【初月無料キャンペーン中】gooドクター

3000メートル上空の 仙台の空に謎の白い物体

宇宙の 何光年もの 遠い星の様子が 分かる技術が有るのに

何故 3000メートルと 至近距離で 

  物体の正体が分からないのですか。

A 回答 (4件)

韓国へ逃れた脱北者達が北朝鮮に向けたビラ撒き用の風船でしょう。


以前にもありましたし、陸地に落下している物が発見されても居ますからね。
さて、遠い星の様子は光学望遠鏡では無く電波望遠鏡や赤外線望遠鏡などでの観測
であり、観測衛星もあるのでそれらによって観測されたデータの解析ですから、時間も掛かる。
遠い星の様子が判ると言っても、極々一部の情報しか判らないのが現実。
    • good
    • 0

UFOです。


謎の未確認飛行物体UFOです。
焼そばぢゃありませんッ!
    • good
    • 1

『何光年もの 遠い星の様子が 分かる技術が有るのに』


人手と費用があるから

調査する費用や人手を出してくれるなら調査するだろうけど・・・・
    • good
    • 0

ドローン捕獲用ドローンでも飛ばして、捕獲すればよかったのにね。


 
https://jdrone.tokyo/catched-drone-flighttest
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング