ある実験過程で、反応容器内の撥水性を向上させたいと思います。
一般に良く知られているフッ素コートを使おうかと思っているのですが、反応溶液の電導度変化は最小(nS/cm2オーダー)にとどめたいです。
このような場合、フッ素コートはあまり適さないのでしょうか?
また、その他により適した方法があれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 フッ素コートのことは良く知りませんが、撥水性&伝導度を気にされるならテフロン、特にPTFEが良いと思います。

反応容器の形状が良く判りませんが、複雑な形であれば、成型可能なPFAも良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。試してみます。

お礼日時:2001/08/29 11:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q水などに反応する溶液

はじめまして。
化学には詳しくないのですが、どうしても知りたいことがあるので質問させていただきます。

水またはアルコールなど、ある程度安全なものをかけると(あるいは混ぜると)、発色する透明の溶液ってあるのでしょうか?何色でも良いです。
紙にその溶液を使って文字を書き、水などをかけて文字が浮かび上がってくるようにしたいのですが…。
更に、乾けば元の状態(文字が見えない状態)に戻れば申し分なしです。

誰かご存知でしたら回答お願いします。

Aベストアンサー

塩化コバルト。無水ですと青いですが、水がかかると雨水ピンク色に変わります。ただし、湿気程度で変色するので管理に注意(シリカゲルの乾燥剤の青色とピンク色)。ピンク色は条件によっては無職に見えます。

フェノールフタレイン。中性・酸性ですと無職、アルカリですと赤色。
比較的簡単なアルカリですと、水道水を煮沸すると炭酸やじあ塩素酸が飛んでアルカリになります。運が良ければ(水源によって異なる)これで変色します。フェノールフタレインのアルコール溶液に、アルカリ性の水道水を放り込むということになります。

毒性が強いので要注意。
硝酸銀水溶液(日光にあたらなければ無職)で文字を書いて、食塩水を塗れば黒色か。硝酸銀はたしか、劇物指定なので取り扱いに注意。金属銀も変な神経障害を起こすので要注意。

Qショ糖溶液の反応次数って何ですか?

化学反応速度を理解するうえで、時間と旋光度から最小二乗法をもちいて速度定数を求めることができるそうなんですが、一次反応なのか、二次反応なのかがよくわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

どのような反応機構でその反応が進むかを考えればある程度類推はつきますね。
また、仮に反応機構的には二次反応であっても、反応相手の濃度が反応の過程で変化しない場合には見かけ上、一次反応になりますね。

仮に、ショ糖分子同士が衝突する部分が律速段階になっていれば、二次反応になりそうですし、そうではなくて溶媒(水でしょうかね?)や触媒がそれに関与していれば一次になりそうです。

ただし、上述のことは予想であり、実際にどうなるかはやってみなければわかりません。No.1のご回答が正論だと思います。

Q硫化水素水に対する溶液の反応について

硫化水素水と塩化ナトリウム水溶液、硫酸アルミニウム水溶液、硝酸銀水溶液、硫酸銅水溶液それぞれを混ぜました。どのような反応がおこるのか、またその化学式を教えて下さい。よろしくお願いします(('ェ'o)┓ペコ

Aベストアンサー

塩化ナトリウム水溶液:何にも起きません。
硫酸アルミニウム水溶液:何にも起きません(多分)。
硝酸銀水溶液:硫化銀が沈殿する。(黒色)
2Ag + 2NO3^- + H2S → Ag2S↓ + 2HNO3
硫酸銅水溶液:硫化銅が沈殿する。(黒色)
2Ag + SO4^2- + H2S → Ag2S↓ + H2SO4
銀と銅は酸性でも沈殿を生じます。
亜鉛、鉄、ニッケルはアルカリ性でないと硫化物の沈殿を生じません。

Q溶液中に複数の反応が存在する場合の生成物割合

材料系メーカー勤務です。仕事中にできた問題があるのでわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。SiO2をフッ酸液に浸漬した場合四弗化珪素になる反応と弗化水素珪酸になる反応、弗化水素珪酸が四弗化珪素やメタ珪酸になる複数の反応が考えられるのですが、どの反応がどのくらいの割合で起こるのかを理論で導きたいのですが可能でしょうか。可能であればどのようにすればいいのでしょうか。 また、これらのことは何の分野に当てはまるのでしょうか。似たような問題が多いので勉強したいと思っています。どんな本(教科書、専門書)がありますか。私の知識は高校化学、高校物理学程度です。本を読んだり調べたりするのは好きなので多少難しい本でもいいです。まとまりの無い質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今手に入るフッ素関連の化学の本は下記のもの位しかありません。20年前に無機フッ素化学は盛りを過ぎちゃったのです。有機フッ素化学も10年目に盛りを過ぎました。

フッ素化学入門―先端テクノロジーに果すフッ素化学の役割
ISBN:4782704879 447p 21cm(A5)
三共出版 (2004-03-01出版)
日本学術振興会・フッ素化学第155委員会【編】
[A5 判] NDC分類:435.33 販売価:\6,825(税込) (本体価:\6,500)

あとは個別の反応を地道に追いかけるだけ。そのためには大きな図書館で探したり、特に大学の先生に適切な「シリーズもの」の古めの本を紹介して貰い借りてきて読むしかないと思います。

お知りになりたい反応は酸化ケイ素が固体なのでひどくむつかしい扱いになります。
この辺りの処は信越化学様の独壇場かな、いやデュポンや東レ様にも蓄積はあるか。フッ素だとダイキン様とか…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報