今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

総容量4リットルの横長な水槽に水量3リットルを入れ、全部で6匹の金魚を飼っています。
体長は口から尾の付け根までが、小さいもの(3匹)で4cm、大きいもの(3匹)で6cm程度です。
飼っているといっても詳しい知識はなく、お祭りの金魚すくいでよく見かける形だという程度しか分かりません。

季節の変わり目の温度の関係か餌をあまり食べなくなったと思ったら、いつの間にかグッタリとした金魚が2匹。
その内の1匹(大きい方)は既に手遅れで死亡。もう1匹(大きい方)は水槽の中を対流に任せるように、口をパクパクさせて漂うばかり。

カビや白い斑点のような外見的異常は見当たらなかったので細菌感染かと思い、0.5%濃度で2時間程度塩水浴をさせてみましたが状況は変わらず、水を換えた後にその1匹だけを隔離して1晩過ごしました。
(この時点では、水底に横たわって口をパクパクとさせているだけ)

翌朝になって隔離した金魚を見ると、いつもの元気さはないものの、一応正常な向きで泳いでいました。
しかし、泳ぎ方を見ているとその金魚だけ浮いたり沈んだりを繰り返しています。それも、泳いで浮き沈みしているというのではなく、『気を抜くと浮いてしまう』といった感じです。(肛門に気泡があるのも見かけました)

この症状はどういったもので、何を原因にしたものなのでしょうか?

それと、もとの水槽にいる金魚(大きい方)1匹が、5cmくらいの同じ範囲でウロ チョロ ウロ チョロと素早く向きを変えているのですが、何かの兆候なのでしょうか?

因みに、水は1日汲み置きのものを使用していますが、汲み置き容器を屋外に置いているため、雨水が混入していたり、そのほとんどが雨水だったりと行った状況です。
すぐに教えて欲しいとしていますが仕事の都合もありまして、処置ができるのは17時30分以降になってしまいます。
それまでちゃんと生きていて欲しい...。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>総容量4リットルの横長な水槽に水量3リットルを入れ、全部で6匹の金魚を飼っています。


体長は口から尾の付け根までが、小さいもの(3匹)で4cm、大きいもの(3匹)で6cm程度です。

40リットルの水槽に30リットルの水量の間違いではありませんか?
質問を拝見して、間違いではないだろうか?と思いながら書いています。
(60cm水槽で水量約50リットルですから、、)

もし御質問のような条件なら、これはもう金魚ちゃんたちにとって
「考えられないほどの過酷な状態」としか言いようがありません。

病気も考えられます。浮いたり沈んだりしている子は浮き袋が不調なんでしょうね。(浮き袋の不調はすぐさま命にかかわることではありません。ななかなか全快とまではいきませんが)

★水替えをしてエアーをぜひ入れてやって下さい。これが急ぐことの第一!

早急に大きな水槽を用意されるようお勧めします、でないとこのままではとても幸せな金魚ちゃんでは、いられません。(最低45cm水槽)

水槽にはエアー(濾過装置--簡単なものでもいい)+ 底砂 + 水草=これ、水質を良好に維持する3種の神器!)とライト(水草の成長を助け、水質の維持)
水替え用の水はわざわざ汲み置かなくてもカルキ抜きを使われるといいでしょう。水替えの際は新しい水との温度差があるようならお湯をいれて同じにしてください。

急いで下さい。金魚ちゃんたちはどんなに水質が悪くなっても、その枠から出られないのですもの、、、。
このままでは、生きていけない状況であることは確かですから、、。

なお、疑問があれば、補足して下さい。
---がんばって下さいネ--- v(^-^)v
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

>>総容量4リットルの横長な水槽に水量3リットルを入れ
>40リットルの水槽に30リットルの水量の間違いではありませんか?
期待を裏切って申し訳ないのですが、量に多少の違いはあれどもその数字でほぼ間違っていませんでした。
考えられないほど過酷な状態ということでしたので、ふところ事情の許す範囲で23リットルの水槽を購入してきました。(濾過フィルター付きエアーポンプもセットになっていました)

水を換えて濾過フィルター付きエアポンプの環境で一晩過ごし、今朝様子を見てみたところ、とりあえず落ち着いているようで異常らしい行動は見えませんでした。

カルキ抜きについてはその存在を知っていたのですが、汲み置きすれば使わずに済む = 経済的ということで、今のところ緊急的に水替えが必要な場合の非常手段とするつもりです。

お礼日時:2001/08/29 11:28

ディスカス飼育のときにベアタンクという手法を取ります。

これは水だけで水草、底面砂を入れない方法ですが、理由は以下の通りです。
(1)底砂は水の循環がうまく行われないことが多く、そういった場合老廃物の堆積や悪玉の微生物の繁殖がおきやすい
(2)ディスカスは水質の悪化に敏感で水替えの際の底砂から巻き上がる微生物が悪影響を及ぼす
(3)ディスカスに特有のことなので以下省略します。
金魚のことなのに何故?と思われるかもしれませんが観賞魚飼育のエッセンスですのでほぼ共通のことだと理解してください。
つまり底砂が有効に作用するためにはある程度の水量があって(少なくとも水量に比べて魚量が少なく維持されている)なおかつ底砂内の循環が維持されている事が重要なんです。底面フィルターを用いる場合でないなら、砂は邪魔にならない程度(底のガラスが剥き出しだと魚は落ち着きません)にパラパラ撒く。水草を投入するなら水草にあわせる。と考えてください。ただし砂の分だけ有効水量は減りますので小さな水槽では、さらに水草を入れてバランスを取るのは難しいんですよ。小さな水槽で水草で酸素供給をしようと考えるのは初心者はやめたほうがいいです。夜間は逆に水草が酸素消費し酸欠を生みます。そう言う意味で浮き草だって十分役に立ちます。
こうして考えると… 古くからの金魚鉢はうまくできたものですねえ(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
No.5:atozさんの回答にも「ベアタンク」という単語があったので、何かと思って調べてみたらほぼ私の所の環境と同じなんですね。
金魚は鮒の改良種ということなので、ディスカスほど水質に敏感ではないと思いますが、観賞魚飼育のエッセンスということなので、心に留めて育てたいと思います。

とりあえずは底砂(少量)と水草(浮き草)の購入を予定していますが、環境バランスは状況を見て逐次対応していきます。酸素供給量が不足するようであれば、もう1台のエアーポンプも稼働させます。
水槽購入の際に底面フィルターも見かけたのですが、購入した水槽に設置できる大きさなのか? 具体的にどんな使い方をするのか? と、疑問点だらけだったので、濾過フィルター付きエアーポンプにしたという経緯があります。
ですので、底砂を薄く敷くだけで底面フィルターの購入予定はありません。(財政的にピンチですし(;^_^A )

>底のガラスが剥き出しだと魚は落ち着きません
水槽の底をかじっている(?)ような行動はそのせい? 水底に落ちている餌でも探すかのように、水槽の底に向かってパクパクとやっているんです。
それと関係があるかどうかは分かりませんが、水槽側面(背面)にバックスクリーンを貼っておいた方がいいのでしょうか?

お礼日時:2001/08/30 22:06

>それとも、安堵のため息でしょうか?


>今回の場合、どちらにも該当しそうですね...。(;^_^A

心からの安堵のため息です。
「間に合って良かった~~~ v(^-^)v 」の、、。

>水草による二酸化炭素の吸収&酸素の供給。底砂は水草の足場といったところでしょうか?

水草の効能はそんなところだと思いますが、
底砂は「浄化バクテリアの生息場所」なのです。
この3種の神器の力を借りて水を作っていくわけです。
それは金魚ちゃんのためでもあり、管理する私達を楽にもして
くれるのです。

「ベアタンク」で飼育する方法もあります。らんちゅうとか熱帯魚の
ディスカスあたりだと底砂と水草を入れずに管理するわけだから、
「毎日(に近い)の水替え」が必要ということになります。
インフルエンザで40°あっても「こっこっこれが趣味?」なんて
泣きながら水替え (;_`)なんて、、

つまり「3種」の助けを借りるのと借りないのでは手間に
雲泥の差があるのです。

★砂は薄~~くでも敷かれた方がいいでしょう。薄く敷くなら細かい砂
が良いでしょう。砂場にあるくらいの粒で良いと思います。
コップ1杯分でもぜひ敷いて下さい。
5cmも敷くのならあまり細かいのは返って良くありません(バクテリアが
呼吸できない (>_<)) また掃除も砂の中の老廃物も取ってやらなくては
ならないので、重くて、、、とおっしゃるのなら「薄く」で大丈夫でしょう。
★水草も水の浄化に大いに効果がありますが、光合成をするには自然光なり
ライトなりが必要だから、朝日がさすzf01-reiさんの環境なら数本は欲しいところと思いますヨ。
金魚ちゃんたちに似合うでしょう?(突然非科学的ですみません**)
浮き草でもOK、また普通の水草は、石に黒糸で結べば?(私、そうしています)鉛はいけませんから、、。

23リットルの水量だと、安定すると思いますヨ。
水が濁ってくるようなら1週間に1度でも1/3水替え。
(最初の4、5日は水はピカピカにはなりません、これはバクテリアが
まだ十分繁殖していないからです)。
水槽に薄~~く緑っぽいコケがところどころ生えて来たら、しめたものです!。zf01-reiさんちの金魚は何年も生きるでしょうね。
あっ!、それと、餌は食べきれる程度をパラパラと、
冬場はやり過ぎないように気を付けて下さい。

こんなところでしょうか。
では、Y(^-^)Y
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
>底砂は「浄化バクテリアの生息場所」なのです。
得心。得心。良く分かりました。その3つで自然循環ができてしまうので『三種の神器』なわけですね。
何分素人知識なもので、あると便利 or 見栄えがよい 程度に考えていました。(..;)

「ベアタンク」とは何ぞや? と思い検索してみると... 私の所の環境がほぼそうなんですね。(^^ゞ
「ベア」で「タンク」なので、もっとゴツい物を想像していました。【bare:裸の】って意味だったし。

>インフルエンザで40°あっても「こっこっこれが趣味?」なんて
>泣きながら水替え (;_`)なんて、、
そんなマゾな(?)趣味はないので、近い内に底砂(少量)と水草(浮き草)を購入しようと思います。非科学的でも似合う物は似合うんだから。(^-^)

直射日光が当たるのは9時までですが、晴れた日であれば針仕事だってできる(したこと無いけど)明るさですし、夜も玄関の蛍光灯は点けたままにしているので、水草の酸素消費量がそれ程多くなることはないのではないかと思います。いざとなればエアーポンプ(同じ物がもう1台あるので)にも頑張ってもらいますし...
端的に言えば、水槽買っただけでも財政的に結構ピンチなので、ライトは買い控えたいなぁと。(;^_^A

とりあえずは餌の量と水質に気を配っていきます。

お礼日時:2001/08/30 22:05

ふたたび


#1のatozです

取りあえずは、「ほ~っ!」

23リットル水槽ですか、
濾過フィルターも付いていることだし
ほぼ大丈夫です。


浮き袋の異常な子は、他の金魚に移るってことはありませんから、一緒に。
あとは日常の餌やりと適当な水替えでうまくいくと思います。

では、可愛がってあげて下さいネ Y(^-^)Y

この回答への補足

今のところ(今までよりも)大きめの水槽と濾過フィルター付きエアーポンプを導入しただけですが、以下についても補足説明していただけるとありがたいので、よろしくお願いします。

エアーポンプ(+ 濾過装置)についてはどんな効果が期待できるか思いつくのですが、三種の神器の残り2つである「底砂」と「水草」についてはよくわかりません。

思いつくところとしては、水草による二酸化炭素の吸収&酸素の供給。底砂は水草の足場といったところでしょうか?
正直なところ、底砂は水槽がより重くなる上掃除するのが大変そうなので、メリットが小さいようであればあまり導入したくないところです。
そうなると水草の導入も×ということになるのでしょうか? それとも浮き草の類でも効果的に十分なものでしょうか?

『教えてgoo』内で金魚の飼育法についての質問を見る限りでは、それらがあると『自然循環で水換えの必要が殆どなくなる』&『自然環境に近い状態で飼育できる』ということでしたが、『底砂』と『水草』の効果(または利用のメリット)についての記述は見当たりませんでした。

補足日時:2001/08/29 22:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございます。
>取りあえずは、「ほ~っ!」
何やら凄く低レベルな所で感心されてしまっているような気が... (^_^;
それとも、安堵のため息でしょうか?
今回の場合、どちらにも該当しそうですね...。(;^_^A

浮き袋の異常について『教えてgoo』内を検索したところ「転覆病」という記述を見つけましたが、そこまで酷い状態ではありませんでしたし、現在は他の、一応健康であると思われる金魚達と同じように泳いでいるので、このまま様子を見ていこうと思います。

お礼日時:2001/08/29 22:57

浮いたり沈んだりするのは浮き袋の異常です。

浮き袋の異常自体が致命的なことはあまりないですが、ほおっておくと体力を奪われたり、摂食できなくなったりで疲弊死します。
色々な病気が考えられるのですがそんなことの前にやる事があるでしょう。
根本の原因は水槽の大きさが極端に小さいことです。酸素不足によって水面で口をあけるのは末期症状です。特に夏場の高水温は状態を悪化させますし、水質の悪化も極限の状況です。
たとえは悪いですが、関西の花火のときにおきた惨事…あの状況でみんながオシッコウンチ垂れ流した状況だと考えてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
金魚の浮き沈みについては今のところ治まりました。(他の、一応健康であると思われる金魚達と同じように泳いでいます。)
しばらくは注意深く様子を見ていこうと思います。...普段もそうすべきなんでしょうけど。(;^_^A

水槽は23リットルのものを購入してきて金魚達を移し替えましたので、それなりに広くなった水槽の綺麗な水(この時はカルキ抜きを使用)の中で落ち着いた動きをしています。

>たとえは悪いですが、関西の花火のときにおきた惨事…あの状況でみんなが ≪以下略≫
(;^_^A いやはや、何ともその... あれですね。その分、おっしゃりたい事が良く分かります、ハイ。

お礼日時:2001/08/29 22:55

 まず、水草とエアーを入れてやってください。

それから、温度は高すぎたりしていませんか?もし高ければ、水面に扇風機を当ててください。気化熱で随分下がります。

 雨水が混入しているのも問題です。降り始めの雨水はアンモニア等が入っていてかなり汚いです(因みにアンモニアは魚にとって有害)。入らないようにするに越した事はないでしょう。

 水量3リットルとありますが、本当だとしたらかなりサバイバルな状況です。もっと大きな水槽に移してあげましょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

>温度は高すぎたりしていませんか?もし高ければ、水面に扇風機を当ててください。気化熱で随分下がります。
玄関先に置いていますが、直射日光が当たるのはせいぜい朝9時までなので、それ程高くはないと思います。(最近は曇りや雨の日も多かったので特に)

>降り始めの雨水はアンモニア等が入っていてかなり汚いです(因みにアンモニアは魚にとって有害)。
環境汚染...? 自分達がまいた種なんですよね...。汲み置きの水は屋内で保管するようにします。

>水量3リットルとありますが、本当だとしたらかなりサバイバルな状況です。
No.1の方からもご指摘いただきましたので、23リットルの水槽を購入してきました。(濾過フィルター付きエアーポンプもセットになっていました)
今朝様子を見た段階では、異常ないようでした。

お礼日時:2001/08/29 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金魚の動きが活発すぎるのですが・・・。

主人の趣味で、金魚を買い始めました。
大人になってからは初めて飼うために、よく判らなくて心配なことが多々あります。

最初は二匹飼っていたのですが、そのうち一匹はイカリムシのため、手当ての甲斐なく亡くなってしまいました(環境劣悪のペットショップで飼ってしまったのがいけなかった・・・)。
残る一匹を何とか長生きさせたいと思って勉強しているのですが・・・。この金魚が、日々恐ろしく動くようになってきているので、心配なのです。

餌は一日2回、ひとつまみくらいやってます。人が近づくと、ものすごい勢いで水面で暴れます。これは、餌が少なすぎるのでしょうか?

普段も静止しているときはほとんどなく、ほぼ水槽の中を結構なスピードで泳ぎまくってます。上下左右どこでもです。
人の気配がしなくなると、水の底で静止し始めるのですが、ちょっとでも人の気配がするとすごいです。
金魚は悠々と泳いでいるイメージがあったのに・・・。
たまに水面を口でつついているのか、ぴちゃぴちゃと音をさせることもあります。

水槽が狭すぎるのか?餌が少なすぎるのか?はたまた何かの病気の前兆なのか?
金魚初心者の私に、何かご教授下さい!

主人の趣味で、金魚を買い始めました。
大人になってからは初めて飼うために、よく判らなくて心配なことが多々あります。

最初は二匹飼っていたのですが、そのうち一匹はイカリムシのため、手当ての甲斐なく亡くなってしまいました(環境劣悪のペットショップで飼ってしまったのがいけなかった・・・)。
残る一匹を何とか長生きさせたいと思って勉強しているのですが・・・。この金魚が、日々恐ろしく動くようになってきているので、心配なのです。

餌は一日2回、ひとつまみくらいやってます。人が近づ...続きを読む

Aベストアンサー

早速に調べて頂いて、補足ありがとうございます。
うちにも、丹頂、いますよー。頭のコブコブは大人になるに従って立派になってきます。うちのは、もう巨大化していますが、あのでぶちんな体型は何ともかわいらしいですよね。

で、本題ですが。。。
今の金魚ちゃんと、死んでしまった金魚ちゃんは、同じ水槽に居たのですよね。
病気がわかってから、水は取り替えましたか?
もし、ARI-no-mama さんのおっしゃるように、イカリムシであった場合、水の中に幼虫が沢山浮遊している可能性があり、心配です。
私の良く見るサイトを参考に貼らせてもらいますね。

まず、今の金魚ちゃんの体の表面をよーーーーく見てあげて下さい。
もし、アヤシイようであれば、治療薬を使ってあげてください。
早期発見・早期治療で、体力があるうちなら、結構助かる時もありますので。

あと、考えられるのは
>人が近づくと、ものすごい勢いで水面で暴れます。
。。。人にびっくりしているのかも。急にのぞいたり、ドアやテレビなどの音がする物に近くないですか?
水槽は、普通、横の長さで表現する事が多いのですよ。タテ30センチ位との事なので、横も同じか少し大きいくらい、と思っていいですね。
いまのサイズの金魚ちゃん1匹なら、そう、急がなくても大丈夫と思いますが。水草などで狭くなっていなければ。。。

取りあえず、水替えをおすすめします。その際、水温が急に変わらないように気をつけてあげて下さいね。水草は、病気の時にあったものなら、私だったら、捨てます。投げ込み式の(水の中に入れておくろ過器)ポンプの部品も、一旦バラして良く洗った方がいいかもです。

余談になりますが、水は大きい水槽ほど安定する様ですよ。
ウチでも以前は、30センチと45センチ(横幅)でやっていましたが、
金魚屋でセールにつられて60センチのセットを買ったら、もう、やめられなくなりました(笑)
なんと言っても、水替え、ほとんどしてないのです!
金魚専門家には、怒られるかも知れませんが、本当に、状態が良く、時々、フィルターの掃除やら、減った水を足すくらいでメンテナンスフリー。
もし、金魚と長く付き合おうと思っていらっしゃるなら、おススメですよ。
ちなみに、御主人の大事な水槽は、金魚隔離用、若しくは新入り様子見用に充分使えます。

http://www.jpd-nd.com/ill_09.html
http://www.valley.ne.jp/%7Eszk/f_soudan8.html
↑↑
スミマセン、2つURL貼るやり方、忘れました。

参考URL:http://www.jpd-nd.com/ill_09.html

早速に調べて頂いて、補足ありがとうございます。
うちにも、丹頂、いますよー。頭のコブコブは大人になるに従って立派になってきます。うちのは、もう巨大化していますが、あのでぶちんな体型は何ともかわいらしいですよね。

で、本題ですが。。。
今の金魚ちゃんと、死んでしまった金魚ちゃんは、同じ水槽に居たのですよね。
病気がわかってから、水は取り替えましたか?
もし、ARI-no-mama さんのおっしゃるように、イカリムシであった場合、水の中に幼虫が沢山浮遊している可能性があり、心配です。
...続きを読む

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む

Q金魚の心配な行動(沈みます)

今日たまたま休みなので気づいたのですが、昨夜まで元気だった金魚が、今日になって水槽の隅に(ライトの光から逃げるために少し日陰を作っている場所)で沈んでいました。
いつも昼間は仕事で居ないので、昼間はいつも寝ているのかなと思って、さきほどまで様子見ていましたが、心配になってきました。

時々泳いだりはしているのですが、また水槽の隅にかえってきて沈んでいます。
ネットで調べると、転覆病の初期がこんなふうな場合があるとか。
でも、それらの写真を見ると底で横向けになっていたりしてます。
うちの場合は、ひっくり返ることなく砂利にお腹をつけるようにして沈んでいます。

と午前中、ずっとこのような状態だったので、心配になってこれを書いています。
近づくと餌をくれとばかりに動くので、遠目に見ているのですが。
実はこれを書いている間に、今はかなり泳いでいますし、水流に逆らって遊ぶ元気もあるようです。
そうして長く泳いではいますが、時間がたてばまた隅で沈んでいたりします。

このように、寝ていたともとれる状態なのです。
しかし、明るくライトもつけている昼間から寝ているというのはあるのでしょうか。
金魚は暗くしないと寝ないと、どこかで見ました。
日陰とはいっても、ライトがあたってる場所よりは暗い程度で、そんなに暗いわけではありません。

「金魚が沈んでいる」と検索すると、よくない事ばかりがヒットするので不安です。
体をジックリ見ましたが、外からは気になる傷や気になる事は全く見つかりません。

今は元気に泳いでいますが、初期症状であるのならば、早めに何とかしてあげたいと思っています。
これは塩浴をしてあげるべき症状なのでしょうか(薬浴はかえって弱る場合があると聞いたもので)
それとも、気づいたのは今朝なのでもう少し様子を見るべきでしょうか。

もし、何でもない事であれば、スペースをいただいた事を、お詫びいたします。

環境は、
水槽=45×30Cm水槽
水温=27~28度
砂利=4kg(メダカの砂利 あまりよくないと後で知った白色砂利です)
水草=アヌビアス.ナナ
フィルター=AT-60(生物濾過強化のため容器内の水の流れを改造しています)
エアレーション=いぶきエアストーン350
エアポンプ=エアスノー2000
水質検査=本日、アンモニア0 亜硝酸0 硝酸塩40くらい
(予定では明後日が一週間に一度の換水日ですが、状態によって早めようかと思っています)

世話
換水=1週間に一度3分の1(まだ迎えて間もないので、これまで換水2回)
餌=一日2回 5~6分で食べきる量(残り餌は全部回収)
照明時間=小型ランプで 8時~13時 と21時~12時の計8時間
(私の帰宅が遅いため、夜遅くまで家の電気をつけてる状態なので、明るい時間を2回に分けて調整しています)

飼育環境や世話にも何か問題があるようでしたら、どうか教えてください。
長くなりましたが、どうかよろしくお願いします。

これを書き終わるまでに、
金魚は元気に泳いだり、隅に沈んだりと数回繰り返しました。

今日たまたま休みなので気づいたのですが、昨夜まで元気だった金魚が、今日になって水槽の隅に(ライトの光から逃げるために少し日陰を作っている場所)で沈んでいました。
いつも昼間は仕事で居ないので、昼間はいつも寝ているのかなと思って、さきほどまで様子見ていましたが、心配になってきました。

時々泳いだりはしているのですが、また水槽の隅にかえってきて沈んでいます。
ネットで調べると、転覆病の初期がこんなふうな場合があるとか。
でも、それらの写真を見ると底で横向けになっていたりしてます。...続きを読む

Aベストアンサー

1・病気を疑う前に、マズ、確認事項があります。
金魚は止水域を好む魚です。
水槽内水流が強すぎるのでは無いですか?

外掛け濾過器AT60は60cm(60×30×36cm/57L)水槽用です。
45cm×30cmだけでは、水槽の大きさ水量が分かりませんが、、、
45cm標準水槽(45×24×30cm/29L)だとすると、濾過器がAT60では水槽内水流が強く金魚の飼育には向かない可能性があります。

=確認事項=
・濾過器を停止し、エアポンプだけ起動して、半日程度の様子見。
水槽全体で泳ぐようになれば、濾過器の吐き出し水量に問題があります。
濾過器の調整バルブを最小に絞って、飼育してみることになります。
濾過器停止では改善するが、濾過器の調整バルブを最小に絞っても改善しない場合は、流水量の少ない濾過器への交換。

2・水槽内水流(濾過器)に問題ない場合は、転覆病の可能性があります。
転覆病は「鰾(うきぶくろ)」の異常により発症する病気です。
横に倒れたり、引っ繰り返らなく、正常の体勢を保てる転覆病もあります。
体勢は正常でも、水底に沈んだままになったり、水面に浮きっぱなしになり、水槽の中層部で安定しない症状も転覆病です。

転覆病の治療は、飼育水を清水化すること。
・底砂や濾過器の清掃。
・水換え頻度を増やしたり、水換え量を増やすこと。
・餌の量を減らすこと。

水底に沈む症状ならば、0.5%の塩水浴も効果が望めます。
塩水は、浮力が小さくなるため、金魚が浮きやすくなるのが理由です。
塩水浴期間は5日間~7日間です。
塩水は水草に被害を与えるため、場合によっては枯れます。

転覆病の完治は、ハッキリ言って難しいのですが、水底に沈む症状ならば、転覆病を持病として抱えていても長期間飼育出来ます。

メダカの砂利は、弱アルカリ性の中硬水に飼育水を引っ張る性質がある底砂です。
メダカの砂利は、金魚の飼育にピッタリです。

1・病気を疑う前に、マズ、確認事項があります。
金魚は止水域を好む魚です。
水槽内水流が強すぎるのでは無いですか?

外掛け濾過器AT60は60cm(60×30×36cm/57L)水槽用です。
45cm×30cmだけでは、水槽の大きさ水量が分かりませんが、、、
45cm標準水槽(45×24×30cm/29L)だとすると、濾過器がAT60では水槽内水流が強く金魚の飼育には向かない可能性があります。

=確認事項=
・濾過器を停止し、エアポンプだけ起動して、半日程度の様子見。
水槽全体で泳ぐ...続きを読む

Q金魚が沈めない

飼い始めて1年ほどする金魚がいます。
最近、少し気になる事に、いつも水面に浮いています。
近づくと当然下に行こうとするんですが、力を抜くとすぐぷか~と浮いてきてしまいます。
離れて見ている時でも下にいる様子は全くありません。
私はあまり変わっていないと思うのですが、母はお腹が少しはっている気がすると言っています。
また、2匹で飼ってるのですが、もう1匹の方は普段と変わらずなんです。

ネットで、病気の事を調べても当てはまる症状がないんですが、少し心配です。
何か知ってるよ、という方がいれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金魚の体内にある空気袋が、何らかの原因で空気の入れ出しが悪くなっ
ているため、金魚が水面に浮いてしまう訳です。病気名は知りませんが
そのような病気がある事は知っています。
これと言った治療法はなく、稀に自然に完治する事もあるようです。
ただ水面に浮いている時間が長くなるため、金魚の体の表面が乾燥して
しまい、最悪な場合には死んでしまう事もあるようです。

感染症の病気ではないので、隔離する必要はありません。
塩浴を試されるのも方法と思います。

Q金魚の消化のいいエサとは?

いつもお世話になっております。
今回もよろしくお願い致します。

念願の金魚を飼い始めました。
金魚には出来るだけ消化のいいエサをあげた方がいいといわれたのですが、
どのような成分が入っていると消化にいいのか分かりません。
たまに「消化にいいエサ」と表記があるものがありますが、
小さすぎたり、多すぎたり、なかなかいいものがありません。
消化にいいとは、どういう成分が多いと消化がいいのですか?

金魚は体長3-4センチのが3匹います。
銘柄をご存知であれば、浮くタイプ、沈むタイプどちらでも教えて頂けるとありがたいです。
お手数ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ややっ、なかなか鋭いご質問ですね。
消化に良いエサ...という曖昧な(訳が分からない)ところで終わってしまうことが多いのですが。

まずは、成分表示があるかどうかを確認して下さい。
表示がない or 適当なものは、問答無用で却下します。
安かろう悪かろうの飼料など、いくらでも作れるからです。


概論的な考え方として、大半の魚類は肉食傾向が強く、
【タンパク質の消化能力は高く、炭水化物の消化能力は低い】です。

魚の飼料としての炭水化物には、主に小麦粉が用いられます。
小麦粉の約70%がデンプンなので、粘結剤(つなぎ)の役割も果たします。
しかし、デンプンの含有率が高いと、消化効率は落ちてしまいます。
つなぎとなるデンプンを少量入れただけで、消化効率が大幅に減少する魚種もいます。

余談ですが、炭水化物の中でも糖類は消化効率が高いです。(糖類だけでも悪い)
また、デンプンにも、αデンプンとβデンプンの2形態があり、βデンプンの消化効率は高いですが、
劣化によりβデンプンはαデンプンに戻ってしまいます。

水分含有量も消化効率を大きく落としてしまうことを含めて、
開封後の餌は、湿気ないように保管し、短期間に使い切った方が良いわけですね。
使い切れなかったら...勿体ないですが捨てて下さい。
生産流通の関係上、量を半分にして価格も半分とはならず、それほど変わらないのです。

他に、魚によっては、【タンパク質の含有率】も消化率に大きく影響を与えます。
含有率が少し減るだけで、著しく消化が悪くなる魚種も中にはいるわけです。
(肉食傾向の強い魚や稚魚の場合、タンパク質含有率は重要視されます。)


とはいえ、金魚はコイ科の魚です。
-------------------------------------------------------------
雑食傾向の強いコイ科の魚は、炭水化物の分解能力も高く、
植物性タンパク質でも動物性タンパク質に近い分解力を有します。
-------------------------------------------------------------
タンパク質の含有率も重要ではないですし、動物性タンパク質を大量に使わなくて済むため、
熱帯魚用の餌と比べて扱いやすい餌を、安いコストで作れます。
消化効率の落ちが少ないところで、バランスを取れば良いため、
タンパク質含有率や炭水化物含有率による判断は難しいと言えるでしょう。
熱帯魚用の餌の判断基準が全てではない...ということです。


他の回答者様の間でキョーリンが出ていますが、
表示がなかなかツボを押さえているのが読み取れ、
安心感でもあり、評価の高さにつながっているのだと思います。

例:「咲ひかり金魚」
http://www.kyorin-net.co.jp/gold/go1305.html
◎粗蛋白質:45%以上 ←比率が低いと消化効率が下がる魚種が多い。(肉食傾向の強い魚ほど重要!)
粗脂肪:5.0%以上 ←脂質は消化効率が良い。タンパク質節約効果でエネルギー利用効率が向上する。
◎粗繊維:3.0%以下 ←消化はほとんどできない。少しは必要。
◎水分:10%以下 ←高いと消化効率が悪くなる。
粗灰分:20%以下
りん:1.8%以上
--------------------------------
◎炭水化物=100-(45+5+3+10+20)=約17%

◎の部分に着目すれば、餌のクォリティーが見えてきます。
さらに、材料まで見ると、かなり分かってくるのですが、文量の関係上、割愛します。

とはいえ、ひかり菌とやらは、私は信じ切ってはいません...
特定保健用食品のヤクルトが、冷蔵保存で短期間の賞味期限しかないのに、
常温保存の開封済みの餌で、ひかり菌とやらがどの程度生きていて活性化できるのか?
私はよく知りませんので...


消化について説明しましたが、餌の選択で大事なのは他にもあります。
【嗜好性】と【形状】です。
これは消化どころか、食べ残しとなって水を極端に汚す可能性が高いため、最も重要なところでしょう。

浮くか沈むか、しばらく漂って沈むか、もポイントですが、
浮く餌はらんちゅうなどが食べにくいため、沈む餌が多いようです。
良質の餌を求める人は、高価な金魚を飼っている人が多いですから。
砂利をほじくり返すので大丈夫ですが、砂利の隙間に入り込まない程度の大きさであった方が良いです。

あと、餌を沢山与えても、今度は魚の方で消化吸収が悪くなります。
理想は、少量を複数回に分けることですが、大きく育てても水槽で飼うのは困るだけですので、
一般的な飼育なら、1日に1回少量で構いません。
それもパッケージに書いてある分量よりも かなり少なくです。
餌のやり過ぎというのは、多くの方が嵌る穴なので注意されて下さい。

餌の与えすぎは非常にリスクが高いですし、金魚は雑食性なので水草や水槽内のプランクトン等を食べるので大丈夫です。
餓死するというのは殆ど聞かない話なので。

なお、外出時など、数日餌を与えなくても大丈夫です。

念願の金魚、大事にしてあげて下さい。

ややっ、なかなか鋭いご質問ですね。
消化に良いエサ...という曖昧な(訳が分からない)ところで終わってしまうことが多いのですが。

まずは、成分表示があるかどうかを確認して下さい。
表示がない or 適当なものは、問答無用で却下します。
安かろう悪かろうの飼料など、いくらでも作れるからです。


概論的な考え方として、大半の魚類は肉食傾向が強く、
【タンパク質の消化能力は高く、炭水化物の消化能力は低い】です。

魚の飼料としての炭水化物には、主に小麦粉が用いられます。
小麦粉の約70...続きを読む

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Q金魚の様子が変です

うちの金魚なんですが、最近垂直になって(頭を上にして)じっとしている事が
多くなりました。

以前はそんなことはなかったので少し気になります。
とくに体調が悪いとかはなさそうです(朝はえさをねだってばくばく食べているので)。
いったいどうしたというのでしょうか?

Aベストアンサー

金魚は和金ですか?丸物ですか?
浮かんだり転覆したりしていなくても、いわゆる転覆(沈没)病になりかけではないでしょうか。

丸物が転覆病になりやすいそうで、うちの丹頂も口を上にして突っ立ったままほとんど動かなくなったことがあります。
エサも食べなくなり下目使いで周りを見るくらいで泳ぎもせず、その後隔離して治療しようとしましたが、甲斐なく亡くなりました。その状態になってからも何ヶ月かは生きていましたが、今思うと良かれと思って民間療法をいろいろ試したのが何かかわいそうでした。

他にも出目金が転覆病(こちらは本当に浮かんで横になってしまう)になって亡くなりました。

私の経験からすると、症状が進んでから普通の状態に戻ることはありませんでした。
エサのやりすぎと水質の悪化(酸性化)は悪影響があるように思います。

原因もハッキリしませんし、これといった治療法もないようなので、なるべく環境を良くするのが大切だと思います。
転覆(沈没)病でなくても底に体をつけてじっとしているのは心配です。
フンの状態など特に変わりありませんか?消化不良という可能性もあります。
消化の良いエサに変えるとか、現在エサをじゅうぶんに食べているなら、少し減らし気味にしてみてはいかがでしょうか。

金魚は和金ですか?丸物ですか?
浮かんだり転覆したりしていなくても、いわゆる転覆(沈没)病になりかけではないでしょうか。

丸物が転覆病になりやすいそうで、うちの丹頂も口を上にして突っ立ったままほとんど動かなくなったことがあります。
エサも食べなくなり下目使いで周りを見るくらいで泳ぎもせず、その後隔離して治療しようとしましたが、甲斐なく亡くなりました。その状態になってからも何ヶ月かは生きていましたが、今思うと良かれと思って民間療法をいろいろ試したのが何かかわいそうでした。

他...続きを読む

Q金魚が底に沈んで横たわりえらを動かし泳ぎません餌を与えると横になって泳ぐのですかすぐ沈んで横たわりま

金魚が底に沈んで横たわりえらを動かし泳ぎません餌を与えると横になって泳ぐのですかすぐ沈んで横たわります。治す方法を教えて下さい

Aベストアンサー

お礼に書かれている内容について少し補足します。

 温度を行き成り上げると金魚はヘタレますので水温を水温計等で測定し、徐々に25℃に近付けます。転覆した個体は尾鰭に負担が掛かりますので一気に温度を設定しては駄目ですし、何度かに分けて最終的に25℃に設定をします。

 アンモニアが悪さをしていない場合はこの方法で対応が可能であり、悪さをしている場合は悪化しますので必ずpH等とアンモニアをセットで測定します。この場合はpH等と別に測定し、水流があると測定はできません。アンモニアを別々に測定をしないと燐酸塩がアンモニアを隠し立てして悪さをし、硫酸塩、珪酸塩、硼酸塩等の酸化塩まで誘発します。

Q金魚薬浴中。どんどんひどくなってきています(*´д`*)なぜ?

先日、薬浴についてこちらで質問させていただいたばかりなのですが、日に日に状態が悪くなってきている気がします。画像を添付しているので見てください。これはよくなる兆候なのか、やはり悪化しているのか・・。
メチレンブルーで薬浴中、水槽内を見ていると、掃除して水替えしたばかりなのに、糸状というか繊維質みたいなものがやたらにフワフワ~としていて、もしやカビ?と思い水も泡立つので居てもたっても居られず再度水替えをしました・・・。そして今度は、底砂もいれず(メチレンブルーで青色に染まってしまったので・・・)ヒーターのみを入れ、フレッシュリーフに変えました(いけないかな・・と思いつつ、あまりにも金魚にメチレンブルーが付着して(特に痛んでいる部分)辛かったので(*´д`*)
あ~こんなに色々やったら金魚に負担になってしまうと思いつつも・・。
どう見ても症状は悪化しているような感じですし、一番ひどい金魚はヒーターの近くにいきじーっとしています・・。もう諦めるしかないのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

多分、白点病から併発した水カビ病だと思います。うちの金魚さんも水替えをした時に罹る事が多かったです。(水替えの時に浄水器や敷石まで洗いませんでしたか?)

とにかく、白点病を治すのが先決で、薬浴&水温の上昇しか対処法は無いでしょう。(うちの金魚はそう言う危機を3~4回は経験している。現在、10歳で、先々月に初めて卵を産みましたよ。)暖かく見守る事と、薬浴時は餌は少なめに。餌が残るともっと水が傷むので。(2~3日は餌さ無しでも生きてるもんです)

Q金魚の水かえについて

はじめて金魚を飼い始めましたが、3日で水がものすごく濁ってきました。3日に一度水をかえる時、カルキ抜きを入れて掃除しています。で目金2ひきと夜店の赤い金魚1匹で1日3回餌をあげています。水をかえたとたん、金魚たちは水槽(12リットル)の中をはしからはしまで動き回って嬉しそうなんですが、3日目くらいになり水が濁ってくると、水槽のはしっこに3ひきがみっちゃくしてごはんの時以外ほとんど動かなくなるので、苦しいのかと不安になります。水をかえすぎると金魚が弱るという人もいますが、あまりにも金魚の行動がちがいすぎるので、心配なんです。普通はどのくらいでかえるのでしょうか?また水がにごらなくなる何か良い方法もご存じでしたら教えてください。(エアーポンプの濾過機能付きものを使用していますが、こちらも購入して3日目には黒くなってきました)

Aベストアンサー

一般的な維持の仕方と、水槽立ち上げ時の維持では、話が全く異なってきます。
ごちゃ混ぜで理解してはいけませんよー。

・3日で水が濁ってきたのは、ごく普通のこと。
・金魚たちは嬉しがっているのではなく、急激な水温変化に驚いている可能性が高い。
・投げ込み式フィルターと言いますが、ろ材が黒くなってきたのは問題ではなく、喜ばしいこと。


残り餌や魚の排泄物からは、アンモニアや亜硝酸という、金魚にとって有毒物質が蓄積します。
これを無害化するのは、硝化バクテリアといいまして、空気中から侵入し、その水槽の水質にあったものが繁殖します。
これを生物濾過といい、ゴミを引っ掛ける物理濾過より遙かに重要です。

さて、始めて立ち上げた水槽には、通常、水道水を入れます。
水道水には塩素が含まれているので、殺菌されて、バクテリアがほとんどいません。
この状態で、魚を飼うと、硝化バクテリアの数が全く足りず、短期間で中毒死するのです。

従って、立ち上げ当初は、蓄積した有毒物質を排出するために、【頻繁な水替えが必要】となります。
硝化バクテリアが十分な量に繁殖するまで、一般的には40~50日掛かると言われています。(無論、個々の環境で差が出る。)

硝化バクテリアは固形物表面に住み着き、繁殖のために酸素が必要となります。
つまり、このバクテリアを大量繁殖させるためのマンションが、濾過装置(フィルター)です。

そして、立ち上げ初期の有毒物質の蓄積状況を知り、魚に負担を掛けない水替えをするために必要なアイテムが、亜硝酸試薬です。
亜硝酸が蓄積して魚に危険な数値となったとき、水替えをします。
数週間は、水を替えても替えても、危険値を示す状況が続きますが、突然、全く検出されなくなる日が来て、それが(生物)濾過の完成を示します。
この時点から、通常の維持に移行できます。

水を滅多に替えないでも維持できるのは、硝化バクテリアが十分に繁殖してからとなります。
しかしながら、バクテリアが分解した最終生産物は硝酸(硝酸塩)となり、水質のpH(アルカリ性度)を下げます。
魚にとって好ましくないpHになると、魚は不調になりますし、餌に含まれている塩分などで、水質が大きく変化し、
水替え時や新たに魚を導入する際に、大きな負担を掛けますので、適度な水替えはした方が良いでしょう。

大量の水草に、硝酸塩を吸収させる方法もありますが、12Lで金魚がいるならば、過大な期待はできませんので、水替えで対応して下さい。
水に色も付きますし...

--
Q:水を替えすぎると金魚が弱る?
A:水替えによる水質変化は、魚にとってストレスとなります。
緩やかな水質変化には、魚は適応力がありますが、急激な水質変化には弱いのです。
ストレスで抵抗力が弱った時、病気にかかります。人間の風邪と一緒ですね。

加えて、魚よりももっと弱い、硝化バクテリアも大きなダメージを受けます。
バクテリアは分裂によって増えるため、数日で元の数に回復するのですが、回復に長期間掛かるような数まで減らしてしまうと、
立ち上げ当初と同じ、アンモニアや亜硝酸による中毒の危険性が出てきます。
これが、水を替えすぎる金魚が弱る...理由です。

Q:水が濁る!
A:良好な状態の水槽では、微生物層(バクテリア含む)が作られ、その比率はほぼ一定で安定します。
バクテリアのいない状態の水道水から立ち上げた場合、あるバクテリアが一時的に大繁殖することにより、白濁するわけです。
バクテリア間の食物連鎖が構築されるにつれて、安定した状態に収束すれば、水の濁りは消えます。
ごく短期間のことですので、全く心配する必要はありません。
微細なゴミが舞うような状態は別ですが...

Q:フィルターがすぐ汚れる...
A:ウールのろ材が茶色くなることこそ、バクテリアが定着してきた証拠です。
汚れていると思って洗うと、全くの逆効果となります。

ただし、糞や残り餌などが大量に吸い込まれている場合は話は別です。
これらは有機物なので、無機物を分解する硝化バクテリアとは別のバクテリアに任せることになります。
しかし、有機物の分解はバクテリアにとって非常に負荷の高い作業で、腐敗細菌の繁殖などで水を汚し、病気の原因を作ります。
飼育水が臭うようなら、危険信号です。

また、いくら茶色い汚れが硝化バクテリアの繁殖証拠だと言っても、大量に増えすぎると、
硝化バクテリアに必要な酸素が、目詰まりにより供給されなくなり、
バクテリアの大量死が起こり、これを起点として連鎖的に環境が悪化します。

Q:餌の量は?
A:少量を何回も分けるやり方は正しいです。
ただ、餌のパッケージに書かれている3~5分で食べきる量という表示に、
誤解される方が多いので、皆さんそれをおっしゃられています。
パッケージの表示は、ブリーダーの方が水槽の前に立って、絶対に餌を底に沈ませないように(餌が沈む途中で全て食べきらせる)
指を擦り合わすようにして、チョロチョロと餌をあげた場合の記載です。
一般の方は、そういう面倒なやり方をしないのではないでしょうか?
ドバッと3分で食べきる量ならば、餌は分解されにくいため、致命的となりうる水質の悪化を招きます。
金魚が5cmと仮定して、金魚1,メダカ2で、耳掻き半分×3回/1日くらいで十分です。
数週間で、メダカのお腹がへこんでいなければ、それで足りています。
餌のやり過ぎは、初心者の方が短期間で魚を殺される大きな原因となっています。

...これくらいで。

一般的な維持の仕方と、水槽立ち上げ時の維持では、話が全く異なってきます。
ごちゃ混ぜで理解してはいけませんよー。

・3日で水が濁ってきたのは、ごく普通のこと。
・金魚たちは嬉しがっているのではなく、急激な水温変化に驚いている可能性が高い。
・投げ込み式フィルターと言いますが、ろ材が黒くなってきたのは問題ではなく、喜ばしいこと。


残り餌や魚の排泄物からは、アンモニアや亜硝酸という、金魚にとって有毒物質が蓄積します。
これを無害化するのは、硝化バクテリアといいまして、空...続きを読む


人気Q&Aランキング