最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

木造平屋一戸建て住宅の天井裏に断熱材を入れて夏の暑さ、冬の寒さを和らげようと考えています。断熱材はどの様な物を選び、天井裏にはどの辺に設置するのがよろしいのでしょうか?
部屋数は4.5畳が2つ、6畳が1つ、ダイニングキッチンが、10畳です。
また費用はどれ位掛かるでしょうか?、

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    グラスウール断熱材が良いとのお考えの方が、多いのですが。健康被害は問題無いでしょうか?
    グラスウール断熱材の、欠片が散らばってきて、肺に吸い込むと大変な事になりませんでしょうか?

      補足日時:2021/09/04 14:03
gooドクター

A 回答 (9件)

スタイロホームやコンパネで効果があるが


金がかかる。グラスウールなら自分で出来る。
適当に作業してもブルーシートを上に引いて、止めておくと
とんでもなく効果があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なる程。良く理解出来ました。ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/08 23:57

健康被害?


アスベスト (石綿) と勘違いしていない?

施工の際に切るのならチクチク刺さらないように、また不用意に吸い込まないよう注意が必要なことは先に書いたとおりです。

施工後に、家人に健康被害が出ることなど絶対にありません。
もしそんなことがあるのなら、とっくに社会問題化しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます

お礼日時:2021/09/08 23:57

> グラスウール断熱材が良いとのお考えの方が、多いのですが。

健康被害は問題無いでしょうか?

Googleなどで「グラスウール 健康被害」といった簡単なキーワードで検索されますと様々なサイトにある説明ページがヒットします。当該製品のメーカーの公式Webサイトにある説明等も含めて。
ということでまずはご自身の目で読まれてみるとよいと思います。

なお、天井裏に敷き詰める物であり、パッケージされたものですのでパラパラと天井裏に微小な破片がちらばるものではありません。
また、天井板に隙間があるなどしない限りそれらが部屋内に落ちてくるものでもありません。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なるご説明、ありがとうございます

お礼日時:2021/09/08 23:58
「木造平屋一戸建て住宅の天井裏に断熱材を入」の回答画像6
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細なるご案内、ありがとうございます

お礼日時:2021/09/09 00:05

何をどのように敷き詰めるかは先の皆さんの通りです。



その前段として、天井裏に上がれる点検口がどこにあるのか、覗き、実際に上がってみることです。
天井板を踏み抜くわけには行きませんので、梁を忍者のごとくグラスウールを引きずりながら渡り歩けねばなりません。
そのために必要な梁の位置、しゃがみ込んででも渡り歩ける高さが充分にあるか実際に敷き詰めるであろう部屋天井の空間を1度は空身で渡り歩いてみることです。
特に屋根の勾配で高さも下がる軒先の方角にいかにグラスウールの端を持って行くか。
軒先方向まではとても人はいけません。
長手の棒などで掬い上げつつ端まで差し出すなど結構大変ですよ?
我が家の私の実践例では、高枝切りばさみがありましたので、グラスウールの端を刃先の枝つかみ部分で挟み、差しのばす要領でかなり苦戦しました。

あとは言うまでもなく必要なグラスウールは、可能なだけ1度に天井裏に運び挙げておく。
点検口の位置、数次第ですが、「あの部屋の分はこちらから、あの部屋の分はあっちの点検口から」と目算を付けておく等、算段をよく練っておきませんと、上がったり降りたりの繰り返しでは体力が持ちません。
上がっている間中も不自然な格好を持続することになるので、意外と重労働となります。

すべてご自身で行うであろうことを前提に説明しました。
業者に依頼するなら、天井板をすべて剥がし取り、開口した天井に板を張り直しつつグラスウールも平行して端から敷いていく方が作業も楽で効率的、先の説明のように天井裏に上がり這い回る作業など誰も引き受けてくれない可能性も?

あと、この季節ではありますが、先の這い上がって一通りまわってみるのも、実際にグラスウールを敷き回るのも、作業はお天気の良い日は避けるべきです。

断熱材を敷き回る必要があるほど、天井裏は天気が良く日差しが強い日は熱が籠もり地獄のようになっていて、とても長時間上がりっぱなしではいられません。
    • good
    • 0

6年前に某ハウスメーカーで自宅の建て替えをしました。


そのハウスメーカーは2階の天井板の屋根裏側全面に厚いグラスウールの断熱材を敷き詰めました。標準仕様との説明を受けたと記憶しています。

これで夏の日中の家の2階の気温が前の家のそれから格段に下がりました。
冬の2階の暖房効率も上がったと感じています。

参考まで。
    • good
    • 1

ご質問文に肝心なことが抜けています。


DIY ですか、業者に頼むのですか。

DIY なのなら、グラスウールを敷き詰める以外の選択肢は事実上ありません。
グラスウールには厚さが 50mm と 100mm の 2 種類ありますが、せっかくやるのなら 100mm を買いましょう。

2 番さんの URL をお借りすると
・第1位 マットエース10×43×274 密度10k(14枚入り)税込4,980円
とあります。

長さ 274cm ですから畳 1 枚分でなく、1 枚半です。
3 畳で 4 枚です。

>4.5畳が2つ、6畳が1つ、ダイニングキッチンが、10畳…

単純に合計して 25 畳ですか。
玄関や廊下トイレや風呂場なども全部敷き詰めないと効果ありませんので、30 畳として 40 枚必要です。
40畳 ÷ 14 枚 = 2.85・・・3 袋
税込 4,980 × 3 袋 = 14,940円

天井裏に上がったら、天井板を踏み抜かないよう十分注意して、隙間を生じさせないようびっしり敷き詰めることが肝要です。

グラスウールを切る必要があったら、カッターナイフで簡単に切れますが、グラス = ガラスなので目に見えないほどの繊維が皮膚に刺さるとチクチク痛く、しかも容易には取れません。
肺に吸い込んだらたいへんなことになります。

ゴム手袋に防塵マスクの重装備で挑戦してください。
    • good
    • 0

北日本の極寒地の為、自分はグラスウールをDIYで購入して天井に敷き詰めました。

https://www.komeri.com/category/001/023/024/001/ …

大きさは畳1畳の縦長半分とお考え下さい。=畳1畳で2枚ほど必要です。
似たようなものがありましたので載せますネ^^
「天井 グラスウール」で検索すれば価格は色々出てきます。
500円、1000円安いからネットで購入されるよりは、お近くのDIYでプロスタッフさんからアドバイス貰って購入を勧めます。ペラってる薄々を買うのか、分厚いタイプか、そして軽自動車を無料で貸し出しもありますし^^

因みに冬の寒さですが、「ふわふわ敷毛布」を寝室の壁やドア側に鴨居からぶら下げても冷たい冷気は遮ること可能です。

また、エアコンも窓付けエアコン+天井グラスウール+壁とドア側敷毛布設置で案外冷え冷えwwでしたw^^

参考までです^^



    • good
    • 1

既存住宅の断熱材追加は、断熱材自体の性能よりも、敷き詰め工事の際の隙間を減らす事が重要になります。



その点で良いと思われるのは、セルロースファイバーと発泡ウレタンの現場吹き込みが良いと思います。

料金は200万円以内と思いますが、施工会社によって大きく異なりますので、複数見積もりを取りましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ううむ!ちよと値がはりますね!

お礼日時:2021/09/09 00:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング