プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

新型コロナウイルスワクチンを接種しても感染はするし他者にも感染させます。接種したから感染させる確率が下がるわけでもありません。

ワクチンパスポートは無意味で国民の分断を煽るだけなのでやめるべきではありませんか?

「新型コロナウイルスワクチンを接種しても感」の質問画像
gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

mRNAワクチンは人間に使うのは初めての代物でどんな健康が中長期的にあるか分からない。

安易に接種していいものではないことだけはたしか。すでに国内外で相当数が新型コロナウイルスワクチンの副作用で死亡してますからね。
    • good
    • 1

ファイザー、モデルナの場合、デルタ株に対する感染予防効果は、88~64%とされます。

半年~1年程度のブースター接種で、95%まで上がります。
さらにデルタ株用のmRNAになればさらに高い感染予防効果が期待できます。

新型コロナウイルス感染症は、感染者が全て人に感染させるわけではありません。
従来株では、ワクチン未接種の場合、感染者の8割は人に感染させず、1割が数人に、1割がスーパースプレッダーとして数十人に感染させます。
デルタ株の場合、感染させない人は約2割、約半数がスーパースプレッダーとなるようです。
それに対し、ワクチン接種者であれば、デルタ株であっても8割は人に感染させず、残り2割も数人に感染させる程度であって、スーパースプレッダーとなる方はほとんどいません。

以上まとめると、ワクチン接種した人は、感染する確率は下がり、もし自分が感染しても、他人に感染させる可能性も激減します。
ワクチン接種者集団であれば、実効再生産率が1未満となることが推測されます。
経済再生と感染対策の両立ためには、ワクチンパスポートが極めて有効な手段です。
    • good
    • 1

>接種したから感染させる確率が下がるわけでもありません。



 接種したら体内のウィルス量は減る(増えにくい)確率が高い。当然排出するウィルス量も減る、排出量が減れば感染させる確率も下がる、これが当たり前の考え方なんですけれどね。
 ワクチンパスポートは単なる優待券と同じと考えればとりたてて排除する必要はないと思うんだけど。もちろん「打てない」人には何らかの配慮が必要だけど、「打たない」人は放っておいてもいいんじゃない? 逆に「打たない」人は、優待なんかいらん!という矜持があると思う。
    • good
    • 1

情報が古い。

    • good
    • 2

ウイルスの増殖を抑える効果があるので確率は下がりるはず。


確率が下がってないとしたら、
接種したらマスク・手洗い・ディスタンスを止めてる・・・という接種しても感染可能性は残ってる事を理解できない国民が多いって事でしょうね。
1+1も理解できない人達にそれ以上何ができる??って思いませんか?
ある程度は無視しないと、馬鹿と心中は嫌です。
    • good
    • 1

悔しかったら打ってみな♪

    • good
    • 1

海外に行く人には便利ですね。

    • good
    • 0

ワクチンパスポートは COCOA やアベノマスクと同じで、特定の企業にお金を支払うための仕組みであって、国民の健康や国家の防疫とは

無関係の経済活動だと思います
    • good
    • 2

作ることに問題はないし、適応したいお店が適応するのも勝手。


そういうお店なら生きたいと考える人が選ぶのも勝手だし、
まったくもっていかないのも勝手。
ワクチンを受けるも、受けないも勝手だし、どういうお店を選ぶかも勝手。
情報や選択肢は多いほうがいいかな。
    • good
    • 1

ワクチンパスポートは、将来的に税金徴収とか、中国のような全体主義の管理システムに使えるので、政府としてはコロナ対策に無意味でも、この精度を始める意味があるのです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング