色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

S&P500や全米株式インデックスファンドに投資をしてみたいのですが、歴史を見るあたりに世界恐慌やドルショック、金融機関、オイルショック、最近ではコロナショックなどのさまざまなリスクがあるので投資は危険なのでやめたほうがいいですか?

gooドクター

A 回答 (5件)

ワタシだったらやりますよ。



まだ若いんでしょ。

株をやれば、イヤでも政治経済や
社会に関心を持つようになります。

それは自分の知力アップになります。


日経調べですが、億万長者に共通している
モノ。

1,若い時から投資をしている。

2,生活は質素である。
    • good
    • 0

投資を避けていて一番怖いのはインフレです。

今日のような、デフレ状況では問題はないのですが、インフレに向かって行きますと、現金の価値が下がり続けることになります。
 例えば、菓子パンが100円だったものが5年後には120円ぐらいになっているかもしれません(もちろん、これはだれにもわかりませんが)。
 このとき、株式はインフレに強いので、リスクヘッジの役割をしてくれます。

 ですので、消費者物価指数が1%超えのようなときには、株式のことを考えてみてもよろしいかと存じます。

 ご参考まで
    • good
    • 0

長期的に見るとショック後に急回復している相場はリバウンドとも言える状況で、積み立て投資によるドルコスト平均法の考えに基づけば、リスクは折り込んでいますね。


アベノミクスで24448円の高値から16000円台まで落ち、コロナリバウンドで31000円とバブル後の最高値なんてリバウンド相場・・・。
    • good
    • 0

・それはご自身の判断、価値観によります。



・経験則的には様々な危機は乗り越えて経済は成長し、米国株は史上最高値圏となっています。

・ただ、ここから先にどうなるかは事前にはわかりません。
これまでの様々な危機を上回るような事態があるかもしれません。

・逆張り的スタンスでなら、お先真っ暗的な暴落の中、買い向かっていくような信念があれば、のちの成果につながるかもしれませんね。個人的には急落があれば、一気にではないですが、順次買い向かっていきます。

・まあ、暴落が怖いのならやめておいたらどうでしょうか。
長期で投資を継続している人はだいたいこれまでの様々な危機を乗り越えてきているということでしょうけどね。
    • good
    • 0

投資は危険なのですか?



危険と思うならやめた方がいいです。
そもそも、投資は「余剰資金」で行うもので、生活費を確保していることが前提です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング