Solarisをインストールすると、CDE等は、デフォルトでは8ビットカラーモードで使用することになります。これを24ビットのフルカラーで使用するように変更したいのですが、どのようにしたらできるのでしょうか?
 OpenWindowsデスクトップなら、
・コマンドモードでログイン
・"/usr/openwin/bin/openwin -dev /dev/fb defdepth 24"
として変更可能なのですが、私が知りたいのは、CDE環境で24ビットフルカラーにする方法です。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

intel版の場合はkdmconfigコマンド


sparc版の場合はm64configコマンド
をそれぞれ使用します。

詳細はmanかgoogle等でm64configを調べていただけるといいと思いますが私は以下のようにして使っています。

# m64config -res 1024x768 -depth 24

kdmconfigはインストール時にも使用しているはずなので、使えばすぐにわかるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をどうもありがとうございました。
rebootしなくてもよいのが嬉しいですね。
しかし、現在、教えていただいた方法を確認する手段がありません。

次回、デモ機をセッティングする機会があった時に確認してみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 23:13

dtlogin を起動するために、Xserver を動かさなければいけませんが、


CDE には、Xserver の起動スクリプトが用意されています。
そのスクリプトを編集して、オプションを追加してあげれば、24 bit で
起動させることができます。
(PGX などは、m64config で切り替えることができるので、ご利用の
frame buffer をきちんと調べておくのもお勧めです)


# mkdir -p /etc/dt/config
# cp /usr/dt/config/Xservers /etc/dt/config/

してから、

# vi /etc/dt/config/Xservers

で、最下行のエントリを書き換える。

 :0 Local local_uid@console root /usr/openwin/bin/Xsun :0 -nobanner

次のようにする。

 :0 Local local_uid@console root /usr/openwin/bin/Xsun :0 -nobanner -dev /dev/fb defdepth 24

でもって、reboot かければよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をどうもありがとうございました。
開発中のアプリケーションが昔のバージョンでは24ビットモードでしか色が正常に出ないという制限があったため、デモ機にインストールする前にカラーモードを変更する方法を知りたかったのです。しかし、
・8ビットモードでも正常に動作した
・デモ機は搬出済で、rootの権限を持ったSolaris SPARCマシンが手元にない
ため、現在、教えていただいた方法を確認する手段がありません。

次回、デモ機をセッティングする機会があった時に確認してみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ