プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

センナリほおずきが近くの旬際菜交流館で<食用ほおずき>と表示されて販売されています。食用ほおずきはあくまでも、「インカベリー」や「ピチュベリー」、「ストロベリートマト」、「オレンジチェリー」などとも呼ばるものを言うのであって、千成ほおずきは食用ほおずきに分類されないのではないでしょうか?こちのには→<有毒なので食べられないが、切り花やドライフラワーなどに用いられる。>と掲載されています。有毒とはどのような内容なのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (3件)

まずオオセンナリをセンナリホウズキと書くのは止めませんか。


あなたはオオセンナリをセンナリホウズキと思われているのかも
知れませんが、この2種類は根本的に違います。

オオセンナリはナス科のオオセンナリ属ですが、ホウズキのよう
な形をしていますが、実際はホウズキではなく有毒なので食べれ
ません。

センナリホウズキは実がセンナリに付く事から、この名が付けら
れました。ナス科のホウズキ属で、解熱作用があるため薬用とし
て用いられています。ただ毒性はありませんが、食べても美味し
くはありません。

旬際菜交流館に申し出て、間違った表記はしないようにと伝えて
下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オオセンナリとセンナリほおずきの2種類が根本的に違うとは驚きました。これで旬菜交流館にきちんとお伝えする事が出来ます。的確な回答頂きありがとございました。

お礼日時:2021/08/29 18:08

追記だよ。


この世界には明確に記聞されていない物が多く、特別な規制はないんだよ。
例えば、「多肉植物」にだって明確な決まりはないんだよ。
ちなみに、野菜の多くは多肉植物なんだよ。ランや球根類も多肉植物だが、別扱いに。
で、食用ホウズキを「観賞用」として売る場合もあるのでね。
「食用ホウズキ」とは言うが、それほどおいしくもないため、「観賞用」にされることも多いからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に追記まで頂きありがとうございました。

お礼日時:2021/08/31 06:36

そもそも「食用ホウズキ」というのは便宜上言われているだけで、正式な区分ではないんだよ。


「食用ホウズキ」とは、「食用を主な目的として作ったホウズキ」の事であって、厳密にはどのホウズキも食用になるんだがね。
ちなみに、戦中戦後の食糧難の時代にはまだ「食用ホウズキ」というものは存在しなかったが、普通のホウズキや千成は食用にしていたんだよ。
正直、あまりおいしくはなかったが、食用にしていたことは事実だよ。
なので、多くの家で植えていたんだよ。
とにかく、「食用ホウズキ」というのは便宜上の話でしかなく、昔の人には通用しないよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

千成ほおずきは昔はよく食べていたと言う話は聞きます。食用ほおずきの正式な区分がないと言う事は<千成ほおずき>を食用ほおずきとして販売しても間違いではないと言うことなんですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/30 07:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング