良く使う言葉で「にっちもさっちも」というのが
ありますが、この言葉にはどのような意味がある
のでしょうか?また語源はどこから来ているので
しょうか?ふと考えたらとても不思議になり質問
させていただきました。

どなたかご存じの方教えてください。

よろしくお願いします!

A 回答 (3件)

*にっちもさっちも



にっちもさっちもとは、どうにもできないさま。どう勘定しても。どう工夫しても。行き詰ってどうにも出来ない時に「にっちもさっちもいかない」と使われる。


*にっちもさっちもの語源・由来

にっちもさっちもは、算盤(そろばん)用語が語源である。
「にっち」は「二進(にしん)」、「さっち」は「三進(さんしん)」の音が変化した語。
「二進」とは2割る2、「三進」とは3割る3のことで、ともに割り切れ、商に1が立って計算が出来ることを意味していた。
そこから、2や3でも割り切れないことを「二進も三進も行かない」と言うようになり、しだいに計算が合わないことを意味するようになった。
さらに、商売が金銭面でうまく行かないことの意味になり、身動きがとれない意味へと変化した。


だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
そろばん用語が語源とは知りませんでした。
すっきりしました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/06 23:00

こんにちは。


この手の疑問は【キーワード(今回の場合、「にっちもさっちも」)】と【語源】の2つのキーワードで検索エンジンにかければ大抵ヒットしますよ。

以下、ヒットしたHPからの引用です。
にっちもさっちもは、算盤(そろばん)用語が語源である。
「にっち」は「二進(にしん)」、「さっち」は「三進(さんしん)」の音が変化した語。
「二進」とは2割る2、「三進」とは3割る3のことで、ともに割り切れ、商に1が立って計算が出来ることを意味していた。
そこから、2や3でも割り切れないことを「二進も三進も行かない」と言うようになり、しだいに計算が合わないことを意味するようになった。
さらに、商売が金銭面でうまく行かないことの意味になり、身動きがとれない意味へと変化した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
意味がわかりすっきりしました。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/06 23:05

googleで検索すればでてきました。



参考URL:http://gogen-allguide.com/ni/nicchimosacchimo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
サイトまで載せて頂きありがとうございました!

お礼日時:2005/03/06 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q語源で覚える英単語集

英単語を語源で覚えたいのですが、最近、語源で覚える英単語集がお店に多く並んでいるので、どれが良いのか分かりません。
自分の直感を信じて選ぶしかないと思うのですが、できたら、皆さんが使って良かったと思う語源で覚える英単語集がありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が大学受験生の頃の話ですが、選ぶのはとても簡単でした。その種のものは1,2種類しかなかったからです。最近「語源で覚える英単語集がお店に多く並んでいる」という事実を知りませんので、お役に立たないかもしれませんが…。

私が使っていたのは、たしか南雲堂という出版社から出ていたもので、割と体系的にまとまっているものでした。厚さも結構あって、合成皮革の表紙がついていて茶色い紙の箱に入っていて、体裁は辞書といった感じでした。その語源の説明も読んでいてなるほど、と思うようなものでした。正式な書名は忘れましたが。

語源をある程度知っておくと、見知らぬ単語に出くわしても何となく意味が推測できて重宝します。

ただ、完璧に語源から単語をマスターしようとすると、ギリシア語やラテン語まで遡らなければならない場合もあり、かえって労力がかかってしまうこともあります。

もし質問者さんが受験生なら、語源だけから単語をマスターしようとするより、語源もマスターしながら別の方法で補うという方法もあります。その節は補足を頂ければまたアドバイスさせて頂きます。

Q「パニック」という言葉の 語源 意味 その他何でも「パニック」に関すること訓えて下さい?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「パニック」という言葉はすでに日本語として定着していますが。
「パニック障害」という「病気」のパニック

の意味に「思うことがありまして」。

「パニック」という言葉の
1)語源
2)その他の意味
3)役に立つこと何でも
訓えていただけましょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

"panic" の語源である "Pan"(パーン)とは、ギリシア神話に登場する牧神で、
山羊のような姿を持つ伝令神ヘルメスの息子です。
熱情・恐慌を司る神としても知られ、人がパニック状態に陥るのはこの神の
しわざだと信じられてきました。

詳しくは参考 URL に要領よく書いてありますが、ある日テュフォーンという
怪物が現れ、あわてて川に逃げ込んだら頭が山羊、下半身が魚という
間抜けな状態になってしまったそうです。
パニックをもたらす神がパニックになるとは面白いですね。

ところで、
>「パニック障害」という「病気」のパニック
>の意味に「思うことがありまして」。

の「思うこと」とは?差し支えなければ教えていただけないでしょうか。
私自身パニック障害を抱えていますので、それがわかれば医学上の見地から
何か言えるのではないかと思います。

参考URL:http://www.himawari.sakura.ne.jp/~yumi/space/star/greece/cap-g.htm

Q語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか? システム英単語という単語帳で英単語を覚えようと

語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか?
システム英単語という単語帳で英単語を覚えようとしていたのですがなかなか頭に入ってこないので語源がのっている参考書を買いました。しかし接頭語接尾語を覚えても、それ以外の語の意味がわからなければ意味がないと思いました。
例えば、provincial proが前に、ialが形容詞に と覚えてもvinceが何なのかわからなければ単語の意味も理解できません。
記憶力に自信がないのですが諦めて単語帳で覚えていくのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

語源で覚えるという方式で説明する人は、このような例を持ち出しきます。
precept pre- 前に cept 取る (前もって取る)→ 処世訓
detain de- 離れて、下に tain 持つ、保つ (離れて押さえつけておく)→ 勾留する

私には、こじつけのように思えてくるのです。

でも、私は、ちょっと言いたいと思うのは、precept や detain ぐらいは、まるっと覚えられないのでしょうか?(ただし、これらは受験単語ではありません)

私は、こういう方法は、リスクが大きいように思うのです。
abrupt (突然の)、erupt(噴火)、corrupt(崩壊する)
"rupt"という語源で結びつけて覚えるにしては、脈絡がなさすぎるように思います。

もちろん、私の持っている単語集に、語根が書かれていて、こういう意味だと載っているものはあります。例えば、alb =白, andr=男, bi =生物, gen =遺伝子
でも、それは分野が限られているものです。必ず、そういう決まりで使われる単語があるわけで、そういう特定の分野があるということだけなのです。

そうでもなければ、私のハンドルの元、Wind+Fall ぐらいなら、
「風が吹いて、りんごが落ちる」 ->棚からぼたもち
と結びつきますが、そんな単語は数少ないのです。

もう一つ、リスクの高いのが語呂合わせなのです。
「あぐり(吉行)さんは、ugly だ」というのは笑い話でいいけれども、度が過ぎるものもあります。「solemn (ソ連)は、厳粛な国だ」とやってしまったら、それは、もう越えてはいけない部分を超えていると私は思うのです。

solemn と言ったら、"The priest read a solemn invocation in the new church." とか、宗教的なものを思い浮かべます。私たち外国人には、想像できないものもあるものの、なるべく近い所まで近づこうと試みます。

また、add -> addition -> additional こういう覚え方をしてよい、という人がいますが、add は、基本単語として、
addition は、It is hot, in addition, is muggy. というように覚えられないかなって思います。

これらの欠点は、英単語に別のイメージを持たせてしまうという問題点があります。

ところで、『システム英単語』は、覚えられませんか?
ミニマムフレーズというもので、覚えやすいように工夫されているはずですが、それでもうまくいきませんか?

単語帳の使い方というのは、まるっきり知らない単語がずらずらと出てくるものよりも、ある程度(6割り程度)知っているものを確認していく、というスタイルのほうが効率がよいのです。市販の英単語帳そのものは、勢いをつけて、長くても3ヶ月程度で終わらせてしまう、という方がよいようです。

受験で効率よく覚える方法は、単語集から、覚えたものをどんどん減らしていく方法を取っていくのが、楽で早いのです。
1回目ぐらいで、2割はすぐに覚えられるもの。10回やっても、1~2割は、覚えないもの。その残りは、4~5回の内には、未知だった単語が、未知ではなくなっています。6回過ぎくらいで定着してきます。得てして、ネガティブな部分ばかりを気にして、覚えたものに意識がいっていないこともおうおうにしてあります。

もう一つは、結果を早く求めすぎているということもあります。英単語をいくら覚えても、ほとんど試験の点数には反映してきません。しかし、ある日、英文読解が苦にならなくなっている時に気がつくのです。毎日、規則的に単語をチェックしていく、そんな作業の毎日が次に繋がるのだと思います。

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

...続きを読む

Q「拡張子」という言葉の語源は?

 パソコンで使う言葉で「拡張子」という言葉がありますよね。
(.exe とか .txt などなど)

 「拡張」って、「広げて大きくすること」と国語辞典に書いてあったのですが、
どういう関係があるのですか。

「拡張子」という言葉の語源は何でしょうか。

「拡張子」は外国語の訳語かもしれません。元の言葉の語源はなんでしょうか。

Aベストアンサー

なにかを広げる、増やすというイメージは間違ってないと思います。
他にもコンピュータの世界では「拡張領域」とか「拡張文字」
「拡張コマンド」などの用法があり、これらは大抵、もともとあった
文字集合やコマンド群などに、あとから追加するときに使われる
ものです。
廉価版で売っている製品に、より詳細な機能が追加できるものを
「拡張キット」などと称し販売する例もありますね。

さて、拡張子の場合は、情報が付け加わったとみることもできるし、
それによってたくさんのファイルが「拡張」できる、とみることも
できます。
しかし、拡張というのは本来のものが広がるのであって、あるものが
別物になるときにはいいませんよね。ファイルにさまざまな拡張子を
付けるとき、たとえばabc.exe.dll.readable.writable.gz...などと
どんどん性質が「追加」されるならそういう情報の拡張だという
気もしますが、実際にはそうではありません。
また、aaa.exeだったら実行可能ファイル、aaa.txtならテキストファイル、
ということだけのものならば「拡張子」ではなくファイルの種類を
識別するための「識別子」でいいことになります。

このように考えてみると、私は以下のような意図で付けられたものだと
感じます(本当のところは当時の命名者に聞かないとわからないかも
しれませんが)、
「ファイル名として8文字使えますが、なんと、さらにうしろに
3文字も『拡張』させて特別な意味を持たせることができるんですよ!
どうです、ゴージャスなシステムでしょう?」

つまり実際のファイルの種類よりも意味よりもまず、
「名前に使える文字列の領域が拡張されている」。
昔のコンピュータはメモリも限られてますから、ファイル名につかう
情報もできればすごく小さいほうがいい。8文字あれば十分じゃ
ないか、それは今までのOS。この新発売OSは、さらに3文字も拡張
されてるのですよ奥さん。

きっと、このときの命名者が数年前の郵政省にいたら、あの郵便番号の
うしろに付ける4桁数字も「拡張子」と名付けていたのではないか、
そんな気がするんですけど。

なにかを広げる、増やすというイメージは間違ってないと思います。
他にもコンピュータの世界では「拡張領域」とか「拡張文字」
「拡張コマンド」などの用法があり、これらは大抵、もともとあった
文字集合やコマンド群などに、あとから追加するときに使われる
ものです。
廉価版で売っている製品に、より詳細な機能が追加できるものを
「拡張キット」などと称し販売する例もありますね。

さて、拡張子の場合は、情報が付け加わったとみることもできるし、
それによってたくさんのファイルが「拡張」で...続きを読む

Q語源で増やす英単語

英語の語源が勉強したくてベレ出版の語源で増やす英単語という本を買ったのですが、インターネットでの評判が悪く間違いだらけだという指摘もありました。私は初心者で何が間違いなのかわからないのですがそれは本当なのでしょうか?語源を勉強するためにおすすめの本があったらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ベレ出版の方は読んだことがないのですが、
寺沢芳雄『ことばの苑』研究社
は割と読みやすい語源の本です。「日本語が語源の単語」が数百載っていて驚きました。

この人が訳した本に、
ウィークリー『ことばのロマンス』岩波文庫
というのもありますが、こちらは『苑』に比べると読みにくい印象を受けます。筆者がイギリス人なので、どうしてもイギリス人の興味が強い分野に偏っている感を受けます。

本格的にやるなら
寺沢芳雄・編『英語語源辞典』研究社
がありますが、高校生向け英和と厚さそんなに変わらないのに7500円と高い(泣) しかもあまり使っていない。。。
単に各単語の語源を知るだけだったら、わざわざ語源辞典買わなくても『リーダース英和』の説明文で十分です。値段は同じくらいだし。

Q「アマゾン」とは、現地語でどのような意味の言葉なのですか。

「アマゾン」とは、現地語でどのような意味の言葉なのですか。
知識をお持ちの方、どうか宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

アマゾンAmazon は元々の現地語ではありません。
ギリシア神話に登場する女だけの戦士部族アマゾンのことはご存知かと思います。
スペイン人の探検家フランシスコ・デ・オレリャーナ一行がこの河を下ったとき、勇猛なインディオの一部族と激しい交戦になりました。
1542年のことです。
このとき、インディオの女性たちが非常に勇敢であったため、彼らこそがギリシア神話にいうアマゾネスではないかと思ったということです。
この話が本国に伝わり、伝説のアマゾン族が棲む河ということでアマゾンの名が定着したとされています。
アマゾン川の現地名は流域の各地で様々に呼ばれていますが、全体を指す呼称は現地語ではないそうです。

Qpretもしくはfereのつく単語(いま、語源から単語学習中です)

いつもお世話になっております。
いま、少し語源から単語を攻めています。
現在はinterpret、interfere、interruptから広げています。
interruptのruptは崩れるという意味で
bankrupt破産する、corrupt堕落する、erupt噴火する、abrupt突然など語源を考えて
覚えることができました。
辞書にはpret→priceからの派生で価値、fere→たたくとありました。
この2つのスペルを使った単語はなにがあるでしょうか?
大学受験生です。大学受験レベルの単語をご教授ください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

語源から単語を覚えていく方法は、実は一番理にかなった効率的な方法です。
英語の歴史をたどってみると、偶然にも古代ローマ人は除き、大体同一系統のゲルマン語系民族が英国本土を征服しその度に語源の違う語彙が加わっていった経緯があります。使用頻度の高い英語語彙20000語の構成は本来の英語が26%フランス語由来20%ラテン語由来30%ギリシャ語由来20%その他4%と言われています。

あなたが取り上げたinterpret、interfere、interruptはたまたま全て接頭辞interも3つの語根も全て30%を占めるラテン語由来の単語です。
残念ながら-pretと-fereの場合は他の例が見あたらない特殊な語根です。
inter-は「間に-between」の意味になります。

ラテン語系の英単語は通常、(接頭語)+語根+(接尾辞)の構造となっています。もちろん、接頭語や接尾辞が付いていない単語もあります。
いきなり全部覚えるのは大変でしょうから、最もよく使われる11の接頭辞と50程度の語根を覚えてしまうことをおすすめします。これだけでもしっかり頭にたたき込んでおくと語彙は11+50=60ではなく、理論上11X50
=550(全ての接頭辞が付くことはないので少なくとも300位)は覚えられることになります。その後は辞書で語源の解説までしっかり読んで新しい接頭辞や語根を覚えていけばいいわけです。かけ算で単語は増えていくのは魅力です。

<最重要接頭辞11>
SUB- SUR- DE- PRO- PRE- AD- RE- IN- EX-
CON- DIS-
※後ろにつく語根との関係で語尾がいろいろ変化することがあるので注意が必要。
<最重要語根50>
アルクの下記URLを参照してください。
http://www.alc.co.jp/eng/vocab/etm/top50/index.html

因みにpriceに関係するラテン語系の語根にはpreci, prai, pri があり
ap/preci/ate, de/pre/ciate ,ap/prai/se, preci/ous がその単語です。

また、打つという意味ではfend, fenceがあり
de/fend, de/fence, of/fend, of/fende がその単語です。
ofはob-の変化した接頭辞で「~に対して-against」という意味になります。

ご参考まで。健闘を祈ります。

語源から単語を覚えていく方法は、実は一番理にかなった効率的な方法です。
英語の歴史をたどってみると、偶然にも古代ローマ人は除き、大体同一系統のゲルマン語系民族が英国本土を征服しその度に語源の違う語彙が加わっていった経緯があります。使用頻度の高い英語語彙20000語の構成は本来の英語が26%フランス語由来20%ラテン語由来30%ギリシャ語由来20%その他4%と言われています。

あなたが取り上げたinterpret、interfere、interruptはたまたま全て接頭辞interも3つの語根も全て30...続きを読む

Q「貴方に溺れて死ぬ」 という言葉をイタリア語か英語にどなたか略してもらえないでしょうか?

「貴方に溺れて死ぬ」
という言葉をイタリア語か英語にどなたか略してもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

I’m madly in love with you.

死ぬほど貴方を愛してます、という意味です。
日本語のような情緒はありませんが、Madly=狂おしいという言葉で溺れると死ぬを表現しています。

Q語源で英単語を覚えたい

語源で英単語を覚えたい
のですが、オススメの辞書や参考書はありますか?是非教えてください。
あと、英単語の覚え方のコツなども・・・

Aベストアンサー

語源で覚えるためには、基礎的な単語力(1万語以上)がないと、混乱してくると思います。よく受験の単語帳などでは、語幹・接頭辞・接尾辞に分解すると良いなんて書いていますが、あれは、著者の教養を見せているだけです。単語の意味と、その分解した意味を覚えるというだけのことで、分解した意味を組成したら、元の英単語の意味が分かるというわけではありません。なお、接尾辞で、メインで使われる単語の意味がまったく変わるものもありますので、必ず、接尾辞を付ける時には確認したほうがよいです。(例:constitute -> constiution)

-clude 語幹
conclude, exclude, include, occlude* , preclude, seclude

-rupt 語幹
abrupt, corrupt, disrupt, erupt, irrupt*

>rupture

(*あまり出てこないように思う)

このような通常使う単語は、接頭辞と語幹で分けて一括で覚えようとすると、接頭辞は意味が一定していないので、後で、記憶が混乱して、やればやるほど意味がボケたり、間違った単語を連想させてしまいます。勘の良い人なら、その意味にあわせて、こじつけしているのと同じだと気がつくはずです。上記のような単語は、文章から覚えたほうがよいです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/58049/3/
語源による英単語学習法でめざせ14000語!

ここで書かれている内容をまともに信じていはいけません。この著者自身が書いている話は、どれひとつとっても学説の一部をかじって披露しているだけのことが話が多いし、この元になっている、"Brown's 14 master words" は、etymology(語源学)のひとつの学説ですが、Native自身も、それで、単語が分かるというわけではありません。

私の持っているのでは Norman Lewis の "Word Power Made Easy" あたりは、何度も繰り返し説明が出てくるので、読むだけで覚えられます。その本から抜き出した、以下のような単語は、語源から覚えることに適しています。英検1級やSAT対策として使われるものです。

internist, gynecologist, obstetrician, pediatrician, dermatologist, ophthalmologist orthopedist cardiologist, neurologist, psychiatrist

同様のものに、Mary W. Cornog "Merriam-Webster's Vocabulary Builder"があります。こちらのほうが、上記の本よりレベルが上です。

語源で覚えるためには、基礎的な単語力(1万語以上)がないと、混乱してくると思います。よく受験の単語帳などでは、語幹・接頭辞・接尾辞に分解すると良いなんて書いていますが、あれは、著者の教養を見せているだけです。単語の意味と、その分解した意味を覚えるというだけのことで、分解した意味を組成したら、元の英単語の意味が分かるというわけではありません。なお、接尾辞で、メインで使われる単語の意味がまったく変わるものもありますので、必ず、接尾辞を付ける時には確認したほうがよいです。(例:cons...続きを読む

Q看護の道に進むものです。 彼のためにではなく彼と共にでなければならない、という言葉はどのような精神

看護の道に進むものです。

彼のためにではなく彼と共にでなければならない、という言葉はどのような精神なのでしょうか

患者のニーズにあわせてケアをすることは「彼のために」だとおもいます
「彼と共に」とは彼に寄り添い、共に一番よい道を探す。ということでしょうか

Aベストアンサー

患者を治すのは、医者でも看護師でもなく患者の自然治癒力です。
医療者の仕事は、その自然治癒力が十分に働くように、体内と体外の環境を整えることです。

医療というのは、医療者が患者の方を向いて一方的に「助ける」のではなく、
双方が「回復」という共通の目的の方を向いて行う共同作業なんです。
与える医療ではなく、分かち合う医療を目指しましょう


人気Q&Aランキング