色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

日産がルノーと資本提携をしてから、早くも22年を経過しましたが、日産の車は、ルノーと提携する前よりも良くなったと思いますか?
往年の日産党はダメだと思っているかもしれませんが。
カルロスゴーンが日産にやって来てからは、徹底的なコストカットを断行して、大赤字を黒字に転換させました。
また、他メーカーとは一線を画し、EVのリーフを発売させたことも功績かと思います。

A 回答 (3件)

ゴーンがやったことは、従業員、下請け、取引先に散々負担をかけたうえでの黒字化です。

 日本人なら、惻隠の情やしがらみからとてもできないような無慈悲な解雇、下請け切り、値下げ要求などを行った結果です。 また、ゴーンにはいい車を作りたいなんて気持ちはサラサラありませんでした。 儲かる車を作って、それをできるだけ売りまくると言うレバシリ商人根性しかありませんでした。 ルノーと提携してからの日産の車が良くなったという事実はありません。 日産の車はつまらなくなっただけです。
    • good
    • 0

従業員首にして給料減らした結果


日産の車 どこか癖のある車 運転しにくい 乗りたくない
昔の日参癖ではなく個性あった
    • good
    • 0

優秀な技術者やデザイナーの流出があった事はあまり知られてません。


その結果、国内シェアが落ちたのですから黒字になっただけで企業としての地位は下がっていますよ。ゴーンに至っては会社の金を私物化して逃げたんですから言語道断です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング