度で。

Q寝たきり母の背中の痛みを緩和するには・・

74才の母が脳梗塞で入院してから4ヶ月が経ちました。
意識がいい時は目で追うことができますが、悪い時は深く眠っています。痛みに対してはよく反応します。体の拘縮も激しくなり、最近では背中の骨があちこち変形して突出しています。向きを変えようと触っただけでとても痛そうにうめくので可哀想で見ていられません。看護婦や医師に言っても、高齢と、長期の寝たきりによるものでどうしようもないと言われます。もともとリウマチや背骨の圧迫骨折もあったので仕方ないのかなとも思うのですが・・
 また近々胃ろうにする予定なので、栄養が強化されれば
少しは緩和されるのでしょうか。どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

発病後4カ月で拘縮は早すぎますね。
拘縮だけではそんなに激しい痛みは無いと思うので、
おそらく圧迫骨折、脊椎の変形(亀背など)が主な原因では無いのでしょうか。その場合は動かす行為に痛みを伴うので、鎮痛剤の投与も一手段だと思います。
経皮的な鎮痛剤の塗布も良いと思います。
 そして褥瘡用のエアマットや患者さんの中には電動で対流式のエアマットレスを許可を得て使って要る方もいらっしゃいます。体位変換の時に#2の方のおっしゃるように、変換マットやなければ毛布、クッションなどで支えてやることも必要です。
胃瘻により経口摂取が出来ない分のカロリー、栄養が取れるようになり、褥瘡の予防にはなりますが、器質的な脊椎圧迫骨折や変形があると、疼痛の緩和は望めないかも知れません。
家族がそばにいてあげることも、鎮痛の一つの方法かとも思います。

Q父が肺に水がたまっていると言われました

70歳の父が市の健康診断で胸部レントゲンを撮ったら、「肺に水がたまっている」と、言われました。
なにか処置をしてくださるのかと思っていたら、三ヶ月様子を見ましょうとのことでした。
ここで質問です。

(1)「肺に水がたまる」ということは、なにか怖い病気なのでしょうか?
(2)三ヶ月も様子を見ても、大丈夫なのでしょうか?

いろいろネットで調べたのですが、病気のことはよくわからなくて困っています。

父は、肺に水がたまっていると言われましたが、他になにか症状があるわけでもなく、頭痛があるほかは、元気に過ごしております。咳なども、ひどいものはありません。ただ、近頃身内の看病が続き、心身共に疲労気味とストレスがあることと思われます。

是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セカンドオピニオンで他の大きな医療機関を受診されたらいかがでしょうか。
肺に水がたまるのにはいろいろな原因があるのですが良性の場合と悪性の場合もあります。
悪性の場合は非常に稀なのですが、それは胸水を試験的に穿刺して正常を調べれば分かることです。
少しだけ痛いですが(針を刺すので)細い針で穿刺するのが一般的なので是非それをされたらいかがでしょうか?
それで、良性が確認できればゆっくり経過を見てても安心できると思います。

QIVHだけでどの位生きられるのでしょうか?

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使用してもらっています。
胃ろうは体力面を考えると、手術できない。と言われました。
しかし、個人的な感想ですが、飛躍的な回復だと思えません。
むしろ、高カロリー輸液だけで、命を永らえさせている事に
罪悪感すら感じる事が多いです。
本来、物が口から食べられなくなったら、寿命は終わりだと
いう考え方や、不自然な延命、色んな意味で、無理な延命を
選んでこなかった家族のルーツがあるからだと思いますが。
不謹慎かも知れませんが、IVHのように便利なものが無かった頃のように
普通の点滴のみで、枯れるようになくなる。眠るように亡くなるのが
父の希望だと言ってましたし、僕もそう思います。
父との時間が少し、増えた喜びもありますが、ベッドに拘束され
訳が解らない時間を過ごさせてしまっている罪悪感と、複雑な気持ちです。
IVHをしていると、普通の点滴より、相当延命効果があるのでしょうか?
蛇足ですが、主治医は延命処置では無いと言っていますが、私から見ると
延命処置以外の何者でも無い気がして、怒りすら覚える事もあります。

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使...続きを読む

Aベストアンサー

別に違和感を私は感じません。下記HPのように普通の感情であり、私も日本における通常の終末期医療にむしろ強い違和感を感じます。
延命治療とは、回復の見込みがないのにいたずらに生命を維持させる行為を示します。よって、主治医がまだ”回復”するチャンスが半分はあると見ているのなら、延命行為とは呼べません。
ただ、”回復”が何を意味するのか、主治医ときちんと話す必要があります。最終的なゴールを胃ろう(PEG)を作って寝たきりで退院とするのか、ちゃんと歩いて会話をして自分で食事を取れるのをゴールとするのか、主治医の”回復”が何を意味しているのか確認すべきと思います。
そこで、ゴールが希望と違うようなら、そこからは延命治療となります。
よく主治医と相談されるのが大事と思います。

参考URL:http://intmed.exblog.jp/10829856/


人気Q&Aランキング