【初月無料キャンペーン中】gooドクター

「総理大臣が代わったら私たちの生活がどう変わるか」の具体例ください!(>人<;)

質問者からの補足コメント

  • 総理交代では変化がないのですね(o・・o)/では、政権交代ではどんな変化が出ますか?

      補足日時:2021/09/07 14:47
gooドクター

A 回答 (16件中1~10件)

首相は交代しても、政党(与党)が変わらない限り、


国民の生活が変わることはありません。
前首相が裏に居るので、大きな政変ができないからです。

過去に、民主党が政権を取った時、
巨大ダム事業の停止政策が有りました。
ダム底に沈む地域住民の移転計画が無くなるかも、と言う変化が。
しかし、自民党の政権奪還で、当初計画通りになりました。
生活が変わるほどになるには、政権交代迄の変化がないと無理です。
    • good
    • 0

変わらんたい‼️ヽ( ・∀・)ノ

    • good
    • 0

なんも変わらないよ



生活に変化があるなら
国民の政治に対する関心が、欧米なみになるよ!
    • good
    • 0

我々の生活の変化は 我々次第です。


何もしなくても変わると思うのは大間違い。
政権交代に伴う株価の動きを熟知してる方々は大儲けするはずですよ。
    • good
    • 0

エンゲル係数が上昇し実質賃金が減少しても豊かになっていることもあるという説が、両論併記の名の下にスタンダードと同列に、経済学部の教

科書に載るようになりました
    • good
    • 0

現在は総理大臣の「頭」のすげ替えの時期であって政策内容の議論はなされていません。

政策の議論は始まっていませんので、生活がどう変わるかわかっていません。

おじいさんたちと若い人たちの入れ替わりがあるかどうかで政策は変わります。でも若い総理とおじいさんが混じった内閣だと変化は起きにくいですね。

おじいさん=安倍、麻生、石破、岸田
若い=河野、菅、小泉
若い人が主役ですと、原発廃止 (小泉)、医師会改革 (菅)
    • good
    • 0

安倍首相になって、生産拠点を中国に移していた企業の国内回帰が始まりました。

 国内就労者の増大に寄与しています。 金融緩和政策と公的資産の株式運用を引き金にして、日経平均株価は8,000円(民主党政権当時)から28,000円(現在)に上昇しています。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei …

リンクを参照すれば、2008年のリーマンショックによる大暴落を放置し続けた民主党政権と政権交代(第二次安倍政権)した2012年を境に株価上昇が顕著です。 景気は上昇し、新卒の求人倍率が急上昇しました。 就職氷河期を抜け出した訳です。

政権批判したい野党やマスコミは「実質平均賃金低下」を理由に国民の生活が苦しくなったと申していますが、これはデマです。

実質平均賃金が低下したのは、これまで失業していた人達が大量に就職したことと、新卒新入社員の増大が理由です。 経験の少ない彼らの給料はベテランとの比較で低額です。 このため、所得の平均値は当然下がります。 ですが、これまで収入ゼロだった人達が所得を得られるようになった訳ですから、国民全体が手に入れる収入は増大しました。 つまり、豊かになったわけです。 以上、具体例のひとつです。
    • good
    • 0

先ず無理


管さん程の力がある人はいなと思われる。
新型コロナ対策(ワクチン1.2億回)
デジタル庁創設
携帯料金値下げ
最低賃金引き上げ
原発処理水の海洋放出決定
不妊治療の保険適用
改正国民投票法成立
これだけ出来るかな。
    • good
    • 2

ルカによる福音書:13章:22節 さてイエスは教えながら町々村々を通り過ぎ、エルサレムへと旅を続けられた。



11:37イエスが語っておられた時、あるパリサイ人が、自分の家で食事をしていただきたいと申し出たので、はいって食卓につかれた。 11:38ところが、食前にまず洗うことをなさらなかったのを見て、そのパリサイ人が不思議に思った。 11:39そこで主は彼に言われた、「いったい、あなたがたパリサイ人は、杯や盆の外側をきよめるが、あなたがたの内側は貪欲と邪悪とで満ちている。 11:40愚かな者たちよ、外側を造ったかたは、また内側も造られたではないか。 11:41ただ、内側にあるものをきよめなさい。そうすれば、いっさいがあなたがたにとって、清いものとなる。
11:42しかし、あなた方パリサイ人は、わざわいである。はっか、うん香、あらゆる野菜などの十分の一を宮に納めておりながら、義と神に対する愛とをなおざりにしている。それもなおざりにはできないが、これは行わねばならない。 11:43あなたがたパリサイ人は、わざわいである。会堂の上席や広場での敬礼を好んでいる。 11:44あなたがたは、わざわいである。人目につかない墓のようなものである。その上を歩いても人々は気づかないでいる」。

13:32 そこで彼らに言われた、「あのきつねのところへ行ってこう言え、『見よ、わたしはきょうもあすも悪霊を追い出し、また、病気をいやし、そして三日目にわざを終えるであろう。 13:33しかし、きょうもあすも、またその次の日も、わたしは進んで行かねばならない。預言者がエルサレム以外の地で死ぬことは、あり得ないからである』。

19:11 人々がこれらの言葉を聞いているときに、イエスはなお一つの譬をお話しになった。それはエルサレムに近づいてこられたし、また人々が神の国はたちまち現れると思っていたためである。 19:12それで言われた、「ある身分の高い人が、王位を受けて帰ってくるために遠い所へ旅立つことになった。 19:13そこで十人の僕を呼び十ミナを渡して言った、『わたしが帰って来るまで、これで商売をしなさい』。 19:14ところが、本国の住民は彼を憎んでいたので、あとから使者をおくって、『この人が王になるのをわれわれは望んでいない』と言わせた。 19:15さて、彼が王位を受けて帰ってきたとき、だれがどんなもうけをしたかを知ろうとして、金を渡しておいた僕たちを呼んでこさせた。 19:16最初の者が進み出て言った、『ご主人様、あなたの一ミナで十ミナをもうけました』。 19:17主人は言った、『よい僕よ、うまくやった。あなたは小さい事に忠実であったから、十の町を支配させる』。 19:18次の者がきて言った、『ご主人様、あなたの一ミナで五ミナをつくりました』。 19:19そこでこの者にも、『では、あなたは五つの町のかしらになれ』と言った。 19:20それから、もうひとりの者がきて言った、『ご主人様、さあ、ここにあなたの一ミナがあります。わたしはそれをふくさに包んで、しまっておきました。 19:21あなたはきびしい方で、おあずけにならなかったものを取りたて、おまきにならなかったものを刈る人なので、おそろしかったのです』。 19:22彼に言った、『悪い僕よ、わたしはあなたの言ったその言葉であなたをさばこう。わたしがきびしくて、あずけなかったものを取りたて、まかなかったものを刈る人間だと、知っているのか。 19:23では、なぜわたしの金を銀行に入れなかったのか。そうすれば、わたしが帰ってきたとき、その金を利子と一緒に引き出したであろうに』。 19:24そして、そばに立っていた人々に、『その一ミナを彼から取り上げて、十ミナを持っている者に与えなさい』と言った。 19:25彼らは言った、『ご主人様、あの人は既に十ミナを持っています』。 19:26『あなたがたに言うが、おおよそ持っている人には、なお与えられ、持っていない人からは、持っているものまでも取り上げられるであろう。 19:27しかしわたしが王になることを好まなかったあの敵どもを、ここにひっぱってきて、わたしの前で打ち殺せ』」。
19:28イエスはこれらのことを言ったのち、先頭に立ち、エルサレムへ上って行かれた。

19:47 イエスは毎日、宮で教えておられた。祭司長、律法学者また民衆の重立った者たちはイエスを殺そうと思っていたが、 19:48民衆がみな熱心にイエスに耳を傾けていたので、手のくだしようがなかった。

20:21 彼らは尋ねて言った、「先生、わたしたちは、あなたの語り教えられることが正しく、また、あなたは分け隔てをなさらず、真理に基いて神の道を教えておられることを、承知しています。 20:22ところで、カイザルに貢を納めてよいでしょうか、いけないでしょうか」。 20:23イエスは彼らの悪巧みを見破って言われた、 20:24「デナリを見せなさい。それにあるのは、だれの肖像、だれの記号なのか」。「カイザルのです」と、彼らが答えた。 20:25するとイエスは彼らに言われた、「それなら、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。 20:26そこで彼らは、民衆の前でイエスの言葉じりを捕えることができず、その答に驚嘆して、黙ってしまった。

21:1 イエスは目をあげて、金持たちがさいせん箱に献金を投げ入れるのを見られ、 21:2また、ある貧しいやもめが、レプタ二つを入れるのを見て 21:3言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめはだれよりもたくさん入れたのだ。 21:4これらの人たちはみな、ありあまる中から献金を投げ入れたが、あの婦人は、その乏しい中から、持っている生活費全部を入れたからである」。
21:5ある人々が、見事な石と奉納物とで宮が飾られていることを話していたので、イエスは言われた、 21:6「あなたがたはこれらのものをながめているが、その石一つでもくずされずに、他の石の上に残ることもなくなる日が、来るであろう」。

22:1さて、過越といわれている除酵祭が近づいた。

マタイによる福音書:26章:45節 それから弟子たちの所に帰ってきて、言われた、「まだ眠っているのか、休んでいるのか。見よ、時が迫った。人の子は罪人らの手に渡されるのだ。 26:46立て、さあ行こう。見よ、わたしを裏切る者が近づいてきた」。
26:47そして、イエスがまだ話しておられるうちに、そこに、十二弟子のひとりのユダがきた。また祭司長、民の長老たちから送られた大ぜいの群衆も、剣と棒とを持って彼についてきた。 26:48イエスを裏切った者が、あらかじめ彼らに、「わたしの接吻する者が、その人だ。その人をつかまえろ」と合図をしておいた。 26:49彼はすぐイエスに近寄り、「先生、いかがですか」と言って、イエスに接吻した。 26:50しかし、イエスは彼に言われた、「友よ、なんのためにきたのか」。このとき、人々が進み寄って、イエスに手をかけてつかまえた。 26:51すると、イエスと一緒にいた者のひとりが、手を伸ばして剣を抜き、そして大祭司の僕に切りかかって、その片耳を切り落した。 26:52そこで、イエスは彼に言われた、「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる。 26:53それとも、わたしが父に願って、天の使たちを十二軍団以上も、今つかわしていただくことができないと、あなたは思うのか。 26:54しかし、それでは、こうならねばならないと書いてある聖書の言葉は、どうして成就されようか」。 26:55そのとき、イエスは群衆に言われた、「あなたがたは強盗にむかうように、剣や棒を持ってわたしを捕えにきたのか。わたしは毎日、宮ですわって教えていたのに、わたしをつかまえはしなかった。 26:56しかし、すべてこうなったのは、預言者たちの書いたことが、成就するためである」。そのとき、弟子たちは皆イエスを見捨てて逃げ去った。
  http://bible.salterrae.net/kougo/html/
_

No.8 へつづく
    • good
    • 0

. .


(Money As Debt テキスト版)
Usury たくさんの金利をローンにつけることは高利貸しと呼ばれ、かつては死刑を含む厳しい刑罰が課せられました。主要な宗教は みな高利貸しを禁止していました。習慣に関する議論の大部分は道徳的でした。
お金の目的は モノとサービスの交換を容易にするものと信じられていました。お金からお金をつくる行為は、泥棒あるいは寄生者の行為とみなされていました。しかし、商業の増大に信用貸しが必要になるに連れて、貸すことは貸し手にとって危険と損失を伴うのだから貸すことによって利益を得ようとするのは正当だとされました。今日これらの概念は奇妙に思えます。今日お金からお金をつくるという考えは、理想として目指すべき姿だと思われています。何故あなたは 働いてお金を稼ごうと働くのですか?しかし持続可能な未来を思い描くとき 利息を課すことは非道徳的で 問題があることは明らかです。何世紀もの間 存続できる社会と経済を想像してみてください。資源の蓄えを浪費する代わりに、一日に得られる資源の範囲内で生活することを地球が生産できる以上の資源を 無駄に使うことはやめましょう。太陽や 重力 地熱 磁気 その他全てのエネルギーは再生可能です。再使用し、全てをリサイクルすることによって資源の再生可能な範囲内でのみ、この社会は持続可能です。人は死んだり生まれたり、人口は自然に置き換わっています。そんな社会は 永遠の経済成長を必要とするマネーシステムを使っていては 決して実現しないでしょう。少なくとも崩壊することのない安定したお金の供給を必要とするでしょう。この安定したマネーサプライの総容量は地球による生産量の範囲内であるべきです。また 金貸したちが実際貸すためのお金を持っていると仮定しましょう。もしその貨幣で銀行家たちが利息付きの貸出を始めたとしたら、やはり彼らは儲かり成長するでしょう。もし彼らが利息で稼いだすべてのお金を再び貸し続けるならば どんな結果が起こりますか?それが 金貨か借金のお金かは問題ではなく、金貸したちは全てのお金をものにしているのです。そして閉鎖や破産が起こされたあとでまた彼らは本物の財産を手に入れるわけです。全住民のあいだで、貸出金利の収益が均一に分配されたときだけこの問題は解決します。

私たちが民主主義や自由として教えられ信じてきたことは、実際には巧妙で目に見えない形の経済的独裁でした。

現代の借金によるマネーシステムは、300年ほど前に生まれました。イングランド銀行が王室から特許状を与えられ、2:1の穏やかな比率で金の受領書を発行した時です。このささやかな割合が悪夢の始まりだったのです。そのシステムは今世界中に及んで無限のお金を無から創造し、地球の誰もが永遠に決して払うことのできない膨張する借金で鎖につながられています。
これは偶然に起こったものでしょうか? あるいは陰謀? 明らかでしょう アダムスミス   http://rothschild.ehoh.net/material/animation_01 …


.
 手当たり次第威勢の赴くまま、カイザルコインで、羽振り独裁を決め込む歴史もながいのでしょうが、 都には、だれかいる。
ふくざわひぐちのぐち - しぶさわつだきたざと 、このラインの陰に隠れて、きつね・たぬき通帳を決め込む輩が長らく居る。

 総理が代わったらどう変わるか、 毎回毎度巧妙なるマニフェストスピーチ詭弁沈黙に騙されるわけですが、強請りタカリの顔それがデカくなるか小ぶりになるか、それは、慢性化している。 インチキ政治、デカく、ペテンそろばん組織化そして固定された、それが実相ではないでしょうか。


 JR民営化も、郵政民営化も、過去の小事と変革した現代ですが、つぎの課題は、日銀・商業銀行・国税庁・国税局廃止ではないでしょうか。
たとえて、9月30日を以って日銀・商業銀行・国税庁・国税局廃止であるならば、『 9.30事件(日銀廃止事件・歴史的カイザル劇場の終演) 』と、蒼々たる歴史の一幕に太字で記されのこるに違いない。

 ひとびとの自由民権運動も、捨てたものでは ない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング