人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

いつもお世話になってます。
思春期の頃からか乱雑に置いてある物を真っ直ぐに置かないと気が済まず、
曲がっているとイライラして家に飾ってある物や自分の机の物等を真っ直ぐに治すような事から始まり、
今考えると精神的に落ち着いている時期はあまり気になっていなかったような気がしますが、
仕事を始めてからは仕事上でのストレスも手伝ってか、
毎日使う自分の物や人の触った物を毛嫌いしひたすら拭いて使ったり、
水で洗って使うようになりました。
家の中でも家族の歩いた後を拭いて回ったりして
それでケンカになることもしばしばです。
一度地元の精神科に行った事もあるのですが、
抗鬱剤をもらいました。
それきり行ってはいませんが薬自体はあまり効き目がなかったような気がします。
家でやっている分には家族ももう諦め半分ですが、
これから外で家を借りた時に水拭きをひたすらすれば
床が痛み出て行く時にどれだけ敷金を取られるか分からないと言います。
彼氏もその点を心配してます。
同じような方・また何かアドバイスを頂ける方いらっしゃったらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「不潔恐怖症」経験者です。


一時期は外に出られなくなりました。自分と自分の部屋以外は全て不潔であるような気がして、家でも何度も手を洗い、持ち物も全て清浄綿で拭かないと気がすまなかったです。
どうやって克服したかというと、やはり病院に行きました。
カウンセリングと服薬でした。お薬は何種類か飲みましたが、覚えているのは「レキソタン」くらいです。
最初は薬なんて…と思っていましたが、飲んでいるうちに「これがあれば大丈夫なのかな」と思うようになり、だんだん外に出られるようになり、そのうち薬なしでも大丈夫になりました。

不潔恐怖はやはり原因があるみたいです。私の場合は、自分を守ってくれるものが一切ないという考えから、過剰防衛をしていたということでした。
そういう話をカウンセラーを何度もしていくうちに、だんだん外の世界を容認できるようになっていったような気がします。
最初は病院にいくということがとても不名誉なことのような気がして(それは家族も同じ感じだったらしいです)、自分は病気じゃないとかたくなになっていたところもありましたが、今考えれば病院に行って本当によかったと思っています。

あの頃は「一度汚いと思ってしまったものを汚いと思わない自分になる」ことができるものかとても疑問でしたが、今の私は「人よりちょっと神経質」くらいのレベルに戻っています。
私の経験が参考になれば幸いです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
やはり精神科を探すべきなのでしょうか?

補足日時:2005/03/07 22:47
    • good
    • 1

#3さんと同じような意見になってしまいますが・・・


田んぼや畑がありますね。田んぼや畑の中は泥です。
学校の農業体験ではそこにはだしで入って作業します。しかもそこから作物が生え、その作物が口に入るのです。
「きれい」の定義は難しいですね。普段使うお金も問題なんですよ。頭の中の「きれいなもの」も完全に衛生的かどうか、「汚いもの」を完全に無視できる世界があるかです。
ちょっと前(今でも)はぽっとん便所が普通にありますし、自分のおしりから出るものが体から出ることはどうでしょう?
今は過保護の親も多いし、はだしで学校生活するいわゆる「はだし教育」が汚いと言われることもあります。確かに足に土がつきますが、はだしで生活しても泥んこ遊びをしても不衛生ではありません。むしろ大切な活動となっています。(見た目で嫌がる子供もいますが、あえてはだしにさせて問題ないことを教える)
まあ、いまあちこちで除菌スプレーを撒くCMが問題になっていますが、騒ぐほど不衛生な世の中ではないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/03/10 21:40

 こんばんは。



 経験者ではありませんから、あくまでも外野から見た考えです。読み流してください。

 まず、現実を知ることから始められればいいと思います。そうすれば、自分のしていることがいかに無駄か分かると思います。

・人間の体には、細胞の約十倍もの細菌が共生し、人類は、細菌と共に生きています。薬剤や抗生物質を使い過ぎると、バランスが崩れ、かえって感染症にかかりやすくなってしまいます。人のつめの中には1,000万個もの菌がいると言われています。人の腸の中にはたくさんの菌が住みついています。その種類は100種類。数はなんと100兆個にもなります。

 菌には善玉菌といわれる乳酸菌やビフィズス菌などと、悪玉菌といわれる大腸菌があります。人が健康なら悪玉菌といわれる大腸菌も消化を助けたり、ビタミンを合成したり、良いこともしています。それなのに大腸菌が悪玉菌といわれるのは、肌を荒らしたり、老化を早めたりする有害物質を出したりしているからです。健康なときは悪玉菌は何も悪いことをしません。善玉菌の乳酸菌などが増殖を抑えてバランスをとってくれる働きをするからです。

 腸内細菌は種類や数が多いほど、免疫力が高まって、ガンにもアレルギーにもなりにくくなると言われています。逆に腸内細菌が少なくなると、体の免疫力が低下して、特に口から入ってくる病原菌に対してのバリアの役目が果たせなくなってきます。

 日本の子供達がとても弱くなっているのは、日本人の超清潔志向で、ウイルスや細菌・寄生虫など微生物を徹底的に排除していることが原因だと思います。ばい菌といえば、すべてが「悪玉」とこれまでの曰本人は考えてきました。しかし、「バイキン」として総称される細菌・ウイルスなどの微生物の中には人の健康を守る「善玉」のものもたくさん存在することを知って頂きたいのです。
 バイ菌が今の子供達を強くするのです。菌やウイルスなどと「共生」し、「共に生きる」という考えが子供達の気持ちを精神的にも肉体的にも強く、たくましくすると思います。もう少し清潔に対しても図太く考えないと、このままでは、子供達はますますひ弱になってしまいます。

 「腸内細菌は臓器の一つ」とさえ言われているほど人間にとって重要なものです。最近、アメリカでは大腸菌を飲むことが真剣に考えられていると言われています。腸内を無害の大腸菌でいっぱいにしてしまえば悪い細菌が口から入ろうとしても入れる余地をなくしてしまうという考えのようです。

 ハエの止まった食品は不潔だとか、ゴキブリが食卓の上を這いまわっていたから食べ物を捨てるとか、米虫の出たお米を捨てるとか、カビの生えた味噌、醤油を捨てるとかしないで下さい。

 ほとんど赤ちゃんはばい菌だらけの床をはいはいして指をしゃぶっていますが何ともありません。ばい菌と共生しているのです。外で遊んでいろいろな菌に触れさせ、いろいろな菌に触れることは免疫力を高め、感染症への抵抗力を養うことになります。子供達には外で思う存分に泥んこ遊びをさせ、適当に怪我をさせ、たまに風邪をひかせそれでも病院には連れて行かず自然治癒力で治るのを待てばいいのです。子供達は不潔で当たり前なのです。それが自然です。親は決して、手洗い、ウガイなどを子供達に強制しない方が私はよいと思っています。

 あなたの顔にも、目には見えませんが、細菌やダニが住み着いてるんですよ。この細菌やダニが顔からの分泌物を食べてくれているんです。
 もし、これらの細菌やダニを完璧に取り除いたら、あなたの顔は、2,3日で納豆みたいにベタベタになってしまうそうですよ。
 人間は、良かれ悪しかれ、細菌とは仲良く共生していかなければならないんです。

・次に、人間目には見えませんが、室内には埃は勿論、ダニの死骸等がいっぱい飛んでいます。また、布団にも大抵ダニが住み着いています。
 この世に、あなたが考えているような清潔な場所なんてありえないんです。

・また、アルコールや醤油など酵母を使った食品。これは、ご承知のとおり酵母がでんぷん質を食べて排出してできるんですね。いわば、酵母の排泄物ですね。このアルコール(料理酒も含みます)や醤油をあなたはほぼ毎日食べているんですよ。

 以上、長々と書きましたが、勿論清潔にされるのはいいことなんですが、ミクロの単位で考えれば、あなたの行為は徒労というのがお分かりいただけると思います。
    • good
    • 1

変な回答になってしまうことをお赦しください。


(でも薬が効果がなかったというお話ですので敢えて・・・)

発展途上国とか、あまり清潔さを重要視しない国へ長期旅行へ行ってみるというのはいかがでしょうか?

というのも、OL時代に友達とモンゴル旅行に行ったとき、(私は本来ガサツなので別に普通でしたが、)友達が「不潔、清潔に関する概念が相当変わった」と言っていたからです。
私たちが滞在していたのは遊牧民たちの草原でしたが、お風呂などはなく、川などで適当に水浴びをする程度でした。(石鹸などはマナー違反)
トイレもなく、草むらに隠れて掘ってする感じ。
だけど、日本じゃとても抵抗があることが、普通にできてしまうんです、不思議。

一応、お化粧とかもしましたが、(他の人はしていなかったけど・・・)、室内などではなくて大草原の空の下、さんさんと太陽が照りつける真下でやりました。
その爽快感ったら!!

でも不潔という点ではかなり不潔だったと思います。
移動は基本的に馬なのですが、馬乗りをして手も洗わず飲み食いはするし、馬のすぐそばで食事をするので、においもあるし、ハエなんかもブンブン飛んでいます。
初日は必死で追い払っていましたが、帰る日にもなると、ハエがとまったものも普通に食べたりしていましたね。

1ヶ月ぐらいいれば大分変わるんでしょうが、仕事をしている方では難しいと思うので、せめて1週間ぐらいでも行かれてみては・・・?
私がモンゴルへ行ったのは、こんな感じですが一応はツアーだったので、通訳もいたし危険なことはありませんでした。

以上。参考にならないようでしたら本当にすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な経験されたんですね。
私には無理かと思いますが為になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q度の超えた異常過ぎる潔癖症(不潔恐怖)

以前こちらで潔癖症について何度か質問しましたが、最近症状が余に酷く、自分でももうどうすればよいのか分らなくなっています。


以前から一般的に汚いとされるものに過敏になってはいましたが、私は男ですが最近特に男性に対して異常に不潔感をいだくようになり、
(性器と精液、トイレ後手洗いをしない事や、汗、独特の匂いなどから嫌悪感を感じます。
ちなみに「菌」を恐れているのではなく生理的嫌悪に近い模様。)

先日病院に行った時、トイレ後手を洗わない人が触れた物に触らないといけなく、
そこに触っ自分の手が、服が、サイフや処方された薬物が汚染された気がする、

家族に銭湯に連れられたが、男の人が入った湯、触ったシャワーや脱衣所が酷く気持ち悪く、
風呂に入ったのに入る前より無茶苦茶汚れた気がする、

ある会社に面接で訪れた際、善意でスリッパを用意してくれたのに、それを履くとその人の手の汚れが靴下に付き、間接的に触れる靴やズボンのすそが汚染され、
また会社のドアノブや備品に触れた手で自分の車を運転する際、車のハンドル・シートベルトなどから全てが汚染された気がする、

そしてどれも家に帰ってきたら、それぞれの汚れが家に付着し拡散した気がして、家中が汚くなった気がして落ち着かず、また家が汚れだらけで掃除する気力まで無くなり、家の物に触るたびに各地で遭遇した汚れや汚れ元の男性の姿がフラッシュバックし、
日々その不潔恐怖に頭が支配され動悸や目眩、頭痛に吐き気、食欲不振、憂鬱、不眠になり、汚染恐怖が高まった酷い時は失神までしてしまいました。



自分でもこの潔癖症(不潔恐怖)の酷さは尋常でなく「おかしい」と理解しているものの、対処・コントロールする事が困難になり、外に出ることを恐れ半引き篭もり状態になってしまいました。
潔癖症を治すべき病院にも、生活資金を得る為の就労も、男性が汚れが汚染恐怖が怖く全く出来ません。

家で何とか不潔恐怖に対抗しようと、認知行動療法という療法をネットで調べてみましたが、所詮は自己流で汚れたと感じる物に触れたら我慢出来ずに手を洗ってしまいます。

また家族や知人に相談し、
「普通はそこまで細かく汚れだのは想像しないし気にしない。考えるに値しない」という皆の回答を自分に言い聞かせ、
「気にするな、考えるな、汚くない」と何度も頭に念じ、不潔恐怖が浮かんでも気にしないようにしようとしましたが…、
やはり不潔恐怖に負けてしまい、洗浄行為をしたり、倦怠感から洗浄行為すら出来なくひたすら不潔恐怖に取り付かれノイローゼ気味になってしまいます。


私は一体どうすれば、どう動き考えたら、この異常な潔癖症(不潔恐怖)を克服できるようになるのでしょうか…。

以前こちらで潔癖症について何度か質問しましたが、最近症状が余に酷く、自分でももうどうすればよいのか分らなくなっています。


以前から一般的に汚いとされるものに過敏になってはいましたが、私は男ですが最近特に男性に対して異常に不潔感をいだくようになり、
(性器と精液、トイレ後手洗いをしない事や、汗、独特の匂いなどから嫌悪感を感じます。
ちなみに「菌」を恐れているのではなく生理的嫌悪に近い模様。)

先日病院に行った時、トイレ後手を洗わない人が触れた物に触らないといけなく、
そ...続きを読む

Aベストアンサー

へんないい方ですが・・・。

自分以外の男性がいけないんですか?
家族や知人というカテゴリーのなかの男性にはどうおもうのですか?
そして自分は男性ですよね。同じ男性なのにどうして自分は
大丈夫なんですか?
自分自身を嫌悪しすぎてそれが男性に投影されちゃってるの?

そしてどうして女性は良いんでしょうか。
私はそこらの男性と同じ程度にきたないとおもいます。
また綺麗好きの男性には泡吹かれそうな部屋にすんでます。
でも「女性」だから質問者さんは気にしないの?

>全てが汚染された気がする、
どうして汚染されてはいけないの?
質問者さんには目から鱗の質問でしょうけど。
誰かが吐いた空気は気にしないの?

男性というところに何かねっこの深いのがあるとおもいます。
そしていつからそう思うようになったのか、いつまで平気だったのか。
そこを思い出すとなにか手がかりがあるのではないでしょうか。

>トイレ後手を洗わない人が触れた物に触らないといけなく、
でもあなたはいっしょに入ってたわけではないはずです。
どうしてそこで意識的に「排泄をしたあと手を洗わなかった」と断定して
しまうのでしょうか。
ズボンのなかのシャツがいやだった。下着のすそが気になった
髪の毛が気になった。
だからすぐに出てきたんじゃないかな?というふうに思えませんか?
他人を勝手に汚いものと決め付けるとますますツライとおもいます。

生きるって汚いですよ。人間って生きていくだけで綺麗から遠ざかって
いくんです。
まず何より病院へいく勇気を。
誰かといっしょに、それだけでも心強くなれるとおもいます。

へんないい方ですが・・・。

自分以外の男性がいけないんですか?
家族や知人というカテゴリーのなかの男性にはどうおもうのですか?
そして自分は男性ですよね。同じ男性なのにどうして自分は
大丈夫なんですか?
自分自身を嫌悪しすぎてそれが男性に投影されちゃってるの?

そしてどうして女性は良いんでしょうか。
私はそこらの男性と同じ程度にきたないとおもいます。
また綺麗好きの男性には泡吹かれそうな部屋にすんでます。
でも「女性」だから質問者さんは気にしないの?

>全てが汚染さ...続きを読む

Q不潔恐怖症、治った方いらっしゃいますか?

私は不潔恐怖症を発症してから30年以上、経ちます。
自分が不潔恐怖症だと分かったのは、20代になってからです。
それからいくつかの病院に通いましたし、薬も飲んできました。
病院を変えたのは、転居や職場が変わってという理由もあります。
現在の病院は3月から通っていて薬を5種類程、毎晩飲んでいる状況です。
ですが、不潔恐怖症は今まで改善した事がなく、むしろ酷くなってきて
います。
昨日もお風呂掃除に1時間半、入浴に1時間半かかりました。
酷い時は入浴に8時間かかかったりします。

どうしたら不潔恐怖症を克服出来るでしょうか?
それとももう治らないでしょうか?

毎日、毎日儀式のような自分の行動にうんざりしています。

不潔恐怖症を克服された方がいらっしゃいましたら
体験談をお聞かせ頂けたらと思い書き込みさせて頂きました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不潔恐怖症ではありませんが、軽度の強迫神経症を自力で克服しました。
正確にはまだちょこっと症状が残っていますけど。
一番酷いときはトイレのたびに2~3時間手を洗っていました。
お風呂も質問者様と同じく一晩中入っていた事もあります。

僕の場合は参考にならないかもしれませんが、親の死をもって克服しました。片親だった母が末期肺がんで余命宣告をされ、それと同時に自分を見つめ直した時、死ぬ間際まで母に心配をかけるわけにもいかないと思いました。その瞬間だけでも治ったように装おうと思いました。
自分の人生について考えてみてもこのままでは生きていけないと思いました。石けん・洗剤、水道・ガス代もタダではありません。
何かを犠牲にしなくては何かを得られないと思ったんです。
僕は儀式を犠牲にして、普通に近づく生活を手に入れました。
少しずつ考え方・行動を改め直していきました。

なんでここまでするのかを考えてみてください。
それはそこまで必要ですか?
自分にとってのメリットは何かありますか?
デメリットと比べてどっちが大きいですか?
洗わなきゃ気持ち悪い、でも洗わないことでどの程度気持ち悪いですか?
毎日気持ち悪くても、人間には『慣れ』というものがあります。
自身で気持ち悪さに耐える慣れをしてみては?

多少スパルタが必要かもしれませんが、質問者様が本当に治したいのでしたら質問者様の強い意思次第で突破口は必ずあります。
あまり参考にならないかもしれませんが、がんばって克服してください。

不潔恐怖症ではありませんが、軽度の強迫神経症を自力で克服しました。
正確にはまだちょこっと症状が残っていますけど。
一番酷いときはトイレのたびに2~3時間手を洗っていました。
お風呂も質問者様と同じく一晩中入っていた事もあります。

僕の場合は参考にならないかもしれませんが、親の死をもって克服しました。片親だった母が末期肺がんで余命宣告をされ、それと同時に自分を見つめ直した時、死ぬ間際まで母に心配をかけるわけにもいかないと思いました。その瞬間だけでも治ったように装おうと思い...続きを読む


人気Q&Aランキング