A 回答 (3件)

ベトナムに関しては,観光客の多い地区;ホーチミンなら1地区など,は比較的


英語は通じやすいです。また,小さなホテルでもここら辺は大丈夫です。
しかし屋台などは殆どダメです。
観光客が通るエリアを少しでも外れると全くダメです。むしろ中国語の方が通じるみたいです。
例えばホーチミンcityのチョロン地区では,中級ホテル(ロンプラに載っている)ベトナム語か中国語が話せないと断られます。
ここら辺りになると食堂も英語は期待できません。
バイクタクシーですら,”ハウマッチ?”すら理解してもらえません。
地方なら,そこの観光客受け入れ口から1km離れたらダメだと思ってください。
しかし,銀行(国営)は大抵大丈夫なようです。
ベトナムはむしろ日本よりも通じにくいのでは無いでしょうか?

台湾は皆さんがお書きのように,結構通じます。むしろ日本語の方が観光地では通じやすいかも?
    • good
    • 0

ベトナムのことはあまり分からないのですが、


台湾の場合は、観光地だけでなく普通の街中でも若い人には結構通じましたよ。

逆に、街中や観光地で働いているおばさんとかおじさんには
通じにくかった気がします。
こっちが英語で話し掛けても、
よく相手は中国語で返してきたりもしましたけどね。

日本よりは通じたかもしれないですね。
    • good
    • 0

両方とも日本と同じく「通じる人は通じるが、全体的には通じない」です。



台湾の場合、年配の方は日本統治時代に日本語教育を受けていた確率が高いので
日本語が通じることが多いです。
また、若いハーリー族も片言の日本語を話すことが多いですが、
こちらはあまり多くないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ