【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/ …

2021年8月26日
<中国の気象衛星「雲海1号02」が、2021年3月18日に分解した。ロシアの偵察衛星から放出されたスペースデブリと衝突した可能性がある...... >

2019年9月25日に酒泉衛星発射センターから打ち上げられ、高度760〜787キロの軌道を周回していた中国の気象衛星「雲海1号02」が、2021年3月18日7時41分(協定世界時)に分解(ブレイクアップ)した。

米国宇宙軍第18宇宙管制飛行隊(18SPCS)は、3月22日、この事象をツイッターで公表し、「『雲海1号02』の分解に関連するスペースデブリ(宇宙ゴミ)21個を追跡して、原因究明にあたっている」と報告した。

衝突によって発生した37個のデブリを確認
米国宇宙軍のオンラインカタログ「スペース-トラック」では、スペースデブリの観測データが登録されている。米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天体物理学者ジョナサン・マクダウェル博士は、8月15日、デブリ「48078」のデータに「衛星と衝突した」旨が付記されていることに気づいた。「48078」は、1996年9月にロシアの偵察衛星「ツェリーナ-2」を打ち上げた「ゼニット2ロケット」から放出されたスペースデブリだ。

マクダウェル博士は軌道データを分析し、「雲海1号02」が分解したとされる3月18日7時41分に「48078」と「雲海1号02」が1キロ以内に接近していたことを突き止めた。

このことから、「48078」に衝突したのは「雲海1号02」である可能性が高い。マクダウェル博士の分析によれば、この衝突によってこれまでに37個のデブリが確認されており、おそらくより多くのデブリが発生したとみられている。なお、「雲海1号02」は分解後も制御下にあり、軌道修正も行われている。

地球周回軌道には約1億3000万個のスペースデブリが存在する
地球を周回する物体同士の衝突はこれまでにも報告されている。2009年2月10日にはシベリア上空約800キロで米国の通信衛星「イリジウム33号」とロシアの軍事通信衛星「コスモス2251号」が衝突し、地球低軌道に大量のスペースデブリが発生した。

地球をスペースデブリが取り囲む NASA's Goddard Space Flight Center/JSC
2020年1月には、ともに運用が終了している天文観測衛星「アイラス(IRAS)」とアメリカ空軍が打ち上げた試験衛星「GGSE-4」が米ピッツバーグ上空で接近し、衝突が危惧された。

欧州宇宙機関(ESA)によると、2021年8月時点で地球周回軌道には約1億3000万個のスペースデブリが存在する。これらは高速で移動しており、宇宙探査機やその機器などに損傷を与えるおそれもあると懸念されている。

___________
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12417104.html
地球温暖化防止と宇宙デブリを消滅させる一石二鳥の方法を発明しました

今、地球上で問題に成って居る、マイクロプラスチックを宇宙に放出するのです。直径0.3mm以下のマイクロプラスチックなら、衛星にぶつかっても、衛星を破壊する事は無いです。

しかし、宇宙デブリにぶつかると、次第に宇宙デブリの速度を低下させ、速度を失った宇宙デブリは、大気圏に衝突し消滅します。こうして、宇宙デブリを消滅させるのです。

さらに宇宙空間に撒かれた大量のマイクロプラスチックは太陽光線を反射するので、地表に届く太陽光線が減り、地球温暖化を防止します。

こうして、地球温暖化防止と宇宙デブリを消滅させる一石二鳥の方法が発明されましたよね?

質問者からの補足コメント

  • 地球の自転方向は、北極の上空から見て、反時計回り、つまり左回転です。デブリや人工衛星も、同じく左回転です。ですから、マイクロプラスチックは右回転で地球を周回するように散布します。

    「マイクロプラスチックを使った、私の発明で」の補足画像1
    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/08/29 10:25
  • うーん・・・

    私は気にしていません。

    >地球温暖化防止は、人類を減らして、地球の自然回復能力に任せた方が良い


    現実的な案とは思えません。人口のコントロールは簡単ではないです。

    歴史的には、人口を減らすのに、最も有効だったのは、戦争、飢餓、疫病、大洪水、砂漠飛びバッタ、大旱魃、などです。

    鴨長明の書いた「方丈記」にも「養和の飢饉」の恐ろしい様子が書かれています。日本には、寛永・享保・天明・天保の飢饉、が有り、「養和の飢饉」すら、数ある飢饉の一つに過ぎません。

    現代人には、このような飢饉を受け入れられず、それくらいなら、宇宙へのマイクロ・プラスチック散布を選ぶでしょう。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/09/01 09:49
  • HAPPY

    それは、今、コロナウィルスに人類が、人工遺伝子を使ったワクチンで対抗するようなものです。

    つまり、新しい発明が、人類を救うのです。コロナワクチンと言う、この発明が無ければ、明らかに人類の死者は増えていました。

    コロナワクチンと同じように、私の発明が全人類を救うのです。

    No.9の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/09/01 10:34

A 回答 (10件)

貴重な意見として承り、


今夜の検討課題と致します。
    • good
    • 2

人の意見は、人それどれ・・



私は、そうは、思わない・・

インフルエンザだろうと、何だろうと、ワクチンには、本来、反対です。
盲腸などの手術も反対の立場です。

本来、病死とは、天界へ戻れとの、天からの意志

これを、人類が文明で、曲げた。

これによって、本来は、死んで、子孫は残らなくなる。
生き残りの子孫を残せるのは、それを乗り越えられる遺伝子のみ

それを、人類は、文明で曲げた。

~~~~

この事で、盲腸遺伝子は、生き残り、手術が無ければ、生き残れない

ワクチンもそうだ。

本来、ウイルスで死ぬべき遺伝子が生き残り、ワクチン無しでは生き残れない。



人類だけでは無い

この世の全ての生物は、自然淘汰の法則で、生き残った者達は、進化の法則で生き残ったのです。



もう、遅い。

何もかも、もう、遅い。

医学無くして、人類は生き残れない。

あり得ない。

天は、生物を、人類を含めて、医学無しに、生き残れないようには、作らなかった。

人類は、天の意志を無視して、医学を進歩させてしまった。

~^
コロナにしろ、インフルエンザにしろ、人類のワクチンは、新しい強力なウイルスを次々に生み出す。

これから、どんどん、人類が滅びる迄、新しい、強力なウイルスの出現が繰り返される事だろう。

~~

ま~~ あり得ない事とは思うけど~

貴殿のマイクロプラスチック構想が実現すれば、地球は、急激な温暖化加速か?あるいは、反対の、凍結の時代がやってきて、急激に、滅びる事になるだろう。


私に言わせると、人類の浅知恵とは、その程度なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私も、過去に、盲腸炎にかかった。

私も、あの時、死ぬべきだったのだろう。

私が、この世に生まれて来た理由は、この世の七難八苦を体験する為

そして、何かを、悟る為。

これは、果たした。

それゆえ、もう、今は、我が身の、滅びる事を待っているだけ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アダムとイブのリンゴの意味も理解出来た。

あれは、天の嫌がる事はするな。との意で有る。

どのような事が、やってはならないのか?

それは、それどれの、心の良心が、生まれながらに知っている。


~~~~~~



~~



ただ、それだけの事だ。


By 逆転地蔵
    • good
    • 0

人類は、人類を繁栄させた文明によって、自滅するのです。



それは、
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは、今、コロナウィルスに人類が、人工遺伝子を使ったワクチンで対抗するようなものです。

つまり、新しい発明が、人類を救うのです。コロナワクチンと言う、この発明が無ければ、明らかに人類の死者は増えていました。

コロナワクチンと同じように、私の発明が全人類を救うのです。

お礼日時:2021/09/01 10:33

五体投地 さん



昨日は、ちょっと、言い過ぎた。
悪かった。謝罪するよ。

貴殿のように、地球環境問題を、考える事は素晴らしい事だ。
今後共、貴殿の活躍に期待する。

今回の私の、反論は、貴殿のような勇気有る、研究者への冒涜だった
_____________________________


ただ、私は、何かが起きたら、何かを足して、何かを解決する方法は、限界が来ていると思っている。

何かを、足して、何かを解決するので無く、足した物を減らす。
差し引く事の方が、理に合っていると、思う。

従って、地球温暖化防止は、人類を減らして、地球の自然回復能力に任せた方が良いと思う。

ただ、それだけの意図だった。
______________


どうか、許して欲しい。

これを、機に、今後は、仲良くして欲しい。


~~

BY 逆転地蔵
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は気にしていません。

>地球温暖化防止は、人類を減らして、地球の自然回復能力に任せた方が良い


現実的な案とは思えません。人口のコントロールは簡単ではないです。

歴史的には、人口を減らすのに、最も有効だったのは、戦争、飢餓、疫病、大洪水、砂漠飛びバッタ、大旱魃、などです。

鴨長明の書いた「方丈記」にも「養和の飢饉」の恐ろしい様子が書かれています。日本には、寛永・享保・天明・天保の飢饉、が有り、「養和の飢饉」すら、数ある飢饉の一つに過ぎません。

現代人には、このような飢饉を受け入れられず、それくらいなら、宇宙へのマイクロ・プラスチック散布を選ぶでしょう。

お礼日時:2021/09/01 09:48

(宇宙空間に撒かれた大量のマイクロプラスチックは太陽光線を反射するので、地表に届く太陽光線が減り、地球温暖化を防止します。


__

↑ これだけか?
たったのこれだけしか、貴殿のオツムは、予測できないのか?

マイクロプラスチックのレンズ効果で、逆に、地球温暖化が加速する事は、予測出来ないのか?

これだけでは、
ペットボトル等を作り出して、マイクロプラスチック問題を予測出来なかった、無責任な連中と変わりない。

何かをすれば、何かが起きる。

====


森羅万象、この世の全ては、極めると逆転する

これを、陰陽逆転の法則と呼ぶ事にした。

By 逆転地蔵


「マイクロプラスチックを使った、私の発明で」の回答画像7
    • good
    • 0

>地球の自転方向は、北極の上空から見て、反時計回り、つまり左回転です。

デブリや人工衛星も、同じく左回転です。ですから、マイクロプラスチックは右回転で地球を周回するように散布します。

人工衛星が軌道高度を保つには、運動の向き(方向)に関係無く、一定の速度を保つ必要があります。マイクロプラスチックも、その軌道高度を保つには、同様に一定の速度を保つ必要があります。つまり、貴方の言う様に人工衛星が西から東に速度秒速7.9kmで軌道を周回している時に、マイクロプラスチックを東から西に秒速7.9kmで軌道を周回させると言う事になります。この時、人工衛星は、秒速15.8kmでマイクロプラスチックと激突します。仮にマイクロプラスチックの質量が0.01gとしても秒速15.8km(時速56,880km)で人工衛星と激突したら、人工衛星は銃弾で撃たれた様にボコボコの穴だらけになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>仮にマイクロプラスチックの質量が0.01gとしても


プラスチックの比重を水と同じ1として計算する。

0.3mmは0.03cmであるから、0.03^3=0.00003

つまり、0.00003g に過ぎない。

お礼日時:2021/08/29 12:09

思うんだけど、マイクロプラスチックも衛星軌道を保つのであればそれなりの速度が必要では?



だとすると、デブリと速度差はなくなり、衝突したからと言ってデブリは減速しないのでは?

いずれにしても詳細なシミュレーションが必要だと思うんだけど。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地球の自転方向は、北極の上空から見て、反時計回り、つまり左回転です。デブリや人工衛星も、同じく左回転です。ですから、マイクロプラスチックは右回転で地球を周回するように散布します。

お礼日時:2021/08/29 10:20

>衛星には軌道修正用のロケットが有ります。

しかしデブリにはそのような推進装置は有りません。衛星の速度が低下したら、ロケットに点火して、元の軌道に戻れば良いだけです。

人工衛星に搭載できる軌道修正用の燃料は少なく貴重です。この燃料が尽きると衛星寿命が尽きます。なので、宇宙に放出されたマイクロプラスチックの為にこの貴重な軌道修正用の燃料がどんどん浪費されると打ち上げに何十億円も掛かる人工衛星の寿命がどんどん短くなって採算が取れなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイクロプラスチックをそんなに大量に撒けませんよ。デブリの速度をわずかに低下させるだけです。それで十分なのです。何年か、マイクロプラスチックとの衝突を繰り返す事で、宇宙デブリは速度を低下させます。

お礼日時:2021/08/29 07:16

マイクロプラスチックは、次第に宇宙デブリの速度を低下させ、速度と周回軌道高度が低下した宇宙デブリは、やがて、大気圏に突入して大気との断熱圧縮に依る高温で蒸発するとの事ですが、宇宙デブリだけでは無く、通常の人工衛星の速度と周回軌道高度も低下させて大気圏に突入させてしまうので、マイクロプラスチックを宇宙に放出するこの方法は、デブリ除去の方法としては使えません。



時間が無かったら,つまり,時刻も無い,瞬間も無い,時間的な幅が無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

空間が無かったら,つまり,点も線も面も体積も無い,空間的な大きさ広がりが無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

真空を「無(む)」だと言う人がいるが、超弦理論の弦/紐/膜やクォーク、素粒子、原子、物質、エルネギーの全てが無くても、真空には時間と空間はある。従って、真空は、「無(む)」ではない。

時間だけでも、空間だけでも、「存在」は、成立しない。この一方だけでは「存在」は成立しない。時間と空間の双方があって、初めて「存在」は、成立する。
宇宙は、なぜ存在している事が出来るのか? それは、「時間」が存在し、「空間」が存在しているからだ。

時間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  時間が無い状態から時間が始まった/初めた/流れを開始した状態をイメージ出来ますか?
空間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  空間が無い状態から空間が始まった/初めた/大きさ広がりを開始した状態をイメージ出来ますか?
出来ませんよね。と言う事は、時間の無い宇宙、空間の無い宇宙は、存在しない、ありえないと理解すべきと言う事なのだ。
ビッグバンで宇宙が誕生して、時間も空間も誕生したのなら、ビッグバンの「前」は、時間は? 空間は? どうなっていたのか?との疑問が湧く。
「無限大の大きさ広がりを持つ空間的に無限大の空間と無限大の過去から存在し無限大の未来まで流れ続ける時間的に無限大の時間が無限大の過去から共に既に存在している」。この時空/宇宙を「母宇宙」と定義します。この母宇宙Aの時空の量子論的な揺らぎが、我々が存在しているこの宇宙Bのビッグバンを138億年前に引き起こし、Bは、Aの「子宇宙」として、Aの時空の中で誕生し、今もAの時空の中で加速膨張し続けていると解釈/理解すると、Bが誕生する「前」の「時間」は? 「空間」は? と言う問いに、Bが誕生する「前」は、Aの時間が流れ、Aの空間が広がっていたと答える事が出来る。
それぞれが無限大の大きさと広がりを持つ「子宇宙」を無数に無限大個、その時空の中に持っているのが「母宇宙」で、母宇宙の中では、常に無数の無限大個の子宇宙が誕生して、それぞれが母宇宙の時空の中で収縮/安定/定速膨張/加速膨張などの成長を続けているのかも?
こうした多数の宇宙が存在するとの考えを「マルチバース」と呼びます。
母宇宙は、どのように始まった/誕生したのかは、母宇宙の「定義」から、
「母宇宙は無限大の過去から時間と空間と共に既に存在している」と回答する事になる。なので、母宇宙に始まり/初め/起源/誕生は無い。

 宇宙の加速膨張が観測され、ダークエネルギー/ダークマター/超弦理論などが議論され、こにより物理学は一大飛躍するだろう。
 1900年にプランクが量子論を1905年にアインシュタインが相対論を創始して現代物理学が誕生し、それまでの物理学が古典物理学と呼ばれた様に、2021-2030年に掛けて生み出される物理学は、今の現代物理学を過去のものとする、全く新しい「真新物理学」を創始し、1900-1905年頃の人に量子コンピューターや相対論的GPSの時間補正と言っても理解できないのと同様に、2021年の我々が「局所空間の通常空間における波乗り効果」と聞いても理解できない新しい物理理論と技術を生み出し、任意の範囲の時空を通常空間の時空の中を波乗りをする様に滑らせ、何百万光年も遥か彼方の銀河に極めて短時間で人や貨物を行き来させるかも知れない。
 そうなれば、はくちょう座の方向の約600光年の彼方にある我々の太陽と良く似た恒星ケプラー22のハビタブルゾーンを公転する岩石惑星ケプラー22bに移民宇宙船が大挙して押し寄せ、ネオ日本/ネオアメリカ/ネオチャイナ/ネオロシアなどが建国されるかも?

 地球周回軌道や地球-月のラグランジュ点L₄,L₅へ宇宙太陽光発電所を建設する為の人や資材の輸送は、下記のブログで説明している「宇宙塔マスドライバー」が最適です。
http://blog.livedoor.jp/satou_hiroshi_4649/archi …

そこで発電した電力をマイクロ波に変換して地球に送信します。
 このマイクロ波を地球で受信して電力に戻して利用します。宇宙では何に遮られる事も吸収される事も無く、365日24時間、100パーセント太陽からの光が太陽電池パネルに当たる。この無限でクリーンな電力で地球の水(H₂O)を電気分解して、水素と酸素を作り、この水素で水素自動車(燃料電池自動車)を走らせる。宇宙の太陽からの光で大型トラック/バス/タクシー/マイカーなど全ての車が走行する「水素社会」が到来します。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_an …

 月や火星には豊富な水があります。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO44158040U …
https://www.cnn.co.jp/fringe/35146771.html
https://astropics.bookbright.co.jp/korolev-crater
 この水とこれを太陽電池の電力で電気分解して得られる酸素と我々や家畜などが吐き出すCO₂で食料生産プラントで月や火星やラグランジュ点のスペースコロニーで365日24時間体制で米/小麦/大麦/大豆/コーン/野菜/果物/海藻などを栽培し、牛/豚/鶏/魚介類などを飼育/養殖すれば、地球と同様の豊かな食生活が可能だ。

 2045年にコンピューターの知能は,全世界の人間が束になって挑んても敵わなくなる,全人類の知能の総力を超える「技術的特異点/シンギュラリティ」に達するらしい。
 人間は脳にチップを埋め込み,スマホやPC,マウスやキーボードなどを使わず,脳の中に投影されるスクリーンの輝点を目で追うと,その脳の電気信号をチップが検出し,文字の入力やクリック/ドラッグ/ドロップなどが可能になり、人間は、常時、ネットにワイヤレスで接続し、超知能/超知性の人工知能AIと通信し、世界中の情報を操作/情報処理する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1350670414864 …
 テレビ電話で貴方Aが日本語でアメリカの人Bに質問すると瞬時に流暢な英語に翻訳されBに聞こえ、Bの英語の答えは瞬時に流暢な日本語に翻訳されAに聞こえる。この瞬時の翻訳は全世界の全ての言語間で相互に可能になる。
 超知能/超知性の人工知能AIと連動した人型ロボットが、一般家庭で炊事/洗濯/掃除/育児/介護/買い出し/ゴミ出しなどを熟し、医療/法曹/建築/土木/生産/流通など全業種の全職場で働き、人間には、研究開発や芸術などの限られた仕事しか残らない。
 我々は、超知能AIとこれと連動して動く人型ロボット達に仕事を奪われ、彼らに養われて生きて行く様になるのかも知りません。
  地球の隅々に広がり地球から溢れた人類は、無限のキャパシティを持つ最後のフロンティアである「宇宙」に向かう。それは「好奇心と拡散性」が人類の「性(さが)」だからだ。

 知的生命体は人型では無いかも?
 核分裂物質が豊富な環境でケイ素生命体が誕生し、体内に核分裂物質を取り込み核分裂エネルギーで生命活動を維持するのかも?
 太陽の光を浴びて光合成の様にして生命活動に必要な物質やエネルギーを得るのかも?
 そうであれば地球の生命体の様に他の生命体を捕え/殺し/食べ/消化し/吸収し 生命活動を維持するエネルギーを得る必要は無いので、食べる「口(くち)」は無く、自己の体内から電磁波を発信し、外部の電磁波を受信し外部の情報を知覚し、他の個体とコミュニケーションするなら、目も耳も喋る「口(くち)」も無く、呼吸が不要なら鼻も無く、手足も無く、触手の様な体の器官で物を掴み、銀河間航行する宇宙船を組み立て、宇宙狭しと駆け巡り、壮大な宇宙文明を築いているかも?

創世記では、「はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。」とあります。「はじめに」とは、時間を指す言葉です。「やみが淵のおもてにあり」とは、「やみ」や「淵」が存在し、これらが存在できる「空間」がある事を意味しています。神が天地創造を開始した時には、既に時間も空間も存在していたのです。
 では、これらを創ったのは何なのか? これらは何故、存在していたのか?
聖書は答えていません。

宇宙は、なぜ存在し、宇宙は、どうしてどのようにして始まったのか?

神が創ったのなら、

_神は、なぜ存在し、_神は、どうしてどのようにして始まったのか?

こう記述すると、宇宙と神は同じです。
「マイクロプラスチックを使った、私の発明で」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>宇宙デブリだけでは無く、通常の人工衛星の速度と周回軌道高度も低下させて大気圏に突入させてしまう


衛星には軌道修正用のロケットが有ります。しかしデブリにはそのような推進装置は有りません。衛星の速度が低下したら、ロケットに点火して、元の軌道に戻れば良いだけです。

お礼日時:2021/08/29 06:47

デメリットが計算出来てないので問題外です。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング