【初月無料キャンペーン中】gooドクター

以前にも質問しましたが、満足な解答が得られず、自身で検証させていただきました。

『大魔神』1966年(昭和41年)4月17日公開。
東日本大震災(2011年3月11日)
(表現一例)
被害が広範囲に及び主な被災各県の県章などを再デザイン化して多くのカットを創設している。
岩手県に関しては歌手千昌夫さんの逸話?を脚色している。懐かしい額のほくろ・シェパード婦人
茨城県は県章を魔人が光の玉となり刑場付近の出現するシーンなどとして表現。



『大魔神怒る』1966年8月13日公開
ハワイ島キラウエア火山噴火



(表現一例)
ハワイ州の州章のデザインを対立する藩の地名で表現している。

小柴(ヤリ)千草(州章デザインの草)
http://stat.ameba.jp/user_images/20121003/13/fuc …




『大魔神逆襲』(1966年12月10日公開)
熊本地震 (2016年)


(表現一例)
熊に会ったら死んだふりするとか(子供たちの凍死)
やはり県章の表現
熊本~別府大分にいたる隠された断層表現

「東映映画『大魔神』三部作は自然災害・地震」の質問画像

A 回答 (1件)

毎度すまんのぉ。

大魔神は、東映じゃなくて大映の作品なwww
 こじつけ大王さん、大元を間違えてどうする。

 確かに地震が起きて地割れに悪党一味の子分たちは落ちていったが、せいぜい数十人。規模が違いまんがな。それに東日本大震災の被害のほとんどは津波と東電福島原発なんだけど、そっちは全く無視なん?
 それと大魔神シリーズ3作には火山の噴火はなかったし、「怒る」の見所は、洋画「十戒」のパクリの湖が割れて道が出来るとこですが、それについて言及がないですなぁ。
「東映映画『大魔神』三部作は自然災害・地震」の回答画像1
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

製作会社間違えてすいませんでした。ご回答ありがとうございます。
魔人は溶岩(幼顔)であり、対流(帯刀)するマントルであり、せめぎ合うプレートの象徴でもあるのです。実際に人間の眼では確認できない地下世界の衝撃の発生メカニズムを演技物語で表現している場面も多くあります(ごく最近の知見ですね)。【第一話での高田美和演じる花房姉弟が魔人にすがりつき救いを求める場面・プレート境界面の破砕帯に地下水(涙瀧)が流入しプレートの急激なズレが地震として認識される。】
十戒の場面での魔人は破砕帯・断層での膨大なエネルギーの蓄積状況を表現したものでしょう。

https://youtu.be/JGAlzWT2cTg
この予告編の最初の部分で雷鳴 電信(棒)・電線(荷車) 青い炎 (炉心溶融)メルトダウンなどの様子が表現されているようですね。

お礼日時:2021/09/02 04:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング