なんで、国産のスポーツカーに乗るのかわからないのですが・・・。
皆さんの中で国産スポーツカーに乗ってる方はいますか?
購入の経緯を教えてほしいです。高い買い物なんだから
それなりに知恵絞って買ってるんでしょう。教えてほしいです。

 わたしはフィアットバルケッタとアルファスパイダーに乗ってます。
スポーツカーは外見が肝要です。それに加えてエンジン、足回りなどの
性能面との高次元での融合が必要だと思います。その点において
アルファスパイダーやバルケッタなどはまさに現代車における
最高峰だと自負しています。

 だからですね、特にいいたいのがスープラ(現行)やスカイライン
(最近出た新しいやつは除く)などの
イケテナイ車に乗っている方がいるのか、わからないのです。
はっきりいって、スタイルなんか、最悪じゃないですか?
たとえ、馬力が280psあるとしても、スープラなんか太り過ぎでしょ・・・。
カタログよんで、アホで無知な消費者騙してるとしか、思えないのですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

 ばーかーなー!(^^;゜。


 スープラはカッコよいっすよー!
 それよかセリカの方が好きだけど(笑)
 あ、でもそれよりシェルビーの方がいいか(笑) コブラGT-500なんか、お金があれば買いたいっすね。

 俺はどうしても、「オープンカーは人間が乗ってないときはカッコいい」というふうにしか見えないのです(^_^;
 これは昔見た漫画の影響です(笑)
 人間が乗ってしまうと、無機質で流線的なボディの上に有機物がポコンと置いてあるように見えて何とも間抜けで(^_^;

 あと、車をデザインで選ぶのは俺的にはちょっと引いてしまいます。
 車は走ってナンボのモンですからね。デザインと性能のバランスの取れた車こそ良いと思ってます。あと整備しやすいとか。
 その点で言えばミニなんか優秀っすね。赤いボディでトップの白いミニが欲しいです(笑) 黄色のフィアットでもいいけど。(←何の漫画を見たのかもろばれ)
    • good
    • 0

> カタログよんで、○○で○○な消費者騙してるとしか~


まず、このような表現は許されるのでしょうか?


私は、国産車かっこいい(まず見た目)と思いますよ。癖がなくて。
「かっこいい」の基準は人それぞれです。
日本車は社外アルミ履くだけで随分格好良くなりますよ。
私はそれを日本車のデザインの優秀なところだと思ってます。

アルファは・・・どうでしょう?
スパイダーだと剛性の問題とかもあるんじゃないでしょうか?
オープンでいかに剛性をあげても非オープンの限界よりは低いでしょう。
あの、車がよじれる感覚はスポーツ(ライク)走行時には
あまり気持ちのいいものでないように思います。

やはり人それぞれです。
貴方の好みは貴方の好み、私の好みは私の好み。
無理に賛同者を見つける必要もなければ、
他人の好みにどうこう言うことに意味があるとは思えません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスポーツカーの皆さん今年は何万キロ乗りました?

こんにちは
今年も終りですね
ところで皆さん今年は車何万キロ乗りましたか?
やっぱりスポーツカーが趣味の人は遠乗りでかなり乗ってるのでしょうか?
うちは3月納車で今1万kちょっとです
ほとんど趣味の運転です
年に4万キロ!や五〇〇〇だけや!とか
皆さんの走行距離教えてください

Aベストアンサー

 皆様随分お乗りの様ですね。で、ワタシはちょっと違う話&業界ネタをしましょう。また例によって御質問の回答から脱線してしまいますが・・・・。


1.スポーツカー=運転そのものがスポーツとなるクルマ、を意味していた時代、そんなに長時間スポーツを続けるのは、肉体的にも精神的にも不可能でした。 
 欧州製のペッタンコなスポーツカーに乗っていた頃、年間1.5万kmほど乗っていましたが、左足の奇妙なシビレに悩まされ続けていました。
 そのクルマは、墓石の様に重いクラッチペダルを踏むとふくらはぎがフロアに付くほど低いドライビングポジションで、視界を遮るほど高い位置に直立しているハンドルと相まってF1の様な運転姿勢を強要するモノでした。
 やがて『速いがタダのファミリーカー』といった感じの今日的なクルマに乗り換えた途端、左足のシビレがウソの様に無くなりました。
 その事を当時出入りしていた修理工場のメカニックに話したら「だいたいスポーツカーで年間1万km以上も走るヤツがイカレてる。1年中泳ぎ続けている様なモンだぞ」と・・・・(ーー;)

2.また、動いている限りスポーツしつづけるクルマ自体も、年間何万kmもの走行には耐えられませんでした。
 そのクルマは、御想像通り(?)メッタヤタラに壊れました。で、修理に出すワケですが、先のメカニック氏がまた一言。「だいたいスポーツカーで年間1万km以上も走るヤツが・・・・」(-_-メ)

3.その工場で知り合った古いロータス乗りは、「1日走ったらクルマも疲れてるんだから、2日は休ませないと壊れますよ」・・・・ダラけたピッチャーじゃあるまいし、中2日でなきゃ登板出来ないってか?

4.仕事の関係で、超ド級のスーパーカーでお馴染みのイタリアの某L社の生産担当重役と話をした時の事・・・・
「一般路の耐久条件は?」
「ウチでは2万kmだ」
「ににに2万km!?」
「驚く事はない。F社でもD社でもM社でも、P社以外のスーパーカー・メーカーの耐久基準はどこでも2~3万kmのはずだ。」
「すると10万kmは走れないのか?」
「2万km以上の事は我々は知らない」
・・・・ワタシは確信しました。「コイツら、市販車をナメとる」


 これら『歴史に名を残す』名車達と現代のニホンのスポーツカーと、どちらが正しいスポーツカー像か?について言及するツモリはありません。
 が、スポーツカー=市販車の一形態、である以上、少なくともニホン車の発達の方向が間違っている、とは到底思えません・・・・。

 皆様随分お乗りの様ですね。で、ワタシはちょっと違う話&業界ネタをしましょう。また例によって御質問の回答から脱線してしまいますが・・・・。


1.スポーツカー=運転そのものがスポーツとなるクルマ、を意味していた時代、そんなに長時間スポーツを続けるのは、肉体的にも精神的にも不可能でした。 
 欧州製のペッタンコなスポーツカーに乗っていた頃、年間1.5万kmほど乗っていましたが、左足の奇妙なシビレに悩まされ続けていました。
 そのクルマは、墓石の様に重いクラッチペダルを踏むと...続きを読む

Q自分の乗っているスポーツカー

自分乗っているスポーツカー(スポーティーカー)があれば、
そのレビューみたいなの教えて下さい。
ぜひ参考にして、車選びをしたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

 中古でもよろしいでしょうか。

車は「CELICA GT-FOUR(ST-185H)」です。二世代前の、
リトラクタブルライトで丸みを帯びたセリカです。
この形式は生産が終了しているので、手に入れるには中古
しかないわけですが、このスタイルに惚れていて、この車
の前もセリカ(GT-R ST-183)に乗っていました。

 CELICA GT-FOUR (ST-185H)
外観は個人的には現在でも通用すると思っています。乗り心地も
悪くはありません。特に、バブル絶頂期の車なので、装備が豪華です。
欠点は、その重さです。コーナーでの軽快さがありません。
また、そのフロントの重さのせいで、ハブベアリングが死にやすい
らしいです。
 駆動形式は四輪駆動(FFベース)でターボです。パワーは225 PS(4000
rpmくらい)、トルクが31 km-m(3200 rpm)です。
 パワーもグレードによっては235 PSですが、一線級の戦闘力は
ありません。しかし、街乗り、高速程度ならば十分すぎるほどのパワーと
トルクを持っています。最上級のスポーツカーがいい、というので
なければ、決して損はしない車だと思います。人気がある、
というわけでもないので、100万以下でも極上の物が手に入ります。

 CELICA GT-R(ST-183)
 上のセリカのノンターボ・FFのものです。エンジンの癖なのか、2500 rpm
あたりからいきなりパワーが上がり始めます。また、5000 rpmをこえると
「エンジンが壊れる?」とでも言わんばかりの音になります。
 フロントが重いのは同じです。「ライトウェイトスポーツ」という言葉は
似合わないでしょう。
 スタイルは、ボンネット上にエアダクトが出ている上記のGT-FOURと違い、
すっきりとした女性的なラインになっています。シルエットはこっちの方が
今でも好きです。
 パワーは165 ps(6000 rpmあたり)、トルクが19 kg-m(4000 rpmくらい)
です。爆発的なパワーはないですが、運転のしやすさは上のGT-FOURよりも
上だと思います。

おまけ
 レビン ZR(AE-91)
 ものすごく軽いです。セリカとは対照的に、コーナーで吸い込まれるように
曲がることができます。パワーはありませんが、ハンドリングは極上では
ないかと。

 古い車ばかりで失礼しました。

 中古でもよろしいでしょうか。

車は「CELICA GT-FOUR(ST-185H)」です。二世代前の、
リトラクタブルライトで丸みを帯びたセリカです。
この形式は生産が終了しているので、手に入れるには中古
しかないわけですが、このスタイルに惚れていて、この車
の前もセリカ(GT-R ST-183)に乗っていました。

 CELICA GT-FOUR (ST-185H)
外観は個人的には現在でも通用すると思っています。乗り心地も
悪くはありません。特に、バブル絶頂期の車なので、装備が豪華です。
欠点は、その重さです。コーナーでの...続きを読む

Q体格のいい人がスポーツカー乗るのはつらい?

新型のフェアレディzに憧れているのですが、
自分は体格がわりとよく、それがネックになって迷っています。
一度ディーラーに見に行ったのですが自分は185弱あって座高もそれなりなので
運転席に座ってみてやはりせまさや見にくさが気になりました。
試乗は今度するのでまだ実際の運転はわかりませんが。

アメリカ人だってスポーツカーに乗るわけで、
結局のところ自分が我慢できるかどうかだとは思いますが同じような体格の方でスポーツカーに乗ってるor乗ってた方としては、これは慣れたりするものかなど色々意見を聞きたいのでよろしくおねがいします。
(乗ってたけどそれが理由で変えた、など)

Aベストアンサー

 ども、クルマの研究で食ってる者です。

※クルマを設計する時、自動車メーカ各社はそれぞれ経験や研究の末に決定した人間サイズのテンプレート(マンサイズと言います)を使いますが、これにはベースとなっているサイズがあります。
 大きい方はAM90と言う『アメリカ人の90%が含まれる体型』で、一方小さい方はJM50と言う『日本女性の50%が含まれる体型』です。
 マンサイズは、北米向け/国内向け、コンパクトカー/SUVでもナンでもカンでも、同じモノを使ってクルマを設計します。故に北米用だから巨人向け、小さいクルマだから小さいヒト用、などという事はありません。必ずJM50~AM90の体型のヒトが許容出来る運転姿勢が取れる様になっています。

※北米人の90%と言うとすごい巨人だろうと想像されますが、実はそれほどでもありません。例えば身長は178~180cm程度で、日本人で比較的体格のよいヒトとそれほど変わりません。(アメフトやバスケなど北米のプロスポーツの選手は超絶巨漢が多いですが、実は統計的には彼らはアメリカ人の中でも『特殊なサイズ』です。)

※御質問者様の185cmというのは、ストレートにNGって感じですね。
 各自動車メーカ毎にマンサイズが若干違う様に『適正なドライビングポジション』も微妙に違うので、185cmぐらいだと全て運転に耐えないほどタイトという事でもありませんが・・・概ね、ドライビングポジションでどこか不都合なところが出て来るでしょう。

※スポーツカーと言うと特にスタイリングにおカネがかかっている種類のクルマの事で、この手のクルマは『単純にカッコよい』『スピードが出そうな感じ』『低重心に見える』などデザイン上の制約(スポーツカーの場合、この制約がイコール商品性に直結しています)が多く、デザイン優先の為マンサイズに対してタイトに作られています。
 故に、185cmでは・・・まずヘッドクリアランスが苦しいでしょう。また、例えばペダルとハンドルが近過ぎて(テレスコピックコラムをメ一杯引っ張ってもハンドルとペダルが近過ぎ)、足に余裕を持たせるとハンドルに十分手が届かないか、逆に余裕を持ってハンドルに手が届くようにすると足を窮屈に折り曲げるか、という折衷案的なドライビングポジションを強いられる事になります。
 その他、シフトレバーやパーキングレバーがヤケに遠いとかダッシュボードのカーナビなどのスイッチ類に手が届かないとか・・・勿論車種によって多少の違いはありますが、それでも『多少マシ』程度であって、中肉中背の方が快適に運転出来るのとは本質的に違います。

※スバルやミツビシのラリー車の様な『チューニングファミリーカー』では、マンサイズに対する空間の与え方もファミリーカーでありタテヨコ方向の余裕は大きいですが・・・それでよろしいのでしょうか?どれほど高性能でもスポーツカーのスタイリングは持っていませんし、極端な低重心車だけが持つ独特の旋回感や低いアイポイントなどは、ファミリーカーベースでは得られません。また、室内空間に余裕があっても、上記の『ペダルとハンドル間の距離』の様な前後方向はやはり合わないでしょう。

※さて、実際に運転してみて。話がややこしくなるので、以下の話はスポーツカーまたはそれに準ずるクルマ限定として、『やたら速くて競技にも使われているが、ベースはフツーの乗用車』は除外します。
 ワタシも身長180cmという『ギリギリマンサイズオーバー』な体型で、仕事柄色々なクルマを運転する機会がありますが・・・
1)欧州や北米のクルマでさえ、概ねAM90をマンサイズとして採用している様です。
 AM90に対する『更なる余裕しろ』は国別に決まっているワケではありません。国別というより各車型別でマチマチで、北米製でさえスポーツカーっぽいクルマとなると日本車より狭いモノもあるぐらいです。(アメ車と言えども、標準体型を無視した冗長な運転姿勢を採用しているワケではありません。この話は当然で、アメリカ人女性の多くは日本人男性以下のサイズであり、『女性だとちゃんとしたドライビングポジションが取れない』のは北米では大問題です。)
 逆に英車製のオモチャみたいなライトウェイトスポーツには、ドライバの左右方向が非常にタイトで(バケットシートが要らないほど)、一方前後と上下方向にはタップリ余裕があるクルマもあります。
2)クーペやハードトップなど、屋根付きはヘッドクリアランスが総じて厳しいです。自分の身長でさえ、デザイン上頭上が広く取られているクルマでも髪が接触し、テストコースやサーキットでの走行でヘルメットを被ると尋常な運転姿勢は取れません・・・自分で『こんなドラポジで、よく操縦性の評価が出来るな~』っと感心してしまうクルマが殆どです。(ーー;)
3)ロータスを除く英車は比較的長身にも余裕があるかもしれません。
 元々英国製スポーツカーはドライバに対しハンドルを近くに置く傾向があり、ペダル~ハンドル間の距離が長めなのでシートバックを寝かせる事が出来、クラシックなスポーツカーらしい手足を伸ばした低い運転姿勢だと考えれば許容出来なくもありません。

※ワタシ自身永らく欧州車を乗り継いで来て、いわゆる『スポーツカー』の類も何台か所有しましたが、少なくとも運転姿勢が窮屈で所有をやめた事はありません。ヘッドライナにアタマが触っていても、『そんなモノ』と納得出来ました。元々スポーツカーという車種のレイアウトが持つ非日常性(極端に低いとか、自分がクルマに『組み込まれた』様な一体感だとか)や、重心が高いファミリーカーやセダンではどうしても得られない独特の操縦性がスキなので、ある意味『目が曇っている』のかもしれませんが。
 などと言っても所詮身長180cmです。御質問者様よりは5cmも低く、この5cmは特に室内高(頭上空間)に対して問題となるでしょう・・・。

・・・というワケで明確な結論が出せませんが、要は『スポーツカーに乗りたいか!?』と『この運転姿勢でガマン出来るか?』をテンビンにかける、ってことなんだと思います。上下方向の寸法だけなら、シートを社外品に取り換えて座面を更に下げる事も可能です。もっとも、シートを下げるのも限界があるので、身長が185cmもあると『シートさえ取り換えれば全てOK』となるかどうか微妙ではありますが・・・(ハンドルを社外品にしてペダル~ハンドル間の関係を改善するのは、エアバッグが付いている最近の車ではお勧め出来ません。)

 ども、クルマの研究で食ってる者です。

※クルマを設計する時、自動車メーカ各社はそれぞれ経験や研究の末に決定した人間サイズのテンプレート(マンサイズと言います)を使いますが、これにはベースとなっているサイズがあります。
 大きい方はAM90と言う『アメリカ人の90%が含まれる体型』で、一方小さい方はJM50と言う『日本女性の50%が含まれる体型』です。
 マンサイズは、北米向け/国内向け、コンパクトカー/SUVでもナンでもカンでも、同じモノを使ってクルマを設計します。故に北米用だ...続きを読む

Q若い人でスポーツカーに乗っている人

若い人でスポーツカーに乗っている人って高い車で燃費も悪く任意保険も高いのに何故乗れるんですか?若いうちは収入もないのに不思議です

Aベストアンサー

逆にスポーツカーなんて若いときで無いと乗れないですよ。
所帯もつと制約多くてスポーツカーなんて到底無理です。
ロードスターでもビートでも乗っておくんだったなぁと後悔してます。

QF1カーの燃費とスポーツカーの燃費のことで

F1カーの実際一般道を走るときの燃費を教えてください。 スポーツカー(エンツィオフェラーリ や NSX )の燃費も教えてください。

Aベストアンサー

>F1カーの実際一般道を走るときの燃費
F1カーが一般道を走るということ自体が不可能に近いですし、燃費を測るにも数10キロも走れないので計測不可能と言えるでしょう。
どうしてかと言うと、F1カーの回転数は常用が1万5千~1万8千回転です!
ギヤ比が全く違います。1速ぐらいしか使えないでしょうし、市販車と同じ感覚ではトルクが無くてキープしては走れないでしょう。これでは燃費ウンヌン・・です。

レースでのF1カーの燃費は概ね3キロ以下です。市販車でノーマル状態であるスポーツカーの自然吸気型エンジンでは7~8キロ台、ターボ(強制吸気型)エンジンでは6~7キロ台でしょう。
ガンガン走っても自然吸気型エンジンではそんなに燃費に差は出ません。しかし、ターボエンジンでは最大過給圧で走ると極端に悪化します。

私のクルマでサーキットランすると6キロ台から4キロ台に落ちます(ライトチューンのときで)。

市販車でもレースカーになるとパワー&トルクを引き出すために回転数を上げます。それに車重があるので燃費は市販車と比較して極端に悪化し、F1カーと差ほど変わらないくらいになります。

>F1カーの実際一般道を走るときの燃費
F1カーが一般道を走るということ自体が不可能に近いですし、燃費を測るにも数10キロも走れないので計測不可能と言えるでしょう。
どうしてかと言うと、F1カーの回転数は常用が1万5千~1万8千回転です!
ギヤ比が全く違います。1速ぐらいしか使えないでしょうし、市販車と同じ感覚ではトルクが無くてキープしては走れないでしょう。これでは燃費ウンヌン・・です。

レースでのF1カーの燃費は概ね3キロ以下です。市販車でノーマル状態であるスポーツカー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報