【初月無料キャンペーン中】gooドクター

支給停止事由消滅届を出して、停止した障害年金の受給または減額された元の金額を受給を再開するのに、どのくらいの期間を待たないといけないのでしょうか。
また、支給停止事由消滅届を出す場合、提出物は診断書のみでいいのでしょうか。
場所は年金事務所に行けばいいのでしょうか。
ご回答よろしくお願いします。

※当方の事ではありません
いたずらや不快になるようなものは通報します。

質問者からの補足コメント

  • 捕捉ですがちなみにこの支給停止事由消滅届を出せば100%の支給開始または減給の場合元の金額に戻るという保証はあるのでしょうか。
    やはり再度審査をかけられるのでしょうか。ご回答願います。

      補足日時:2021/09/01 17:31
  • 捕足何度もすみません。


    特に、就労の可否とその実態、具体的な日常生活像が伝わらないと、障害が軽くなったと見なされてしまいかねませんので、ただ単純に「障害のもととなっている傷病の病状」だけを伝えるだけではダメです。
    つまり、「傷病(病気)と障害とは全く違う」と考えて下さい。
    障害というのは、傷病そのもののことではなく、就労や日常生活の上の困難の度合いをいうのです。

    との事ですが、親せきよりもひどい中度の知的障がいの方で、日常生活に問題なく仕事も普通に長続きしています。
    しかし、その友人は更新手続きも済み障がい年金を受けています。
    一方で親せきは軽度で仕事ができていなく、日常生活は普通にできます。

      補足日時:2021/09/08 23:44
  • 捕足②

    このような場合、医師に何て伝えればいいのか、また友人は中度でありながら仕事ができてなぜ普通に生活が出来ているのか教えてほしいです。
    しいて言うならLINEが苦手だという事です(おはようや、簡易的なやりとりは可能。長文ができない。)
    電話は問題なくできます。
    こちらの友人は小学生の頃から中度知的障がいの診断を受けているので不正などは絶対にないです。
    念の為追記しておきます。

    文字数オーバーでしたので2つにわけました。

    よろしくお願いします。

      補足日時:2021/09/08 23:46
gooドクター

A 回答 (5件)

2つに分けて書いていただいた補足質問への回答です。


以下に示すようなことを医師に事細かく伝えて、ひとつひとつ診断書の中の記載内容に反映してもらう、ということがポイントです。

要は、日頃の生活(就労を含む)がいきいきとイメージできる・目に浮かぶように、医師に言えば良いのです。

その伝え方次第で、たとえ療育手帳の等級が同じであっても、障害年金の等級が変わってきてしまうことがごく普通に起こり得ます。
ただし、よくよく考えてみると、ひとりひとりで具体的な障害の状態(日常生活上の困難の度合い)が違うわけですから、見方を変えれば、あたりまえのことに過ぎません。

したがって、はっきり申しあげますが、ほかの人と比較してああでもない・こうでもないと思い悩むことはおやめ下さい。
それよりも、きっちりと診断書を作成してもらうことがすべてです。

━━━━━━━━━━

■ 日常生活能力を判断する際の主要な項目

● 適切な食事摂取
● 身辺の清潔保持
● 金銭管理や買い物
● 通院や服薬
● 適切な対人交流
● 身辺の安全保持や危機対応
● 社会的手続きや公共施設の利用など

━━━━━━━━━━

■ 支援の必要性とその程度を具体的に記すこと

上記7つが、ある程度まで自発的・適切に行なえているかどうか?
ごくときどき、少々の支援(具体的に記すこと)を必要とすることがあるか?
それとも、支援(同上)を必要とする度合いが比較的多いか?
又は、日常的に支援(同上)を必要とする状態であるかどうか?
支援(同上)があれば1人でこなせるか?
それとも、支援(同上)があったとしても、1人では何もできないか?

■ 日常会話の状況はどうなのか?

ひととおりできるが、抽象的な思考が不得手で、込み入った話が困難か?
あるいは、具体的に理解できる簡単なことならば簡単な日常会話ができるものの、声かけを必要とするか?
簡単な漢字の読み書きができるか?
ごく簡単な読み書きや計算はできるものの、日常生活で実際に応用して使うことはむずかしいか?
あるいは、生活習慣として定着したことであれば、言葉での指示を理解して従うことができるか?
言葉を発することができない場合でも、身振りや短い言葉で自分の意思を伝えることができるか?

■ 日常的な家事など(炊事、買物、洗濯、掃除など)をこなせるか?

状況や手順が変わったときに、困難を生じることがあるか?
身辺の清潔保持(洗濯、掃除、入浴、服装など)に困難があるかどうか?
金銭管理(年金などのほか、おこづかいなどまで)を適切に行なえているか?

■ 対人関係などはどうか?

人とのかかわりかたが乏しいかどうか? ひきこもっていないかどうか?
行動のテンポをほかの人と合わせることができているか?
社会生活(就労の場を含む)の中で不適切な行動をとってしまうことはないか?
人とのかかわり・発言・仕事ぶりなどに自発性があるか?
発言の内容にその場に適さないような内容があるかどうか?
保護された環境(作業所など)での単純・反復作業ならばこなせるか?
集団行動(就労の場を含む)ができるか?
付き添われなくても、通院などの習慣的な行動を自発的に行なえるか?
ストレスがかかるような状況になったときに、1人で適切に対処できるか?
入院先や入所施設などで付きっきりで支援を受けなければならない状態か?
食事摂取・服薬や服装に関して、常に支援が必要か?

━━━━━━━━━━

以上です。
元々の質問(支給停止事由消滅届について)にはきちんとお答えしたつもりですから、正直なところ、これ以上お答えするものはありません。

たいへん恐縮ですが、さらなる補足質問はご遠慮下さい。
補足質問が多くなると、本来お伝えするべきことが薄くなってしまいます。

あなただけへの回答というより、ほかの皆さん(やりとりをごらんになっておられる皆さん)にも参考にしていただけるように‥‥ということに重点を置いていますので、ご理解下さい。

万が一さらに質問事項がある場合には、このご質問を締め切った上で、別途新たに質問を立てるようになさって下さいね。
お願いします。
    • good
    • 5

回答 No.3 へいただいたお礼へのコメントをさせていただきます。


少しむずかしい内容になりますので、あらかじめご承知おき下さいね。

障害年金の等級は、国民年金法施行令 別表 や 厚生年金保険法施行令 別表第1 で規定されています。
そして、具体的な等級認定の方法は、国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 で定められています。

● 国民年金法施行令 別表(1級、2級)
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=334CO00 …

● 厚生年金保険法施行令 別表第1(3級)
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=329CO00 …

● 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougaine …

厚生労働大臣及び実施機関は、障害の程度を診査(いわゆる「更新」)し、その障害年金の等級を改定することができます。
国民年金法第34条や厚生年金保険法第52条が法的根拠です。

● 国民年金法第34条
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=334AC00 …

● 厚生年金保険法第52条
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=329AC00 …

━━━━━━━━━━

障害年金の等級が更新前よりも落ちてしまうことを、級落ち(減額改定)といいます。
障害の程度が軽くなった、と認定されるためです。

受けている障害年金の種類によって減額幅は異なってきますが、最も基本的な「障害基礎年金だけ(子の加算額が付かない場合)」のときで考えると、次のようになります(令和3年度額)。

1級: 976,125 円/年
 (注:1級は2級の1.25倍です。障害厚生年金でも同じ倍率です。)
2級: 780,900 円/年

つまり、1級 ⇒ 2級 へ減額改定になったとすると 1年で 195,225 円も減ってしまう(1か月あたり 16,268 円)ということになります。

また、障害年金生活者支援給付金も付くわけですが、1か月あたりにして、1級 6,288 円 ⇒ 2級 5,030 円(令和3年度額)となります。
 (注:3級の人は、障害年金生活者支援給付金は受けられません)

━━━━━━━━━━

障害の程度の判断・認定は、診断書の記載内容をもとにして、上で説明した「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」にしたがって行なわれます。
また、精神の障害による障害年金(てんかんを除く)に関しては、これに加えて、「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」も使われます。

● 国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-125 …

精神の障害による障害年金の場合には、等級判定ガイドラインで定められている「等級の目安」の関係上、特に、診断書の記載内容が重要視されます。
次のような診断書記載要領が詳細に定められているぐらいですから、これに沿って、医師から、できるだけ丁寧かつ詳細に診断書(「更新」のときを含みます)を作成していただくことがきわめて肝要です。

書面審査ですから、診断書の内容が不明瞭であると、それだけ減額改定などの可能性が高まってしまいます。

特に、就労の可否とその実態、具体的な日常生活像が伝わらないと、障害が軽くなったと見なされてしまいかねませんので、ただ単純に「障害のもととなっている傷病の病状」だけを伝えるだけではダメです。
つまり、「傷病(病気)と障害とは全く違う」と考えて下さい。
障害というのは、傷病そのもののことではなく、就労や日常生活の上の困難の度合いをいうのです。

● 精神の障害による障害年金の診断書記載要領 (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-125 …

━━━━━━━━━━

知的障害の場合の療育手帳の等級区分は、都道府県によってバラバラです。
以下の PDF をごらん下さい。

● 都道府県ごとに異なる療育手帳の等級区分 (PDF)
http://www.rease.e.u-tokyo.ac.jp/read/jp/archive …

このため、残念ながら、質問者さんの B2 や B3 といった認識は誤りです。
また、この等級だけを見ても意味がありません。都道府県によって意味づけが違うのですから。

療育手帳については、このように「都道府県による差が大きい」という事情があることから、障害年金の診査に関してそのまま使うことはありません。
要は、基準が障害年金と全く違う、ということになります。
同様に、身体障害や精神障害も、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳の基準と障害年金の基準とは、全く違います。
ですから、手帳の内容を障害年金でそのまま使うことはありません。

早い話が、障害年金の等級が下がった・もらえなくなった‥‥というのは、手帳の等級がどうこうだ、ということとは全く関係がありません。
既に記したように、障害年金の診断書の記載内容が不明瞭だった影響が最も大きい、と言わざるを得ない面があるのです。

━━━━━━━━━━

再認定(更新)のときは、約9割もの人が現状維持(等級不変)です。
ですから、正直なところ、級落ち(減額改定)となってしまうのはよほどの場合である、と言えてくるかもしれません。
障害年金業務統計というものを見ていただくと、わかると思います。

● 令和元年度分 障害年金業務統計[等級決定内訳] (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/12508000/00066990 …

● 令和元年度分 障害年金業務統計[精神の障害] (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/12508000/00066990 …

● 精神の障害年金はほんとうにに目安どおりの障害等級に認定されるのか
https://ogawas-sr.com/guideline-and-actual/

なお、再認定(更新)に関する基準は、令和2年12月1日に改正済です。
基本的には、原則として、級落ち(減額改定)されにくく改正されました。
以下をごらん下さい。

● 障害年金受給権者等に係る障害状態の再認定について (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T201102 …

● 障害年金の再認定について
http://www.shougai-nennkin.jp/16145765370891
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!
よほどの理由でない限り、等級が下がる事なく普通に審査が通っているのですね。
ちなみによほどの事とはどういった事でしょうか?
当方の心配のしすぎだったという事ですね。

お礼日時:2021/09/08 23:31

> 審査に3ヶ月~半年との事ですが、この間は一切お金は振り込まれないという事ですよね?



はい。もちろんです。
支給停止の状態が続いているわけですからね。

> そのお金のない間にどのように対処をすればいいのか教えてほしいです

経済的な面での対処方法ということでしょうか?

就労が可能ならば、就労による収入に頼るのが一番です。
ただし、その収入だけで生活をやり繰りできるとは限りませんし、障害の内容などによっては就労がむずかしい・できないということもありますよね。
そういった場合、ご家族や兄弟姉妹がいるならば、当面の間、経済的な援助を得るようにしても良いと思います。

そのほか、場合によっては、社会福祉協議会を通じて生活福祉資金(本則)の貸付を受けられることもありますので、お住まいの所の社会福祉協議会に問い合わせてみると良いと思います。

● 生活福祉資金制度について
https://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/seikatsu/i …

また、自治体独自の制度(住んでいる所によって内容が異なる制度)である重度心身障害者医療費助成制度を使ったり、精神障害者の場合には自立支援医療制度(精神通院)を使う‥‥といったことも効果的だと思います。

いずれにしても、これらの対処方法については、年金そのものとは直接の関係がなく、福祉の範疇になってしまいますので、このカテゴリでのご質問ではなく、できれば、福祉カテゴリであらためて質問し直してみても良いかもしれません。
あまり参考にならなかったかとは思いますが、お許し下さいね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
ちなみに障害年金が減給になる場合、等級が上がったからと判断されるんですよね?
どのくらい減給になるのか、どのように級が上がる判断をされるのか、審査されるのか、級が下がり減額や停止の可能性が高いのかを教えてほしいです。
確か、B2の軽いのがB3でしたよね?
親戚の回りの子はみんな等級が下がる事はなく、審査は普通に通っているそうです。
更にその友人は障害が重く、知的障障害の中度、また別の人は軽度でした。

お礼日時:2021/09/05 21:47

障害年金の支給停止事由消滅届は、「障害の程度が軽くなったために年金の支払が停止されていた人」が「満65歳の誕生日の前々日までに再び障害の程度が重くなって、障害年金の支払を受けられる程度になったと思われる場合」に、医師が作成した年金用診断書とともに提出します。



提出先は、お近くの年金事務所です。
ただし、受けられる障害年金が障害基礎年金だけの場合には、市区町村役場の国民年金担当課の窓口に提出することもできます。

年金用診断書の現症日には、「障害年金の支払を受けられる程度になったと思われる日」を記入してもらいます。
あくまでも「なったと思われる」ということに過ぎないため、当然のことではありますが、「確実にそうなのか?」といったことを日本年金機構が審査します。

審査にかかる期間は、おおむね3か月~半年です。
つまり、通常の新規裁定(初めて請求することをいう)や障害状態確認届の提出時(いわゆる「更新」)の審査にかかる期間と、ほとんど同じです。
また、同様の審査が行なわれる以上、支給停止事由消滅届を提出したからといって、100%元どおりになるというわけではなく、残念ながら「認められない」といった場合も、もちろんあります。

なお、いわゆる「級落ち」(減額)がなされたときに元どおりにしてもらいたい、という場合は、支給停止事由消滅届を提出するのではありません。
全くしくみの異なる「額改定請求」というものを行なう必要があり、用いる届書様式や年金用診断書の現症日に求められる条件なども大きく違いますので、絶対に混同しないようにして下さい。
(お間違いはないでしょうか? 額改定請求については、この回答では説明を割愛します。)

━━━━━━━━━━

● 支給停止事由消滅届の様式と記入例について

https://bit.ly/3t2l8sJ
または
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todokesho …

● 支給停止事由消滅届の様式(PDFファイル)

https://bit.ly/2Yb3NCl
または
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todokesho …

● 支給停止事由消滅届と年金用診断書のほかに添えなければならない書類

1 障害年金を受けている人の年金証書

2 障害年金を受けている人の戸籍抄本[提出日前1か月以内のもの]
(ただし、支給停止事由消滅届にマイナンバーを記載すれば、添付不要)
(マイナンバーを記入したときには、窓口でマイナンバーカードによる本人確認がなされますので、マイナンバーカードの添付も必要です)

3 配偶者加給年金や子の加算額が障害年金に加算されるときは、その加算対象者を含めた戸籍抄本[住民票では不可]

4 子の加算額が加算されるときで、その子に障害年金でいう1級か2級に相当する重さの障害があるときは、そのことを示せる所定の診断書[様式は年金事務所で入手すること]

━━━━━━━━━━

上で記したとおり、審査には時間がかかりますが、支給停止事由消滅届に添付した年金用診断書の障害の状態が認められて審査を通過すれば、「年金用診断書に記された現症日のある月」の翌月分から、年金額が改定されます。

このような質問のとき、どなたとは言いませんが、不適切・誤りが含まれる回答がしばしば生じますので、鵜呑みになさらず、必ず、年金事務所に事前に問い合わせるなどして、正確な内容を把握して下さい。
特に、額改定請求と混同してしまうことが多いため、十分に気をつけていただきたいと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

細かくありがとうございます。審査に3ヶ月~半年との事ですが、この間は一切お金は振り込まれないという事ですよね?
そのお金のない間にどのように対処をすればいいのか教えてほしいです。

お礼日時:2021/09/01 20:09

支給停止事由消滅届を出して、停止した障害年金の受給または減額された元の金額を受給を再開するのに、どのくらいの期間を待たないといけないのでしょうか。



究極なら、支給停止された事由、理由が翌日に解除されたら翌日からでもできます


また、支給停止事由消滅届を出す場合、提出物は診断書のみでいいのでしょうか。

消滅届と診断書のみです
場所は年金事務所に行けばいいのでしょうか?

障害基礎年金は、市町村役場 年金課

障害厚生年金は年金事務所が窓口です
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング