色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

趣味で写真を撮り始めたんですが、良い写真の定義って何だと思いますか?カメラ,レンズの質、構図、編集など色んな要素があると思うんですが何が最も必要だと思いますか?また、写真を勉強するのにおすすめの本などがあれば教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • 今は富士フィルムのx-pro1で撮ってるんですが、もう10年落ちくらいのカメラです。買い替えたほうがいいんでしょうか?

      補足日時:2021/09/02 20:11
  • こんな感じなのを撮ってるんですがどうですかね…アドバイスお願いします。

    「趣味で写真を撮り始めたんですが、良い写真」の補足画像2
      補足日時:2021/09/02 20:38

A 回答 (8件)

一番の基本は構図でしょう。


その前にフォーカスが合ってなきゃ、話になりませんが・・・
(間違ってもカメラブレは起こさないこと)
 
画面の中で何に注目しているか?そこにフォーカスを合わせ構図を考える。
 
風景写真であれば、とにかく歩いてポイントを探す。
良さそうな所が見つかったら、日向きを考える。午前中がいいのか、午後がいいのか。私は1日に何度でも同じ所に通うことがあります。
 
カメラの趣味と、写真の趣味は別物ですから、ご注意。
 
勉強なんてネット上でいくらでもあります。
 
https://curama.jp/magazine/717/
 
とりあえず3分割を覚えておくだけで、ひと味違う写真になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。構図の勉強は絶対必要ですよね。

お礼日時:2021/09/02 20:13

>良い写真の定義って何だと思いますか?



商業写真ならクライアントに満足いく出来栄えの写真で、アマチュアや素人なら記録に残る写真です。

写真はスポーツ記録や学業成績と異なり数値化が出来ないものです。ですからフォトコンでも選者に気に入られればピンボケ或いはブレブレ写真でも入選するのです。※私がフォトコン嫌いなのはこの点です

>今は富士フィルムのx-pro1で撮ってるんですが、もう10年落ちくらいのカメラです。買い替えたほうがいいんでしょうか?

工業製品はどのようなものでも2010年頃にはほとんど完成の域になっています。ですから自動車やカメラ、オーディオなどは10年前のものでも現行型に比べて大して遜色はありません。シャッター回数が限界では仕方がありませんが使えるなら十分使用に耐えます。後継機でPro2や3が出ていますので予算に応じて選べばよいでしょう。2の新品があればお買い得です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。まあ人によって好みというのがありますから難しいものですね。

お礼日時:2021/09/03 23:19

商業写真なら、写真を使う人(お金を出す人)が満足する写真が「良い写真」。

(撮影者としては悪い写真・嫌いな写真・撮りたくない写真であることも多いが、そこを我慢して付き合うことも撮影者スキルの一つ)

コンテスト入賞を目指すなら、審査員が認める写真が「良い写真」。(コンテストの主旨や審査員によって変わるので、そこに合わせることも撮影者スキルの一つ)

SNSに掲載するなら、いいね!をたくさんもらったりバズる写真が「良い写真」。

撮影者が好きで撮ってるスナップなら撮影者が気に入っている写真が「良い写真」。(第三者的には「これのどこがいいの?」なことも多いが)


ペット写真を撮りたいなら、そのカテゴリのプロの作品を(たくさん)よくよく観察し、まねて同じように撮ってみて、自分の写真を採点しましょう。プロがどこに気を配っているかわかってくるのでは?。

カメラは、枯れたデバイスですので、10年落ちのカメラでも特に問題ないです。シャッター・絞り・感度・色温度・フラッシュ発光切り換えが、撮影者の意図したとおりに操作できて、画質も問題ないなら、そのカメラで良いです。
趣味のカメラなら、質問者さんの気分次第で買い換えても、それは有りです。お好きにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに分野によって良い写真は変わってきますね。

お礼日時:2021/09/03 23:18

小手先の技術よりも大切なもの ー それは「感受性」です。

俳句の鑑賞を毎日少しづつ続けるなんてこともいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。俳句の鑑賞はしたことないですね。面白そうです。

お礼日時:2021/09/02 22:53

写真にも色々ありますよね。

基本は構図ですが、アート的視点を入れると面白いかなと思います。
芸術作品は観る者を考えさせたり、ハッと驚く視点を捉えるなど、作者の訴えや気付きがあります。
私は写真はそんなに詳しく無いですが、アート作品とは長い間関わりがあります。
写真の勉強には直接影響しませんが「13歳からのアート思考」という書籍は芸術的視点を捉える上でとても大事な事を学べると思います。写真の勉強の合間などにいかがでしょうか?参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読んでみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/02 20:52

自分の心に映(写)った感動的なイメージがそのとおりに写真として出来上がった(撮れた、ではない)ものが、よい写真です。


つまり、よい写真=写”心”であり、写真=写”真"ではダメなんです。

自分の心に映(写)ったイメージは印象づけられたり、感動を覚えたり、インパクトを受けたりしたもので、ありのままをそのまま撮ったのでは、よい写真になりません。
センスがないといけないんですよ。そして自分が(その写真に)感動せずして他人を感動させられません。

よい写真を作り上げる(撮る、ではない)のには、カメラでもレンズでもなければ、腕でも構図でもありません。センスです。センスが悪い写真は、どんなに上手に撮れてもダメなんです。
「趣味で写真を撮り始めたんですが、良い写真」の回答画像4
    • good
    • 1
この回答へのお礼

センスですか…あるか分かんないですね…

お礼日時:2021/09/02 20:51

何のために買い換えでしょうか?


買い換えで何を求めますか?
 
こんな素晴らしい写真を写す事が出来るカメラです。
 
http://photo.yodobashi.com/fujifilm/camera/xpro1/
 
腕は差し置いてカメラを買い換える?
私が先程書いた「カメラ趣味」でしょうか?
 
カメラの趣味であればどんどん買い換えて下さい。
日本経済のためにも!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにこの独特の写りが好きで使っているので変える必要は無いですかね。

お礼日時:2021/09/02 20:29

写真を撮って作品を自画自賛するのもいいが、見た人に感動を与えるのもいいと思う


フイルムカメラなら背景のボカシで評価されるのも有りましたが、今のディジタルで同様のモノが撮れればいいのですが、挑戦するのもいいかも
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/02 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング