【初月無料キャンペーン中】gooドクター

年収200万では節税してもたかが知れてますかわ。

gooドクター

A 回答 (6件)

住民税非課税まで持って行ければ大きいですよ。

    • good
    • 0

ベース年収が200万円ですと、そもそも負担税が少ないので、大きな節税はできません。


節税とは本来支払うべく税金を、控除や還付制度を利用して戻す作業をして、負担税を抑えることを言います。
所得税は累進課税ですから、日本では所得が高い人の負担割合が高いため、節税意識が高まりますが、低所得層と言われる年収300万円以下の方はあまり、節税意識が無い人が多いです。
しかしながら、近年では保険控除やiDeCoなどの掛け金控除などを活用して節税意識が高まりました。
投資に関心を持つ方が増えたことから、投資の損失を繰越控除や通算および還付処理のために確定申告をされる方も増えて、年収に関わらず節税を意識される人は増えました。
医療控除などもありますし・・。
多くの方は面倒だと仰られて申告しないことが多いようですが、所得が高い人ほど細かな控除や還付などを申告され馬鹿にしません。
たかが知れてるという考え方が大雑把ですから、知識を高めてしっかり申告してください。
    • good
    • 0

節税は払う税金が少なくなることなので、


元々払っている税金が少ないと、節税度合いも小さくなりますね。

ただ、年収が低ければ1万円2万円の節税でも大きいと言えなくもないです。
    • good
    • 0

年収200万円の人が独身者で、民間の生命保険や損害保険に加入していないと仮定した場合、所得税額(年間)は2万9,000円で、住民税は8万9,000円です。

 サラリーマンなら、個人型確定拠出年金iDeCoを利用するなどして、節税することもできますが、税金額自体が前述のように大きくはないゆえ、大した節税にはならないでしょう。
    • good
    • 0

給与だったら節税の手段はほぼありません


事業や不動産だったら青色申告控除が最大の節税方法ですしまだほかにも
ふるさと納税なんてただの無駄遣いです
    • good
    • 0

その節税額とかかる手間、次第です。


例えば、
確定申告の手間で5万円還付、これをどう見るか、でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング