色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

研究室がきまりません。わたしは自分の学科とちょっと違う専攻の大学院にいきたいから単位の組み方とかきをつけなきゃいけないんですけどまだ難しくてよくわかならいけどきょうみありそうな研究室がいぱいあってきまりません。

A 回答 (4件)

工学部の元教員です。

ご質問者は文系ならゼミを1年生から決める必要があるかもしれませんが,どの学科か書いてないので,理工学部のように3年生後期あるいは4年生で研究室に入ることを前提とします。
 まだ学部一年生。その学科(専攻じゃなくて学部の)の専門科目もほとんど履修していない。多分関連学会の学生会員でもない。だから学会誌も学会論文集も読んでない。そういう学生に研究室を決める能力はあるはずがありません。今の学科とちょっと違う学科の大学院にある専攻に行きたいなら,学部の4年生のときにその専攻の修士の入試を受験して合格すればいいだけの話です。4年制大学だという前提で話をしますが,2年生になってようやく専門の講義がたくさん始まります。そこにはその学科の先生達が教壇に立ちます。3年生後期あるいは4年生になって配属される研究室を選ぶなら,その個々の先生との相性も含め,講義のやり方,講義内容,講義中に紹介される参考書や雑学の本などを読み漁った上で,3年生の前期か後期に決めればいいこと。何を焦っているのか知らんけど。
 しかも質問文には矛盾がある。行きたかった専攻(学科)は別なのに,今の学科に興味のある研究をしている先生がたくさんいると。じゃ,その学科を選んでよかったわけですよね。なら,3年生までの講義をじっくり聴いてから研究室を決めればいい。
 しかも,修士ごときの研究の成果で専門家になるわけはない。研究者になるとしても,修士はまだ研究者の卵でもない。まだ門前の小僧に過ぎない。卒論と修論はその研究室の先生がやっている先端研究の一部を支援する研究スタッフの一員として学生は勉強をして研究の真似事をしなけらばならない。その段階で,その研究テーマの専門家になんかなるはずもない。どうしても研究したい勉強なら博士課程で勉強すべき。まだまだ先の話だと僕は思いますけど。まずは教養課程に相当する1・2年生の講義でいい成績を取得することが大事。
    • good
    • 1

大学一年で、他科切り替えは、ありですが、大学学部内の内規や各大学の教授会などの事項なので、学部・大学事務局に問い合わせが、必要です。

このあたり、実は、頻繁にあることなのですが、基本的に大学ごとに違うので、一概に言えないことです。学部移動も、可能ですが、ハードルは高いです。電気電子工学科から、文学部大学院に進学して、学部生が院浪になったこともあります。学際領域の大学院しかない分野は、学部からの受験準備は、必要です。この場合も、在学中から、情報収集と指導教員や事務局のサポートは、必須です。
    • good
    • 0

こちらのURLのサイトが参考になります。


https://www.labnavi.info/
各大学のホームページから研究室紹介/研究室案内などを見るのも良いと思います。貴女の大学の先輩に「こうした事/こうした分野に興味があるんですけど」と話して色々と聞いて見ましょう。
    • good
    • 3

そんなことが自分で解決できない様ではどこの研究室に入ってもヤバいです。

大学院へ行く人の聞くことですか?
この質問を要約すると「判らないところが判りません、どうすれば良いですか?」ですよね。もうすこし頭の中を整理すべきですよ。少なくとも学外の人に聞くことではないです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング