【初月無料キャンペーン中】gooドクター

この試薬の分子量を教えて下さい。
海外のメーカーなので、調べ方がよくわかりません。
試薬名:Primer Support 5G Unylinker 350
メーカー:Cytiva

質問者からの補足コメント

  • こちら 10 mmolのパッケージです

      補足日時:2021/08/28 22:40

A 回答 (1件)

質問者さんの3つの質問を拝読しました。


試薬名:Primer Support 5G Unylinker 350とはどんな働きをするのか?
物質量、モル計算についての理解が浅いと言うことから、苦労されているのだと思います。
それ故、他の2つも含めて質問の趣旨が回答者に正しく伝わらない。
よって、回答者が回答できない状況なのですよね。
 (説明が長文になります。)

まず、物質量、モルについてどの程度理解されているのですか?
失礼と思いましたが、初心者向けにまず物質量の説明をしてから、
本題に入りたいと思います。
H2+1/2O2→H2O または2H2+O2→2H2O
上記化学式は、酸素分子1個に対し水素分子2個が反応すると水分子2個に変化することを表しています。
質問者さんに質問。酸素分子の個数に対し、2倍の個数の水素分子をどのように準備しますか?
1つ2つ3つと数を数えて準備するのは大変ですよね。分子ってすごく小さいから・・・
水素分子の重さを2(分子量)とすれば酸素分子の重さは18(分子量)
つまり、1つ1つの分子の重さは酸素分子が水素分子の9倍なので
酸素分子9gに対し水素分子1gで両者は同数。
酸素分子9gに対し水素分子2gにすれば、ちょうど1:2になります。
この考え方は便利ですよね。
そこで、H2の分子量は2となので、2gの水素分子を1molと表記するのです。
O2は18gで1molと表記される。
水素分子2mol、つまり2×2g=4g と酸素分子1mol 18gを反応させると
それぞれの分子の数は 水素分子2に対し酸素分子1となるので
水分子が2mol生成する。
分子量がどれだけであっても、1molといえば、その中に含まれている
分子の数は、すべての分子で等しいわけです。
そのようにmolを定義したと言うことです。

さて、分子量につての質問で
>334µmol/gの分子量はいくつですか?とあります。
1molが18g(酸素分子)ならば、その物質の分子量は18となりますよね。
ですから、1molの時に何グラムになるかを計算すれば良いことになり
この質問に答えられているyhr2の答えで良いわけです。

でも、ここからが複雑。334µmol/gと言うのは
Primer Support 5G Unylinker 350と言う試薬そのものの分子量を
表しているのではないからです。

質問者さんが取り扱っているPrimer Support 5G Unylinker 350は
調べたら、
>DNAおよびRNAオリゴヌクレオチドの合成に最適化した高ローディング容量の固相担体 と書いてありました。

私はその方の専門家ではないので、以下の説明に誤解が入っているかもしれませんが、例え話をしてみます。

5枚のまな板が設置されたテーブルがあるとします。
このテーブルの上では、同時に5個のリンゴを切ることができます。
または、同時に5個のスイカを切ることができます。
当然、このテーブルを2つ、3つと増やしていけば、同時に料理できる
リンゴやスイカの増えていきます。

このまな板付きテーブルがPrimer Support 5G Unylinker 350なのです。
もし、大きさの小さいリンゴならば、1台で350個の料理が同時にできる
大きさの大きいスイカならば、1台では300個の料理ができるといった具合です。

具体的にこのテーブル、つまりこの試薬1gを使えばDNAならば350μmolを
保持できて(まな板の上に置けて)次の反応(料理)をすることができますよ。
RNAならばこの試薬1gで300μmolですよといっているのです。
ですからローディング容量がDNAで350 μmol/g、RNAで300 μmol/gと
表記されるのです。
通常、mol計算する場合mol/gとしたら、このgと言うのは対象分子
ここではDNAやRNAのg数でmolも対象分子DNAやRNAのmol数です。
しかし今回のg数はPrimer Support 5G Unylinker 350のg数。
molはDNAやRNAのmol数なのです。

ですから、回答者が回答できないのです。

この試薬は、反応の場を提供するテーブルの役割をするのですから
試薬の分子量を調べても無意味ですし、分子量で表記できる材料か
どうかもわかりません。

もし、分子量を議論するのであれば、まな板の上に置いたリンゴやスイカの
重さ、つまり保持されたDNAやRNAの分子量を気にすべきではありませんか?
Primer Support 5G Unylinker 350自体は架橋ポリスチレン/ジビニルベンゼンとありますから、ジビニルベンゼンを共重合することによって架橋したポリスチレンですから、この物質自体の分子量は無限大です。

>こちら 10 mmolのパッケージです
対象となるDNAかRNAが書かれていませんか?
Sequence DNA○○merとか そして10 mmolと言うのは
1パッケージで対象のDNAかRNAを10mmol保持して反応させることが
できると言う意味だと思います。
Primer Support 5G Unylinker 350の素材そのものが
パッケージの中に10mmol入っていますよと言うことではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング