自己破産した人がブラックでもO.Kというところから借りてもいいのでしょうか?友達が相談してきたのですが
どのように答えていいかわからないです。働いているし
確かに返済はできるとおもうけど・・・
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

絶対にやめたほうがいい!!



「ブラックでもOK」などと言うような業者は信用できません!
彼らは他の金融業者にタライ回しをして法外な手数料(借り入れ金の70%など)を取ったり、クレジットカードの審査の甘い所で高額商品を買わせ、そのまま闇で売りさばくなどの取り込み詐欺を平気でやる連中です。

それにハマってしまったら、あなたのお友達は一生涯、借金から逃れることはできません!
多重債務者ということで、お友達の勤め先に裁判所から給与差し押さえの通知が届くかもしれません。
そうなったらクビになるかもしれませんよ。
それどころか、詐欺の共犯者として刑務所送りになる危険性もあります。

自己破産したからといって借金が帳消しになるわけではないのですから、地道に働いて、少しづつでも返済していくほうが、お友達の為です。
    • good
    • 0

絶対にやめさせてください。



自己破産したという個人の場合、たいていは免責の決定を受けられていると
思いますが、10年間に2度は免責が受けられません。

1回、経済的落伍者から救済されたのですから、
もう法律は救済してくれません。

ブラックでもOKというところ借りるのは危険すぎて問題外。
せめて事故情報(ブラックリスト)から消えるまで(7~8年)の間は
お金を借りないで生活できなければいけないと思います。

変な借りクセは絶対つけないようにしなくてはいけません。
友達には給料のみでつつましく生活するようにきつく言ってください。
    • good
    • 0

どんな人にでも貸します・・・というようなところは


はっきり言って、まともな商売はしていないと思い
ます。法外な高金利をとられることは目に見えてお
り、どうにもならない状況に追い込まれることすら
考えられます。(正規の金利をとっている貸金業では
ないということ。もぐりの業者でしょう。)

そもそも、自己破産した人というのは、借金を返す
ことができなくてそうなったわけですし。
友人としては、「やめなさい」と言うのが無難では?
ただ、そういう人だと(憶測ですが)周りがなんと
言おうと、借りてしまう気がしますが。

誰がどう見てもお金を借りることが必要な状況であれ
ば、理由を言って身内から借りる・・・それが無難だと
思います。

また、余談ですが、もしその人に借金を申し込まれた
ら、友人であっても断った方がいいと思います。
それでも貸す場合は、あげるくらいの気持ちでないと
いけないと思いますよ。(借りるなというのなら貸し
てくれと言われるかもしれないのでこのように付け
加えさせていただきました。)
    • good
    • 0

借り癖が直らず、今度は自殺、ということまで想定しておく必要がある。


 借りるのは、もうやめさせるべきです。
 まともな仕事で、お金借りずに生活できるよう,生活レベルを下げさせることが大切です。甘い友人は、なかなか直りませんが。
    • good
    • 0

契約条件次第ではないのでしょうか。



とにかく、契約書はよく目を通す。(基本)
わからないことは、とにかく質問する。
(これを行わないと後悔するよ)
自分の状況と照らし合わせて問題がないか確認する。
保証人が必要な場合はその人とよく相談する。
担当責任者が信用できそうな人か判断する。
(質問に的確に答えようとしない場合はやめたほうが無難)

をしっかり行えば、問題はないのでしょうか。自分の経歴を気にせず、実際の状況と契約内容をしっかりと見比べ判断すればいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産者からの借金の返済

知人が借金を返してもらえずにいたところ、相手方の弁護士から「自己破産するから、いくら貸しているか教えろ」と言ってきたそうです。
その弁護士に、自己破産だなんて納得いかないと抗議していたところ、いつのまにか自己破産は成立したと相手方から連絡があったそうです。
相手方は、それでも申し訳ないから少しは返すと言っているそうなのですが(その人の自己破産は承認していないわけです)、返金を受け取ったら違法でしょうか。それとも借金の全てを明らかにしないまま自己破産したこと自体違法でしょうか。

Aベストアンサー

 破産者は、その手続き上で、全ての負債を明らかにする義務があるので、その確認が来たのです。問い合わせに応じなくても、裁判所は職権で手続きを進めますので、破産と免責が認められたと言うことでしょう。よって、その知人の債権は免責の対象となっていると思われます。。

 免責を得ると、負債は自然債務と呼ばれる状態になり、強制的な取り立ては出来ません。しかし、破産者が自発的に返済することを妨げる物でもありません。

参考URL:http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%BC%AB%C1%B3%BA%C4%CC%B3/detail.html?from=websearch

Q自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した

自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した場合、どうなるのでしょうか?

私の母の事です。私は、34歳既婚で、7歳の子供がいます。また、離れた地域に私の姉(37歳の未婚)がいます。私と妻・姉ともにそれなりの仕事に就き、日々働いております。
両親は、また、別に住んでおり生計はそれぞれ別ですが、一年半前に父の職場が倒産して、10ヶ月間、失業保険で暮らしていましたが、ようやっと再就職ができ、手取り10万円程ですが稼いでいます。母親は、パートで稼いだりしていましたが、健康上の理由から中々長続きできせず、無職です。
そんな母に300万円ほどの借金がある事がわかり、家族みんなてんやわんやです。
保証人不要の〇くせんカード、オ〇コカードなど、5社より計300万円ほど借りており、返済が滞ってしまい私の姉に打ち明けたそうです。
母は安易に考えているのか、「夫と離婚して自己破産する」と言っているそうです。
保証人は立てずに借金したと言っています。
父親の手取りでは、返済は完全に不可能です。
法律など詳しくありません。
(1)保証人不要のキャッシングの場合の自己破産について、借入元への返済義務は、我々に生じますか?(姉と力を合わせれば、返済能力はあると思われます)。
(2)離婚して自己破産しなければ、父親への返済義務が残るのでしょうか?(大切な両親です。離婚は避けてもらいたいと思っています)。
(3)自己破産って簡単に言っていますが、上記ケースで自己破産した場合のメリット・デメリットはどんなんでしょう?
(4)我々、子供達への影響は?
母親の行いには、本当にがっかりです。母親から見て、今回のことは私は知らない事になっています。

動揺してうまく説明できませんが、よろしくお願い致します。

自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した場合、どうなるのでしょうか?

私の母の事です。私は、34歳既婚で、7歳の子供がいます。また、離れた地域に私の姉(37歳の未婚)がいます。私と妻・姉ともにそれなりの仕事に就き、日々働いております。
両親は、また、別に住んでおり生計はそれぞれ別ですが、一年半前に父の職場が倒産して、10ヶ月間、失業保険で暮らしていましたが、ようやっと再就職ができ、手取り10万円程ですが稼いでいます。母親は、パートで稼いだりし...続きを読む

Aベストアンサー

偽名で借り入れた分ですが、誰の名義ですか?
 本人確認書類を確認せずにお金を貸すところなんてないと思いますから、全くの架空人名義ということはないですよね?
 その名義はお父様、tsutsubou様、お姉様あるいはその他の親族の方になっていませんか?

 少なくとも、その偽名で借り入れた分に関しては、実際はお母様が借りていても契約者となっている方の債務ですので、お母様の債務として自己破産することができないということです。
 
 自己破産の手続そのものは、(簡単だとは申しませんが)弁護士に依頼せず個人ですることも可能ですが、この偽名の分をどのように処理すべきかということも含めて、至急弁護士にご相談することをお勧めします。 
 
 

Q自己破産申請で破産手続開始決定の時期とは

自己破産の申請中という人に追突事故を起こされてしまいました。車の修理代を請求しようと思うのですが、
免責されてしまうと、自腹で直すこととなります。
いろいろ調べた結果、
破産手続開始決定後の事故は免責対象外とのことです。

そこで私のケースは後なのか前なのかアドバイスください。
また、判断材料は何なのかを教えてください。

現在判明の状況
1.事故の時点で自己破産の申請中といっていた。
2.自己破産の関係で弁護士はついている(相談している)みたい。
  借金することができない。
 (今から借金すると申請できない)or(今から借金すると破産できない)
  と弁護士に言われたそうです。

Aベストアンサー

まず、警察や、保険会社に、事故の連絡をいれましたか?

申請中との事ですが、相手は書類を出したのでしょう?

と言う事は、申請後の新たな債務ですので、免責を相手が貰おうとも、関係ありません。

例えば、事故った後、修理代が発生し、その後の自己破産なら、相手は、債権者を書く所に、質問者さんか、修理業者の名前書き、手続きし、裁判所から配達証明郵便が届くはず。


長々と書いてしまいましたが、相手の都合の良い修理工場に、相手と出向き、修理してもらい、代金は、相手に一人で相談してもらうのが、良いのでは?

Q自己破産 奥さんの返済義務は?

知人が個人事業で多額の借金があります。知人が自己破産手続きした場合、奥さん(自分名義の財産、預金は多少有り)に、主人の借金の返済義務は有りますか。また離婚した場合はどうですか。

Aベストアンサー

夫の借金は妻に関係ありません。

しかしもし夫の借金の連帯保証人に妻がなっていれば、夫が返せなければ(自己破産すれば)妻が返さなければならない。
そしてこの場合は、離婚しても返さなければなりません。

Q自己破産後に返済できますか?

自己破産宣告をうけて、免責決定した後に、特定の債務者に対して免責された債務の一部または全部を返済することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

免責を受けたというのは、債権者が持っていた債務者に対しての請求権が免除されたということです。
債務が消えてなくなったわけではありません。取立てが無くなるので、債務者から見ると
実質的に借金が無くなったと同じ意味になるだけです。

取立てはできませんが、債務者が自主的に返済をするのは何も問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報