プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

トヨタの社長が、国が進めるカーボンニュートラルの中の内燃機関車からEVへの移行について、「統べてEVへ移行することは大きな街角だ。自動車産業は裾野が広く、雇用が失われることになる」と言っていましたが、何か既得権を手放したくないように聞こえないですか?

A 回答 (11件中1~10件)

その通り。

なんとか今の車を残したいとの考え。ハイブリッドの技術を無償供与もそれ。
そんなことよりEVで頑張れよ、と言いたい。EV作れねぇのかよ。
    • good
    • 0

「安易なEV化はいけないよ」との警鐘でしょう。


核融合発電でもできないかぎり、全部EVにしたら電子力発電所を30か所くらい増やさないとだめでしょう。
燃料税もどうするのかという問題もありますし...
EVの効率を考えるあまり、特殊な材料(レアメタルとか)を多用しても困ります。

>既得権を手放したくない
EVでも今の自動車会社の優位性は揺らがないと思うので 既得権はないですね。ただし、部品メーカはかなり様変わりします。
    • good
    • 0

カーボンニュートラルの根本的な目的は、


「排気ガスゼロ、化石燃料の消費ゼロ」
では?

そう考えると、
EVだけでなく、水素自動車でも目的は達成できます。
 
それが言いたかったのでは?
    • good
    • 0

TOYOTAの本命は水素自動車(燃料電池自動車)です。

これが普及するまでの繋ぎとしてプリウスなどのハイブリッド自動車を主に販売しているのです。なので全個体電池自動車の開発には力を入れていますが、重い蓄電池を搭載して長い時間を掛けて充電して、充電が完了したら走行を開始する「従来型電気自動車」には力を入れていないのです。
 従来型電気自動車は、非常に重いバッテリー(蓄電池)を搭載して走るのでエネルギー的に不利で,充電に長い時間が掛かり,長距離走行も苦手です。
 TOYOTAの水素自動車の一般乗用車MIRAIの一充填走行距離(参考値)はG-TYPEで850kmもあります。
https://toyota.jp/mirai/grade/?padid=from_mirai_ …
 水素自動車は、水素と酸素を反応させて電気を作りながら走行するので排出するのは「H₂O/水(水蒸気)」だけで、CO₂などは全く排出しません。
 水素自動車は、「給油」では無く、「給水素」して走ります。給油する程度の短時間でタンクに給水素する事が出来ます。
 TOYOTAの水素自動車の都バスが何十台も都内を営業運転しています。
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_informat …
 TOYOTAは水素自動車の大型トラックも作っています。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2012 …
 水素の供給体制の整備も進んでいます。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69444050W1A …
 中国は、従来の電気自動車の普及に国を挙げて取り組んでいるが、世界的/国際的な流れは水素自動車/水素社会です。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_an …

 宇宙では、何に遮られる事も吸収される事も無く、太陽の光が100%、365日24時間、太陽電池パネルに降り注ぎます。地球-月のラグランジュ点L₄,L₅や地球周回軌道上に宇宙太陽光発電所を建設し、太陽電池で作ったクリーンで無尽蔵で安価な電力をマイクロ波に変換して地球に送信し、地球でこのマイクロ波を受信し電力に戻して利用します。
 この電力で地球の水を電気分解し、水素と酸素を作り、この水素で水素自動車(燃料電池自動車)を走らせます。宇宙に降り注ぐ太陽の光で全ての自動車が走る「水素社会」が到来します。
 宇宙太陽光発電所を建設する為の人と資材の輸送は、下記のブログで説明している「宇宙塔マスドライバー」が最適です。
http://blog.livedoor.jp/satou_hiroshi_4649/archi …

 月や火星には豊富な水があります。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO44158040U …
https://www.cnn.co.jp/fringe/35146771.html
https://astropics.bookbright.co.jp/korolev-crater
 この水とこれを太陽電池の電力で電気分解して得られる酸素と我々や家畜などが吐き出すCO₂で食料生産プラントで月や火星やラグランジュ点のスペースコロニーで365日24時間体制で米/小麦/大麦/大豆/コーン/野菜/果物/海藻などを栽培し、牛/豚/鶏/魚介類などを飼育/養殖すれば、地球と同様の豊かな食生活が可能です。

 2045年には、コンピューターの知能が全人類の知能の総力を超える/世界中の人間が束になつて挑んでも敵わなくなる「シンギュラリティ/技術的特異点」を迎え、超知能/超知性の人工知能AIが誕生するかも知れません。
 人間は脳にチップを埋め込み,スマホやPC,マウスやキーボードなどを使わず,脳の中に投影されるスクリーンの輝点を目で追うと,その脳の電気信号をチップが検出し,文字の入力やクリック/ドラッグ/ドロップなどが可能になり、人間は、常時、ネットにワイヤレスで接続し、超知能AIと通信し、世界中の情報を操作/情報処理する様になるでしょう。
https://www.afpbb.com/articles/-/3356995
 テレビ電話で貴方Aが日本語でアメリカの人Bに質問すると瞬時に流暢な英語に翻訳されBに聞こえ、Bの英語の答えは瞬時に流暢な日本語に翻訳されAに聞こえる。この瞬時の翻訳は全世界の全ての言語間で相互に可能になるでしょう。
 超知能AIと連動した人型ロボットが、一般家庭で炊事/洗濯/掃除/育児/介護/買い出し/ゴミ出しなどを熟し、医療/法曹/建築/土木/生産/流通など全業種の全職場で働き、人間には、研究開発や芸術などの限られた仕事しか残らないでしょう。
 超知能AIに政治/経済/教育/医療/福祉など森羅万象について最適の施策を考えてもらい、人間は素直にその施策を実行して行くしか戦争を回避し平和を実現する手段は無いのかも知れません。
 我々は、仕事を超知能/超知性の人工知能AIとこれと連動して動く人型ロボット達に奪われ、彼らに養われて生きて行く様になるのかも知れません。
 地球の隅々まで広がり、地球から溢れた人類は、無限のキャパシティを持つ、最後のフロンティア「宇宙」に向かうでしょう。それは、「好奇心と拡散性」が人類の性(さが)だからです。


時間が無かったら,つまり,時刻も無い,瞬間も無い,時間的な幅が無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

空間が無かったら,つまり,点も線も面も体積も無い,空間的な大きさ広がりが無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

真空を「無(む)」だと言う人がいますが、超弦理論の弦/紐/膜やクォーク、素粒子、原子、物質、エルネギーの全てが無くても、真空には時間と空間はあります。従って、真空は、「無(む)」ではありません。

時間だけでも、空間だけでも、「存在」は、成立しません。この一方だけでは「存在」は成立しないのです。時間と空間の双方があって、初めて「存在」は、成立します。
宇宙は、なぜ存在している事が出来るのか? それは、「時間」が存在し、「空間」が存在しているからなのです。

 時間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  時間が無い状態から時間が始まった/初めた/流れを開始した状態をイメージ出来ますか?
 空間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  空間が無い状態から空間が始まった/初めた/大きさ広がりを開始した状態をイメージ出来ますか?
 出来ませんよね。と言う事は、時間の無い宇宙、空間の無い宇宙は、存在しない、ありえないと理解すべきと言う事なのです。
 ビッグバンで宇宙が誕生して、時間も空間も誕生したのなら、ビッグバンの「前」は、時間は? 空間は? どうなっていたのか?との疑問が湧きます。

「無限大の大きさ広がりを持つ空間的に無限大の空間と無限大の過去から存在し無限大の未来まで流れ続ける時間的に無限大の時間が無限大の過去から共に既に存在している」。この時空/宇宙を「母宇宙」と定義します。

 この母宇宙Aの時空の量子論的な揺らぎが、我々が存在しているこの宇宙Bのビッグバンを138億年前に引き起こし、Bは、Aの「子宇宙」として、Aの時空の中で誕生し、今もAの時空の中で加速膨張し続けていると解釈/理解すると、Bが誕生する「前」の「時間」は? 「空間」は? と言う問いに、Bが誕生する「前」は、Aの時間が流れ、Aの空間が広がっていたと答える事が出来ます。
 それぞれが無限大の大きさと広がりを持つ「子宇宙」を無数に無限大個、その時空の中に持っているのが「母宇宙」で、母宇宙の中では、常に無数の無限大個の子宇宙が誕生して、それぞれが母宇宙の時空の中で収縮/安定/定速膨張/加速膨張などの成長を続けているのかも知れません。
 こうした多数の宇宙が存在するとの考えを「マルチバース」と呼びます。
母宇宙は、どのように始まった/誕生したのかは、母宇宙の「定義」から、
「母宇宙は無限大の過去から時間と空間と共に既に存在している」と回答する事になります。なので、母宇宙に始まり/初め/起源/誕生は無いのです。

 創世記では、「はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。」とあります。「はじめに」とは、時間を指す言葉です。「やみが淵のおもてにあり」とは、「やみ」や「淵」が存在し、これらが存在できる「空間」がある事を意味しています。神が天地創造を開始した時には、既に時間も空間も存在していたのです。
 では、これらを創ったのは何なのか? これらは何故、存在していたのか?
聖書は答えていません。

宇宙は、なぜ存在し、宇宙は、どうしてどのようにして始まったのか?

神が創ったのなら、

_神は、なぜ存在し、_神は、どうしてどのようにして始まったのか?

こう記述すると、宇宙と神は同じです。
「EV化へ移行は間違い?」の回答画像9
    • good
    • 0

街角というとまちカドまぞく、未だにさいカワキャラの一角ですねw



自動車メーカーのトップなのだから、その情報は一般の人以上に持っていますし、その判断は正しいと私も思います。
むしろ30年近くも経済に何の役にもたたない無能な政府が、雇用を守っているものの足を引っ張るような真似ばかりすることに腹を立てている面があるのでしょう。
    • good
    • 0

「既得権益」とは何だ? 豊田章男が言ってるのはその通りだ。

 EVに移行することで、内燃エンジンや変速機など多くの部品が必要なくなる。 そういう部品に関わっている多くの企業や社員の仕事が無くなる。 その為には、水素自動車(水素をガソリンの代わりに燃やしてエンジンを動かす)なども選択肢として考えるのは当然だろう。 物事を斜にしか見られない人はかわいそうだ。
    • good
    • 0

現在の自動車産業の工場の約8割を壊して更地に。


そこにEV絡みの新工場に新規設備を導入して操業するしかないです。
部品点数は内燃機関自動車から圧倒的に少なくなるので再起できる企業、工場は5割にも満たないでしょう。
少子高齢化がすすんでいるので働き手の問題はクリアできるとしても
それだけの産業構造の改革が出来る体力が今の日本にはありません。
    • good
    • 0

EVに供給する電力を作る電力会社はカーボンを出さないのでしょうか?、車だけを標的にした今回の事が問題に為って居ると思われます、カーボンは車だけが出して居る訳ではないでしょう、それを世界的に車を標的にして居る事に疑問を感じない人達が居る事に驚いています、この世に生ある生物は殆んどが地球温暖化の元を排出している事を認識するべきです、其れに基づいての地球温暖化対策を講ずるべきと考えます。

    • good
    • 1

カーボンニュートラルは中国の世界支配戦略の一環ですからね。


EVは国民全体からみると、メリットは少ないし、キャッシュレスと同様にリスクがある。

車ではないけど、ここ最近、故障したレーザディスク、MDデッキ、CDデッキを修理してみるか?と中身を見ると、メカと基板に並んだ電子部品の山です。
故障したスマホ、パソコンの中は、メカって感じのものは少ないし、電子部品も少なめ。

日本の家電産業がPC、スマホの拡大とともに衰退していったみたいに、車が内燃機関からEVになると、部品点数がずっと減って、同じように衰退していくのだろうと感じました。
    • good
    • 0

移行するためにいくら投資が必要なのかちょっと計算してみれば現実的なのかどうかっていう話から始まると思いますが?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング