色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

すいません、一階の大きな窓の前にアルミフェンス(2メートル×1.8メートル)を一枚から二枚設置したいのですが、工事って自分でも可能でしょうか・・?
現状下は土なので、穴を掘ってセメントを入れてフェンスを刺す・・こんな流れでしょうか。

具体的に三協アルミのエルファードというフェンスを購入しようと思っています。
コンクリートで固定しなければならないと思いますが、手順がよく分かりません。
四角のコンクリートブロックを購入してきて穴を開けるのか・・コンクリートを穴に流し込んで差し込んで固定させるのか・・


わかる方いますでしょうか・・。

gooドクター

A 回答 (5件)

建築関係の仕事をしているものです。



自分で出来るか?

きちんと出来るかどうかで話すと、ここでこのような質問が出ているようでは難しいと思います。

今設置してあるものを交換するのではなく、新規で施設するのならば本職に頼むのが良いと思いますよ。
自身で施工しようとすると、上手くいかずに、プロに頼むよりも費用がかかってしまう可能性があります。

高さが2mほどの建造物を自分自身で設置するのならばそれなりの知識や技術が必要です。
台風などにも耐えるレベルに仕上げないといけませんので。

わかる方はいっぱいいますが、ここでの回答だけでプロ級の施工は無理でしょう。

プロに頼むことをおすすめします。

参考まで
    • good
    • 2

先ず、「アルミフェンスの設置方法」みたいなキーワードで、


グーグル、ユーチューブ、辺りで、検索してください。

必要な機材、方法の概要が理解できると、思います。

基礎に何を使うかも、それらを見れば、基本は分かります。

ホームセンターでご相談されても、大枠のイメージ、使用商品、
必要機材が、現物で確認できると思います。

また、アルミフェンスメーカーの「施工要領書」や
市販の本でのアルミフェンスの「施工要領」を確認
されれば、非常にいい。

プロに頼むのが一番楽ですが、プロが特別なことを
している訳ではなく、「施工要領」を理解して、そのとおり
行っているだけです。
時に、「なんちゃってプロ」が居て、施工要領も知らずに
施工を行い、クレームを発生させます。

最も重要なのは、
1)フェンス基礎は、沈下や傾きを発生させない事。
  このことは、重要なのは「地業」であることを
  教えてくれます。
2)フェンスの根本に雨水が侵入し、錆を発生させないこと。
  このことは、基礎ブロックの天端を、地面から上に
  設定する必要性を示します。
3)基礎とフェンスの高さが、有っている事。
  取り分け、台風での風圧は強く、大きすぎるフェンスと
  華奢過ぎる基礎の組み合わせは、悲劇です。
  豪雪地帯であれば、積雪の重みで、フェンスが崩壊します。

こういうのは、言えばいくらでも出てきそうですが、
「施工要領書」を入手して、それを読めば理解できると思います。

「施工要領書」は、「誰にでも出来るように出来ている。」ので、
心配はいりません。

ここで何かお伝えしても、只の断片なので、かえって
危険かもしれません。

ただ、その気になれば、絶対できます。
    • good
    • 1

>エルファード(高さ2m)。



ガーデンスクリーンになりますね。
ブロック施工は基本NGでしょう。

添付資料
2mということで、40cm角のベースが必要ですね。
「フェンスの設置は自分で工事できるのでしょ」の回答画像3
    • good
    • 1

アルミフェンスの柱部分の固定にコンクリートブロックを使用


・サイズ:幅15 奥行15 高さ30(cm)
・ブロックを埋めるための掘削をして、ブロックを建て込む
・ブロック空洞部分にモルタルを投入して、フェンスの柱を固定し硬化させる。
・モルタル配合=砂:セメント:水
=6:2:1で混ぜる
〈この比率は重さ比です〉
    • good
    • 0

工事のやり方が分かっていて、技量があって、必要な道具、資材などがそろえられるならできるでしょう。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング