最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

「働かざる者食うべからず」は、働かないと生活が出来ない無産階級にたいしての言葉だったと思いますが、いつから無産階級が有産階級を脅す言葉になったのでしょう?

gooドクター

A 回答 (4件)

「働かざる者食うべからず」は、働かないと


生活が出来ない無産階級にたいしての言葉
だったと思いますが、
 ↑
そうですね。
働かない者は喰う資格が無い、という
道徳的なモノでした。




いつから無産階級が有産階級を脅す言葉になったのでしょう?
  ↑
ソ連、レーニンが登場して
からです。

社会主義者からは、貴族や資本家に対して
使われるようになりました。
    • good
    • 0

外国人かな?



日本語や諺が理解出来てない見たいですが。

学校もいかず働かずに怠けたり寄生虫みたいに寄生している人間は飯を食べなくて良いと言う話です。
    • good
    • 0

誰も、脅していないけど…?



思い込みが強いんとちゃうの…??
    • good
    • 1

?...あ、バカか

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング