プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

易占いで「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があります。
この言葉の深い意味、真意を教えてください

A 回答 (3件)

占いというのは的中することもあるし、外れることもあるものだ、という意味のことわざ。

そのことわざには「占いの結果を過度に気にする必要は無い」「占いの結果に大きく左右されるべきでない」というニュアンスが込められている。
’※使い方の注意
宝くじやギャンブルに使う人もいますが、占い以外の当たり外れについて言うのは間違い。占い師にあんなふうに言われても、気にするなよというニュアンスで使われる言葉です。悪い結果が出た時に、慰めたり元気づけたりする為に言うことわざで、八卦は、はっけと読みます。
八卦は、元々は古来から中国で使われてきた易学の用語です。陽と陰の組み合わせで表される8つの象徴のことで、ソノ8つとは
「天、沢、火、雷、風、水、山、地」です。
※易で陰と陽を示す算木の組み合わせで得られる8種の形から八卦という言葉が使われたようです。
    • good
    • 0

深い意味はないです。



八卦を検索して学習して下さい。
    • good
    • 0

易で占うとき、陰陽を意味する算木の組み合わせで得られる八種の形を八卦と呼びますが、占っても当たることもあれば外れることもあります。

昔の人もそれをわかっていて、占いの結果に一喜一憂するなと言ったのです。占いに人生を賭けるなんてバカバカしいですよと言うことです。

当たることもあれば外れることもあります。最後は自身の判断です。従って、自分に都合の良いときだけ占いを利用するということもありだということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング