プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

球団の都合で監督にさせられた高橋由伸の巨人監督時代の三年間は、優勝して日本一になることができませんでしたが、まるで、王巨人時代の五年間とよく似た内容ではなかったでしょうか?
王巨人時代は、三割バッターが連ねる強力打線で優勝して当たり前の戦力が揃っていましたが、一回しか優勝できず、Aクラスを死守するのがやっとで、王の野球はつまらないと言われ、観客が減ったこともありました。
高橋巨人時代も、毎年、FAなどで戦力補強しましたが勝てず、「監督がお地蔵さんだから勝てない」と言われました。

A 回答 (4件)

結果だけを見れば似ているとも言えますが、内容は全く違うと思います。



高橋は気の毒でした。
本人はとにかくまだ引退するつもりもなかったし、使い方によってはまだまだ十分戦力になっていたはずなのに、幹部から無理やり監督にさせられたのですから。

実際に監督をやっても、周りのコーチは自分よりも年上の顔ぶれが多いし、監督一人が孤立したような状態でシーズンの指揮をとっていましたから。

無理やり監督に祭り上げられても気持ちがこもってなければ、人は動かない・・・って事だったのだと思います。
    • good
    • 0

あと、追伸で生え抜き育成がうまくいかず機能せず、、FA行使して入団して来た選手がうまく機能しなかったから、一度も優勝できなかったと思います。

    • good
    • 0

いや、まだ王巨人の方が投手は揃っていたし、打線もよかったと思います。

当時は広島が抑えの今は亡き炎のストッパー津田がいて強くて勝ちに恵まれなかった。高橋巨人は投打の主力がそれ程いなかったと思います。したがって、酷似してないと思います。
    • good
    • 0

2人とも運が悪い巨人の監督という点では共通していますが。


王さんは、そもそも巨人の監督をやるべく、「助監督」という今では考えられない役職を経て満を持して監督に就任しています。ところが、在任中は守備力がやけに強いカープ全盛時代で1度もカープに勝ち越せませんでした。それに加えて阪神の確変もありなかなか優勝できなかったですね。
高橋由伸さんは、原さんが辞めていきなり引退して監督を引き受けたわけです。コーチングスタッフも高橋さんよりも年長の人で占められていてやりにくかったでしょう。本人の監督としてのスキルもあまりなかったでしょうし。
助監督をやった王さんとはかなり違います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング